〜ヨウムが商品を注文?!珍事件発生!〜

おはようございます。
今日も今日とて雨ですね。
そんな寒い朝を暖かくしてくれる
ような面白い話がネットニュースに
でていたのでご紹介します(*^▽^*)

ある日ロンドン南東部に住むコリエンヌ・プレトリアスさんの自宅に某大手通信販売会社からギフトセットがとどきました。

家族の誰一人として頼んでいないと
いう謎のギフトセット。

不思議に思っているとペットのヨウム「バディ」が人工知能(AI)スピーカーとコンタクトを取っていることが判明!

このAIスピーカーはアマゾンが販売しているAI音声アシスタント「アレクサ(Alexa)」。

事の経緯は下記に⬇︎以下抜粋。

アマゾンのAIスピーカー「エコー(Echo)」は、大きな声で話しかけることで、さまざまなサービスを利用することができる。また、エコーは「アレクサ」と呼び掛けると反応する。

 サン紙の電子版に掲載された動画には、バディが「アレクサ!」と叫ぶと、鳥かごの隣に置かれたスピーカーが青く光り、呼び掛けに反応している様子が映っている。

「バディが『アレクサ』と呼び掛けた後、何か意味の分からないことを言ったら、その機械(スピーカー)は『何を注文したいのでしょう?』と答えていました」と語るプレトリアスさんだが、このやり取りについては特に気に留めていなかったという。

しかし、金色のギフトボックス1セットを注文したという通知があり、「声を出して笑いました。それはバディの仕業に違いないと分かったから」と述べている。(c)AFP

抜粋終わり。

微笑ましいのやら、迷惑なのやらわかりませんが、こんなこともあるんですね。
思わず笑ってしまいました。
飼い主からしてみれば、
まさかのハプニングですね笑

それでは週末ラストです!
皆さん楽しんでいきましょう。
良い一日を!(*´ω`*)

〜週末のお天気に注意!〜

おはようございます。
昨日は晴れたと思ったのに台風の影響で
また雨になってしまいました。
また週末、21日、22日、23日と台風が東京に近づくそうです。
が、22日日曜日には選挙がありますから、外出が心配ですね(~_~;)

お天気がどうなるのか気になります。
当日は大雨、突風にご注意ください。

選挙ですが
このお天気で投票率にも影響が
出かねないとてんやわんやのようです。

危ないけど選挙には行かねば。
厳重な装備で選挙会場まで移動しようと思います。

それでは!
良い一日を(*´ω`*)

〜月の地下道〜

朝からびっくりするニュースをみましたのでブログでもご紹介します。

月の地下に巨大な空洞発見 月面基地として活用の可能性も!

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171018/k10011181421000.html
将来の有人探査の構想が発表されている月の地下に、全長50キロにおよぶ巨大な空洞のあることが、日本の月探査衛星「かぐや」の観測データでわかりました。月表面の激しい温度差や放射線の影響を受けにくいことから、JAXA=宇宙航空研究開発機構では、月面基地として活用できる可能性があるとしています。

JAXA=宇宙航空研究開発機構などのチームによりますと、巨大な空洞は、火山が多く存在していた「マリウス丘」と呼ばれる場所に存在し、月の地下をはうように横におよそ50キロ続いているということです。

月って火山活動があったんですね。
知りませんでした。
そしてまさかの50キロ。
やはりそのうち中を探索したりするんですかね?

空洞は、直径50メートルほどの縦穴で月面とつながっていると見られ、内部は300度ほどあるとされる月の昼と夜の温度差や、宇宙から降り注ぐ放射線の影響を受けにくいほか、水を含む鉱物が残されている可能性もあるということです。

月の探査をめぐっては、今月、アメリカが宇宙飛行士を再び送る計画を発表するとともに、火星などへの有人探査に向けた拠点を月に築く方針を明らかにしています。

また日本でも、2025年以降に日本人宇宙飛行士を月面に送る計画が提案され、今後、議論されることになっていて、JAXAでは将来、月面基地として利用できる可能性があるとしています。

なんだか夢みたいなsfの世界の話が
現実にあって驚きました。
いつか月ステーションに旅行に、なんて夢のようなことも実現するかもしれませんね。(*´ω`*)

それでは!

〜保育士は誰でもできる仕事か?〜

下記の「なんで保育士の給料は低いと思う?」という朝日デジタルの記事に
堀江貴文さんがツイッターで呟いた一言が物議を醸しています。
http://horiemon.com/news/2017/10/12/64627/

堀江貴文さん呟き
「誰でもできる仕事だからです」

なんでそう思うのか、根拠をすっとばして結論を言っています。
人の神経を逆なでするのが好きなのかな?

保育士は誰にでもできる仕事でない派と堀江貴文氏すりより派の意見が対立していて、見事に炎上しているのですが、子育てしている方からは子供の面倒をみるというのは思いもよらず大変なことなんだ、という意見がありました。
私はまだ子供がいないので、子育ての厳しさわかりませんが、簡単な作業内容ではないことは想像ができます。

「誰でもできる仕事」と言う意味が、
「誰でも簡単にとれる保育士の資格」
だから給与が安い、というなら意味も
わかるのですが。

ただでさえ、なり手が減っている保育の現場で頑張っている人のモチベーションをわざわざ下げる人間、それが堀江貴文氏。

でもさっきの言葉の真意はここに
あるみたいです。

「誰でも(やろうとしたら大抵の人は)出来る(大変かもしれない)仕事だから希少性が低く(コンビニバイトなどと同様に)給料が上がらない構造になっている」

さすが堀江貴文氏。
えらそうに、人の神経を逆なですることに長けていらっしゃる。

https://www.google.co.jp/amp/news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/13754848/

〜最高気温12度〜

12月上旬の寒さってなんなんですかね?!

夏のような気温の日もあったと言うのに、今日ときたら12月上旬並みに寒いらしいです。
おまけに雨のせいで体感温度はもっと
下がっている気がします。

寒むすぎるので今日はコートを引っ張りだしてきてしまいました。
秋を超えて早くも冬がきてしまったのでしょうか?!
それくらい寒い!

この土、日曜日は急に寒くなったので地域の野良猫さんの寝床にフリースを敷いて冬用に強化してきました。

それとは別に昨日から自宅に猫が一匹居候しています。三毛の赤ちゃん猫です。女の子です。身内の仕事場で捕獲されて昨日うちで引き取りました。

この寒さに耐えきれなくなって施設に侵入してセコムのアラームをならしまくったそう。昨日病院に連れて行き、健康状態をチェックしながら待機中です。
寒くなると猫関連のイベントが増えることがわかりました。

今週はお天気もあまり回復しないそうですね。おかげで寒さは続きそうです。
皆さんも風邪をひかないように
お気をつけて。

〜アメリカのユネスコ脱退について(ユネスコってなに?)〜

昨日夜に速報でアメリカのユネスコ脱退が報じられました。
結構大きく取り上げられていますが、
いまいちピンときません。
結構大事なんでしょうか?

というわけで簡単に調べてみました。

アメリカは過去にも何回かユネスコを脱退→再加盟を繰り返しているそうです。

その脱退が過去、湾岸戦争、イラク戦争、アフガニスタンなどの開戦前に
行われていたことから、戦争開戦の準備が整ったのでは?とネット界隈では囁かれています。

ようは戦争する際にユネスコ加盟国と対戦すると世界遺産に指定された文化財を戦闘の際に破壊する可能性があるためというのがユネスコから一旦脱退する理由なんだそう。

ではそもそもユネスコって何をする団体なんでしょうか?

文科省のWEBページにはこのように
記載されていました。

ユネスコ(国際連合教育科学文化機関、United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization U.N.E.S.C.O.)は、諸国民の教育、科学、文化の協力と交流を通じて、国際平和と人類の福祉の促進を目的とした国際連合の専門機関です。

なるほど。よくわかりませんね。
もっとわかりやすく紹介しているサイトを探すと、ありました!

この情報によると1946年に創設。
本部はフランスのパリにあり
トップの事務局長には過去日本人の
松浦晃一郎氏が務めたことがあるとのこと。

そして何を目的としているかと言いますと、

以下抜粋⬇︎
ユネスコの設立のきっかけは、第二次世界大戦です。

教育や文化の発展を通じて、戦争の悲劇を再び引き起こさないように、という願いの元、終戦前の1942年にイギリス外務省が呼びかけをしました。

それに応じた、ヨーロッパ各国の文部大臣がイギリス・ロンドンにて、連合国教育大臣会議を開き、この時のロンドン会議が、UNESCOの生みの親となりました。

そして戦後の1945年11月、イギリスとフランス政府がユネスコ創立の為の会議を招集。この会議で、広島・長崎に核兵器が使われたことに触れ、科学が平和のために使われなければならないと、教育・文化に加えて科学もユネスコで扱う事に決定しました。

抜粋終わり

なるほど。
これは確かに加入しながら戦争は
できないでしょうね。

ユネスコの活動内容については
様々でして、

義務教育・普遍的初等教育の普及
世界遺産の登録と保護
記憶遺産の登録
文化多様性条約の採択
教育における男女差別の解消
貧困の半減
など。文化遺産登録以外にも
活動をしているんですね。

ユネスコが文化財や地域ををわざわざ世界遺産と名付けて登録するのは
戦争への歯止めの意味も当初は
あったのかもしれませんね。

なんにせよ、大事にならないと
良いですよね。それでは!

〜選挙に行きますか?〜

おはようございます。
巷では次の選挙の件で毎日討論番組を
ニュースでやっています。
ついでに選挙に行くことを呼びかける
声もききます。

私は選挙に行くのって国民の権利で当たり前だと思っていたんですが、私の周りにいる
知人女性で既に三十路一歩手前の年齢なんですが、まったく選挙に行かないという方がいました。

何故行かないのか聞くと、
「自分の生活に関係ないし興味がないから」という返答が返ってきました。

まじすかと正直私は
思いましたが、敢えて口に出さなかったです。

選挙に行かない若者がいるっていうので
かなり話題になったのが改憲問題が
でた一年前。それ以前からもそういう話はありましたが表だって言われるようになったのが、その時だったと思います。

私は女性が選挙に行かないですって
平気で口にできる人を見ると本当に驚きます。ショックです。

女性って男性と違って国政参加の権利が得られたのは普通選挙が始まってから20年後の第二次世界大戦後のこと。
本当に最近の事なんですよ。もっと大事にしろと言いたい。

それまで女性だって納税しているのだから選挙権がないのはおかしいと声を上げた人はいましたが、取り合ってもらえませんでした。

ちなみに日本で国民による選挙が始まったのは1925年大正時代の事です。
女性には政治に参加する権利はありませんでしたが、女性の政治参加に対して婦人運動が盛んになっている時期でもありまして、

平塚らいちょうなどの青鞜社などの働きにより何度か要望が提出されていましたが、貴族院の反対などにより、選挙権を得ることができたのは結局第二次世界大戦後のことです。

間に戦争を挟んでいたとはいえ、
世間一般の世論が女性は家で家事をやるものだという固定概念があったのが
進まなかった原因だろうなと思います。

私の祖母の子供の頃、第二次世界大戦前ですが、女は大学に行って勉強なんてとんでもない、赤になると言われてました。赤になるて。。時代を感じます。

勉強大好きだった祖母は大学には行けなかったそうです。
そのかわり独学でめちゃくちゃ勉強していました。

とそんな私の概念を打ち砕く記事が。
今日SNSのトレンドにあがっていました。

ハフポストの記事です。

参考にしてもらいたいのですが、
あくまで投票に行き、この記事の
意見に賛同するという方が多いですので
選挙に行かない言い訳にはしないように!

「今回の選挙、くだらなすぎる」 投票棄権の賛同署名を集める東浩紀さんの真意とは?
http://www.huffingtonpost.jp/2017/10/09/hiroki-azuma_a_23237074/

以下抜粋⬇︎

「選挙に行きたくない」とか「棄権」とかって言うと、多くの人が「いや国民の義務として投票に行くべきだ」とか言うわけですね。もちろんその通りです。しかしですね、その前にこの選挙が必要だったのかってことをちゃんと考えなきゃいけないと思うんです。

選挙が始まると本当に「お祭り」状態になるので、マスコミもネットもどこに入れるんだってことばっかり考えるわけだけど、そもそも選挙ってのは、お金も時間もすごくコストがかかるわけですね。

今回であれば、600億円を超えるお金がかかり、それだけではなくて人々の時間も取られる。例えば、地域の秋祭りなども中止になっていて、そして新聞なども紙面がずっと選挙関係の記事で占められる。日本社会全体が「開店休業状態」になるわけですよ。

じゃあ、そこまでして一体何を問うはずだったっていうのが、もう既に消えてしまってるわけですね。だからこそ、こういうことはおかしいだろって、国民はちゃんと声を上げることが必要だと思います。

抜粋終わり。

色々異論はあるものの、この視点は
目から鱗です。
なるほどね。確かに選挙には国のお金が
使われているんですよ。莫大な。

それを考えると、このような意見が
でてくることも理解できます。

皆さんは選挙行きますか?
是非行ってください。
選挙は国民の義務ではなく、権利です。

では(*^▽^*)

~「飽きる」の手綱を握るには~

朝から電車の中で30分かけて書いていた記事が消えて
ショックを受けている立花です。
「完成した♪投稿!」と思って投稿ボタンを押した瞬間に書き込めませんでしたと
消えた瞬間の絶望感やばかったっす。__(⊃∠ε:)_

今日書きたかった記事は「飽きる」現象について。
なぜ「飽きる」というのは起こるのか。

飽きっぽい私は思いました。
飽きるのメカニズムがわかれば「飽きた」ときの
自分をコントロールできるのでは!?と思ったのですが。

「飽きる」というメカニズムについてはは心理学と脳科学からアプローチがあるようです。
まず心理学での「飽きる」ということは馴化(じゅんか)と心的飽和の二点であるといわれています。

——————————————————————————–
馴化とは
繰り返し受ける刺激に慣れてしまうことによって、反応が薄くなっていく現象のこと。馴化は、何らかのメリットやデメリットが生じない作業や行動を繰り返し行い続ける場合に起きやすい。仮にある刺激に馴化していたとしても、全く別の刺激を与えられた場合に反応することもある。
——————————————————————————–
心理的飽和とは
何らかの刺激がない同一の作業を繰り返した際に、飽きがきてこれを続ける意志がなくなること。作業であれば、心理的飽和によって作業効率が低下する現象がみられる。心理的飽和は、作業に対する内的環境、外的環境など様々な要因によって引き起こされ、また回避される。
——————————————————————————–

人間の基本は物事「飽きる」と言うことだそうです。
皆、すべからく人間は物事に「飽きる」生き物なのだそうです。

脳科学でも同じことが言われています。
脳科学者の池谷祐二さんは著書 『のうだま』 で人間の脳は飽きやすいようになっていて、
どんなに楽しいことでも、脳がそれに慣れてマンネリ化すると飽きるようにできている。と言っています。

以下下記ページからの抜粋です。
http://www.hj.sanno.ac.jp/ps/page/8704

★——————————————————————————-★
池谷さんによれば、このような馴化の機能は、人が生きていくために必要な反応として生まれながらに備えているとのことです。しかし、注目したいのは「馴化」は悪いことばかりではなく、続けるパワーも生み出すという驚きのもう一つの側面も兼ね備えているということです。
続けるパワーも生み出す?・・どういうことかというと、例えば「歯磨き」を例に挙げれば、最初は面倒臭いことだと思っていても、やらなきゃいけないと思って続けていれば、その面倒臭さに脳が馴れてしまって、やがて「面倒臭い」という気持ち自体もマヒしてしまいますね。このように「習慣化」するまで続けていくことで、脳が馴れて、当たり前のよ うになってしまうということも「馴化」の機能とのことなのです。
★——————————————————————————-★

私のこのブログも書かないと気持ち悪いと思うようになってきたので
ブログを書くことが「馴化」してきている証拠でしょうね!

そして脳科学者の茂木健一郎さんはこのように言っています。
http://www.compass-point.jp/kakugen/4023/

飽きることは、実は脳の才能のひとつです
(著書『幸福になる「脳の使い方」』から抜粋)

★————————————–★
「飽きっぽい」と聞くと、ネガティブな印象を持つが、これはきっと、捉え方の問題だろう。
 実際、あれもこれもと手をだす人を「飽きっぽい人」と言うのだから。
 飽きっぽい人は、何か満たされない思いがあるのだと思う。

 本当の「飽き性」は、何かに夢中になっていたと思ったら、突然、他のこともしてみたくなるということ。
 つまり、夢中に、がむしゃらにそれに向かっていると、どんどん慣れてきて物足りなさを感じるようになるということだ。

 茂木氏は、これこそが脳の特徴のひとつであり、「変われる」ことが脳の才能だと言ってはばからない。
 趣味に飽きる、勉強に飽きるといったいろいろな「飽きる」がある中で、最も重要な感覚が、「今の自分に飽きる」であると。

 今の自分に飽きたらどうするか。
「自分はもっと変われるはずだ」と、チャレンジ精神は旺盛になるだろう。
 それが、本来の人間の脳が求めるところであり、人の成長に一役も二役も買う感覚なのだ。

 アスリート選手や職人など、何かに打ち込んでいる人は「飽きる」ことの天才である。
 打ち込めば打ち込むほど、「まだまだ」と高みを目指して「今の自分」から変わろうとするのだから。

 「飽きる」という感覚は、あれもこれもではわからない。
 ひとつのことにとことん尽くしてこそ、「飽きる」の本当の意味がわかる。

 何かに飽きるということは、変わろうとする脳からのサイン。
 逆説を言うなら、変化し続けるものは、飽きることはない。
 飽きっぽい人は、夢中になれる何か、自分が変われる何かを常に探しているのかもしれない。
★————————————–★

ここまで人間は以下に「飽きる」生き物だと言うことを話してきたわけですが、
でもどうしたって人間の中には飽きずに同じことを繰り返してコツコツ成果を上げている人間もいるわけでして。
どうやったら「飽きる」をコントロールすることができるのでしょうか。

下記の「やる気の壁を乗り越える」という記事ではこのような事が書かれていました。
http://www.hj.sanno.ac.jp/ps/page/8704

★————————————–★
脳科学者の茂木健一郎氏は『脳を活かす勉強法』(PHP研究所刊)の中で「タイムプレッシャー」という考え方を推奨しています。タイムプレッシャーとは、通常なら60分かかる仕事を、自らのチャレンジとして「30分でやってみよう!」と制限時間を設けることで、脳内の「やる気」に関連する部分を刺激して普段出せないようなパフォーマンスを引き出し、作業能率を上げるというものです。茂木氏は同著で、脳には自ら課した課題に対して、潜在的に持っている力を引き出すことでそれを克服しようとする不思議な力があると説明しています。
私自身もタイムプレッシャーを日常的に活用しています。単調であまりおもしろくない仕事だな、あまりやる気が出ないな、と感じる時には「絶対この仕事を60分で終了させてやる!」と強く心に決めます。ストップウォッチを使って、スタート前に「やるぞ!やるぞ!」と気合いを入れてから始めるとさらに効果があります。おもしろいのは、この方法で仕事を始めて集中度が高まってくると、時間の流れがゆるやかになったように感じることです。また、ダラダラと仕事をした時よりも、はるかにスピーディーに、かつクオリティも高く仕事を進めることができます。

「やる気の壁」は自分で克服する

茂木氏は、タイムプレッシャーの効果を上げるための絶対的な条件として、時間にしても仕事の難易度にしても、他人から強制された基準は逆効果であり、「自分自身で決める」ことが大切だと説明しています。飽きてしまうか、続けられるか、は自分次第ということですね。
もしも「やる気の壁」が深刻なものであると感じるならば、なぜこのことを始めようと思ったのか、という原点に立ち戻ってみてはいかがでしょう?
★————————————–★

タイムプレッシャー。
締め切り前だと筆が進むとき、よくありますね!
自分から制限時間を決めて作業を行うというのは思った以上に能率がアップするみたいです。

また先に上げた心理学的な「飽きる」に対するアプローチには下記の方法が紹介されていました。
『なぜあなたは長続きしないの?心理学で三日坊主を克服する4つの方法』
https://wakarukoto.com/?p=15992

★————————————–★
原因1.目的や目標が定まっていないため
ゴールが設定されていない!

三日坊主になりやすい人は、「これを行うことによって、自分がどうなりたいかが設定されていない」という場合があります。

例えばダイエットで痩せたい!という人は、

・いつまでに何kg痩せたいのか
・痩せたら自分がどのような姿になっているのか
・痩せたらいったいどんなメリットがあるのか

これらをイメージせずに、単純に痩せたいという思いだけで、ダイエットを続けることはできません。

また、お金を貯めたい!という人は、

・いつまでにいくらのお金を貯めたいのか
・お金が貯まった自分はどのようになっているのか
・貯めたお金で何をしたいのか

これらをイメージしていないため、お金を貯める行為をやめてしまいます。
★————————————–★

★————————————–★
原因2.日々やることが決まっていないため

今日何をすれば良いかがタスク化されていない!

三日坊主になりやすい人は、「何らかのメリットやデメリットが生じない作業や行動を繰り返し行い続け」ている場合があります。

せっかく目標が設定されていても、何をどれくらいやれば目標達成できるかがわからなければ、日々やることが、わからなくなってしまいます。

ゴールに到達することは、積み重ねていく行為です。今日走る距離を決めていなければ「明日まとめて走ればいいやー」になってしまうでしょう。

例えば、1か月ごとに区切るなどして、小さなゴールを設け、日々やることを細分化し、何を積み重ねればゴールに到達するかを明確にしなければいけません。

タスクの洗い出しとスケジュール作成は必ず行いましょう。
★————————————–★

★————————————–★
原因3.目標に対して今自分がどこにいるかわからないため

行動の結果が数値化されていない!

三日坊主になりやすい人は、「今日行ったことに対して、自ら刺激を与える行為をしていない」場合があります。

・今日は2キロ走る予定だったけど、2.5キロ走った
・いつもは15分かけて走るけど、今日は12分で走った

など、日々決まっているタスクに対して、「プラスやマイナスの刺激がある」「ルーチンワークをこなしているわけではない」と認識することが重要です。

また、馴化や心理的飽和は「仮にある刺激に馴化していたとしても、全く別の刺激を与えられた場合に反応することもある」ものです。

・いつものランニングコースで今日は5人抜いた
・走っていて挨拶する人が10人になった

という、目的とは全く別の刺激を加えることでも、効果的に三日坊主を防げます。
★————————————–★

★————————————–★
原因4.日々やることにメリットを感じないため

日々がんばってもメリットが感じられない!

三日坊主になりやすい人は、「日々行っていることに対して、報酬を設けていない」場合があります。

どんなに小さなことでも良いので、がんばって続けていることに対して、定期的に何らかの報酬を用意してあげる必要があります。

・毎日ランニングコースにあるおいしいパン屋さんによって、ランニング後に朝食にする
・1週間に一度身近な人に報告して、褒めてもらえるようにする
・1か月休まずに続けられたら、外食をする

という自分ルールを作って、報酬を”与えられる”という考えを持つことが重要です。

なぜ自分ルールの報酬でも成果をあげられると言えるのか

ホントに~?と思った方へ。

何らかの報酬を設けて、目標達成に導くことを、脳科学の世界では「報酬系」と言います。

報酬系とは
欲求が満たされたとき、あるいは満たされると予測される時に脳が活性化し、快感物質(ドーパミン)を投射すること神経のこと。
予測も含まれるため、自分で設定した報酬であっても、それを達成するために快感物質が投射されることで目標達成を優先して行うことができる。

どうせ自分で作ったルールでしょ?
と疑っても、これは脳の働きによって起こる現象です。ですので、ちゃんと三日坊主の克服に活用することができます。
★————————————–★

なんだか自分をコントロールするために脳や心理を騙さないといけないって
人間の体って面白いですね。

さて早速今日一日、ここに書いてあることを実践してみようと思います。
皆さんも「飽きた」ら是非この方法を試して自分をコントロールしてみてはいかがでしょうか。
自分の手綱を握るのが一番難しいですからね。

それでは!

~三連休明け、やる気を出すには~

おはようございます!
三連休明けの朝ですね。
三連休明けってなをやだか周りもやる気がない感じでだる〜んとしていて、
私もなんとなくやる気がでないです。
_(┐「ε:)_

そんな時におススメなのが、
アロマやハーブの匂いをかぐこと。
香りは脳を活性化させてくれるので、
おススメだそうですよ。
アロマやハーブがない場合は
柑橘系の果物やレモンがいいそうです。
http://www.sbfoods.co.jp/herbs/back/200804/aroma.html

あとは今日一日頑張った後に
自分にちょっとしたご褒美を用意して
あげるのも効果的なんだとか。

皆さん、三連休の初日ですが、
良い一日にしていきましょう!

あと、先日のニンテンドースーパーファミコンクラシックミニは無事当選しました。
家でさっそく聖剣伝説2で遊んでいます。
懐かしすぎて!感動しました笑( ^∀^)

それでは今日も良い一日を!
(*´ω`*)

~ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン発売日~

商品名めちゃくちゃ長いですね。
今日発売のニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンですが、
渋谷のビックカメラで抽選券を貰ってきました!(´∀`艸)♡
https://www.nintendo.co.jp/clvs/

当たるといいなぁ!当たって!

スーファミ本体は元々買い替えるつもりだったので、
本体の中にタイトルが収録されていると言うことで、
小さくコンパクトになって家の中でも邪魔にならないはず!

でも収録されていないタイトルも遊びたいので、
任天堂さん、他のタイトルも配信をお願いします!

じゃないとアマゾンで中古18000円の本体を買うことに
なってしまう。(´・ω・`)高い。

個人的にはドンキーコングとスーパーマリオRPGが
楽しみなんですよね。

当たってくれえ!