聴衆にどう語りかけるか

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「聴衆にどう語りかけるか」

 P:自然な感じでプレゼンする

 R:自分が見ておかしいことは誰から見てもおかしいから

 E:原稿に頼らずに、図で語る

 P:自然な感じでプレゼンする

時間を守れないプレゼンは、それだけで失敗

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「時間を守れないプレゼンは、それだけで失敗」

 P:時間を守れないプレゼンは、それだけで失敗である
 R:遅れると印象が悪くなるから

 E:発表時間を±10%以内に収める

 P:時間を守れないプレゼンは、それだけで失敗である

「否定的な悪意ある質問」への対処法を誤るな

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「「否定的な悪意ある質問」への対処法を誤るな」

 P:否定的な質問は肯定的な質問に変換して答える

 R:プレゼンテーションの場で聴衆とけんかしては、負けであるから

 E:反対意見で場の空気が悪くなってしまう→肯定的に変換

 P:否定的な質問は肯定的な質問に変換して答える

質問でうろたえると、それまでのプレゼンが台無しに

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「質問でうろたえると、それまでのプレゼンが台無しに」

 P:質問でうろたえると、それまでの印象が悪くなってしまう

 R:質疑応答はプレゼンテーションの一部だから

 E:多くの人に聞いてもらって、あらかじめ質問を抽出する

 P:質問でうろたえると、それまでの印象が悪くなってしまう

本番に近い形で練習をする

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「本番に近い形で練習をする」

 P:本番と同じように練習をする

 R:図の意味が分かりやすいかなどを確認するため

 E:誰かに聞いてもらってアドバイスを受ける

 P:本番と同じように練習をする

正しい日本語を使う

 P:プレゼンの原稿では、正確な言葉をつかう

 R:プレゼンでは正確な意味を伝える必要があるから

 E:技術的な言葉はわかりやすくする、略語を使わないなど

 P:プレゼンの原稿では、正確な言葉をつかう

メリハリのある図に仕上げるポイント

書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「メリハリのある図に仕上げるポイント」

 P:統一感と配置方法、強調でプレゼンテーションにメリハリをつける

 R:重要なポイントが一目で判断できたり、特徴がはっきりしたりするから

 E:(強調する場合、)変化の仕方がよくわかるように範囲を取り直して配置する

 P:メリハリをつけることで印象に残るプレゼンテーションをつくる

話すことを図にする、図に書いてあることを話す

書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「話すことを図にする、図に書いてあることを話す」

 P:話と図は一緒に作っていくことが重要である

 R:図を見ただけで、何が言いたいのかをわかる必要があるから

 E:漫画を読むように図を追い、理解していく

 P:話は話、図は図としてつくってはいけない

プレゼンテーションの基本は図の説明

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「プレゼンテーションの基本は図の説明」

 P:聴衆の理解を深めるには、図を使うことが基本である

 R:話すだけでは、聴く側は眠くなってしまうから

 E:図を使って目からも情報を送る

 P:聴衆の理解を深めるには、図を使うことが基本である

終わりよければすべてよし

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「終わりよければすべてよし」

 P:しっかりと締めれれば途中失敗しても大丈夫

 R:最後を決めればよい印象を与えられるから

 E:最初に言った結論を最後に強調して言う

 P:しっかりと締めれれば途中失敗しても大丈夫