最年少億万長者

こんにち、インターン生のセレンゲです。

今日は18歳になる前に億万長者になったトップ5のプレイヤーを紹介します。これは絶対にあり得ないことだと思っている方が読んでかもしれません。それでは始めます。
確かに、トップ5のプレイヤーは最近人気になっているFortnite、最大賞金のDota2のプレイヤーたちがいます。
第1位はアメリカ人のBughaプレイヤーです。Fortniteのプレイヤーであり、本名はカイル・ギアスドルフ(Kyle Giersdorf)、2002年12月生まれ、16歳のころ3024650万ドルを獲得しました。賞金総額は3025900ドルを13回のトーナメントで4回優勝、2回準優勝し、獲得しいます。
第2位はパキスタン人のSumailプレイヤーです。Dota2のプレイヤーであり、本名はスマイル・サイード・ハッサン(Sumail Syed Hassan)、1999年2月生まれ、15歳のころ258564ドル、2位になった理由は16歳ころ1494702ドルをDota2のThe International2015から獲得したからです。賞金総額は3349914ドルを63回のトーナメントに参加し、11回優勝、11回準優勝し、獲得しいます。
第3位はアメリカ人のEpikWhaleプレイヤーです。Fortniteのプレイヤーであり、本名はシェーンコットン(Shane Cotton)、2002年8月生まれ、16歳のころ1264950ドルを8回のトーナメントに参加し、1回優勝、2回準優勝して、獲得しいます。
第4位はオーストラリア人のanaプレイヤーです。Dota2のプレイヤーであり、本名はアナサン・ファム(Anathan Pham),
1999年10月生まれ、16歳のころ604739ドルを獲得しました。賞金総額は2875375どるを22回のトーナメントで7回優勝、4回準優勝し、獲得しいます。
第5位は中国人のMonetプレイヤーです。Dota2のプレイヤーであり、本名は杜鹏(Du Peng)、1999年9月生まれ、16歳のころ556080ドルを獲得しました。賞金総額は600493ドルを23回のトーナメントに参加し、1回優勝、2回準優勝を獲得しいます。

引用URL https://www.esportsearnings.com/players/under-eighteen-earnings

これで今回の記事を終わりにします。ところで、Fortniteのトーナメントに13歳以上なら誰でも参加できます。運が良ければ優勝になって何十万を獲得するかもしれないので、チャレンジしてみませんか?

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

Dota2

こんにち、インターン生のセレンゲです。

今回の紹介するのはDota2のThe Internationalです。The Internationalは世界最高賞金総額を誇る大会であります。
引用初
トーナメントの初期賞金プールは$ 1600000 ドルです。
すべてのバトルパスの売り上げの25%が合計賞金プールに追加されます。これらの売り上げには、複数のレベルでのバトルパスの購入と、よく使用されたポイントをゲームで購入するポイントが含まれます。
現在の賞金総額は31575117米ドル(29975117‬米ドル追加)です。
引用終
引用元 https://liquipedia.net/dota2/The_International/2019

TIに参加する条件はDotaプロサーキット(Dota Pro Circuit)のシリーズ総合上位12チームおよび各大陸予選の6チームで争います。DPCというのは10月から7月の間に行われるマイナーとメジャーからポイントを取得し、決定されます。これが2017年からはじまりました。
TIが2011年から今まで(今は大会から10日前です)行われています。それでは2011年からどこで、どんな国のどんなチームが優勝しているかを紹介します。
2011年ドイツケルンのケルンメッセアリーナで優勝はNatus Vincere(ウクライナ)チーム、賞金が1600000ドルでした。
2012年米国シアトルのベナロヤホールで優勝はInvictus Gaming(中国)チーム、賞金が1600000ドルでした。
2013年米国シアトルのベナロヤホールで優勝はAllice(スウェーデン)チーム、賞金が2874380ドルでした。
2014年米国シアトルのキーアリーナで優勝はNewbee(中国)チーム、賞金が10923977ドルでした。
2015年米国シアトルのキーアリーナで優勝Evil Geniuses(米国)チーム、賞金が18429613ドルでした。
2016年米国シアトルのキーアリーナで優勝Wings Gaming(中国)チーム、賞金が20770460ドルでした。
2017年米国シアトルのキーアリーナで優勝Team Liquid(オランダ)チーム、賞金が24787916ドルでした。
2018年カナダバンクーバーのロジャースアリーナで優勝OG(ヨーロッパ)チーム、賞金が25532177ドルでした。
2019年中国上海のメルセデスベンツアリーナで優勝まだわからない、賞金が31575117ドル超えています。

引用元 https://liquipedia.net/dota2/The_International

今回のTIがヨーロッパではなくて、中国で行われているかと思っていましか。なぜならあるメジャーでプレイヤーのビザの問題で参加できなくなったので、それに対策として中国に行うことにしたらしいです。

さて、今回のTIでどんなチームが勝ち、来年のTIがどんな国で行われ、賞金がいくらだと思っていますか。もしよかったらご意見をお聞かせください。ここまで読んでくれてありがとうございます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

リーグオブレジェンドのすすめ

みなさんこんにちは、インターン生の水草です。

残念ながら今回が最後となってしまいました。

少し残念ではありますが、早速始めていきたいとおもいます。

最終回は、リーグオブレジェンドのすすめということで、僕のおすすめのチャンピオンとチーム構成について少しお話したいとおもいます。

初めに断っておきますが、リーグオブレジェンドでは、パッチという調整が2週間に一度訪れます、それによってチャンピオン自体の変更や、構成の流行り(メタ)が変わってしまうことが多々ございますのでご注意ください。

ということで、僕のおすすめのチャンピオンですが、初心者の方やこれから始めてみたいよといった方用に2体ほどか紹介させていただこうとおもいます。

まず1体目はは、ガレンです。

すごくベタですけども数千時間遊んだ僕もしばしば使うチャンピオンです。このキャラの魅力は、何と言っても硬さ(耐久力)にあります、初心者のうちは、相手のスキルや相手との間合いがうまく取れず、ダメージを予想以上に受けてしまったりダメージトレードに負けてしまう事が多いですが、ガレンのパッシブは一定時間ダメージを食らわないと体力が追加で回復する効果となっていて初心者でも扱いやすくなっています。また通常スキルも非常にわかりやすくまさに初心者向けと言えるとおもいます。使う際は是非トップレーンで使ってくださいね。

2体目はソナです。

ある程度相手との距離感がわかってきたら柔らかいキャラクターを使ってみましょう。間合いを詰められてしまうとすぐに倒されてしまいますが、味方の支援に向いているソナは回復も移動速度アップもいろいろできちゃう優れものなんですよ。是非サポートで使ってみてくださいね。

次に構成についてです。

構成というのはチーム内でのバランスのことで、良い構成はMMOのように、前衛、後衛がしっかり分かれているチームで、このゲームでいうとタンクが2人、ダメージが、物理ダメージのマークスマンが1人と魔法ダメージのメイジが1人、最後にヒーラーとかCCとか。僕は3タンク構成が大好きなので3タンク2キャリーがいいですけどね。

また、ポーク構成、集団戦構成、エンゲージ構成などいろいろあるので是非気になる方はチェックしてみてくださいね。

ついでにシナジーについても紹介しちゃいます!

最近のトレンドだと、ヤラガスっていうグラガスとヤスオの構成が、先週のLJL(League of Legends Japan League)でも使われていてすごく興味深かったです。ちなみに、LJL実際に観戦しにいったんですよ!

ということでどうでしたでしょうか、全4回でしたが少しはMOBAというものを理解していただけたでしょうか、ゲームになれるのに他のゲームの何倍も時間がかってしまいますが、慣れてしまえばとても面白く、何時間遊んでも飽きない最高のゲームになるとおもいます。でも、あまりのめり込みすぎちゃうと時間が溶けてなくなってしまうので気をつけてくださいね!

最後までご視聴ありがとうございました!!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

スタークラフト(Starcraft)

こんにち、インターン生のセレンゲです。

ブリザード・インターテイメントが1998年3月31日にWindows版が発売され、MacOS版に1999年3月に発売されたリアルタイムストラテジーゲームです。2017年8月14日にリマスターされました。対象年齢は13以上です。
引用始め
宇宙での3つの種族間の戦争がテーマとなっており、それぞれの思惑が複雑に絡み合う壮大なストーリーである。人間(Terran)、エイリアン(Zerg)、宇宙人(Protoss)の3種族があり、それぞれがまったく違った戦闘方法で戦い、勢力争いを行う。姉妹作であるウォークラフトシリーズと共にこのゲームは世界中で大ヒットし未だにトップクラスの売上を誇っている。特に大韓民国での人気は爆発的で、テレビ上でプロプレイヤーのリーグ(プロリーグ)がゴールデンタイムで放映されていたほど。なお2012年現在リーグ戦にはSKプルレニッがタイトルスポンサーとしてついている。
引用終わり
引用元 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%88

それでは3つの種族間を簡単に説明します。
人間もしくはテラン(Terran)です。科学者によって宇宙へ送られた地球人の末裔です。凄惨な内紛を繰り返した末、首都をタルソニス(Tarsonis)におくテラン連邦(Confederacy)の下でつかの間の平和を保っているが、数多くの反対勢力がいまだに平和を脅かしています。スタンダードな種族。最初にテランを選ぶ人が多いが意外とテクニックを要求されるため奥が深いです。探知能力の弱さと脆弱な肉体を火力でカバーし、防御が堅いのが強みです。テランの兵器には最高の攻撃力を持つものが多いが、扱いが難しいです。主な特徴は、3種族で唯一無条件で建物を建造できます。また、主要施設は宙に浮かせて移動できます。

宇宙人もしくはプロトス(Protoss)です。太古の昔にゼル・ナーガ(Xel’Naga)と呼ばれる超文明種族によって創造された長命な種族です。ゼル・ナーガが初めて作った種族であるためプロトスと名づけました。故郷はアイアー星です(Aiur)。全てのプロトスは信仰を通じて互いに精神的な連関を保っているといいます。”En Taro Adun(Tassadar)!”という挨拶が特徴的です。高度なテクノロジーと、精神波(psionic)による多彩な特殊能力を誇り、単体戦闘能力は3種族中随一。ただし、シールドが破られると脆いです。ロボット技術が発達しており、少数精鋭で最大ユニット数は少なめです。主な特徴は、建物は「建造」ではなく、全てアイアーからの「転送」という形を取るため、建築は最初にワーカーであるプローブ(Probe)に命じて転送を開始させれば、後は放っておくだけで施設が立ちます。

エイリアンもしくはザーグ(Zerg)です。ゼル・ナーガによって創られたもう一つの有機体種族です。本拠地はチャー(Char)です。ゼル・ナーガから「本質の高潔さ」を与えられた種族を自称します。全てのザーグはセレブレート(Cerebrate)を通じてオーバーマインド(Overmind)という存在に統率されています。チャーの苛酷な環境に耐え抜くために発達した強靭な肉体が武器。人海戦術を得意とし、圧倒的な数と優れた機動力でマップを席巻することができます。ただし、個々の戦闘能力はおおむね低いです。主な特徴は、全ての建物がワーカーであるドローン(Drone)の変異した有機生命体であります。ダメージを与えられても時間の経過により自然治癒します。ユニットはハッチェリー(Hatchery)が生み出す幼虫からしか孵化させられません。生産速度の向上にはハッチェリーを多く造るか、アップグレードさせなければなりません。

これで今回記事を終わりにします。僕が13年ぐらい前にしていたが、記事に選んで色々調べたらもう一度やりたくなってきました。ここまで読んでくれてありがとうございます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

リーグオブレジェンドの基礎

みなさんこんにちは、インターン生の水草創斗です。

前回までは、MOBAの基本的な項目について学んできました。

では、今回はリーグオブレジェンドのキャラクター(チャンピオン)にいついて解説していきたいとおもいます。まず初めに、我々が操作するチャンピオンには、通常攻撃(AA)とスキルが5つ、またサモナースペルが存在します。

通常攻撃は、どのチャンピオンでもする事ができますが、チャンピオンによって通常攻撃のできる範囲(レンジ)が違います。

一般的には、レンジの短いチャンピオンをメレーチャンピオン、長いチャンピオンをレンジチャンピオンと呼ぶので覚えておくと良いかもしれません。

引用元URL:https://note.mu/bqruv/n/n66aec6f60857

次に上の画像にあるスキルについてです。

一番左の小さい四角にあるのが1つ目のスキル、このスキルは常時発動しているスキルで、パッシブと呼ばれています。

次に真ん中にある4つのスキルです。

リーグオブレジェンズでは、キャラクターにレベルという概念があり、1レベルにつき、1つスキルポイントを得られそれを使用してスキルをとっていくのですが、画像真ん中の左から3つはレベル1から取れ、通常スキルと呼ばれています。また一番右のスキルは基本的に、レベル6から習得することができ、一般的にはアルティメットスキル(Ult)と呼ばれています。

また画像右の小さな2つのスキルはサモナースペルです。リーグオブレジェンドでは、キャラクターに問わず、数種類の中から2つを選択して、使用する事ができます。また、試合中に変更することはできません。

つまり、リーグオブレジェンドでは、各プレイヤーがこのキャラクターがそれぞれ持っているスキルを駆使し、マップを駆け回りながら戦っていくゲームなんです!

ちなみにキャラクター数は現在時点で145体もいます!

しかも全てのキャラクター全て固有のスキルなんてすごいですよね、そこも大きな魅力だとおもいます。

最後に補足をしようとおもいます。このゲームでは試合が始まる前に決める事がいくつかあります。

初めに、レーンを決めます、このゲームでは、上のレーンをトップレーン、真ん中のレーンをミッドレーン、下のレーンをボットレーンと言います。またレーンの間の森をジャングルと呼びます。人数配分は基本的にはボットレーンのみ2人で行います。理由はさまざまありますが、気になる方は是非調べてみてください。

2つ目は、使用するチャンピオン、自分がどのチャンピオンを使って戦うのか、自分の分身を決めるようなものですね。自分がいくことになったレーンに見合ったチャンピオンを選びましょう。

3つ目に、先ほどのサモナースペル、いくつかの中から、そのチャンピオンにあったものや、自分が任されたレーンにあったものを選ぶと良いでしょう。

最後にルーンというものがあります。これは、カスタム要素のようなものです。チャンピオンは同じでも全く同じでは面白くないですよね?なので、試合前にルーンを決め、少しオリジナル性をもたせます。ルーンに関しては頻繁に内容やその効果が変わるので、是非チェックしてくださいね。

では、今回はこれくらいにして、最終回のお知らせです。

最終日は、僕なりのリーグオブレジェンドのおすすめチャンピオンや構成についてお教えしたいとおもいます!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

Shadowverse

こんにち、インターン生のセレンゲです。

今回はShadowverseというゲームの2018年のトップ5プレイヤーを紹介します。とりあえずShadowverseを少し紹介します。知らない人が読んでいるかもしれません。Cygamesが提供するスマートフォン(AndroidやIOS)とパソコンで無料ゲームです。

引用始め
Shadowverseはスマートフォンでプレイできる、対戦型オンラインTCGです。ユーザーはそれぞれが用意したデッキを用い、別のユーザーと1対1でバトルします。
バトルではユーザーは交互にターンを行い、フォロワーを召喚して攻撃したり、スペルやアミュレットでフォロワーを支援したりします。対戦相手の体力を0にすれば勝利です。
引用終わり
引用元URL https://shadowverse.jp/gameguide/

さてはじましょう。

第1位は日本人プレイヤーです。プレイヤーネームはふぇぐ(Feg)プレイヤーです。2017年に大学の先輩に勧められて、始めているらしいです。そして2018年12月16日に開催された「シャドウバースワールドグランドプリックス2018」に優勝しました。よしもとLibalentに所属しています。

第2位はPotwasherプレイヤーがアメリカのプレイヤーで日本人です。シャドウバースワールドグランドプリックス2018で準優勝して、20万ドルを獲得しました。アメリカのTempo Stormチームに所属しています。

第3位は日本人の紅茶(Kou-cha)/PaRプレイヤーです。シャドウバースワールドグランドプリックス2017で優勝して、2018年の大会で9位~12位で、全獲得金が5.2万ドルです。

第4位は日本人のRiowhプレイヤーです。シャドウバースワールドグランドプリックス2018で3位でした。5万ドルを獲得しました。GIANTSブランドのeスポーツチームGxGに所属しています。

第5位はポルトガル人のAkamaruredプレイヤーです。シャドウバースワールドグランドプリックス2017で準優勝でした。2.5万ドルを獲得しました。PandaGlobalチームに所属しています。
引用URL https://www.esportsearnings.com/games/564-shadowverse

これでトップ5のプレイヤーを紹介しました。といえばShadowverseをしているプレイヤーがほとんど日本人のようです。トップ国も日本でした。

私がこのゲームについて今日はじめて調べました。時間があればちょっとやってみようと思っています。もし読んでいる方が僕と競争したいならコメントをお願いします。毎回読んでいただいてありがとうございます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

キャラクターの話

こんにちは、インターンシップ生の水草です。

本日は2回目ということで、実際にMOBAというゲームジャンルでは、自分(プレイヤー)はどのようなことをするのか!?をお話していきたいとおもいます!

初めに、前回お伝えし忘れていた、1回の試合はどれくらいなのか、を説明していきたいとおもいます。

戦略ゲームで、かつ防衛設備もあり、、と考えると数分では終わらないのは容易に想像できますが、、、

実際はなんと!1試合平均30分から40分もかかるんです!!!!!!

ええ!?と思った人も多いでしょう、なぜならこのゲームはオンライン対戦ゲームなので、基本的には、途中に席をはずすこともできません。大変ですよねぇ。

では今回の本題です。プレイヤーはどんな感じにプレイするのかです。

このジャンルでは、1試合の間1人のプレイヤーが1体のキャラクターを操作します!

つまり5対5の場合は、自分は5人のうちの1人として戦っていくわけなんです!

ではどんなキャラクターがいるのか、について解説していきたいとおもいます。実はこのMOBAはどのゲームもキャラクター数が非常に多く、1体ずつ説明しているとキリがなくなってしまいます。

ではどうするか。

MOBAに登場するキャラクターには、かならずロールと呼ばれる職業タグのようなものがついています。

そのロールは全部で6つあります。

1つ目は『アサシン』

・アサシンは攻撃力と機動力が高い。

・相手を奇襲することに長けている。

2つ目は『ファイター』

・ファイターは耐久力と攻撃力が高い。

・相手に対してプレッシャーをかけられる。

3つ目は『タンク』

・タンクは耐久力と行動妨害に長けている。

・相手を足止めし味方に攻撃してもらうチャンスを作る。

4つ目は『マークスマン』

・マークスマンは遠距離から継続的にダメージを出すことにだけている

・相手に倒されず、常にダメージを出し続ける事が大切。

5つ目は『メイジ』

・メイジは他のロールとは少し違い、ダメージが魔法ダメージになっている。

・メイジ版のマークスマンのような役割をになう。

6つ目は『サポート』

・回復や行動妨害を付与することに長けている。

・味方の支援に長けていて基本的には他のロールに寄り添う形で戦う。

どうだったでしょうか。

今回はこれくらいにしておさらいです。

1 プレイヤーは、1試合に1キャラクターのみを操作する。

2 キャラクターには、6つのロールがあり、それぞれ特徴に合わせた役割がある

次回はリーグオブレジェンドを例にして、より深く実際のプレイに近いお話ができるといいとおもいます。

今回もご視聴いただきありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

eスポーツのチーム

こんにち、インターン生のセレンゲです。

今回はeスポーツのチームを紹介しようと思います。紹介するチームはTeam Liquidです。LoLやFortniteをやっている方がご存知でしょうか。

Team Liquidは、2000年に設立された世界的に有名なプロのゲーム組織です。私たちの草の根は、Battle.netクランおよびStarCraftコミュニティサイトとして始まって以来、業界で比類のないリーチを持つ多面的なグローバル企業に成長しました。

合計賞金は1576トーナメントから29115735ドルを獲得しました。どうしてそんなに高いと思っているでしょう。なぜならDota2のThe International7で17999599どるを獲得したからです。Dota2だけだはなく他にCS:GOやFortniteのチームもあります。

この組織にはさまざまな国の人がいます。アメリカ人やドイツ人や韓国人などです。ところで日本人もいるらしいです。Street Fighterの選手が2人と鉄拳の選手1人です。この3人ついて少しずつ紹介します。

根本直樹さんです。世界最大規模のeスポーツチームであるTeam Liquidに所属するネモ選手は平日はスクウェア・エニックス社員として勤務し週末はプロゲーマーとして兼業を両立しながら世界で活躍する社会人プロゲーマーです。ストリートファイターシリーズ、マーヴル VS. カプコン シリーズの格闘ゲームをプレイします。
引用元URL https://nemogood.com/ https://twitter.com/good_nemo

竹内 亮太さんです。世界最大規模の esports チームである Team Liquid に所属する竹内ジョン選手はストリートファイターシリーズのプロゲーマーとして Rashid キャラクターとともに世界で活躍しています。
引用元URL https://johntakeuchi.com/ https://twitter.com/john_takeuchi

熊坂弦希さんです。GenさんはGen Kidsとも呼ばれ、現在チームリキッドを代表する鉄拳の選手です。
引用元URL https://liquipedia.net/fighters/Gen https://twitter.com/gen0202

今回のeスポーツについての紹介が終わりにします。ここまで読んでくれてありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

MOBAってどんなジャンル!?

みなさんこんにちは、MBAインターンシップ生の水草と申します。

突然ですが、私はコンピューターゲームが大好きで、いろいろなゲームをプレイしてきましたが、その中でもリーグオブレジェンドというゲームが特に好きです。

そこで今回私は、このゲームのジャンルである、MOBA(Multiplayer online battle arena)について魅力を踏まえながら解説していきたいとおもいます!

かなり奥深いジャンルなので、しっかり説明しようとすると日が暮れてしまうので少しずつ紹介していきたいとおもいます!

また、説明に出てくる用語はリーグオブレジェンドに出てくる用語となっておりますので、ご了承ください。

MOBAとは、簡単に説明すると、オンライン上で5対5や3対3のチームに分かれ、相手の本拠地(ネクサス)を破壊したら勝ちというようなPvPの対戦ゲームです。

意外と単純だし簡単そうじゃん!?と思われたかもしれませんが、もちろんそんなに簡単に相手の本拠地を破壊しに行けるわけではありません。

例として、将棋やチェスを思い浮かべてください、将棋やチェスも相手の王やキングを討ち取ったら勝ちという簡単なルールですがとても奥深く、また難しいですよね。

なので、今回はまず初めにMOBAの基本ルールを説明しましょう。

まずこのゲームには、マップ上にレーンと呼ばれる道が3つ用意されています。

そのレーン上にタワーと呼ばれる防衛設備がいくつも配置されており、プレイヤーはタワーを外側から順に壊していかなければなりません。

また、タワーはとても強く、プレイヤーだけでタワーと戦っても倒されてしまいます。

そこで鍵になってくるのがミニオンという味方のNPCの存在です。

ミニオンとは一定時間ごとに自身の本拠地に出現し、相手のタワーに向かって歩いていきます。基本的には、ミニオンを相手タワーへ到達させ、そのミニオンをタワーのおとりにして攻撃し、タワーを破壊するというわけです。

また、相手のミニオンを倒すと、経験値とお金がもらえます、そのお金で自分を強化しつつ攻めていくのが基本です。

それでは今回はこれくらいにして、MOBAのまとめです。

1.5対5などの同人数で行うオンラインゲーム。

2.対戦マップには、レーンという道があり、多数の防衛設備がある。

3.ミニオンと呼ばれる味方NPCを囮にして防衛設備を突破する。

4.ミニオンを倒すとプレイヤーに経験値とお金が入り、自分を強化できる。

5.最終的に相手の本拠地を壊したら勝ちというルールになっている。

今回は以上となります。

次回は、プレイヤーが実際にプレイするキャラクターであるチャンピオンについて解説していきます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

eスポーツのジャンル

こんにち、インターン生のセレンゲです。

今日はeスポーツジャンルについて紹介することになりました。さて、さっそく始めましょう。
FPS、TPS、RTS、格闘ゲーム、スポーツゲーム、レーシングゲーム、パズルゲーム、トレーディングゲームというたくさんのジャンルがありますね。私もそんなにたくさんのジャンルがあると思いませんでした。
びっくりしました。それでは1つ1つについて説明します。

FPSはシュティーングゲームの一種で、ゲーム中の世界(もしくは空間)を任意で移動でき、武器などを用いて戦うアクションゲームです。
ゲームの画面に表示されるのがキャラクターの腕と武器・道具などです。コールオフデューティシリーズやバトルフィールドなどです。
私はコールオフデューティシリーズが大好きです。

TPSは第三者視点でゲーム中の世界を任意で移動でき、武器などを用いて戦うアクションゲームです。人気のあるゲームがWorld of TanksとFortniteです。Fortniteをするのが少し難しいので、やめました。でも友達と一緒にやれば楽しそうですね。もしよかったらやってみてください。

RTSはプレイヤーがリアルタイムに進行する時間に対応しつつ、プランを立てながら敵(AIと人)と戦うパソコンゲームです。
人気のあるゲームはStarcraft IIやWarcraft IIIなどです。

MOBAはRTSと同じく戦うゲームけれど、複数のプレイヤーが2つのチームに分かれ、敵チームの本拠地を破壊して勝利を目指すゲームです。最近は携帯電話でもできるようになりました。人気のあるゲームはDota2とLeague of Legends(LOL)とMobile Legends(モバイルレジェンド)です。日本ではLOLとモバイルレジェンドをよくしているらしいです。私はしたことが一度もありません。Dota2が大好きです。もし一緒にしたい方がいらっしゃいましたらコメントしてください。

格闘ゲームはプレイヤーとAIあるいはプレイヤー同士が操作するキャラクターが1対1の格闘技で戦うゲームです。人気のあるゲームは鉄拳シリーズとストリートファイターシリーズとモータルコンバットシリーズです。

スポーツゲームは選手を操作してスポーツを行うゲームです。他にも育成シミュレーションゲームや経営シミュレーションゲームも存在しています。人気のあるゲームはNBAシリーズやFIFAシリーズなどです。私はスポーツが苦手なのでこんなゲームをするたまにことがありますね。

レーシングゲームは乗り物を操縦し競走を行います。。自動車やオートバイを筆頭に架空の乗り物などのレースゲームです。人気のあるゲームはNeed For SpeedシリーズやFormula Oneシリーズなどです。

パズルゲームはアクションパズルや落ち物パズルなどのジャンルがあります。落ち物パズルといったらテトリスやぷよぷよなどを想像しますね。もしよかったら試してみてください。

さて、これでジャンルの説明が終わりました。もし自分のしているゲームがどんなジャンルのゲームがわからなかった方は少しずつ分かるようになったと思います。ここまで読んでいただいてありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。