【インターン、記事、2019/11/19】自己評価は、自分にちょっと甘い

書籍『まんが「ブッダ」に学ぶ 穏やかな働き方』

 「自己評価は、自分にちょっと甘い」

 P:自己評価より他人からの評価を現実として受け止める柔軟さが大切

 R:自分が見る自分と他人が見る自分に差があって、その差を埋める努力をすれば次からは苦しみを味わわずにすむから

 E:自分がやり切ったと思っていても周りがそう評価してくれない

 P:自己評価より他人からの評価を現実として受け止める柔軟さが大切

「小さな悪」を積み重ねない

書籍『まんが「ブッダ」に学ぶ 穏やかな働き方』

 「「小さな悪」を積み重ねない」

 P:小さな悪を積み重ねてはいけない

 R:小さな悪も積もれば大きな悪になるから

 E:同僚の悪口など

 P:小さな悪を積み重ねてはいけない

※前回と同じ内容でした。

「小さな悪」を積み重ねない

 「「小さな悪」を積み重ねない」

 P:小さな悪を積み重ねてはいけない

 R:小さな悪も積もれば大きな悪になるから

 E:同僚の悪口など

 P:小さな悪を積み重ねてはいけない

自分の行動や考えを疑う

書籍『まんが「ブッダ」に学ぶ 穏やかな働き方』

 「自分の行動や考えを疑う」

 P:いつでも次のことを考え、自分の行動や考えを改める

 R:自分を常に見直し改善していくべきであるから

 E:弟子になったダイバダッタにいつも通りの生活をするよう伝えた

 P:いつでも次のことを考え、自分の行動や考えを改める

【インターン、記事、2019/11/13】「「思う」→「やる」の壁を超える」

書籍『まんが「ブッダ」に学ぶ 穏やかな働き方』

 「「思う」→「やる」の壁を超える」

 P:いいことを思い立ったらすぐ行動に移す。

 R:なぜなら、思うだけでやらなければ思ってないと同じですから。

 E:たとえば、一緒にご飯を食べる約束をして、そのまま日にちを決めず、時間だけが経つと忘れてしまう。

 P:ゆえに、いいことを思い立ったらすぐ行動に移しましょう。

【インターン、記事、2019/11/12】「行動した人にしか、奇跡は起きない」

 書籍『まんが「ブッダ」に学ぶ 穏やかな働き方』

 「行動した人にしか、奇跡は起きない」

 P:可能性が低くてもまずやってみることが大切。

 R:なぜなら、やって失敗したら次に生かせるがやらねば後悔しか残りません。

 E:たとえば、デーパは万の一つの可能性で治療を施しブッダの命をとりとめたが、何もしないで諦めていたら助かる可能性はゼロでした。

 P:ゆえに、可能性が低くてもやってみることが大切。

「未来は今の自分がつくる」

 P:先のことを憂うより、目の前のことに前向きに取り組みましょう

 R:なぜなら、これからの行動次第で未来の自分が決まるから。

 E:たとえば、今よりもっと動けば未来は明るくなるかもしれない。

 P:ゆえに、先のことを憂うより、目の前のことに前向きに取り組みましょう

[人のせい]より、「自分のせい」に

 書籍『まんが「ブッダ」に学ぶ 穏やかな働き方』

 「「人のせい」より、「自分のせい」に」

 P:周りのせいにせずに、自分の改善点を見つけていく

 R:周りを批判するより、自分の改善点を見つけた方が、心が楽になるから

 E:仕事がうまくいかない→ 〇:改善点を探る ×:周りや組織のせいにする

 P:周りのせいにせずに、自分の改善点を見つけていく

自分のことを棚に上げ、人を批判しない

 書籍『まんが「ブッダ」に学ぶ 穏やかな働き方』

 「自分のことを棚に上げ、人を批判しない」

 P:自分のことを棚に上げ、人を批判しない

 R:人に言えない過ちや過去を、誰でもいくつか持っているから

 E:ブッダが「誰でも狂気を持っている、他人の狂気を批判するべきではない」といった。

 P:自分のことを棚に上げ、人を批判しない

怒りは自分を傷つける

 書籍『まんが「ブッダ」に学ぶ 穏やかな働き方』

 「怒りは自分を傷つける」

 P:怒りは自分を傷つける

 R:怒りを人にぶつけた後、自身も深い後悔などで傷つく

 E:ブッダの弟子が怒るのを見て、ブッダが諭した

 P:怒りは自分を傷つける