苦手な人にあえて近づく

書籍『まんが「ブッダ」に学ぶ 穏やかな働き方』

 「苦手な人にあえて近づく」

 P:苦手な人にあえて近づく。

 R:自分を好きになってくれた人を嫌いになる人は少ないから。

 E:例えば、あまり気の合わない同僚がいるとき、相手のいいところを見つけ、好意をもって接してみる。

 P:ゆえに、苦手な人にあえて近づく。

「憎い相手」は長い目で許す

書籍『まんが「ブッダ」に学ぶ 穏やかな働き方』

 「「憎い相手」は長い目で許す」

 P:「憎い相手」は長い目で許す。

 R:自分も憎い相手もいつかはこの世からいなくなるから。

 E:例えば、憎い相手がいても長い目で見て「まあいいか」と受け流せばよい。

 P:ゆえに、「憎い相手」は長い目で許す。

負のオーラを持つ人は相手にしない

書籍『まんが「ブッダ」に学ぶ 穏やかな働き方』

 「負のオーラを持つ人は相手にしない」

 P:負のオーラを持つ人は相手にしない。

 R:人は人に影響を受け簡単に変化してしまうから。

 E:例えば、悪口を言われたときに悪口を言い返すとやがてそれが悪いことと感じなくなり、心が「悪」に慣れてしまう。

 P:ゆえに、負のオーラを持つ人は相手にしない。

一瞬の「すっきり」は、次の仕返しを生む

書籍『まんが「ブッダ」に学ぶ 穏やかな働き方』

 「一瞬の「すっきり」は、次の仕返しを生む」

 P:憎い相手に仕返しをしないこと。

 R:仕返ししても根本的な問題は解決しませんから。

 E:例えば、怒りをぶつけるより場を鎮めれば、相手は次第に自分の行いを悔やみ、お互い落ち着いて話し合えるはずです

 P:ゆえに、憎い相手に仕返しをしないこと。

やり返さない勇気を持つ

書籍『まんが「ブッダ」に学ぶ 穏やかな働き方』

 「やり返さない勇気を持つ」

 P:やり返さない勇気を持ちましょう。

 R:やり返してしまうとその恨みは永遠に続きます。

 E:例えば、相手の受け入れがたい行動をすっと自分のなかで消化します。

 P:ゆえに、やり返さない勇気を持ちましょう。

気持ちよく語る自分に、気をつける

書籍『まんが「ブッダ」に学ぶ 穏やかな働き方』

 「気持ちよく語る自分に、気をつける」

 P:気持ちよく語る自分に気をつけましょう

 R:それが自慢話や、自分が正しいと思うことを相手に押し付けるサインだから

 E:例えば、飲み会で同僚と話す時、自分の経験や考えを得意気に語ってしまう

 P:ゆえに、気持ちよく語る自分に気をつけましょう

【インターン、記事、2019/11/26】本物の実力は他人から広まる

書籍『まんが「ブッダ」に学ぶ 穏やかな働き方』

 「本物の実力は他人から広まる」

 P:自分の達成したことや得意なことはアピールしなくてもいい

 R:自分がアピールしても周りはあなたをそこまで評価してないこともあるから

 E:例えば、あなたの行いを見てすごいと思った人がいる時、誰からともなく、あなたの評価が自然と広まっていく

 P:ゆえに、自分の達成したことや得意なことはアピールしなくても自然と広まっていく

絶好調と絶不調は近い

書籍『まんが「ブッダ」に学ぶ 穏やかな働き方』

 「絶好調と絶不調は近い」

 P:成功しているときほど周りをよく見よう

 R:突き進んでいると小さな周りの変化に気がつかないから

 E:例えば「プレゼンで勝つこと」、「売り上げをあげること」

   だけに注力してしまう

 P:ゆえに、成功しているときほど周りをよく見よう

【インターン、記事、2019/11/22】喜びも苦しみも、自分から生まれる

書籍『まんが「ブッダ」に学ぶ 穏やかな働き方』

 「喜びも苦しみも、自分から生まれる」

 P:喜びも苦しみも自分から生まれるので、周りの言葉や行動を気にし過ぎない

 R:他人にひどいことされても、気にしなければ迷いや苦しみ生まれませんから

 E:例えば、ブッダが誰に教えを受けず、迷いに打ち勝って一人で悟った

 P:喜びも苦しみも自分から生まれるので、周りの言葉や行動を気にし過ぎない

【インターン、記事、2019/11/21】信じるだけでは、救われない

書籍『まんが「ブッダ」に学ぶ 穏やかな働き方』

 「信じるだけでは、救われない」

 P:自分のこだわりやルールに縛られないで、自分自身を更新しましょう

 R:周りに合わせることができなくなって、孤立してしまう危険あるから

 E:デーパは苦行こそ真理を見つける最善の方法だと信じきって、ブッダに苦行を勧めて強制させた結果、徐々に仲間を失ってしまいました

 P:自分のこだわりやルールに縛られないで、自分自身を更新しましょう