私の神ゲー

こんにちは、インターン生の丁建国(ちょうけんこく)と申します。
前回は中国の携帯ゲームについて話しました。

今回は中国のPCゲームについて紹介します。

中国のパソコンゲームが最近オンラインゲームしか遊んでいないです。原因としては、新しいシングルプレイヤーコンピュータゲームがないです。私は、シングルプレイヤーコンピュータゲームの方がすきだから、その方から紹介します。
まずは私が思う神ゲー(一番感心したゲーム)をご紹介したいと思います。それは『仙剣奇侠転1』というRPG(ロールプレイングゲーム)です。ゲームは中国神話を基づいての話です。シナリオの部分は、平凡な旅舎で給仕をしてる「李逍遙」がある事件で女媧(神話で人類を創造した女神)族の子孫「趙霊児」と出会いました。「趙霊児」が住んでいる「仙霊島」が襲われたことがきっかけに、「李逍遙」は「趙霊児」の安全を確保する上、彼女を「苗彊」のところに連れて行くことになりました。旅の中で、「李逍遙」は「林月如」、「阿奴」と出会い、一緒に困難を乗り越えました。「趙霊児」が苗族の人のために雨乞いをし、悪人を殲滅する間で、「趙霊児」正体も、彼女の母親の行方も知ることになりました。そして最後は、「拝月教」教主の陰謀が明かし、「李逍遙」、「趙霊児」が教主との戦いの末は、悲劇な終末でした。『仙剣奇侠転1』を遊んだの時はまだ小学生の頃だが、もうこのゲームに夢中になっていました。シナリオ、ゲームシステム、音楽などの要素全部が好きで、その頃遊んだゲームの中では一番面白いゲームでした。『仙剣奇侠転1』は1995年に発売されました。その後発売されたたくさんの「武侠型」(武術に長け、義理を重んじる人々を主人公とする)RPGゲームも影響が受けていました。私ではなく、その時代多くの人の心の中では、「仙剣奇侠転シリズ」は忘れられないゲームでしょう。

『仙剣奇侠転1』が発売された時期は、90年代半ばの頃で、ちょうど中国のPCゲーム市場が大盛況で、長い間は「クオリティ」の高いシングルプレイヤーコンピュータゲームがたくさん出てきました。ゲーム制作会社「目標軟件」が作ったゲームの中では、数は少ないだが、どれでも完成度が高いゲームでした。2002年5月のE3(Electronic Entertainment Expo)にも出展したことがあります。しかし、2000年からはオンラインゲームが流行りになって、ゲーム業界がまた違う様子になりました。

今回はここまで、次回は中国のゲームの歴史について話したいと思います。

参考:https://baike.baidu.com/item/%E4%BB%99%E5%89%91%E5%A5%87%E4%BE%A0%E4%BC%A0/5129500?fromtitle=%E4%BB%99%E5%89%91%E5%A5%87%E4%BE%A0%E4%BC%A0%E4%B8%80&fromid=7544
https://bbs.hupu.com/7048222.html

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。 

携帯ゲームが制覇する?

こんにちは、インターン生の丁建国(ちょうけんこく)と申します。
前回は中国ゲーム業界の問題について話しました。「ファーストフード化」ゲームが満ちている現在、ゲーム全体的な「質」の問題があります。それでも、去年2016年のゲーム市場規模が256億ドルに達していて、世界一になったという事実は確かなことです。
2016にまた、モバイルゲームが市場占有率の一位になり、初めてPCゲームを超えました。

なぜ、モバイルゲームの発展がこんなに凄まじいのか。その原因をこれから話します。

一つが、人が「暇」すぎて遊ぶでしょう。日本に来て、あることに感心しました。それは、日本人はよく本をよむことです。電車の中で、たとえ人が多くて座れなくても、立ちながら本を読みます。こういう光景は日本では普通だが、中国ではめったに見られません。私は、本を読むことが好きだが、小説しか読めません。電車内は揺れるし、雑音も大きいです。この時間すら読書をしているから、日常生活でも、本を読んでいるのでしょう。しかし、中国人は、大体読書の習慣がありませんでした。代わりに暇の時に携帯をいじるのが習慣になっています。「スマートフォン依存症」は日本でもあるけど、中国の方がより厳重だと思います。前回に話した「浮躁」社会はその原因の一つです。落ち着いて読書するのは難しくなっているのが現状です。だから、バスに乗る際、週末で予定がないとき、暇があればスマートフォンを遊びます。それはゲームを遊んだ方が、速く快楽が得られます。それに比べて、本を読むには、文字ばかり合って、理解するのも時間がかかります。こう比べれば、やはりゲームのほうを選びます。

それから、スマートフォンゲーム自体もかわっています。昔パソコンでしか遊べないゲームは、今はスマートフォンでも楽しめるようになっています。例えば、第4回に話したことある人気パソコンゲーム「League of Legends」、「クロスファイア」があります、それに似ているスマートフォンゲーム「王者栄耀」、「全民銃戦」とか、スマートフォン版の「ブリザード・エンターテイメント」とか、パソコンで遊ぶより、携帯の方がいつでもどこでも遊べるし、友達と一緒に遊ぶのも便利です。要するに、スマートフォンの性能が上がって、パソコンでゲームを遊ぶ必要がなくなっています。

もう一つ思われる原因は、現実逃避のためです。中国の学校では成績重視で、異性との接触は固く制限されていて、他の学生との交流も少なくなっています。学生が勉強ばかりをやっていると、社交能力が低くなって、ゲームでコミュニケショーンを求める傾向があります。ゲームなら気にせず簡単に交流できます。もっとも、ゲームをあそぶのは、学生が多いから、大きいな問題になっています。

ここ数年は、携帯ゲームが「制覇」しつづけると考えています。パソコンゲームはどうなるでしょう。
次回は中国のパソコンゲームについて話したいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

中国ゲームの「ファーストフード化」

こんにちは、インターン生の丁建国(ちょうけんこく)と申します。
前回は中国でゲームから起こった問題の一つについて話しました。

今回は、現在中国のゲーム業界で起こってる現象
「ファーストフード化」について説明したいと思います。

「ファーストフード」は言葉の通りに、速く提供出来る食事のことにさしています。「ファーストフード」を食べるのは大体休憩時間が少ないから、時間を節約して、速く食事が済ませたいい人でしょう。
そして「ファーストフード」が欲がってる人が多いから、マクドナルドとか、松屋のような店がどこでもあったでしょう。ゲームの「ファーストフード化」は、もともと、ゲームが気楽に遊ばれることをさしていましたが、いまでは、中身が同じく、ゲーム会社が利益を重んじる現象をさします。

現在中国の高速発展の経済に伴い、様々の社会現象が発生しています。一つが「浮躁社会」で、人がせっかちで落ち着かない人が満ちている社会に指しています。そんな雰囲気の中で、「速く」のが最も重んじることになっています。
その社会現象がゲーム業界も反映されています。例えばブラウザーゲームです。ネットで動画を見ると、様々のブラウザーゲームの広告が出てきます。クッリクして遊んでみたら、大体オートモードがついていて、自動的にクエストを受けて、モンスターを倒しに行きます。レベルが60なったら、難易度もあがっていて、もっと高いレベルに上がりたいなら、時間がかかります。それに対応して、課金制度があって、経験値とか、武器とか、課金すればすぐ強くなります。私が基本的に課金しないですが、金持ってる人は、何十万(167万円)、何百万(1670万円)も課金します。そういうゲームが利益が得られるから、作る企業も多くなって、ゲーム自体のクオリティの低下、ゲーム内容の同質化が今の問題になっています。課金システムがよくないを言いたいではなく、課金するのがゲームの「核」のがよくないと思います。

私自信からいうと、ゲームが遊んでも遊んでも本質は同じ内容だから、もう携帯のオンラインゲームをやめました。それは、オンラインゲーム全部がつまらないわけではないですが、ただ飽きれていて、失望しただけです。しかし、この状況で、良いゲームが全然ないではありません。

次回は中国の携帯ゲームの事情を紹介したいと思います。

参考:http://gpc.pcgames.com.cn/287/2874078_all.html
https://wapbaike.baidu.com/item/%E7%94%B5%E5%AD%90%E6%B8%B8%E6%88%8F%E5%8E%85

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

中国ではゲームは悪いもの?

こんにちは、インターン生の丁建国(ちょうけんこく)と申します。
前回は中国のゲームセンターについて話しました。

今回は中国でゲームから起こった問題について話したいと思います。
『League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)』はマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(略称 MOBA)型のゲームで、世界では一番遊ばれているオンラインゲームです。一局のゲーム人数は10で、味方と敵方を五対五と分けられています。相手の陣地を乗っ取れば勝ちです。

中国の大学の金曜日、授業が終わると、「明日週末だから、『通宵』に行こうぜ」と友達に誘われたことが何回もあります。「通宵」は徹夜の意味で、ここでは「一晩中ゲーム遊びに行こう」という意味です。行く場所はネットカフェ、中国では、パチンコの店がないが、その代わりに、ネットカフェは同じぐらいの規模の数があります。特に大学の近くに多くて、行きたければいつでも行けます。ネットカフェで良く遊ばれるゲームは「League of Legends」、「オーバーウォッチ」、「クロスファイア」などのオンラインマルチプレイゲームです。昔はパソコンだけあって、だたコンピュータが使えるだけで、現在はまさに「ネットカフェ」の名前のような、飲み物も注文できるし、お菓子も提供できるようになっているが、値段はコンビニとかのところに比べて、二倍ぐらいかかります。中の雰囲気も昔よりよくなって、各店舗が自分の特色があります。例の一つとして、私が中国にいる大学の近くのネットカフェのデザインは「League of Legends」を基づいて設計されました。ネットカフェはリラックスできる、人に疲れを解消するところだと思います。

しかし、ネットカフェも昔のゲームセンターのように、親たちにはよくないイメージがあります。もともと、ゲームそのものがよくないものと見られています。実際にニュースもなっていて、中国山東省の臨沂市に起こった「電撃で強制的にインターネット依存症を治す」事件がありました。たくさんの親は子供にゲームをやめさせるために、「インターネット依存症治療センター」に送って「治療」をしました。2009年、その「インターネット依存症センター」が違法機材の使用が判明し、政府にやめさせました。

依存症にならない為には、親側からも、学校側からも、ゲームを正しく認識させるように教育するの責任があると思います。
ゲームは人に楽しめるため生まれて、絶対に悪いものではないと私は信じています。

以上が中国で問題になってることの一つです。
次回も中国ゲーム事情について続きます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

中国のゲームセンターってどんな感じ?

こんにちは、インターン生の丁建国(ちょうけんこく)と申します。
前回は中国において、日本のゲームの事情を話しました。
今回は中国のゲームセンターについて語りたいと思います。

「必ず日本のゲームセンターにいく」という決意は高校の頃に決まりました。その頃は「初音ミク -Project DIVA-」というリズムゲームがとても好きで、ネットに調べたら、なんと日本しかないアーケードゲームもあるとわかりました。中国にはないから、どうしても一度日本に行ってあそびたいでした。

中国のゲームセンターにも面白いゲームがあります。ゲームの種類は今の日本ほどではないが、90年代では流行っていました(学生が多い)。初めてゲームセンターに行ったのを忘れたが、こっそりに行ったはずです。なぜなら、あの時代ゲームセンターはでは不良に行くところだとよく思われるからです。そして、政府からもいろいろな制限があって、社会的なイメージも悪いでした。実際に行ったら、そんなに危ないところではなくて、面白いゲームがたくさんあるところでした。中で一番好きなのが『メタルスラッグ』と『三国誌』というアクションゲームでした。『ザ・キング・オブ・ファイターズ(KOF)』は大人気でしたが、格闘ゲームが苦手なので、あまり遊んでいませんでした。子供の頃はもらえるお小遣いがすくないから、行く頻度が低くく、行っても六枚コイン(ゲーム機専用コイン)の程度しか買えませんでした。そういうわけで、ゲームのエンディングまではいけなかったです。

2000年の頃になると、ゲームセンターは監視部門に禁止され、どんどん潰れていきました。外部の原因は主だけど、ゲーム自体がいついつも同じなのだから、だんだん人気もさがっていました。

ゲームセンターはそれで終わりではありませんでした。今でも残っています。ただ形は変えて、デパートの中で生き続いています。そのようなところに何回も行たが、すぐに飽きてしまいます。理由は好きのゲームは少ないからです。好きなゲーム『太鼓の達人』は中国でもあるが、行ったところは全然なくて、一回だけあったが、それも壊れていて、遊べませんでした。

一度住んでる町で新しく建てられたデパートに行きました。そこのゲームセンターは以外ににぎやかでした。入ってみたら、子供が多くて、ほとんどは親と一緒に来ました。そこに子供向けのゲームが多いだが、何個のゲームが遊びたかったから、コインを買うつもりでした。しかし、コインを入れる穴がありませんでした。スタッフに聞いたところ、SUICAのようなカードが必要でした。カードを作るのに、最低200元(3300円)をチャージしなければならないから、やめました。

日本のゲームセンターに行って、物速くの動きで遊んでいる人がいって、あこがれていました。音ゲーが好きだけど、あれほどはできません。

以上で感じられるのは、ゲームに対する気持ちが違うです。中国の方は楽しくするための傾向が強くて、技術を極める人はすくないです。行く人の年齢層も違っていて、中国では子供の方が多くて、日本の場合は十代か二十代の方が多いと思います。

以上が私がゲームセンターについて感じたことです。
続きは、また次回。

参考:http://gpc.pcgames.com.cn/287/2874078_all.html
https://wapbaike.baidu.com/item/%E7%94%B5%E5%AD%90%E6%B8%B8%E6%88%8F%E5%8E%85

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

日本のゲームは中国で売れている?

こんにちは
インターン生の丁建国(ちょうけんこく)です。
前回は自分のゲーム歴史を紹介しました。

私は結構小さいから日本のゲームを遊び始めましたから、
今回、中国で人気なのかどうかのを語りたいと思います。 

ちょうど最近から遊び始めました「NieR:Automata」というアクションロールプレイイングゲーム(ARPG)があります。友達から借りた香港版で、言語に中国語も選べるようになっています。そのゲームだけではない、他に「Persona 5」、「アンチャーテッド」、「弾丸論破」とか、多くの日本製ゲームが中国語化されています。それは、日本語が苦手の人に対しては良い傾向です。


昔のゲームはどうでしょう?また、自分の話から始めますが、最初に触れた日本のゲームのはファミリーコンピュータのゲームで、その時はすでに中国語が使われていました。だが、正式に発売されたゲームではなかったです。それは中国の会社が勝手に中国語化し、タイトルを置き換えて販売されていました。
1988年から2003年まで、中国人が「ゲームボイ」の正式発売ソフトの所有率は平均で一枚も達してなかった。それでも、「魂斗羅」、「スーパーマリオブラザーズ」など数多くのゲームが私の世代の人にとても印象深いでした。

では、中国人は今でも海賊版のゲームを遊べているでしょうか。実際はまだたくさんいます。昔は昔の経済状況があって、公式的なゲームの値段は海賊版の十倍もかかります。社会的な原因でも、みんなの著作権意識が弱かったからです。現在は、ゲームだけでなく、音楽、映画、アニメなどに関して、みんなはだんだん著作権の意識が高まっています。

経済の発展につれ、エンターテイメントの需要もだんだん強くなっています。当然、ゲームの需要もそうです。例として、Nintendoが発売しているポケモンシリーズゲームは、中国でも大人気でした。そして、2013年発売された「ポケモンX/Y」は六種の言語もあると聞いて、中国のファンたちは非常に期待していました。結果、搭載した韓国語も含んだ七種言語の中で、中国語がありませんでした。

大変失望したが、その後、2014年、日本でも報道だれた「ポケモンシリーズ中国語化」という請願書が石原恒和(株式会社ポケモン代表取締役社長)、増田 順一(『ポケットモンスター』シリーズのゲームミュージックの作曲者)に届きました。

ついに、2016年2月27日に、「ポケットモンスター サン」「ポケットモンスター ムーン」が公開され、 中国語繁体字と簡体字の追加が決定しました。

2015年3月20日、中国版の「プレイステーション 4」と「プレイステーション ヴィータ」の発売が始めました。

これからも、より多くのゲームが中国語化するでしょう。「そこに欲しがっている人がいるから、そこに売る」ということではないでしょうか。

今回の記事はこれまで
次回はまた中国のゲーム事情を続きます。

参考:http://big5.jinri-toutiao.com/id/218250.html
http://makeawish.52poke.net/
https://www.famitsu.hk/articles/2017/05/004548.html
https://psnine.com/topic/28573
http://www.gamersky.com/news/201409/470974.shtml

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

俺ゲーム事情

初めまして、インターン生の丁建国(ちょうけんこく)と申します。

日本経済新聞によれば、「昨年に米国を抜いて世界のトップになってからも市場拡大が続いている。」というのが中国のゲーム市場の現状です。
今回から10回に分けて、今中国のゲーム事情について語りたいと思います。

初回は自分自身のゲーム経験について話したいと思います。
私自身は小学校三年生のぐらい(パソコンがまだ普及していない頃)にゲームに触り始め、今では趣味になっています。最初に手に入れたゲーム機は確かテトリスしか遊べない携帯型ゲーム機ですが、とてもはまっていました。その時はまだスマートフォンがないから、携帯型のゲーム機「ゲームボーイ」、または家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」などが子供に人気でした。
何回遊んでも飽きれないポケットモンスター金、銀など、家に誘いで一緒に「びっくり熱血新記録」、「双截龍」(ダブルドラゴン)などを遊べるのが思い出になりました。今の子供たちは「王者栄耀」などの携帯ゲームをよく遊びます。

これがテトリスしか遊べないあのゲーム機。(実際はいろんなタイプで四、五台違う形のを買いました。)

2009年、始めて自分のスマートフォンがありました。NOKIAのNシリーズのn81でした。周りのクラスメートもほとんどNOKIAの携帯を使っていました。その頃から携帯ゲームが徐々に主流になりました。

2011年、画面が3インチぐらいしかないが、アンドロイドの携帯を使い始めました。その頃流行ったゲームは「Fruit Ninja」でした。指で左右からきたフルーツを切るゲームです。

2012年、PSP(PlayStation Portable)を買いました。日本のゲーム機は高いから、その前はなかなか買えませんでした。一番時間かかったゲームはモンスターハンターシリーズの「MHP3」でした。

2014年、PSV(PlayStation Vita)を買いました。League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)という今中国で大人気のPCゲームもその頃から流行り始めたでしょう。

2015年11月発売された「王者栄耀」というゲームは今や年齢と性別問わず、大勢の人が遊んでいます。私も遊んだこともありますが、やっぱり友達と一緒に遊ぶは楽しいです。

「王者栄耀」だけでなく、「陰陽師」とか、「ハースストーン」とか数え切れないの携帯ゲームが登場して、人々の生活に影響に及ぼしています。

私が経歴したのがあくまで中国ゲーム歴史の一部だけど、これからはより詳しく中国のゲーム事情を紹介したいを思います。
お楽しみにしてください。

引用:http://gpc.pcgames.com.cn/484/4842805.html
https://www.esato.com/phones/phonegallery.php?pid=304
http://www.18183.com/yxzjol/201604/558880.html

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。