中国でと日本でのアルバイトの共通点と違いについて 日本マクドナルド編

前文 

この記事は著者である私が経験したアルバイト先に感じましたの話しなので、中国と日本の全てのアルバイト先が以下の文章のようなことでは限りません。あくまでも私自身が経験したことなので、決してどちらの国を批判することかどちらを賛美することはございません。

本文

今回話したいのはガスト鴨川店で二年間9ヶ月を渡って辞めた後、半年間心を休んで再びバイトを始めた話しです。このアルバイトも現在私がやっているアルバイトです。

当時の私はバイトに没頭し過ぎて、自分が本当にやるべことをすら忘れてしました。幸いなことにまだ挽回出来ない立場になっていない時にアドバイザー先生の意見聞いて一番長く続いたガスト鴨川店のアルバイトを辞めて学業に一時専念することになりました。しかし今まではバイト代で留学生活を維持することができますけど、学業を専念するゆえに半年で前の貯金を全て使い終わりました。よって再びバイトをしなければいけない状態になりました。

今回のアルバイト先は日本国内でも国外でも有名な店、マクドナルドでアルバイトをして始めた。アルバイト時間をできるだけ減らして学業に影響を与えることがないようにしました。マクドナルドはアルバイト員の勤務時間はアルバイト員自身が決めるから、毎週スケジュールを書かなければいけないか。その代わりに自分自身が日程に対するコントロールがはっきりしている。簡単に言えば自由度が非常に高い。有名度が高いゆえに毎日の仕事量が多いのか、その代わり店員たちが手助けしてくれるので特に大問題をおごすことはないか。仕事量が多いため何を先にするべきかわからない時がよく発生します。そのため順序をはっきりする対応力を身につけるのが大事です。

それからコミュニケーション能力も重要な点です。中国にいる時では仕事をしている時先輩たちに教わったことはほとんどか仕事やり方でした、自分の仕事を自分で完成するになるのが一番大事。ほかの人の仕事に手伝いをするのが実はメンバーたちと仲良くしやすいポイントの一つです。でも日本に来ていると仕事手伝いするのが普通と感じで昔中国にいるように適用していない。まだ日本人では仕事と私生活をはっきりし過ぎると私はそう感じでなかなかメンバーたちと仲良くなれない。

最近では仕事が段々うまくなれるのでメンバーたちも段々認め始めたようにと私は感じました、でも日本人たちと仲良くするコミュニティ適用法を自分がつかめない以上これからの職場でも問題なるでしょう。でもまだ時間があるので必ずその時間内で自分の短所を解決するにします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

中国でと日本でのアルバイトの共通点と違いについて 日本ガスト編

前文

この記事は著者である私が経験したアルバイト先に感じましたの話しなので、中国と日本の全てのアルバイト先が以下の文章のようなことでは限りません。あくまでも私自身が経験したことなので、決してどちらの国を批判することかどちらを賛美することはございません。

本文

今回話したいのは高校卒業後、日本に留学しに来たまもない頃。同じ高校出身の先輩の紹介のお掛けて、日本で初めてバイトをし始めたのことです。アルバイト先の名前はガスト鴨川店という日本ファミリーレストランでした。私は日本に来たばかりに習慣の変化や地方に対する認識度がまだ薄いので、大学寮に一時住むことになりました。大学からアルバイト先までは5キロメートルの距離があります。だけど日本ではアルバイトの勤務時間に対して中国で以前やってところより比較的自由なので、最初の時はビックリしました。中国では休み時間はアルバイト員が決めるですか、働き時間は相手が決めますことが多く。ある場所では休み時間も相手が決める所がいる。

5キロメートルの距離があったゆえに、最初の時、私はアルバイト時間を金土日3日にしました。勤務時間は一日3~5時間、いずれも夜18時から始まる。仕事内容はキッチンで調理補助を務めました。同僚たちのコミュニティには今だでもよく掴めていない。日本では人たちの振り合いは挨拶と返事が大事のが中国にいる頃も知っていました。だけどそんなに頻繫的なこととは思わなかった、中国にアルバイトしている時は挨拶もしますかでもそれは朝の時という限りがあるのです。何かというと私が住んでいる町の習慣としては“おはよう”はよく使えるけれど“こんにちは”や“こんばんは”はあまり使わていないということです。朝の時を過ぎると、挨拶文を使わないかまた時間が過ぎでも“おはよう”をいうかです。でも使う方がわざとという感じがあって、親しみ感が増えます。“こんにちは”や“こんばんは”を使用してもいいか中国ではその翻訳言葉を使うと人に硬いというイメージが伝わりやすい。

返事に対しては中国ではそんなに拘りしていない、していると人に礼儀正しいく感じますか。しなくでも別に人の言葉を聞いていないではないです。個別な人はありますか、返事していないの状況は大体的には“手の仕事がまだ終わっていないですよ、終わったらすぐ来ます。”という意味です。拘り過ぎると相手がしている仕事を延ばして先に来ている状況になってしまいます。

アルバイトがそんなに続けていない時では、時々昔の習慣によりしていることも多く発生してしました。だから店のメンバーたちに迷惑をかけしばかりです。でも店長も同じアルバイトのメンバーたちも優しい方ですから、私にいろんなことを教えてしました。結果的私の留学生活もわりと楽しくしてなりました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

中国でと日本でのアルバイトの共通点と違いについて 遊船編

前文 

この記事は著者である私が経験したアルバイト先に感じましたの話しなので、中国と日本の全てのアルバイト先が以下の文章のようなことでは限りません。あくまでも私自身が経験したことなので、決してどちらの国を批判することかどちらを賛美することはございません。

本文

今回話したいのは私の高校時代の最後にしたアルバイトです。アルバイトというか学校の職場実習です。私の高校は専門学校のゆえに、夏休みや冬休みの時学校の中で貼っているアルバイト募集も多い。三年生になる時、普通の高校のように大学の進学試験の準備ではなく。半年間学校から出って、いろんな職場で働いて行くんのです。秘密保持書を署名する必要はあるが、会社と学校との契約ゆえに、会社の中では非正社員として扱われる。少し本題から離して言います。中国の進学試験は統一試験なので、そのためには時期、場所に規定されている。場所は市公立学校中で行われるので私立学校や他の学生たちにはテストをするために近い公立学校に通って試験をするしかない。まだ、機会は一年に一度のゆえに、点数が落ちたら専門学校か来年までやり直すしかない。そのため中国普通の高校生たちは高校一年から既に大学進学試験の準備をしなければいけないのでバイトはもちろん学校から禁止されているのが多く、学校中の部活もいない。私はその定められた高校生活は嫌いのでわざとレベルが低いけど高校生活が楽しく、部活も豊富な専門学校に選びました。

では本題に戻ります。実習の時、私は広州にでも有名な観光地でもある“珠江”(ずじゃん)で一つの遊船観光会社を選びました。その会社で私は遊船の中で接客員を務めました。仕事は観光客の接待と座り場所の案内それから観光客の安全確保、時には観光地の紹介もやりました。仕事の時間帯は昼間16:00から夜21:00まで、繫忙期の時では夜23;00まで仕事を続ける。給料は月払いで2500圓。

遊船内では船内食事を餐会の形で一時提供したこともありました。まだ遊船を一日借りてウェディングや誕生会パーティーをするコースもあります。そのため遊船内では皿やガラスのような割安い物が常時準備しております。皿を割るともちろん会社に弁償しなければなりません、これは中国では普通です。遅刻する場合は個人的にお金を出す。でも遅刻すると罰金を払うのは会社のルールではなく、船内の同僚たちがお互いを約束するために自分たちが設定したルールです。出した罰金は一定以上集まると皆でカラオケとかでお祝いする。なので別に悪いことではないと私は思います。むしろ社員同士のコミュニケーションの一種です。遅刻した人たちは少々悪いですか、一つ優しい警告と思うと心か楽になります。それに設定した金額はそう高くないので一回や二回したのも生活に影響を与えることはない。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

中国でと日本でのアルバイトの共通点と違いについて ホテル編2

前文 

この記事は著者である私が経験したアルバイト先に感じましたの話しなので、中国と日本の全てのアルバイト先が以下の文章のようなことでは限りません。あくまでも私自身が経験したことなので、決してどちらの国を批判することかどちらを賛美することはございません。

本文

今回の話したいのは私が”天一酒店”、“広州奥園ゴルフホテル”後高校時代の最後夏休みの時に始まったアルバイトのことです。少し話題から離れて説明します、中国学校の卒業時期は日本と違って2~3月卒業ではなく、7~8月卒業です、入学も9月からです。

では話しに戻ります。今回のアルバイト先は“ガーデンホテル”という五つ星の超高級ホテルです。私はホテルの”ルームアテンダント”としてのアルバイトをしました。アルバイト員ゆえにあくまでハウスキーピング部門に属して正式にどこのエリアに配属するのが曖昧です。毎日通勤する時は必ずハウスキーピング部門のオフェスに通って当日の配属を聞かなければならない。そのおかげで私は全てのエリアに通うことができました。

仕事時間は朝8:00~18:00まで、お昼の間に1時間の休憩時間があります。バイト代は日払いで100圓(日本円に換算すると1600円)。ホテルでアルバイトする経験がある私だけど務めた職種が初めてなので、細かい点がわからないゆえにお客様に失礼がないようにいつもエリアリーダーに質問しました。

まずはエリアに掃除する場合には、なるべく大きな音が出ないようにしました。まだお客さんがエリア内で出入りする時は必ずお辞儀をすると先輩たちに教えてもらいました。前のホテルとは違ってお客さんがくれるチップを貰うのは可能です。中国人はチップをくれる習慣が無いため中国ホテルもチップに対する定義も曖昧らしく、貰っていい場所あり貰っじゃいけない場所もある。内陸にあるホテルではお客様にチップを強要する事件も発生したこともある。

それからエリア内ではお客様に快適な環境を作るためには作業員の身だしなみもホテルの要求とうにする。ホテル品の発注を含めてホテル企業に関する電子データはアルバイト員に見せではいけないのが正社員たちの裏ルールらしく、当時私はエリアのパソコンを触ることも許されていないでした。

このアルバイトも夏休みが終わるとともに辞めました、次のアルバイトは卒業近くで半年間遊船でのことです、もし興味があったらまだ読んでください。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

中国でと日本でのアルバイトの共通点と違いについて ホテル編1

前文 

この記事は著者である私が経験したアルバイト先に感じましたの話しなので、中国と日本の全てのアルバイト先が以下の文章のようなことでは限りません。あくまでも私自身が経験したことなので、決してどちらの国を批判することかどちらを賛美することはございません。

本文

今回話したいのは私が“天一酒店”のアルバイトを辞めた後、夏休みの期間中に学校の紹介によって始まった二つ目のアルバイトのことです。アルバイト先の名前は“広州奥園ゴルフ酒店”という高級ホテルです。クラスメイトとともに一つの仕事場で仕事をするのか今の私にとっても非常に懐かしい思い出の一つでした。

えぇ…“酒店”で…前アルバイト先にも“酒店”と言いますよね?なぜ前のがレストランで今回のは高級ホテルですか?…それは日本語と中国語の翻訳について説明しなければならない。中国語で“酒店”はホテルの意味ありレストランの意味もある。これは規模によって名を付けている。規模が小さいレストランやホテルには“餐庁”、“賓館”と呼ぶ。規模が大きいれば統一的に“酒店”と呼ぶ、間違えやすいかもしれませんか、これも中国語の面白さでもあります。

では、本題に戻ります。今回のアルバイトはホテル内の洋式レストランでウェーターをやりました。仕事は主に料理の渡しとミルクティーの調合です、時々にイベント会場の手伝いやホテル内に住む客人やゴルフ場を利用する客人に注文された料理の配送もします。仕事時間は朝8:00から14:00、18:00から23:00まで月払い1100圓です。(円に換算すると約20000円)仕事量が多いためホテルの社長に寮に住むと要求されました。

ホテルにも罰金制があります。正社員、アルバイトか不問、ホテルの財産に損害お与えたにはそのものの市場価格で弁償しなければならない。それはたとえ皿一つでも椅子一つでも同じです。だから常に丁寧の仕方をしなければならない。

それから私が働いた場所には賞金制があります。何かというと、職員がもしお茶やミルクティーなどの飲み物をお客さんに勧めて売れたとき、その職員には賞金がもらえるという社内制度です。それはアルバイトも同じく売れたら賞金をもらいできます。

あと、ホテル内ではお客さんがくれたチップを貰っではいけない。もし客人がどうしてもくれるばいはホテルの財産として認め、上の部門に渡します。しないとホテルの財産を損害したと認め、辞退するのがそのホテルのルールです。

結果、このアルバイトはを私の夏休みが終わるとともに辞めました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。 

中国でと日本でのアルバイトの共通点と違いについて 1

序文

 この記事は著者である私が経験したアルバイト先に感じましたの話しなので、中国と日本の全てのアルバイト先が以下の文章のようなことでは限りません。あくまでも私自身が経験したことなので、決してどちらの国を批判することかどちらを賛美することはございません。

本文

 知っているとうに中国と日本は同じアジアにいって領土も比較的に近く、歴史上では外交問題にも左右の変化が大きい。両国文化では想像以上に絆が深くあり、典型的な例としてあげられるのは中国と日本の”仏教”です。歴史上では日本の方が中国に学ぶことが多いか現代では様々な要因があって逆に中国の方が日本に学ぶすることが多い。しかし関係がそこまで深く結びつける両国にも仕事をする場合では大きな違いがあります。

 私は中国でのアルバイトと日本でのと加えて6種類のアルバイトをやりました。いずれも飲食業とホテル業に関連があるアルバイトですか、それでも違いを感じました。

 今回話したいのは私が中国広州にある“天一酒店”という中国レストランで接客員として始めてアルバイトをするとき感じたことを話します。このアルバイトは私が経歴したアルバイトの中で一番時間が短くけれども私の観念を大きく変えるアルバイトであります。

 アルバイトの仕事時間は朝8:00から夜18:00までって、休憩時間が12:30から13:00でした。バイト代は日払いで1日70圓(日本円に換算すると約1000円)。これは当時の私にとっては悪くない仕事だった。私の故郷である広州では”飲茶”という風習があります。“飲茶”とは字面上のお茶を飲むだけではなく、お茶を飲って、朝食を取りながら友人や同僚もしくは商売上の相手と話し合いことです。つまり広州のレストランに一番客人が多い時間帯は昼間と夜ではなく、朝食と夜の時間です。むしろ朝食の客人数を見てこのレストランは人気があるかどうか判断できます。広州朝食が始まる時間帯は7:00から11:00までです。日本とは違い朝食の時間が比較的長い。朝食供給時間が早かったために遅刻しないように私は早起きする習慣を養成しづつしました。

 店舗属の皿が割ったとすると、たとえそのような心が無くでも、責任は果たしてその皿代の2倍を店舗に賠償しなければならない。これはアルバイトでも、正社員でも同じことです。店のルールとしては常に丁寧な並び方や置き場所従業員たちに心にかけて注意しようのためにわざと罰金を設置するようです。

 それから客人との接し方。朝食ときでは出来る限り客人たちに影響を与えず、客人たちの対話を打断しないように速やかに料理を渡すと客用のカップに湯茶があるがどうかを常に注意しなければならない。日本では客人に水やお茶を渡すのはサービスでしだか、中国広州では店の基本中の基本です。なぜなら湯茶の供給はお客さんたちが店に入場する時に既にお金を取られていたからです。

 初めてアルバイトをした私としてはストレスが溜まりすぎて、結果二週間でアルバイトを辞めました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

日本のオンラインゲームと中国のオンラインゲームの違い

プラットフォーム

 日本でも中国でも、大体PC、スマホ、WEBになっています。日本はその上にゲーム機もあります。MMORPG、MOBAは基本PCユーザーが多いです。カードゲームはスマホユーザーが多いです。

アカウント

日本

 PC,ゲーム機の場合はアカウントを作るのが必要ですが、スマホのゲームはアカウントがいらず、機種変更するときに、ゲーム内で引き続きコードの発行が必要です。

中国

 全部アカウントを作るのが必要です。それ以外に、中国サーバーでプレーする場合は、実名登録をしなければなりません。当然、他のプレイヤーは見えません。今では年齢が18歳以下のユーザーは毎日3時間しかログイン出来ない、そして、夜10時以降もログイン出来ません。

題材

MMORPG基本は剣と魔法の世界です。日本は異世界のゲームが多く、その中にPSO2のような未来の世界もあります。中国は歴史を題材したゲームがメインです。本当の歴史ではないが、ゲームに出たアイテムや地域の名前は大体現実に元ネタが見つけ出せます。

料金

 両方どもアイテム課金と月額料金2種類になっています。日本のアイテム課金ゲームは倉庫やキャラクター枠を拡張するのが多いですが、中国の一部アイテム課金ゲームはキャラクターのデベロッパを影響するアイテムを販売している。

RMT

 リアルマネートレードはオンラインゲームゲームのアイテムを、現実にあるお金で取引をすることです。この現象は国を問わず、どこでもある問題です。PVEのゲームはまだ大丈夫だけど、PVPのゲームなら、崩れるかもしれません。

 例えば、ワールド オブ ウォークラフトの中国サーバーはRMT利用者がたくさんいて、一時的に装備の価額が元の10倍ぐらいまでに上がりました。一般のプレイヤーがRMTがしないと、装備がなかなかもらえないようになって、ゲームをやめる人もいます。その後、運営がたくさんのアカウントをBANして、一応ゲーム内の経済が元に戻したが、なくしたユーザーは戻れません。

 つまり、RMTがする人が多いほど、ゲームの寿命が短くなります。だから、ほんとにそのゲームが好きなら、出来ればRMTをしないほうがいいと思います。

日本のゲームと中国のゲームの違い

企業:

日本

 IPを持っていて、発行をメインにするパブリッシャーと開発をメインにするデベロッパーを分けいます。

中国

 基本は同じですが、中国のパブリッシャーはゲーム専門ではなく、総合的な会社が多いです。その為、ゲームを発行するときは、面白いかどうかより、どのぐらい稼げるかを重視しています。でも、その中にゲームが好きなのでゲームを作る企業もいます。少ないけど。

政策:

 日本は政府の審査がありませんが、中国ではESRB、PEGIなどのレイティングシステムが無いので、中国でゲームを発行する時に政府の審査が必要です。

 

プラットフォーム:

日本

 ファミコンを始める、たくさんゲーム機を開発、発行したのでユーザーがゲームをするときは最初にゲーム機を選びます。PCゲームもありますけど、比率的に少ないです。

中国

開発、販売

 2000年にゲーム機禁令が出たので、ゲーム機の販売は禁止になってしまいました。2014に禁令が解除したけど、その禁令の影響で中国のゲーム会社はWEBゲーム、オンラインゲーム、とスマホゲームをずっと作てきました。

消費

 禁令の影響で、一般ユーザーはゲーム機を買えない、一部の沿海地域は並行輸入品は買えますけど、価格が結構高くなります。なので、中国のユーザー始めに接触したゲームはPCゲームです。スマホが普及した後、スマホゲームがどこでも遊べるので、スマホゲームのユーザー数が増えてきました。

ユーザー:

 日本

 ライトユーザーは暇つぶしや、話題を作るや、流行ってるのでやる等の原因でゲームをやります。ゲームの粘着度が低いです。

 コアユーザーは自分好きなタイトル、プロデューサーのゲームをやります。ゲームに対する要求はあるけど、日本のゲームしか遊ばないので、そんなに要求が高くないです。Steamが入ってから、現状が変わたと思います。

 中国

 ライトユーザー基本はスマホゲームからゲームをやり始めた日人たち。その中に結構のお金を使って、ゲーム内のアイテムを買う人がいますが、全体的にゲームの粘着度が低く、課金率が低いです。

 コアユーザーは最初から、PCやゲーム機のゲームをやる人たち。海賊版の問題で、ゲームを買わない人がいます。でも、海賊版のせいで、これらのユーザーはゲームに対する要求が多いほど、ゲーム粘着度が高いです。

中国の現状

 2014年にゲーム機禁令が解除され、ゲーム会社が増えましたけど、ライトユーザーの粘着度が低く、コアユーザーの要求が満たされないため、結構の会社が倒産しました。今残っているのは技術を持っている会社、またはお金がいっぱい持ってる会社だけです。

大人気なのに配信停止?ビデオホラーゲーム「DEVOTION(還願)」

 皆さん、こんにちは。
 MBAインターン生の曲です。
 今回は、中国大人気ゲームシリーズの最終回になります。
 そこで、今回は今までのやつと全く違うようなゲームについて紹介しようと思っています。
 ホラーゲームですね。
 その名前は、「DEVOTION」、日本語訳だと還願で、神仏にかけた願いが叶ってお礼参りをすることを意味します。なお、このゲームは台湾のゲーム開発者であるRed Candle Games For Steamによって作成し及び開発された、第一人称の心理的ホラービデオゲームです。*¹
 怖そうですね……!

〇ゲームの背景

 それではこのゲームの背景について紹介して行きます。
 まず、ゲーム主人公、つまり私たちがプレイするのは作品が売れなくなった昔の大人気脚本家です。また、このゲームの背景は主に1980年代の台湾に置かれています。その世界観を理解していくためには、ここでは最初に、当時の台湾ではギャンブルの風潮が強く、よって、様々な邪教が生まれてきたという事実を念頭に置きましょう。
 ところで、当時の台湾では、精神病を差別される存在だと見なしています。その中で、主人公の娘はうつ病になってしまいました。それを受け入れられない主人公は、医者の助言を拒んで、邪教(彼自身はそれを邪教だとは思っていないようです)の邪神の力を求めることにしました。
 主人公は邪神に自分の右目、舌、そして血を捧げて、娘の病気が治ることを祈みました。ところが、邪教の頭はなんと、主人公に、娘を生きる毒蛇と酒が入れた浴槽に7日間浸かせるように命じました。それでうつ病治るだと言う。(-_-####)
それを(なんと)信じ切った主人公は、本当に娘をトイレに閉じ込んだ(そう、毒蛇と一緒に……)のです。
 娘はもちろんそれでなくなりました。
 そしてストーリーはその後、狂ってしまった主人公の視角から、再度述べられるという形で展開されます。
 一言で私のコメントをまとめると、ただひとを驚かせるようなホラーゲームと違い、DEVOTIONは、人を反省させるような作品でした。

〇ところが……

 ところが、このゲームには一つだけ、残念なところがあります。それは、政治と関わってしまったところです。
 ゲーム内では当時の背景において就任していないことにもかかわらず、中国の国家主席習近平氏を批判すると受け取られる“落書き”があったことから、このゲームは、全世界で配信停止に追い込まれました。

 中国においては大人気を集まれていたほど、その反発も強かったとのことでした。当時では、配信停止とのことが宣告された後、すぐに当日の大話題となり、何日間も議論されていたことが覚えます。
 その落書きというものが、RED CANDLEに所属するデザイナーの一人によって作成されたものらしいが、その人のせいで、全チームの人の何年間の努力は水の泡になってしまいました。
 私個人的にはとても惜しいと思っています。この部分を除いては、DEVOTIONは本当に優秀なホラーゲームだと思っていたからです。

○最後に……

さて、中国大人気ゲームシリーズはいよいよこれで最後になります。
見て来てくださった方々、本当にありがとうございました。
再度、MBAインターン生の曲でした~

また、興味を持たれた方はぜひ下記にてお問い合わせください。

*参考元
1.ウィキペディア
https://en.wikipedia.org/wiki/Devotion_(video_game)

2.
https://wired.jp/2019/03/03/devotion-controversy-review/

中国版けものフレンズ?タワーディフェンスゲーム「アークナイツ」

皆さん、こんにちは。
MBAインターン生の曲です。
今回も引き続き、中国の人気ゲームについて紹介して行きたいと思います。
そして今回の内容は、このゲームです!
「アークナイツ」。
日本においては期待の声が集まっているらしいですが、残念ながらまだ事前登録などの詳しい情報は公表されていないとのことです。ただ、ゲーム自体は2019年年中にリリースされる見込みであるらしいです。
ちなみに、アークナイツは前回紹介されたアズールレーンと同じく、日本ではYostar(ヨースター)によって配信されることになっています。

〇このゲームの世界観は?

それでは、ゲームの中身について紹介して行きます。
「アークナイツ」は、戦略・タワーディフェンスゲームです。
ゲームバトルはプライヤーの私たちがロドスアイランド製薬のドクターとなって、戦闘を仕切っていくという形で展開されます。それで、このゲームの世界観についてさらっていきたいと思います。
まず、この世界に生きているのは、通常の人間のほかに、「エージェンツ」と呼ばれている人型生物がいます。エージェンツは多様な動物の特徴を有しているため、ツイッターとかでこのゲームを「中国版げものフレンズ」と呼んでいる方もいるらしいです(笑)。
そして、この世界では、オリジニウムと呼ばれる莫大なエネルギーをやどしている不思議な鉱石を使って、武器から町まで作っています。ちなみに、オリジニウムのせいで天災とかが起こりがちなので、この世界の町は随時移動できるようになっていますね。
ところが、頻繁的にオリジニウムに接触すると、鉱石病になってしまうことがあります。特にエージェンツの子たちは、生まれつきで各種の魔法を駆使できますが、その分鉱石病への耐性が低く、鉱石病に感染されてしまうことになります。
鉱石病になってしまうと「感染者」と見られ、同時に差別の対象にもなってしまいます。そのなかで、プライヤーの所属している組織、ロドスアイランドは製薬会社として、医薬品の開発を行っていると同時に、軍事による武力の行使とかも含む手段を駆使して、鉱石病やその感染者に起因する政治、社会問題への「解決策」を多方面のクライアントに提供しています。*¹そのために、そういう感染者になってしまった子を、治療を提供するともに戦わせるという形で受け入れています。
レア度の高いキャラは全員エージェンツの子だが、鉱石病で耳が片方聞こえない子とか、歩けなくなった子とかがいて、もう心が痛くて仕方がありません……ですね!!
で、ロドスアイランドの敵勢力となっているのは、「整合運動」という感染者による組織になります。彼らは、暴力手段によって感染者への差別を解消することを目的として行動しています。そこで、比較的に平和的、中立的な私たちは、彼らの敵側になってしまったということですね。

〇おすすめポイント

このゲームのおすすめポイントは、とにかく面白いというところですね!
今まで紹介されてきたゲームの中でも一番これを推しています。
あとキャラは女の子だけでなく、男の子もいるところが良かったと思います。
牛とか、……ユキヒョウとか!!!

この記事をご覧になった皆さんもぜひアークナイツがリリースされたら遊んでみてください!

また、次回も中国の人気ゲームについて紹介していきます。

興味を持たれた方は下記にてお問い合わせてください。

*参考元

1.
http://www.arknights.jp/

2.写真

https://www.inside-games.jp/article/2018/12/03/119087.html