三手先を読む

書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「三手先を読む」

 P:三手先を予測して行動をする

 R:自分の対策が適切であるかを判断するため

 E:取引先のクレームに対応→不満でも許してくれる→引き続き取引できる

 P:三手先を予測して行動をする

人材を育てておく

書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「人材を育てておく」

 P:人材を育てておく

 R:先を予想して手を打つため

 E:問題発生→育成した人材を即派遣

 P:人材を育てておく

優先順位をつける

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「優先順位をつける」

 P:状況を判断して優先順位を決める

 R:状況はいつも異なっているから

 E:最重要と位置付けた事柄を行い、他の事柄には応急処置を施しておく

 P:状況を判断して優先順位を決める

常に合格点を目指す

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「常に合格点を目指す」

 P:一つの仕事で100点をとるよりも、多くの仕事で合格点をとるほうがいい

 R:多くの仕事で100点をとろうとすると他が0点になってしまうから

 E:効果の強い癌の薬を作った→副作用が強く使い物にならなかった

 P:一つの仕事で100点をとるよりも、多くの仕事で合格点をとるほうがいい

一つひとつにケリをつける、横道はするな

書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「一つひとつにケリをつける、横道はするな」

 P:局所最適化ではなく全体最適化を考える必要がある

 R:細部にこだわりすぎないというのが重要だから

 E:細かい点にこだわって、横道にそれた結果、当初の目的を達成できなくなる

 P:局所最適化ではなく全体最適化を考える必要がある

目標・目的によってアプローチが異なる

書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「目標・目的によってアプローチが異なる」

 P:目標に合わせたアプローチをする

 R:目標によって土台となる考え方が違うから

 E:300階建ての建物を作るのに2階建てのアプローチではいけない

 P:目標に合わせたアプローチをする

時間を金で買う

書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 「時間を金で買う」

 P:時間と予算を考えて、最も効率的なものを選ぶ

 R:仕事では時間が足りなくなりがちだから

 E:外部に外注する

 P:時間と予算を考えて、最も効率的なものを選ぶ

やるべき仕事を、やるべきときに片づける

 P:やるべき仕事を、やるべきときに片づける

 R:せっかくのチャンスをものにするため

 E:会議の議事録は会議中に書いてしまう

 P:やるべき仕事を、やるべきときに片づける

意気込みだけで仕事はできない

1.ビジネス書籍の音読&要約

 書籍『エンジニアが30歳までに身につけておくべきこと』

 [意気込みだけで仕事はできない]

 P:意気込みだけではダメ

 R:計画や環境を整える必要もあるから

 E:例えば計画や予算を練って環境作りをする

 P:ゆえに、意気込みだけではいけない

5年後のために「今日、何をやればいいか」を決める

 P:五年後を見据えて計画を練る。

 R:目標がはっきりしないと、だらけてしまうから。

 E:たとえば、5年後の製品発表なら、3年後の試作発表に向けて計画を練る。

 P:ゆえに、五年後を見据えて計画を練る。