メリハリのある図に仕上げるポイント

書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「メリハリのある図に仕上げるポイント」

 P:統一感と配置方法、強調でプレゼンテーションにメリハリをつける

 R:重要なポイントが一目で判断できたり、特徴がはっきりしたりするから

 E:(強調する場合、)変化の仕方がよくわかるように範囲を取り直して配置する

 P:メリハリをつけることで印象に残るプレゼンテーションをつくる

話すことを図にする、図に書いてあることを話す

書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「話すことを図にする、図に書いてあることを話す」

 P:話と図は一緒に作っていくことが重要である

 R:図を見ただけで、何が言いたいのかをわかる必要があるから

 E:漫画を読むように図を追い、理解していく

 P:話は話、図は図としてつくってはいけない

プレゼンテーションの基本は図の説明

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「プレゼンテーションの基本は図の説明」

 P:聴衆の理解を深めるには、図を使うことが基本である

 R:話すだけでは、聴く側は眠くなってしまうから

 E:図を使って目からも情報を送る

 P:聴衆の理解を深めるには、図を使うことが基本である

終わりよければすべてよし

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「終わりよければすべてよし」

 P:しっかりと締めれれば途中失敗しても大丈夫

 R:最後を決めればよい印象を与えられるから

 E:最初に言った結論を最後に強調して言う

 P:しっかりと締めれれば途中失敗しても大丈夫

ストーリー構成は起承解結

 「ストーリー構成は起承解結」

 P:プレゼンテーションは「起承解結」と脈略を作る

 R:脈絡がない分は意味が分からないから

 E:起で結論を簡単に話す

 P:プレゼンテーションは「喜章解結」と脈略を作る

最初にあらすじを言う

書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

「最初にあらすじを言う」

P:話が長くなる場合はまず全体像を伝える

R:全体像がつかめないと話を聞く際に上の空になってしまう

E:今回は○○について、まず…次に…

P:話が長くなる場合はまず全体像を伝える

決断を迫るには「結」から始めよ

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「決断を迫るには「結」から始めよ」

 P:決断を迫るには「結」から始めよ

 R:結論から言わないと話をしっかり聞いてくれないから

 E:来期の予算は○○円必要→なぜなら…

 P:決断を迫るには「結」から始めよ

脱パワーポイントエンジニア

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「脱パワーポイントエンジニア」

 P:プレゼンテーションに値する情報が必要である

 R:無責任な情報のみでは全く意味がないから

 E:パワーポイントで仕事した感が出てしまう

 P:プレゼンテーションに値する情報が必要である

プレゼンテーションの目的

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「プレゼンテーションの目的」

 P:プレゼンテーションは相手の聴きたいことを言うべきである

 R:自分の言いたいことを言っても伝わらないから

 E:社長にプレゼンするときに相手のことを考えた内容を話す

 P:プレゼンテーションは相手の聴きたいことを言うべきである

他人と自分を比べない

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「他人と自分を比べない」

 P:他人と自分を比べない

 R:やる気を失ってしまうから

 E:あいつよりできるはずなのに昇進できないと考えてしまう

 P:他人と自分を比べない