目標・目的によってアプローチが異なる

書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「目標・目的によってアプローチが異なる」

 P:目標に合わせたアプローチをする

 R:目標によって土台となる考え方が違うから

 E:300階建ての建物を作るのに2階建てのアプローチではいけない

 P:目標に合わせたアプローチをする

時間を金で買う

書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「時間を金で買う」

 P:時間と予算を考えて、最も効率的なものを選ぶ

 R:仕事では時間が足りなくなりがちだから

 E:外部に外注する

 P:時間と予算を考えて、最も効率的なものを選ぶ

やるべき仕事を、やるべきときに片づける

 P:やるべき仕事を、やるべきときに片づける

 R:せっかくのチャンスをものにするため

 E:会議の議事録は会議中に書いてしまう

 P:やるべき仕事を、やるべきときに片づける

意気込みだけで仕事はできない

1.ビジネス書籍の音読&要約

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 [意気込みだけで仕事はできない]

 P:意気込みだけではダメ

 R:計画や環境を整える必要もあるから

 E:例えば計画や予算を練って環境作りをする

 P:ゆえに、意気込みだけではいけない

5年後のために「今日、何をやればいいか」を決める

 P:五年後を見据えて計画を練る。

 R:目標がはっきりしないと、だらけてしまうから。

 E:たとえば、5年後の製品発表なら、3年後の試作発表に向けて計画を練る。

 P:ゆえに、五年後を見据えて計画を練る。

「自分で問題を発見し、自分で解く」

1.ビジネス書籍の音読&要約

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「自分で問題を発見し、自分で解く」

 P:新しい価値のある問題が発見できて、解決できなくてはならない

 R:課題から具体的な問題を作り出さなければならないから

 E:例えば、「他社にシェアを奪われてしまった」という問題意識

 P:自分で問題を発見し、解決しなければならない

思いつきでは、人は動いてくれない

1.ビジネス書籍の音読&要約

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

「思いつきでは、人は動いてくれない」

P:良いと思ったことは主張する

R:自分独りでは問題を解決できないから

E:周囲の人を巻き込んで問題を解決する

P:良いと思ったことは主張する

集中的思考 VS 拡散的思考

1.ビジネス書籍の音読&要約

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

「集中的思考 VS 拡散的思考」

P:集中的思考と拡散的思考を組み合わせて物事を考える

R:片方の思考のみだと正解にはたどり着けない

E:集中的思考=「2+8=10」,拡散的思考=「足して10になる数は?」

P:集中的思考と拡散的思考を組み合わせて物事を考える

試料の電気抵抗をこの装置で測れ

1.ビジネス書籍の音読&要約

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「試料の電気抵抗をこの装置で測れ」

 P:問題解決能力は、試行錯誤によって学習される

 R:失敗を繰り返すことで、成功の道を見つけられるから

 E:大学で楽勝科目ばかり履修→仕事で役に立たない

 P:問題解決能力は、試行錯誤によって学習される

120%の力で仕事をせよ

1.ビジネス書籍の音読&要約

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「120%の力で仕事をせよ」

 P:120%の力で仕事をする。

 R:仕事中の経験を自分の能力として残すため。

 E:例えば平日5日間は100%の仕事、土日2日間で20%の仕事をする。

 P:ゆえに120%の力で仕事をしなくてはいけない。