中国企業の海外進出と未来への挑戦

こんにちは、インターン生の宋之光です。
中国の官民投資の発展における重要な一歩として、中国の「一帯一路」構想が提唱されてから7年が經った。今はますます多くの国や国際機関が「一帯一路」に参加を表明したにもかかわらず、「一帯一路」に対する不安や懸念が浮上することもある。
2019年の時点で、「一帯一路」の公式サイトによると、中国はすでに126の国や29の国際機関と174の協力文書に署名している。その中、主にインフラ建設、貿易や雇用の増加、及び経済の多様化において役に立つため、多くの国々が積極的に応じた。
現在、その協力に当たって最も歓迎する国は、次のいくつのタイプがある。
1)内陸国(カザフスタン):中国産業の移転に歓迎し、グローバル産業・供給チェーンやバリューチェーンに統合できるように支援している。
2)島国(スリランカ、モーリシャス):主な大陸との経済交流をつなぐ架け橋として、港湾の変容やアップグレードを通じて島国の競争力を高める。
3)色の革命の国(チュニジア、ウクライナ、エジプト):経済開発、地域協力を積極的に要求し、世界の経済的及び政治的地位を強化する。
しかし、「一帯一路」協力構想に対する不安や懸念が浮上したこともある。これは主に、中国(特に国有企業)が地政学的な目標を達成するために、リスクの高い国々に投資する傾向がある。同時に、中国の「一帯一路」プロジェクトによって、国家主権の侵食、持続不可能な財政負担、地政学リスクの高まり、環境汚染や汚職などの負の面は、対象国に不利益をもたらす可能性があることも指摘されている。例えば、2017年12月、スリランカ政府は戦略的な港湾であるハンバントタ港の管理権を99年間リースの形で中国企業に移管されたことによって、スリランカが主権を失う代償を払ったという批判が高まっている。
特に過去数年間で、他の主要経済国からの代替インフラ投資計画の提出により、インフラ投資に対して必要な国々は中国と交渉する利点も表している(例えば、2017年の日本・インドによる「アジア・アフリカ成長回廊構想」、及び米国による「IDFC(International Development Finance Corporation)」等が挙げられる)。それに対して、中国は圧力に直面し、バングラデシュ、ミャンマー、マレーシアなどの多くの「一帯一路」沿線国におけるプロジェクトに徐々に対応せざるをえなくなった。将来は、中国政府と企業が協力相手国における経済、社会、環境への影響をどのようにバランスを取るのは、色々検討する価値があり引き続き注目されるだろう。

巨大プロジェクトにより中国企業の進出マップ

こんにちは、インターン生の宋之光です。

「中国対外直接投資統計公報」によると、1993年以降、中国の対外直接投資は基本的に成長傾向を示している。特にWTO加盟後、中国の対外直接投資は年間平均成長率は39.8%で急増し、対外直接投資の流入と流出のギャップを縮めていた。
さらに、2013年から史上最大規模の投資計画である「一帯一路(Belt and Road)」の実施に伴い、中国政府と海外企業は海外直接投資の投入や分布を世界規模で再編成された。「一帯一路」構想は、東アジアから西ヨーロッパまでまたがり、60ヵ国以上があり、天然資源が豊富で、さらなる市場の可能性があって産業発展において中国と非常に強い補完性を持っている。その中、「一帯一路」構想の発行によって、全体的に中国企業の投資規模はこれから空間的に大きく異なり、その変化が以下のいくつの地域から見えられる。
1)東南アジア:東南アジアへの直接投資は着実な成長を見せている。特に、シンガポールを中心とした東南アジア諸国に集中している(その中、主に再生エネルギー、機械設備及び建築材料などの産業に重視している)。
2)モンゴル・ロシア地域:この地域は中国の対外投資における2番目の階層であり、今は中国の対外直接投資に最も成長している地域の1つである(主に繊維製造、食品加工、農産物、鉱物資源開発、及び輸送、電力建設などの分野に分布している)。
3)中央アジアと南アジア:この地域においての中国の総投資は比較的に小さいですが、戦略的な位置により、今は中国の対外投資に当たって最も速く吸収している(主に石油、エネルギー資源を中心とした分野に集中的に投資している)。
4)中央・東ヨーロッパ:現在、この地域における中国の直接投資は最小であり、成長率も遅い現状である。これから投資・協力モデルはまだ探索段階にありますが、将来は大きな成長の可能性を秘めている。(今は主に機器製造、交通機器製造、及び再生エネルギー開発などの分野に投資・協力している)。
将来は、2013年以降の急成長から2017年より最初の成長鈍化まで、及びさまざまな外国投資法や規制の発行を経て、中国企業の外国投資はこれから徐々に合理性に戻り、持続可能な開発・発展などの課題を検討しながら。地元の国にとってもより健全的な成長を実現するだろう。

苦境を越える海外進出の中国企業

こんにちは、インターン生の宋之光です。

2020年9月15日は中国、さらには世界のIT・テクノロジー企業にとっても小さな日ではない。中国のIT大手「ファーウェイ(Huawei)」は、ビジネスと国家安全保障の問題から、米国を中心とする各国政府やパートナーから共同制裁を本格的に直面している。

2019年以降、ファーウェイは過去1年ほどで3回の抑圧と制裁を加えられた。特に2020年9月15日より、ファーウェイ設立33周年の日、米国商務省によって発表された一連の禁止・制裁事項が適用され、アメリカのテクノロジー、ソフトウェア設計、および半導体チップの製造や使用が厳格に制限され始まる。特に従来はサプライヤーであるTSMC(世界最大のチップメーカー)によって事実上の供給遮断のため、半導体をファーウェイに供給することがこれから禁止された。将来、ファーウェイの生き残る方法は引き続き注目に値されるだろう。にもかかわらず、こうした中で、2020年前半期において、ファーウェイのスマホ出荷台数は世界的に2億4000万台に達し、断固として世界第1位であった。

事実上の供給遮断を受けて、ファーウェイはこれから画期的なことも計画している。まずは、TSMCやMediaTekなどの半導体メーカーに対して、期限までKirin 9000ハイエンドシリーズチップの大量生産を発注し備えている。その同時に、ファーウェイは新しい計画を立て2019年から、海外のテクノロジーへの依存度が徐々に低下させることにした。特に、次世代通信規格「5G」の分野に当たっては、自社開発の半導体とともに、スマートフォン向けのオペレーティングシステム「鴻蒙OS(こうもうOS)」を8月に発表された。今年は、より厳しい技術的制裁に直面している中、9月10日の開発者会議の時、米国制裁の取り巻きを突破するために、コアソフトウェア分野において、「鴻蒙2.0」は5G +モノのインターネット向けの次世代オペレーティングシステムに位置付けられることを発表された。

ファーウェイは、世界トップ100社の中に研究開発費と技術的予備力の点に誇りを持って、上場されていない売上高は1,000億ドルを超える唯一の中国の民間企業である。そのテクノロジーのユニコーンは近年中国の海外展開における最も代表的な企業として、将来は激しい打撃の下でどのように自立したビジネスパスを探索するのは、各国政府、関連企業、および消費者の注意に値するだろう。

中国IT企業の国際的急展開

こんにちは、インターン生の宋之光です。

今回は、設立からわずか8年で、最もグローバル化が推進されている中国インタネット・技術企業の代表としての「ByteDance」を紹介します。

公開情報によると、2019年末までに、ByteDance製品のグローバルな月間アクティブユーザー数は15億人を超え、150の国と地域、75の言語をカバーし、40を超える国と地域のアプリストアリストの最前線にランクされている。ByteDanceが今はTikTok、Lark、Heloなど、グローバルな影響力を持つさまざまな製品を所有している。

その中でも、最も身近な分野として、短い動画はBytedanceエコシステムの中に非常に重要な部分と位置付けられる。実は、その歴史は2017年に始まったばかりだ。当年の2月、ByteDanceはアメリカの短い動画アプリであるFlipagramを買収し、Vshowに投資し、5月に海外版の「抖音(Douyin)」である「TikTok」を発表した。2020年1月のデータによると、TikTokのグローバルなApp StoreとGoogle Playのダウンロード数はわずか3年間で1億400万回に達し、この段階で世界で最もダウンロードされたモバイルアプリケーションになった。海外のカバレッジには、インド、ブラジル、アメリカなどの人口や経済大国が含まれる。Bytedanceは設立以来の8年間でインタネット・技術のユニコーン企業まで成長し、評価額は1,400億米ドルに達し、世界で最も価値の高いスタートアップ企業になった。それ以前は、TencentのQQ、WeChat、AlibabaのTaobao、Alipayのいずれであろうと、中国の海外企業はこのように世界を席巻したことがなかった。

しかし、グローバルな急展開の中に、Bytedanceがアメリカやインドを中心とした海外政府やIT企業は、情報セキュリティや文化輸出などの問題によって色々警戒したり規制したりされることになった。特に、2019年後半に2回で米国上院の審理に至った後、Bytedanceに対しての世界的な抑圧が始まった。その中でも、2020年からトランプ政権からの規制によりByteDanceの米国子会社は買収計画にも直面せざるをえなくなった。それに対しても、ByteDanceは2020年以降、ゲームやコラボオフィス等の新規エリアを中心に、日本やインドなどの主要市場に開発計画も徐々に拡大している。

今は中国のインタネット・技術企業の海外進出のパイオニアとして、これからByteDanceが引き続き消費者のニーズに応えた上で、関連分野に期待を寄せ続けることができると信じています。

中国企業のアフリカ進出

こんにちは、インターン生の宋之光です。
今回は近年注目されつつあるアフリカにおいて販路拡大し続ける中国のスマホ会社(Transsion)について紹介させていただきます。
Transsionの創設者は竺 肇江(Zhu Zhaojiang)氏です。彼は「BoDao」のという中国における携帯電話の会社で10年近く働いています(「BoDao」は2000年代に独特の広告で中国の人々によく知られていました)。
竺氏はその後に「BoDao」の最高責任者に昇進し、そして数年後、「BoDao」の国際的なビジネスを展開する過程に当たって、彼は90国以上の市場に訪れ、将来はTranssionがアフリカ市場に参入するための基盤を築きました。

現在、Transsionには、Transsion、itel、Infinix、Spiceの4つのスマホのブランドがあります。
特に、Transsionの公式ウェブサイトによると、その中にいくつの重要な開発プロセスは次のとおりです。
2006年、Transsionブランドが公開されました。
2009年、深センの塩田工場が正式に稼働し、アフターサービスブランドのCarlcareが設立されました。
2011年、エチオピアに工場を設立されました。
2015年、インド市場を開拓し、家電ブランドのSyinixを創設しました。
2016年、Transsionの各スマホブランドはアフリカ市場の38%を占め、1位にランクされました。
2019年、上海証券取引所で新規上場しました。

そもそも、Transsionがアフリカ全土に広がる理由については、その差別化戦略、アフリカ市場向けに開発されたいくつかの特別機能、および独自のプロモーションについて説明する必要があります。
1)Transsionが当時に参入したアフリカ市場は、中国、インドに次ぐ世界第3位人口の市場を誇るが、アフリカでの携帯電話(特にスマートフォン)の普及率は高くなかった。しかし、アフリカ市場には他のブランドが少ないことも事実であり、他の市場に比べて大きな発展の可能性が見込まれています。
2)そして2010年頃に正式にアフリカ市場に参入することが決定したとき、「偽造」や「品質の悪さ」などのネガティブなラベルを持つ中国製と異なり、Transsionはブランドとテクノロジーから始まり、フランス、ナイジェリアで順次事業を開始した。更に、ケニアで共同設計チームとR&Dセンターも設立されました。その結果、例えば「デュアルSIM」、超ロングスタンバイや大音量の設定、「ロケット充電」技術、黒い肌により適したカメラ機能といったアフリカ市場だけの巨大なニーズに応えて、一連のアップグレードと改善が行われました
3)また、プロモーションに関しては、Transsionは、完全なアフターサービスと物流システム(ナイジェリア、ケニア、タンザニア、カメルーンといった現地の国々に製造工場やオフィスを開設)と相まって、現在はアフリカで製品の販売と顧客サービスにおいて最大規模のスマホ企業に至ります。

つまり、技術は急速に進歩している今日でも、単純なように見えられるかもしれませんが、消費者の実際のニーズを満たす製品を作るということは、企業の成功に向けて最も重要な定義であり、Transsionの成功もこの点を示しています。

中国でと日本でのアルバイトの共通点と違いについて 日本マクドナルド編

前文 

この記事は著者である私が経験したアルバイト先に感じましたの話しなので、中国と日本の全てのアルバイト先が以下の文章のようなことでは限りません。あくまでも私自身が経験したことなので、決してどちらの国を批判することかどちらを賛美することはございません。

本文

今回話したいのはガスト鴨川店で二年間9ヶ月を渡って辞めた後、半年間心を休んで再びバイトを始めた話しです。このアルバイトも現在私がやっているアルバイトです。

当時の私はバイトに没頭し過ぎて、自分が本当にやるべことをすら忘れてしました。幸いなことにまだ挽回出来ない立場になっていない時にアドバイザー先生の意見聞いて一番長く続いたガスト鴨川店のアルバイトを辞めて学業に一時専念することになりました。しかし今まではバイト代で留学生活を維持することができますけど、学業を専念するゆえに半年で前の貯金を全て使い終わりました。よって再びバイトをしなければいけない状態になりました。

今回のアルバイト先は日本国内でも国外でも有名な店、マクドナルドでアルバイトをして始めた。アルバイト時間をできるだけ減らして学業に影響を与えることがないようにしました。マクドナルドはアルバイト員の勤務時間はアルバイト員自身が決めるから、毎週スケジュールを書かなければいけないか。その代わりに自分自身が日程に対するコントロールがはっきりしている。簡単に言えば自由度が非常に高い。有名度が高いゆえに毎日の仕事量が多いのか、その代わり店員たちが手助けしてくれるので特に大問題をおごすことはないか。仕事量が多いため何を先にするべきかわからない時がよく発生します。そのため順序をはっきりする対応力を身につけるのが大事です。

それからコミュニケーション能力も重要な点です。中国にいる時では仕事をしている時先輩たちに教わったことはほとんどか仕事やり方でした、自分の仕事を自分で完成するになるのが一番大事。ほかの人の仕事に手伝いをするのが実はメンバーたちと仲良くしやすいポイントの一つです。でも日本に来ていると仕事手伝いするのが普通と感じで昔中国にいるように適用していない。まだ日本人では仕事と私生活をはっきりし過ぎると私はそう感じでなかなかメンバーたちと仲良くなれない。

最近では仕事が段々うまくなれるのでメンバーたちも段々認め始めたようにと私は感じました、でも日本人たちと仲良くするコミュニティ適用法を自分がつかめない以上これからの職場でも問題なるでしょう。でもまだ時間があるので必ずその時間内で自分の短所を解決するにします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

中国でと日本でのアルバイトの共通点と違いについて 日本ガスト編

前文

この記事は著者である私が経験したアルバイト先に感じましたの話しなので、中国と日本の全てのアルバイト先が以下の文章のようなことでは限りません。あくまでも私自身が経験したことなので、決してどちらの国を批判することかどちらを賛美することはございません。

本文

今回話したいのは高校卒業後、日本に留学しに来たまもない頃。同じ高校出身の先輩の紹介のお掛けて、日本で初めてバイトをし始めたのことです。アルバイト先の名前はガスト鴨川店という日本ファミリーレストランでした。私は日本に来たばかりに習慣の変化や地方に対する認識度がまだ薄いので、大学寮に一時住むことになりました。大学からアルバイト先までは5キロメートルの距離があります。だけど日本ではアルバイトの勤務時間に対して中国で以前やってところより比較的自由なので、最初の時はビックリしました。中国では休み時間はアルバイト員が決めるですか、働き時間は相手が決めますことが多く。ある場所では休み時間も相手が決める所がいる。

5キロメートルの距離があったゆえに、最初の時、私はアルバイト時間を金土日3日にしました。勤務時間は一日3~5時間、いずれも夜18時から始まる。仕事内容はキッチンで調理補助を務めました。同僚たちのコミュニティには今だでもよく掴めていない。日本では人たちの振り合いは挨拶と返事が大事のが中国にいる頃も知っていました。だけどそんなに頻繫的なこととは思わなかった、中国にアルバイトしている時は挨拶もしますかでもそれは朝の時という限りがあるのです。何かというと私が住んでいる町の習慣としては“おはよう”はよく使えるけれど“こんにちは”や“こんばんは”はあまり使わていないということです。朝の時を過ぎると、挨拶文を使わないかまた時間が過ぎでも“おはよう”をいうかです。でも使う方がわざとという感じがあって、親しみ感が増えます。“こんにちは”や“こんばんは”を使用してもいいか中国ではその翻訳言葉を使うと人に硬いというイメージが伝わりやすい。

返事に対しては中国ではそんなに拘りしていない、していると人に礼儀正しいく感じますか。しなくでも別に人の言葉を聞いていないではないです。個別な人はありますか、返事していないの状況は大体的には“手の仕事がまだ終わっていないですよ、終わったらすぐ来ます。”という意味です。拘り過ぎると相手がしている仕事を延ばして先に来ている状況になってしまいます。

アルバイトがそんなに続けていない時では、時々昔の習慣によりしていることも多く発生してしました。だから店のメンバーたちに迷惑をかけしばかりです。でも店長も同じアルバイトのメンバーたちも優しい方ですから、私にいろんなことを教えてしました。結果的私の留学生活もわりと楽しくしてなりました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

中国でと日本でのアルバイトの共通点と違いについて 遊船編

前文 

この記事は著者である私が経験したアルバイト先に感じましたの話しなので、中国と日本の全てのアルバイト先が以下の文章のようなことでは限りません。あくまでも私自身が経験したことなので、決してどちらの国を批判することかどちらを賛美することはございません。

本文

今回話したいのは私の高校時代の最後にしたアルバイトです。アルバイトというか学校の職場実習です。私の高校は専門学校のゆえに、夏休みや冬休みの時学校の中で貼っているアルバイト募集も多い。三年生になる時、普通の高校のように大学の進学試験の準備ではなく。半年間学校から出って、いろんな職場で働いて行くんのです。秘密保持書を署名する必要はあるが、会社と学校との契約ゆえに、会社の中では非正社員として扱われる。少し本題から離して言います。中国の進学試験は統一試験なので、そのためには時期、場所に規定されている。場所は市公立学校中で行われるので私立学校や他の学生たちにはテストをするために近い公立学校に通って試験をするしかない。まだ、機会は一年に一度のゆえに、点数が落ちたら専門学校か来年までやり直すしかない。そのため中国普通の高校生たちは高校一年から既に大学進学試験の準備をしなければいけないのでバイトはもちろん学校から禁止されているのが多く、学校中の部活もいない。私はその定められた高校生活は嫌いのでわざとレベルが低いけど高校生活が楽しく、部活も豊富な専門学校に選びました。

では本題に戻ります。実習の時、私は広州にでも有名な観光地でもある“珠江”(ずじゃん)で一つの遊船観光会社を選びました。その会社で私は遊船の中で接客員を務めました。仕事は観光客の接待と座り場所の案内それから観光客の安全確保、時には観光地の紹介もやりました。仕事の時間帯は昼間16:00から夜21:00まで、繫忙期の時では夜23;00まで仕事を続ける。給料は月払いで2500圓。

遊船内では船内食事を餐会の形で一時提供したこともありました。まだ遊船を一日借りてウェディングや誕生会パーティーをするコースもあります。そのため遊船内では皿やガラスのような割安い物が常時準備しております。皿を割るともちろん会社に弁償しなければなりません、これは中国では普通です。遅刻する場合は個人的にお金を出す。でも遅刻すると罰金を払うのは会社のルールではなく、船内の同僚たちがお互いを約束するために自分たちが設定したルールです。出した罰金は一定以上集まると皆でカラオケとかでお祝いする。なので別に悪いことではないと私は思います。むしろ社員同士のコミュニケーションの一種です。遅刻した人たちは少々悪いですか、一つ優しい警告と思うと心か楽になります。それに設定した金額はそう高くないので一回や二回したのも生活に影響を与えることはない。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

中国でと日本でのアルバイトの共通点と違いについて ホテル編2

前文 

この記事は著者である私が経験したアルバイト先に感じましたの話しなので、中国と日本の全てのアルバイト先が以下の文章のようなことでは限りません。あくまでも私自身が経験したことなので、決してどちらの国を批判することかどちらを賛美することはございません。

本文

今回の話したいのは私が”天一酒店”、“広州奥園ゴルフホテル”後高校時代の最後夏休みの時に始まったアルバイトのことです。少し話題から離れて説明します、中国学校の卒業時期は日本と違って2~3月卒業ではなく、7~8月卒業です、入学も9月からです。

では話しに戻ります。今回のアルバイト先は“ガーデンホテル”という五つ星の超高級ホテルです。私はホテルの”ルームアテンダント”としてのアルバイトをしました。アルバイト員ゆえにあくまでハウスキーピング部門に属して正式にどこのエリアに配属するのが曖昧です。毎日通勤する時は必ずハウスキーピング部門のオフェスに通って当日の配属を聞かなければならない。そのおかげで私は全てのエリアに通うことができました。

仕事時間は朝8:00~18:00まで、お昼の間に1時間の休憩時間があります。バイト代は日払いで100圓(日本円に換算すると1600円)。ホテルでアルバイトする経験がある私だけど務めた職種が初めてなので、細かい点がわからないゆえにお客様に失礼がないようにいつもエリアリーダーに質問しました。

まずはエリアに掃除する場合には、なるべく大きな音が出ないようにしました。まだお客さんがエリア内で出入りする時は必ずお辞儀をすると先輩たちに教えてもらいました。前のホテルとは違ってお客さんがくれるチップを貰うのは可能です。中国人はチップをくれる習慣が無いため中国ホテルもチップに対する定義も曖昧らしく、貰っていい場所あり貰っじゃいけない場所もある。内陸にあるホテルではお客様にチップを強要する事件も発生したこともある。

それからエリア内ではお客様に快適な環境を作るためには作業員の身だしなみもホテルの要求とうにする。ホテル品の発注を含めてホテル企業に関する電子データはアルバイト員に見せではいけないのが正社員たちの裏ルールらしく、当時私はエリアのパソコンを触ることも許されていないでした。

このアルバイトも夏休みが終わるとともに辞めました、次のアルバイトは卒業近くで半年間遊船でのことです、もし興味があったらまだ読んでください。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

中国でと日本でのアルバイトの共通点と違いについて ホテル編1

前文 

この記事は著者である私が経験したアルバイト先に感じましたの話しなので、中国と日本の全てのアルバイト先が以下の文章のようなことでは限りません。あくまでも私自身が経験したことなので、決してどちらの国を批判することかどちらを賛美することはございません。

本文

今回話したいのは私が“天一酒店”のアルバイトを辞めた後、夏休みの期間中に学校の紹介によって始まった二つ目のアルバイトのことです。アルバイト先の名前は“広州奥園ゴルフ酒店”という高級ホテルです。クラスメイトとともに一つの仕事場で仕事をするのか今の私にとっても非常に懐かしい思い出の一つでした。

えぇ…“酒店”で…前アルバイト先にも“酒店”と言いますよね?なぜ前のがレストランで今回のは高級ホテルですか?…それは日本語と中国語の翻訳について説明しなければならない。中国語で“酒店”はホテルの意味ありレストランの意味もある。これは規模によって名を付けている。規模が小さいレストランやホテルには“餐庁”、“賓館”と呼ぶ。規模が大きいれば統一的に“酒店”と呼ぶ、間違えやすいかもしれませんか、これも中国語の面白さでもあります。

では、本題に戻ります。今回のアルバイトはホテル内の洋式レストランでウェーターをやりました。仕事は主に料理の渡しとミルクティーの調合です、時々にイベント会場の手伝いやホテル内に住む客人やゴルフ場を利用する客人に注文された料理の配送もします。仕事時間は朝8:00から14:00、18:00から23:00まで月払い1100圓です。(円に換算すると約20000円)仕事量が多いためホテルの社長に寮に住むと要求されました。

ホテルにも罰金制があります。正社員、アルバイトか不問、ホテルの財産に損害お与えたにはそのものの市場価格で弁償しなければならない。それはたとえ皿一つでも椅子一つでも同じです。だから常に丁寧の仕方をしなければならない。

それから私が働いた場所には賞金制があります。何かというと、職員がもしお茶やミルクティーなどの飲み物をお客さんに勧めて売れたとき、その職員には賞金がもらえるという社内制度です。それはアルバイトも同じく売れたら賞金をもらいできます。

あと、ホテル内ではお客さんがくれたチップを貰っではいけない。もし客人がどうしてもくれるばいはホテルの財産として認め、上の部門に渡します。しないとホテルの財産を損害したと認め、辞退するのがそのホテルのルールです。

結果、このアルバイトはを私の夏休みが終わるとともに辞めました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。