日本大学生産工学部数理情報工学科!まとめ!

こんにちは!インターン生の蒔田です。10回目の今回は日本大学生産工学部数理情報工学科について、また最後ということで生産工学部全体のことに関して話したいと思います。
数理情報工学科は在籍学生644人、在籍教員16人で平均的な学科です。ちなみに自分もこの数理情報工学科に通っています。

キャンパスマップでは、真ん中の23号館が数理情報工学科の建物となっております。

では、数理情報工学科の学問に関してみていきましょう。
数理情報工学科では、この技術革新の早い高度情報化社会の中核で活躍できる情報処理技術者の育成を目指し、実践力とともに基礎力と問題解決能力の養成を重視した三つのコースが設置されています。
一つ目が「数理情報システム」コースです。

自然・社会現象、携帯電話や情報ネットワークなどさまざまなシステムの数理モデル化と、その解析やシミュレーション技術などの分野が学べます。また、情報処理者の育成を目指し、プログラミングなどの演習を含んだ情報工学の基礎能力も身につけることができます。
二つ目が「メディアデザイン」コースです。

従来までの「情報の解析・処理」の技術ではなく、「情報を魅力的に表現する」技術を中心に学びます。どのメディアを用いてどのように表現すれば、情報を必要とする人にわかりやすく、効果的に伝えられるのかといった、深い視点で考えられる人材を育成します。ちなみに私はこのメディアデザインコースを選択しました。
三つ目が「情報工学」コースです。

このコースでは、情報工学分野に焦点を絞り、ソフトウェア開発といった実践的側面を兼ね備えたコンピュータサイエンスの教育を目的としています。特にインターネットやマルチメディア、知的情報処理といったソフトウェアの技術を修得することができます。
また情報工学コースは、日本技術者教育認定機構、通称JABEEの認定基準に基づいて教育されます。
そのため他2つのコースに比べて難易度は上がりますが、やりがいのあるコースとなっています。

はい。数理情報工学科の情報はここまでにして最後ということで生産工学部全体に関して話そうと思います。
日本大学生産工学部の39号館は食堂となっており、安くて美味しい料理が毎日食べられます。
また日本大学生産工学部を入ってすぐ右には日大生ならいつでも借りることが出来る図書館があります。
これぞ大学の図書館!ってぐらいに本があり、圧倒されます。ここの本を資料に課題を進める事も多いです。
交通に関してですが、津田沼キャンパスの最寄り駅は京成大久保駅となっています。津田沼キャンパスは千葉にあるため、東京から向かう場合は、混む路線の真逆に行くことになるので電車が空いていることが多いのも魅力です。
知っている方も多いかと思いますが、今年の鳥人間コンテストで日本大学生産工学部の津田沼航空研究会が滑空機部門で440.37mという大飛行で優勝しました。
これは今までの学生記録を大幅に更新という快挙でした。自分もテレビで見ていましたが、思わず声が出てしまいました。

はい。今回10回にわたって日本大学生産工学部に関して話させていただきました。
もし興味がありましたら是非ホームページを見てみたり、オープンキャンパスに参加してみてください!
では最後まで見ていただきありがとうございました。
では!

引用元:日本大学生産工学部数理情報工学科 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department/mathematical-information-engineering
JABEE-日本技術者教育認定機構 http://www.jabee.org/
日本大学生産工学部教員数・年齢構成 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/data/teachers-data1
日本大学生産工学部キャンパスマップ http://www.cit.nihon-u.ac.jp/campus-life/location/campus-map

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

日本大学生産工学部環境安全工学科!

こんにちは!インターン生の蒔田です。9回目の今回は日本大学生産工学部環境安全工学科について話させていただきます。
まず初めに環境安全工学科の一般情報について。
2番目に環境安全工学科の学んでいる分野・テーマに関して。
3番目に環境安全工学科で向上を目標にしている技術とは。
4番目に環境安全工学科が学ぶ知識に関して。
この順番で説明させていただきます。

ではまず環境安全工学科の一般情報についてです。
環境安全工学科は、在籍学生547人、在籍教員16人で、創生デザイン学科に次いで、2番目に人数の少ない学科です。
キャンパスマップでは、右下の40番の建物を前回紹介した創生デザイン学科と共有して使用しています。

 では、2番目の話。環境安全工学科ではどのようなテーマの学問を学んでいるのか。みていきましょう。
環境安全工学科のテーマはもちろん環境問題に関してです。「環境問題」と一言に言っても様々な問題があります。よく聞く話題では、「地球温暖化」や「環境汚染」、身近なところでは「食の安全」、自然災害「地震」「洪水」「竜巻」など。これらの問題に対応し、安心・安全をもたらせるような「モノづくり」を目指した分野を学んでいくのが環境安全工学科です。
 では、3番目の話。具体的にはどのような技術の向上を目指しているのでしょうか。みていきましょう。
環境安全工学科では大きく分けて2つの技術を目指して学んでいきます。一つ目が持続する技術です。近年、科学技術の発展により、私たちの生活は豊かになりました。しかしその裏ではいくつかのエネルギー不足を引き起こしました。そのためこれから求められるのは、現在の科学技術を持続可能なものに転換する技術です。長期的エネルギー供給など、環境に関する視点を交え、自然と化学のより良い関係をつくり上げる
事が出来る人材が、今求められています。
2つ目が洞察力と実践力です。科学技術の発展のせいでときには、社会や自然環境、地球環境また人そのものに多大なダメージを与えることがあります。「この技術は危険ではないか」「これによって環境に変化を与えてしまわないか」などを見極める洞察力が必要です。また環境にダメージを与えないような小さな製品でも、「子供が手に取ったらけがをしてしまわないか」「ある特定の生き物に多大なダメージを与えないか」などを積極的にシミュレーションする実践力も必要です。
 では4番目の話。環境安全工学科が学ぶ知識・コースに関してです。
環境安全工学科では、より深い知識を学ぶため、2つのコースを設けています。
1つ目が「環境安全コース」です。

環境安全コースでは、安全に関する知識や事故を未然に防止する知識と技術、事故後の安全を確保する知識と技術、有害排出物の抑制など環境に与える負荷を知識と技術を主に学びます。
卒業後の進路は、運輸、通信、建設関連企業をはじめ、メンテナンス関連、化学メーカー、化学分析企業などです。
2つ目が「環境エネルギーコース」です。

自然環境と調和しながら、今以上の発展をするため持続可能な新エネルギーに関して学びます。例としては、「太陽光」「風力」「バイオマス発電(※1)」「ヒートポンプ(※2)」「クリーンコールテクノロジー(※3)」などの次世代エネルギー源に対する知識と理解を深めます。
卒業後の進路は、ガス、エネルギー、自動車関連企業をはじめ、プラント関連、空調設備関連、IT企業などです。
また、両方のコースともに並行してインターナショナルコミュニケーション能力を駆使し、その成果を世界に発信できる技術を学びます。
地球環境は日本だけの問題ではありません。世界でも立派に活躍し、リードできる人材育成を目指しています。

はい。今回は環境安全工学科について話させていただきました。
次回は数理情報工学科に関して話させていただきます。
最終回なので時間がありましたら日本大学生産工学部全体に関しても話そうかなと思います。
ありがとうございました。
ではまた!

引用元:日本大学生産工学部学科概要 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department
日本大学生産工学部環境安全工学科 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department/sustainable-engineering
日本大学生産工学部入学定員・収容定員 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/data/capacity
日本大学生産工学部教員数・年齢構成 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/data/teachers-data1
日本大学生産工学部キャンパスマップ http://www.cit.nihon-u.ac.jp/campus-life/location/campus-map
※1バイオマス発電:家畜の糞尿、食品廃棄物、木質廃材などの有機ゴミを直接燃焼し、発生する熱を利用して蒸気でタービンを回す仕組み
※2ヒートポンプ:ヒートポンプとは少ない投入エネルギーで、空気中などから熱をかき集めて、大きな熱エネルギーとして利用する技術のこと
※3クリーンコールテクノロジー:環境低負荷型の石炭利用技術の総称で、従来の石炭火力発電所の発電効率の向上や、SOx、NOx、ばいじん等の環境負荷の低減、その他の環境低負荷型エネルギー利用プロセスに寄与する石炭利用技術
ヒートポンプ・蓄熱センター http://www.hptcj.or.jp/study/tabid/102/Default.aspx
株式会社アクアスバイオマス発電とバイオガス発電の違いhttp://www.aquas-biogas.jp/about/difference.html
環境展望台クリーンコールテクノロジーとは http://tenbou.nies.go.jp/science/description/detail.php?id=9

日本大学生産工学部創生デザイン学科!

こんにちは!インターン生の蒔田です。8回目の今回は、日本大学生産工学部創生デザイン学科について話させていただきます。

創生デザイン学科は在籍学生542人、在籍教員14人で生産工学部の中では一番人数の少ない学科となっています。
キャンパスマップでは、右下当たりの40番が創生デザイン学科の建物となっています。
そこで日夜創生デザイン学科の学生たちが勉学に励んでいます。

では、創生デザイン学科ではどのような人材を目指して、またどのようなカリキュラムが組まれているのかみていきましょう。

まず、創生デザイン学科での目標は「デザイン思考」で「ヒトのこともわかって、モノのこともわかる」人材を育成することです。
社会がグローバル化した今、ユーザーの要求ニーズは多種多様になっています。
自然科学をベースとする工学知識や技術、芸術を基礎とする感覚や技法、その両方を駆使して人と人工物の理想的な関係を築く「デザイン思考」によって、「ヒトのこともわかって、モノのこともわかる」デザイナー、デザインエンジニアを育成してます。

そして創生デザイン学科は体系的に学べるカリキュラムとなっています。
新しい社会のニーズにあった製品開発や空間づくりを行うためには、科学的発想力や企画力、表現能力を下地とした「デザイン力」「システマティックに全体像を把握できる力」が必要です。
将来の方向性に合わせた特徴的なカリキュラムでこれらをバランス良く身につけます。
そのカリキュラムを円滑に行うため創生デザイン学科では、幅広い分野のスタッフ・好環境による学習を実践しています。
デザイン関連諸分野の専任教員をはじめあらゆる分野から非常勤講師を招き、ティーチングアシスタント、ピアサポーター制度も活用しながら、低学年次から演習室や実験室を拠点としたスタジオ、製図演習等の実技科目を設置し、「デザイン思考」を体得的に経験します。
知識力、経験力、発想力などを学ぶのに並行して創生デザイン学科では、得意な分野をより得意にするため2つのコースを設けています。
1つ目が「プロダクトデザインコース」です。

文具から家電にいたる工業製品はもちろん、ロボットなどメカニカルな技術を含む製品までを対象に、材料や構造、安全性をも考慮しつつ、社会のニーズや使い手の立場にたったものづくりを実現できるデザイナーやデザインエンジニアの育成を目指します。さらには、社会の変革をもたらすようなアイデアやコンセプトを創生できる人材の育成を目指します。
卒業後の進路は、主に自動車産業、家電製品、家庭製品、工業製品、IT関係に就職する方が多いです。
2つ目が「空間デザインコース」です。

空間デザインから住まい、街づくりにいたる、人々の暮らしや生活をデザインするための技術や方法、考え方を学びます。また、快適かつ安心な生活の提供はもちろん、これからの社会を見据えた生活の提案ができるようなデザイナーやデザインエンジニアの育成を目指します。さらには、次世代のライフスタイルやライフコンセプトを創生できるような人材の育成を目指します。
卒業後の進路は、主に建設会社、住宅メーカー、不動産、鉄道に就職する方が多いです。

はい。今回は、日本大学生産工学部学科創生デザイン学科について話させていただきました。
今回で7学科が終了しました。残りは数理情報工学科・環境安全工学科の2学科で、
次回は環境安全工学科について話させていただきます。
ありがとうございました。
ではまた!

引用元:日本大学生産工学部入学定員・収容定員 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/data/capacity
日本大学生産工学部教員数・年齢構成 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/data/teachers-data1
日本大学生産工学部キャンパスマップ http://www.cit.nihon-u.ac.jp/campus-life/location/campus-map
日本大学生産工学部創生デザイン学科 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department/conceptual-design
日本大学生産工学部学科概要 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

日本大学生産工学部応用分子化学科!

こんにちは!インターン生の蒔田です。7回目の今回は日本大学生産工学部応用分子化学科について話させていただきます。

応用分子化学科は、在籍学生694人、在籍教員18人で日本大学生産工学部の中で平均的な規模の学科です。
キャンパスマップでは、真ん中少し上、29番が応用分子化学科の建物となっています。

応用分子化学科“Department of Applied Molecular Chemistry”は『資源と環境を調和させながら材料の無限の可能性を追究する』ことを目標に、教育や研究に取り組んでいます。

化学は物質を扱う学問です。素材の提供を行う点から“The Central Science”(※1)といえます。物質の理解なくしてScienceは成り立ちません。また、化学が21世紀のより豊かな社会の実現に大きな役割を果たすことは、間違いありません。これからの化学技術者は、大量生産を基本とした「こんな材料があるからこんな物質を作ろう」と考えるシーズ型ではなく、要求をされた特性をもつ物質や材料をつくるニーズ型の技術が求められます。
応用分子化学科では、今言った通り新しい物質を作るという他の学科にはない特徴があります。他の学科のやることはどうしても今までの創造物の真似事のようになってしまうことがありますが、応用分子化学科では0から新しい物質を創造するというロマンまた可能性の追求をすることができます。
そんな応用分子化学科では、他の学科と同じく3つのコースから好きなコースを選んで学ぶシステムをとっています。

1つ目が「物質デザインコース」

分子レベルの視点から、新しい材料や物質を創り出すことができる技術者を養成します。ナノテクノロジー(※2)を駆使して、ものづくりの基礎から応用まで含めた幅広い知識を修得。これら総合的な知識を土台に、それぞれが目指す専門的知識と能力を獲得します。

2つ目が「生命化学コース」

化学の知識をベースに、生体機能の利用やバイオテクノロジー(※3)を基盤とするものづくりができる技術者を育成します。バイオテクノロジーを駆使するのはもちろん、物質から生命まで幅広い知識を身につけることで、化学技術者としての豊かな創造性も育みます。

3つ目が「国際化学技術者コース」

このコースでは、日本技術者教育認定機構(JABEE)の基準に基づいて教育プログラムを構成しています。数学や物理、化学、生物といった自然科学系の知識に加えて、情報処理技術、国際的なコミュニケーション能力の育成にも力を入れています。
JABEEに関して詳しく知りたい人は、下記のURLから飛んでみてみてください。

はい。今回は応用分子化学科について話させていただきました。
今回を含めて6学科の説明が終わりました。残りの3学科も同じように説明させていただきます。
ありがとうございました。
ではまた!

※1セントラル・サイエンス”The Central Science”とは、化学の呼称のひとつで、自然科学の中での化学の位置や重要性を示すためのもののこと。
※2ナノテクノロジー “nanotechnology” は、物質をナノメートルの領域すなわち原子や分子のスケールにおいて、自在に制御する技術のことである。
※3バイオテクノロジー”Biotechnology”とは生命工学・生物工学のこと。

引用元:日本大学生産工学部学科概要 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department
日本大学生産工学部キャンパスマップ http://www.cit.nihon-u.ac.jp/campus-life/location/campus-map
日本大学生産工学部収容定員・入学定員 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/data/capacity
日本大学生産工学部教員数・年齢構成 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/data/teachers-data1
日本大学生産工学部応用分子化学科 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department/applied-molecular-chemistry
英和辞典 http://ejje.weblio.jp/content/The+central+science
JABEEWEBサイト http://www.jabee.org/
ナノテクノロジーwiki https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%8E%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC
ジーンテクノサイエンス・バイオテクノロジー http://www.g-gts.com/biomedicine/biotechnology/

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

日本大学生産工学部機械工学科!

こんにちは!インターン生の蒔田です。今回は日本大学生産工学部機械工学科について話させていただきます。

機械工学科の一般情報です。在籍学生778人、在籍教員19人で建築工学科、土木工学科に次いで、3位の人数となっています。

キャンパスマップでは、真ん中一番右の12番が機械工学科の建物となっています。
では、機械工学科について見ていきましょう。
機械工学科はその名の通り、機械関連の制作を担うエンジニアを目指して学んでいく分野です。そのためあらゆる産業や生産活動の基盤として機械工学は大きな役割を担っています。豊かな社会をつくるのに必要不可欠な分野というわけですね。
その中で機械工学科は3つのコースに分けて学んでいく手法を取っています。
他学科のコース名は、聞いただけでは、「何を学んでいるのか」「何を目指しているのか」少々分かりづらいことが多かったですが、機械工学科はそのままのコース名となっております。
では、1つ1つ見ていきましょう。
1つ目は「自動車コース」です。

このコースでは自動車工学や、自動車の生産工学、自動車エンジン、ビークルダイナミクスなどを学びます。
ドライビングシュミレータ、ヒューマンエラー評価装置など最新の研究設備も充実しています。
卒業後の進路では、自動車メーカーや自動車部品メーカーで設計や開発の分野に進む方が多いです。
2つ目は「航空宇宙コース」です。

航空機やロケットを対象に機械工学に対する興味を引き出し、先端技術の理解と修得を目標としたコースです。
具体的には、航空宇宙工学をはじめ、軽量構造力学、高速空気力学などを学びます。
超軽量飛翔体創製装置、無重力実験装置など先端的な研究設備も充実しています。
卒業後の進路としては、航空宇宙・防衛関連業界で設計や開発をはじめとした仕事に携わります。
3つ目は「機械創造コース」です。

高性能の機械を効率的に生産する工学を学習し、ものづくりに精通した学生を育てることを目標としたコースです。
具体的にはマシンツールをはじめ、機械構造材料、デザイン工学、ロボット工学などを学びます。
充実したものづくり設備を活用して創造性に富む機械をつくります。
卒業後の進路としては、精密機械メーカーや電機メーカーなどの設計、研究開発等、活躍の場は広がっています。

またどのコース問わず、身をもって機械工学を学習できる実習・実験・製図など実技系授業が多いです。
身をもって体験した学習は卒業後も役に立つことでしょう。

はい。今回は日本大学生産工学部機械工学科について話させていただきました。
次回もまた他の学科について話させていただきます。
ありがとうございました。
ではまた。

引用元:日本大学生産工学部学科概要 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department
日本大学生産工学部機械工学科 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department/mechanical-engineering
日本大学生産工学部入学定員・収容定員 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/data/capacity
日本大学生産工学部教員数・年齢構成 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/data/teachers-data1
日本大学生産工学部キャンパスマップ http://www.cit.nihon-u.ac.jp/campus-life/location/campus-map

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

日本大学生産工学部電気電子工学科!

こんにちは!インターン生の蒔田です。第5回目の今回はICという小さな電子部品から大規模な発電所まで産業改革の要。日本大学生産工学部電気電子工学科について話そうと思います。

電気電子工学科は在籍学生703人、在籍教員15人が所属する学科です。

キャンパスマップでは、真ん中少し上の31番が電気電子工学科の建物となっています。

電子電子工学科は電気に関連した学問、電子に関連した学問、また電気と電子が融合した学問・・・と多様な学問を学ぶ事が出来ます。
しかし多様がゆえに全てを学ぶ事が厳しいのも事実です。
そのため電気電子工学科では、ある程度学びたい分野を絞るために2つのコースに分けています。
1つ目が「エネルギーシステムコース」です。

電気エネルギーを扱うことを主としたコースで、エネルギーを作り、輸送し、利用することを中心に学びます。
電気主任技術者、基本情報技術者などの資格取得も並行して目指しています。
卒業後の進路は、「電力会社」「電気設備」「新エネルギー・環境関係」に進む人が多いです。

2つ目が「eコミュニケーションコース」です。

情報通信を支えるエレクトロニクス・情報技術など、電子を使うことを中心に学びます。
通信主任技術者、第一級陸上無線技術士、基本情報技術者などの資格取得も並行して目指してます。
卒業後の進路は、「通信」「コンピュータ」「エレクトロニクス」などの分野に進む人が多いです。

また電気電子工学科にはJABEEコースというものがあります。
こちらのコースは「クリエイティブエンジニアプログラム」と呼ばれ、
電気・電子工学の中核となるエネルギー・エレクトロニクス・情報通信全般を学ぶコースです。
ナノテクノロジーや医用電子工学といった社会の最新ニーズに対応した科目も学びます。

このコースは「eコミュニケーションコース」、「エネルギーシステムコース」の両方のコースの学生が受講できます。
並行して学ぶ事になるため、受講しなかった学生に比べ、課題も多くなり、多忙な学生生活となりますが、
卒業後の進路や取得できる資格はとても増加するためやりがいのあるコースとなっています。
もしやる気があれば、一考の価値があります。
JABEEに関しましては、下記にURLを記述しましたので、見てみてください。

はい。今回は、日本大学生産工学部電気電子工学科について話させていただきました。
次回もまた違う学科について話させていただきます。
ありがとうございました。
ではまた!

引用元:日本大学生産工学部キャンパスマップ http://www.cit.nihon-u.ac.jp/campus-life/location/campus-map
日本大学生産工学部電気電子工学科 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department/electrical-electronic-engineering
日本大学生産工学部教員数・年齢構成 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/data/teachers-data1
日本大学生産工学部入学定員・収容定員 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/data/capacity
JABEE日本技術者認定機構 http://www.jabee.org/
日本大学生産工学部電気電子工学科学科概要 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department/electrical-electronic-engineering

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

日本大学生産工学部建築工学科!

こんにちは!インターン生の蒔田です。第4回の今回は日本大学生産工学部建築工学科について話そうと思います。

日本大学生産工学部建築工学科は、在籍学生863人、在籍教員21人で生産工学部の中で一番人数多い学科となっています。

キャンパスマップでは、真ん中の右側の4番の建物と、
上の方の5番の建物が建築工学科の建物となっています。

では、日本大学生産工学部建築工学科では、どのような理念で学問を学んでいるのか見ていきましょう。
建築工学科の理念は「幅広い領域から総合的な視野で建築を捉え、
工学理論に基づいた創造力と実践力を持った人材を育成する」ということに基づいております。
今の時代、資源などは限られており、また地球への環境問題も常日頃からニュースになっています。
そのことが「建築」にも大きく影響しており、建築工学科では限られた資源の節約と豊かな生活との両立や、快適な空間と美しい自然との共生、科学文明と文化との融合が求められています。
知識や経験を学んでいくと同時に柔軟な対応力また発想力が必要になるということですね。
では、日本大学生産工学部建築工学科では、どのような学問を学んで技術者を目指しているのか、詳しく見ていきましょう。
建築工学科では、大きく分けて3段階のカリキュラムで技術者を目指して学問を学んでいます。
1.建築にとどまらない幅広い分野の修得
建築とは家具や住宅から都市にいたるまで、人間の生活環境を創造していくこと。
その様々な空間を実現するための知識と建設技術を身につけていくのが建築工学です。
また建設すれば良い、使えれば良いというものではなく、芸術性を問われることも少なくない。そういった対応力を習得します。
2.知識+αを学び、現場で活きる即戦力へ
建築デザイナーや技術者として社会で活躍するには、建物に関する専門知識や技術だけでなく、建築物に関連するさまざまな領域について横断的に考えるマネジメント力、専門家たちをまとめ上げるオーガナイザーとしての力が求められます。
建築工学科では、こうした実践力も合わせて修得します。
現場で、「知識はあるけど、団体での制作の経験したことがなく、何をすればいいのか分からない」では話になりません。
小さな団体での制作で経験を積み、いずれ大きな団体でも、臆すことなく動いていけるような人材を育成します。
3.能動的学習スタイルで知識や技術を確実に定着
一方的に知識を伝えるのではなく、課題研究やプロジェクト活動、ディスカッション、プレゼンテーションなどを通じて、自分で考え、身体を使いながら学んでいく『アクティブラーニング』という学習方法を採用しています。
発想力や応用力、対話力を養成し、問題解決能力を備えた人材を育てます。
団体での制作が多い建築は、必然的に他人との会話や物事を伝える回数が増えます。
そのときに物事をスムーズに伝えたり、分かりやすく伝えられるような対話力、応用力を学びます。
この3段階のカリキュラムで知識、経験、他者との連携力を育成します。

はい。今回は日本大学生産工学部建築工学科について話させていただきました。
次回もまた違う学科について話させていただこうと思います。
ありがとうございました。
ではまた!

引用元:日本大学生産工学部建築工学科 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department/architecture-architectural-engineering
日本大学生産工学部キャンパスマップ http://www.cit.nihon-u.ac.jp/campus-life/location/campus-map
日本大学生産工学部教員数・年齢構成 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/data/teachers-data1
日本大学生産工学部入学定員・収容定員 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/data/capacity

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

日本大学生産工学部土木工学科!

地球の上に未来を描こう!こんにちは!インターン生の蒔田です。第3回目の今回は日本大学生産工学部土木工学科について話そうと思います。

日本大学生産工学部土木工学科は、在籍学生812人、在籍教員20人で建築工学科に次いで2位の人数を誇る学科となっています。
日本大学生産工学部土木工学科では、真ん中より左下、13番の建物と14番の建物を主に使用して日夜勉学に励んでいます。

では日本大学生産工学部土木工学科ではどのような学問を学んでいるか見ていきたいのですが、
その前に、皆さんは「建築」と「土木」の違いがわかりますか?
どちらも構造物を造るという点では同じですが、その造る構造物が全く違います。
建築は主に「住宅」、「ビル」などを造る事を指しますが、
土木は主に「道路」、「橋」、「堤防」、「鉄道」、「トンネル」、「空港」、「港湾」、「上・下水道」、「公園」、「エネルギー施設」など幅広く色々なものを作ることを指します。
建築と土木では造る物が違うということですね。
では改めて日本大学生産工学部土木工学科ではどのような学問を学んでいるか見ていきましょう。
土木工学とは、市民生活に必要な様々な設備を構築し、 暮らしの根幹を支えていく学問で、 カバーする構造物は、多岐にわたっています。
そしてこれらの計画、設計、建設、維持管理を担う土木エンジニアを目指して日夜土木工学科では勉学に励んでいます。
また日本大学生産工学部土木工学科には2つのコースが存在しそのコースに合わせて技術を学んでいます。
施設・構造物の計画・設計・施工・維持管理までの土木技術の基礎を修得し、自然環境と調和した持続可能な社会基盤の創出、 安全な市民の生活空間の構築、ならびに利便性の高い都市空間を創造できる技術を学ぶ「環境・都市コース」
施設・構造物の計画・設計・施工・維持管理までの土木技術の基礎を修得し、社会基盤の建設にともなう計画から維持管理、 さらには事業経営など、総合的にマネジメントができる技術を学ぶ「マネジメントコース」
どちらも土木技術の基礎を学びますが、その後の発展技術に大きく差がありますね。
どちらも素晴らしい技術者が育成されると思います。
また土木工学科の「マネジメントコース」はJABEEによる技術者教育認定基準に沿った教育を実施しております。
JABEEとは、日本技術者教育認定機構は、(Japan Accreditation Board for Engineering Education)の頭文字でJABEE(ジャビー)と呼ばれているものです。JABEEでは、国を越えて、グループや組織の中で活躍していけるような技術者を目指して学問を学んでいきます。
やはり特殊な教育だけあって通常のコースよりも難易度は跳ね上がります。しかし学べることも多く努力する価値はあるコースとなっています。
ちなみにJABEE指定のコースは土木工学科「マネジメントコース」以外に電気電子工学科の「クリエイティブエンジニアリングコース」、応用分子化学科「国際化学技術者コース」、数理情報工学科「情報工学コース」の3つしかなく、この4学科以外はJABEE指定コースが存在しません。
JABEEの教育がどういうものなのか気になった方がいれば下にJABEEのウェブサイトを記述しましたので、見てみてもいいと思います。

今回は日本大学生産工学部土木工学科について語らせていただきました。
次回はまた違った学科について話させていただきます。
ではまた!

引用元:日本大学生産工学部入学定員・収容定員 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/data/capacity
日本大学生産工学部土木工学科 http://www.civil.cit.nihon-u.ac.jp/
日本大学生産工学部キャンパスマップ http://www.cit.nihon-u.ac.jp/campus-life/location/campus-map
日本大学生産工学部土木工学科学習・教育到達目標 http://www.civil.cit.nihon-u.ac.jp/education/index.html
日本大学生産工学部土木工学科土木工学科とは http://www.civil.cit.nihon-u.ac.jp/about/index.html
JABEE日本技術者教育認定機構のウェブサイト http://www.jabee.org/

興味をもたれたらお気軽にご連絡ください。

日本大学生産工学部マネジメント工学科!

こんにちは!インターン生の蒔田です!二回目の今回は、幅広い分野を学ぶ事が出来る学科!日本大学生産工学部マネジメント工学科について話していきたいと思います。

ではまず初めにマネジメント工学科の一般情報に関してです。
在籍学生は745人で在籍教員は18人となっており、日本大学生産工学部の9学科の中では真ん中あたりの人数となっております。(2017年5月1日)
こちらは日本大学生産工学部のキャンパスマップとなっています。

この建物の中で真ん中の少し上にある30番の建物がマネジメント工学科になっており、日夜ここで多くのマネジメント工学科の学生がプロフェッショナルを目指して幅広い分野の学問を学んでいます。

では、マネジメント工学科の学生はどのような分野を学んでいるのか見ていきたいと思います。
幅広い分野を学ぶと言っても、広すぎてはどれも手付かずになってしまう。ということで、マネジメント工学科では専門分野を系統的に学ぶため「3つのコース」を設けています。

一つ目のコースが、経営資源といわれるヒト、モノ、カネ、流通と情報、さらに知的財産に関する考え方や、マネジメント工学の理論・技法を学ぶことが出来る「ビジネスマネジメントコース」

二つ目のコースが、製品やサービスの企画、システムの開発・デザイン及び運用の各段階において、創造力を発揮して効果的にマネジメントできる経営スタッフ、あるいはエンジニアを育成する「経営システムコース」

フードビジネスを視野に、企画マネジメント工学の理論、手法など、その考え方を通して問題解決を見出していく方法論を修得することを目的とする「フードマネジメントコース」

この特色ある3つのコースから個人個人が選択し、自分の学びたい分野をとことん学び、未来の自分に向けて進んでいくことができます!

そして!やはり!幅広い分野を!学んだあとの!卒業生がどのようなところに就職しているのか気になりますよね?
自分も気になります!それでは見ていきましょう。
こちらがマネジメント工学科の卒業生の就職先一覧です!どうぞ!

1学科の進路とは思えないぐらい幅広い分野に就職していますね!
流石。就職率の高さと就職先企業の質の高さは9学科の中でも随一といわれるマネジメント工学科ですね。
この学科に入学すれば自分の気づかぬ才能が開花し、思わぬ会社に就職できるかも?
はい。今回はマネジメント工学科に関して語らせて頂きました。
次回はまた一風変わった生産工学部の学科に関して話させていただきます。
ではまた!

引用元:日本大学生産工学部マネジメント工学科カリキュラムの概要 http://www.ka.cit.nihon-u.ac.jp/about/curriculum/
日本大学生産工学部入学定員収容定員 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/data/capacity
日本大学生産工学部津田沼校舎キャンパスマップhttp://www.cit.nihon-u.ac.jp/campus-life/location/campus-map
日本大学生産工学部マネジメント工学科学科概要 http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department/industrial-engineering-management
日本大学生産工学部マネジメント工学科就職分野と資格に関して http://www.ka.cit.nihon-u.ac.jp/employment/

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

日本大学にしか存在しない学部・・・?

初めまして。インターン生の蒔田です。私は今まさに自分が通っている大学、日本大学のある学部に関して紹介していきたいと思います。
まず初めに、日本大学とはどういう大学なのか説明させていただきます。

(引用元:http://www.nihon-u.ac.jp/)
日本大学とは日本にある私立大学の1つで2017年5月1日時点で在籍学生74,712人、在籍教員と職員合わせて4,075人の超マンモス大学です!(引用元:https://www.nihon-u.ac.jp/disclosur/data/summary/)
当たり前ですが規模の大きさは大学の中でダントツの日本一!
いろいろな場所に様々な学部学科を構えています!
その沢山ある学部の中で今回は「生産工学部」に関して紹介していきたいと思います!
この学部、あまり聞き慣れていない方も多いと思います。自分も受験するまではあまり聞いたことありませんでした。
それは何故か。
生産工学部は日本大学にしかないからなのです!
日本の大学すべてを調べても生産工学部がある大学は日本大学以外にございません。
なので生産工学部の知識を学びたければ生産工学部に行くしかありません!
アー。コレハイクシカナイナー。日本大学生産工学部イクシカナイナー。
はい。では次は生産工学部とはどのような学部なのか説明させていただきます。
まず、生産工学部には9つの学科が存在します。
機械や乗り物を創造できる人材を育成する「機械工学科」

(引用元:http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department)

最新の工学に対応できる人材を育成する「電気電子工学科」

(引用元:http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department)

利便性の高い都市空間を創出できる人材を育成する「土木工学科」

(引用元:http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department)

工学理論に基づいた創造力と実践力を持った人材を育成する「建築工学科」

(引用元:http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department)

グリーンケミストリーを理解し、独創性と創造性を兼ね備えた人材を育成する「応用分子化学科」

(引用元:http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department)

文系と理系を横断的・複合的に学び、企業経営の知識を持った人材を育成する「マネジメント工学科」

(引用元:http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department)

工学分野を融合することで幅広い知識を持った人材を育成する「環境安全工学科」

(引用元:http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department)

製品開発や空間づくりをトータルでデザインできる人材を育成する「創生デザイン学科」

(引用元:http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department)

情報処理技術を理論と実務の両方から学び、基礎力と問題解決能力を持った人材を育成する「数理情報工学科」

(引用元:http://www.cit.nihon-u.ac.jp/department)

この9つの特色ある学科で生産工学部はできております!
色々な知識を学ぶことができるこの生産工学部では、ものつくりと経営の両方がわかる技術者を育てるために、教養・基礎科学系の科目も重視しています。工学の基礎であり、応用力ともなる自然科学を十分に理解し、社会全体を幅広く、多面的に理解する力を養う科目群です。
はい。では日本大学生産工学部とはどのようなものなのか分かりましたか?
次の回では、生産工学部の中の一つの学科に関して説明していきたいと思います!
ではまた!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。