東方Projectキャラクターの元ネタ

こんにちは。インターン生の岩谷巴絵です。

今回は東方Projectのキャラクターの元ネタについて語りたいと思います。

キャラクターの名前や技には神話や妖怪や歴史など様々です。今回はその中の一部を紹介します。

まずは、魂魄妖夢についてです。

魂魄妖夢は半人半霊(半分は人間で半分が幽霊)のキャラクターであり、楼観剣(ろうかんけん)と白楼剣(はくろうけん)という剣を扱います。妖夢の白楼剣は「切られた者の迷いを断つ」(東方大百科より)ことができます。この「迷い」は十界(じっかい)の中にある修羅界や餓鬼界などの六道の世界で迷いをもつ者を指すと考えられています。餓鬼剣「餓鬼道草紙」(がきけん がきどうそうし)や修羅剣「現世妄執」(しゅらけん げんせいもうしゅう)など、妖夢のスペルカードには六道を示したものもあります。六道輪廻は生まれ変わりをする状態であり、古くは修羅道がない五道輪廻でした。仏教では六道輪廻から脱出することが目標となっており、阿弥陀浄土(あみだじょうど)に生まれたいと願って阿弥陀浄土に生まれれば六道輪廻から脱け出せるとされています。

次に、洩矢諏訪子についてです。

洩矢諏訪子は山の神であり、かつて「祟り神「ミシャグジさま」を束ねており、土着神として信仰され一国を治め」(東方大百科より)ていました。諏訪子のスペルカードは、土着神「手長足長さま」や祟符「ミシャグジさま」など、神を元にしたものが多いです。諏訪子の服に描かれている蛙は、鳥獣戯画の蛙と思われます。鳥獣戯画とは動物たちが人間のように競技などをする絵巻のことで、マンガの元祖ともいわれています。12世紀(平安時代末)頃の制作といわれていますが、鳥獣戯画には謎が多く、作者やストーリーは不明です。作者は「をこ絵」描きの鳥羽僧正(とばそうじょう)という説がありますが、鳥獣戯画を描いたかどうかは不明です。ストーリーにはセリフや説明文がなく、絵巻は一度火事に遭ってぼろぼろになったものをつなぎ合わせたものなので、順序は不明です。

最後に、秦こころについてです。

秦こころは「お面の付喪神(面霊気)」(東方大百科より)であり、66種類のお面を用いて自分の感情を表現します。世阿弥『風姿花伝』の「聖徳太子が秦河勝に66番(曲)の作品と66個の能面をつくらせた」という猿楽(さるがく)に伝わる伝説が元ネタと考えられています。秦こころのスペルカード「モンキーポゼッション」はその猿楽からきていると考えられています。こころのお面は能で使われる能面です。こころのお面は66種類ですが、能面の種類は約200種類ほどあるそうです。

以上になります。いかがだったでしょうか。東方Projectの面白さが少しでも伝われば幸いです。

参考文献

・アプリケーション『東方大百科』

画像素材参考

・dairi様(はるか様) 各キャラクター立ち絵

東方Projectキャラクターの魅力

初めまして。インターン生の岩谷巴絵と申します。

今回は東方Projectのキャラクターについて語りたいと思
います。

東方Projectとは「ZUN(通称「神主」)が運営する個人サークル「上海アリス幻樂団」制作の弾幕シューティングゲームを中心とする作品群の総称」(ニコニコ大百科より)のことです。シューティングゲームがメインですが、東方萃夢想や東方緋想天のようなアクションゲームもあります。東方Projectのゲームは体験版があるので、興味をもった方は是非プレイして東方の世界を楽しんでいただけたら幸いです。

東方Projectのキャラクターはゲームだけでなく書籍にも多く登場します。キャラクターの名前は古明地さとりや多々良小傘のように妖怪が元のものや、洩矢諏訪子や少名針妙丸のように神話や神が元となっているものも多くあります。気になった方はキャラクターの元ネタを調べてキャラクターとの繋がりを知って、どのように現れているか感じながらゲームを楽しむとよいと思います。

ここから本題である東方Projectのキャラクターの魅力について語りたいと思います。東方Projectを楽しむ上で知ってほしいことが3つあります。それは、スペルカードとテーマ曲とZUN絵です。

東方Projectに登場するキャラクターには『スペルカード』とテーマ曲があります。

スペルカードとは主にキャラクターの攻撃のことです。スペルカードには名前があり、中には神話や妖怪が元となっているものもあります。スペルカードでの攻撃は弾やナイフなど様々で、中には花や星をかたどったものがあります。西行寺幽々子や藤原妹紅のスペルカードのような『美しい弾幕』も多くあります。ボスの撃墜だけでなく、弾幕の演出も楽しんでいただけたらと思います。

東方Projectで流れる曲は、金管楽器とピアノやギターがよく使われています。中でもプリズムリバー三姉妹のテーマ曲である『幽霊楽団 ~ Phantom Ensemble』は東方の曲らしさが最も出ている曲だと思うので、一度聴いていただけたらと思います。ゲームの中のミュージックルームにあるZUN氏のコメントも必見です。東方Projectの曲の評価は高く、テーマ曲をアレンジした歌も多くあります。幽閉サテライトさんやSOUND HOLICさんなどの歌は名曲ですので、元の曲と共に東方を楽しんでいただけたら幸いです。

キャラクター選択時やゲーム内の会話シーンに登場するZUN絵も必見です。ZUN絵とは東方Projectの作者であるZUN氏が描いたキャラクターの絵のことです。ZUN絵はお世辞にも上手いとは言えない出来ですが、どこか味があり可愛らしい絵だと評価されています。ゲーム内では立ち絵に『南無三!』や『Create!』などのセリフが描かれることもあるので、会話とイラストでも楽しんでいただけたらと思います。最近の作品では画力が上がったとの評価もあります。東方紅魔郷から東方永夜抄あたりのZUN絵と現在のZUN絵を比べてみて、どのような特徴があるか、どこが変わったかを発見してみるのはどうでしょうか。

以上になります。東方Projectの魅力が少しでも伝われば嬉しいです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

参考文献

・東方Project (とうほうぷろじぇくと)とは【ピクシブ百科

https://dic.nicovideo.jp/a/%E6%9D%B1%E6%96%B9project

・アプリケーション『東方大百科』

キャラが尊い、女子短大生おすすめPS2ソフト!#05

今回おすすめするソフトは戦国無双シリーズです!私がゲームの中で一番好きなシリーズで、一番ハマったゲームでもあります。特に、戦国無双2猛将伝はやりこみました!

戦国無双は、コーエーテクモゲームズさんから発売されているアクションゲームです。昨年、発売から15周年となり、今でも人気が高いゲームです。

歴史考証もしっかりとされており、ストーリーによってはその歴史をたどるものもあります。それだけではなく、ifストーリーも語られており、新たな視点でも物語が楽しめる部分もあります。さらに、アクション性も高いため爽快アクションが楽しめるのが特徴です。初代などは、真・三國無双シリーズを踏襲し作られている部分もありますが、作を追っていくごとに、戦国と三國の違いが表れるためそれを見ているのも楽しいです。

シリーズ全体を通してプレイアブルキャラが多いことも特徴の一つです。初代から15人ものキャラから選択することができる上に、次のタイトルからも増えていきます。そのため、一つのタイトルだけで飽きることなく続けられることも特徴です。さらに、このゲームも声優さんがとても豪華です。真田幸村は草尾毅さん、徳川家康は中田譲治さん、佐々木小次郎はうえだゆうじさんなど有名どころがいっぱい出てきます。BASARAに比べると、同じ声優さんがほかのキャラを演じている場合もあるためそちらも楽しめます。

今回私が紹介したいのは石田三成のストーリーです。CVは竹本英二さんです。三成は豊臣秀吉の側近で子飼い衆の一人。才気に溢れ秀吉に一目置かれているが、人間関係は不器用な平懐者。高い理想を持っているが、プライドが高く横柄な言動や直言が目立ち、他者と度々衝突をしてしまいます。その一方で三成なりに不器用な気遣いを見せたり、本音の言葉で他者から信頼を得ることもある性格の持ち主です。彼の武器は鉄扇と地雷です。基本の攻撃は鉄扇でしますが、攻撃途中に地雷を設置し爆破させる攻撃もできます。彼は2からプレイアブルキャラとなるのですが、このストーリーがまた良いお話なのです。彼は理ばかりを信じる性格だったのですが、直江兼続や真田幸村との友情により、「義」を知りともに戦っていくというシナリオになります。結果的には義の力で関ヶ原の戦いに勝利し江戸城まで進軍するという結末になっています。勿論歴史とは異なりますが、もしかしたらこうなっていたかもしれないと思うと心がワクワクしてしまいます!最終的に三成は義の勝利を勝ち取ることができたと宣言をするのです。

三成もかなりのツンデレ系キャラなので私はとっても大好きです。素晴らしいといつも思ってます。

今まで紹介した中でプレイしてみたいと思ったゲームはありましたか?今からでも十分楽しめるゲームばかりなのでぜひプレイしてみてくださいね!ありがとうございました!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

キャラが尊い、女子短大生おすすめPS2ソフト!

今回おすすめするソフトは戦国BASARAシリーズです。このゲームはカプコンから発売されている長寿シリーズで、戦国時代に出てくる武将に少し沿いながらも、パロディなども多い作品となっています。人気な戦国武将だけではなく、その武将にゆかりのある女性も登場します。戦国BASARAのプレイヤーは一騎当千の戦国ヒーロー!大群で押し寄せる敵兵をなぎ倒し敵陣へと攻め込み、敵武将を撃破を目指す爽快で豪快な戦国スタイリッシュアクションゲームです!シリーズ未体験でもすぐに馴染める操作性、ド派手で強力な技、やりこむほどに気持ちよく決められるコンボ、そして歴史の常識を塗り替える戦国武将たちを操作しながら、豪快アクションを決めていくのがとっても楽しいのです!!

さらに、声優もとても豪華で有名声優がとても多いのが特徴です。伊達政宗は中井和哉さん、真田幸村は保志総一朗さん、徳川家康は大川透さん、石田三成は関智一さん、豊臣秀吉は置鮎龍太郎さん、竹中半兵衛は石田彰さん、織田信長は若本規夫さん、お市は能登麻美子さんなど新旧有名な声優さんが登場しています。さらに、楽曲ではT.M.RevolutionやDo As Infinity、石川智晶さんなど有名アーティストが歌っています。それだけではなく、アニメ化、舞台化、コミック化とコンテンツも多いためゲームだけではない楽しみ方ができるのも特徴です。

今回私が紹介したいのは猿飛佐助というキャラクターです。cvは子安武人さんです。佐助は武田軍に所属する忍びです。彼は真田十勇士の一人で、真田幸村のお目付け役兼補佐役として暗躍します。幸村のことは「旦那」と呼んでいましたが、3では武田軍総大将代行を務めていたりするなどをしていたため「大将」と呼んでいます。主人である武田信玄と真田幸村の熱血師弟愛にはついて行くことができず、毎度周囲を破壊する二人の「殴り愛」は佐助の悩みの種でもあります。そのためファンの間では「武田のオカン」と言われています。ただ、幸村の熱血さは嫌いなわけではなく、かつての勢いを失った幸村に元気が戻った時は嬉しそうにしていました。飄々とした風体と軽いノリから、一見するとただの軟派者のように思えるが、非常に思慮深く素知らぬ顔の下で様々な思索を巡らせています。時に厳しく幸村を諭す場面もあり、また任務達成のためならば非情になることもできる性格でもあります。『戦国BASARA3宴』では「敵は人には見えない、猿に見える」といった旨の発言をしており、そんな自分にでも人と思える数少ない相手が幸村や信玄であるとの事。忍びらしい部分もかなり多いところが特徴です。彼の使う武器は大型の手裏剣です。直接切りつけるほかにヨーヨーのように伸ばして敵を引き付けることも可能です。

今回は戦国BASARAシリーズを紹介させていただきました!BASARAはコメディ要素もあるため、とても親しみやすいゲームだと思います!スマホゲームで、「戦国BASARAバトルパーティー」というゲームもありますので是非そちらもプレイしてみてくださいね!

次回は戦国無双シリーズを紹介させていただきます!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

キャラが尊い、女子短大生おすすめPS2ソフト!#03

今回おすすめするソフトはテニスの王子様Rush&Dreamというソフトです。3回連続テニプリなのでお察しの方もいらっしゃると思いますが、私はテニプリのオタクです。スマホゲーム、新テニスの王子様RisingBeatという音楽ゲームもプレイしていますが、ランクは今237です。やりこんでます。課金はそんなにしていませんが、プレイできるのでとても楽しいのでぜひこちらもプレイしてみてください!

本題に入ります!このゲームは1年生ながら青春学園中等部テニス部のレギュラーとなった主人公は補欠としてではあるけれどもジュニア選抜のメンバーに選ばれます。3月初めに行われる強化合宿に参加することになります。全国レベルの選手たちとの厳しい練習、合宿生活で芽生える友情。期待と不安を胸に、”夢見る”合宿が始まります!

主人公は大自然に鍛えられた天然系少女。青春学園中等部テニス部にはマネージャーになるため入部するが、様々な事情で選手となります。テニス経験はなかったが、天性の才能が開花し、見事レギュラー入りの夢を実現させました。今回1年生ジュニア選抜の補欠として選ばれ、更なる飛躍を目指しています。何故男子テニス部なのに女子が参加しているのかというのがおかしい話ですが……。

このゲームは、ドリームシュミレーターゲームというジャンルです。そのため、夜のパートで夢の中でのアドベンチャーパートがあります。そこで活動時間は現実でのイベント、テニスの練習となります。今回のこのストーリーの最終目標はジュニアミクスドダブルスの頂点です。そのため、オリジナル女の子キャラも出てきます。

前回紹介したような恋愛系のストーリーではなく、友情中心のストーリーが多めです。このゲームはあくまでテニスを中心においているので、基本はテニスをしています。このゲームの面白さは夢パートにあります!

今回おすすめしたいのは、青学vs氷帝での新選組パロディイベントです。青学が新選組、氷帝が討幕派という形のストーリーで進んでいきます。主人公は女の子ということがばれないように新選組にいるという設定が青学攻略の時にあります。刀を振るうのがあまり得意ではないため、ケガをしたり足を引っ張ってしまったりとしていますが、とても健気に働いています。青学のメンバーは本当の新選組になぞらえています。某乙女ゲームに少し似ていますが、これが発売されたのはそれよりもだいぶ前です。そのため、無駄にリアリティがあり、とっても面白いのです……。他にもアイドル夢、忍者夢、雪山遭難夢、三国志夢などいっぱいあるのでぜひプレイして楽しんでください!勿論夢だけではなく、本編のテニスも面白いのでそちらも楽しんでくださいね!!

次回は戦国BASARAシリーズを紹介します!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

キャラが尊い、女子短大生おすすめPS2ソフト!#02

インターンシップ生の小林知佳と申します!

前回に続きまして、おすすめキャラが尊いPS2ソフトを紹介します!

今回おすすめするソフトはテニスの王子様~学園祭の王子様~です。ファンの間では”学プリ”という愛称で親しまれているこのソフトは、前回紹介したドキサバよりも前に発売されたものです!

あらすじは、夏休みがもうすぐ終わる8月19日。関東大会で代表に選ばれた、青学、不動峰、聖ルドルフ、山吹、氷帝、六角、立海大付属の7校のテニス部が主導し、大規模合同学園祭を開催することになりました。今回はテニス部対抗で出し物のコンテストが開催されるため、各校の名誉がかかっています。

プレイヤーは中学2年生の女の子。学園祭運営委員会のテニス部担当に選ばれます。初めてのミーティングで出会うテニス部の面々は個性的な人ばかり。彼らの出し物の準備をサポートし、優勝に導くのがプレイヤーの役目です。

この作品では、自分の所属する学校を選ぶことができます。この学校内のキャラしか攻略はできませんが、狙い定めて攻略できるので攻略対象も早めに決まります。

さらに、好感度が高いキャラの近くに他のキャラがいる場合、DOWNゲージというものがあります。これはそのキャラの嫉妬を表すものです。とても細かく、設定されており、そのキャラの性格によって変わっていきます。本編で嫉妬深いという性格のキャラは好感度が上がるとすぐ嫉妬してしまいます。このゲームに出てくる王子様達もまたキャラが良い、となるのですが!この学プリはとにかくストーリーが最高です。

この作品の個人的にストーリー良いキャラは氷帝学園中2年、日吉若くんです。ニコニコ動画でかつて大ブームを巻き起こした空耳テニスの猫駆除の彼です。彼はひねくれもので本音を直接言えない性格です。学プリの中ではしょっちゅう跡部様にフォローされているくらいひねくれています。彼のイベントの中で最も好きなイベントが、お化け屋敷イベントです。日吉くんはオカルトや怪奇現象がとても好きなのですが、学園祭の出し物の中にお化け屋敷があります。そこで驚いたプレイヤーを落ち着かせるために抱きしめるシーンがあります。このシーンは日吉君があまりにもかっこよすぎてニヤニヤしてしまうくらいです。ここでプレイヤー全員が思うことは「お前ら付き合ってないは嘘だろ!!!!!」と叫びたくなってしまいたいくらいのものです。羨ましぃ……(彼氏あり)。お化け屋敷でいちゃいちゃしてるのなんてテンプレなのですが、これは日吉がやるから最高なのですよ、ツンデレがそういうのをやってくれるから最高です。テニプリはツンデレ系のキャラが比較的多いのですが、日吉くんは特にツンデレなので最高です!!!

学プリもぜひプレイしてドキドキして頂けたらなと思います!!

次回はテニスの王子様RUSH&DREAMというゲームを紹介します!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

キャラが尊い、女子短大生おすすめPS2ソフト!

初めまして!インターンシップに参加させて頂いております、国際短期大学から参りました、小林知佳(こばやしともか)と申します。

皆様、今や古のハードとなってしまったPlayStation2というハードをご存じですか?私はこのハードでゲームをやりこみまくりました!今回はこのPS2で出ているソフトでおすすめの物を紹介していきます!!今回は特にキャラが尊い作品を紹介します!

今回おすすめするソフトは、テニスの王子様ドキドキサバイバル山麓のmysticというソフトです!!!このゲームは少年ジャンプで当時連載され、さらにはアニメもやっていたテニスの王子様の恋愛アドベンチャーゲームです。選べるキャラクターは青学、立海、氷帝、不動峰とかなりの人数と恋愛ができます。

あらすじは、全国大会を前に、特定選手を強化選手として選抜し強化合宿が行われることになりました。合宿場所は人も済まない絶海の孤島。そこで精神修養を目的とした半サバイバル生活を行うというものでした。ところが合宿所に到着する前日、嵐に巻き込まれ船が座礁してしまいます。

主人公は友人と共にたまたま乗り合わせていたこの船の船長の娘。楽しいクルージングのはずがしかたなく救命ボートに乗り脱出したものの、潮流のために顧問の先生や船長たちの乗ったボートは流され選手たちとはぐれてしまう。なんとか島にたどり着き合宿所に到着。そこはログハウスがいくつかあるだけの小さなキャンプ場。サバイバル用品が多少あるものの、用意していた食料、水、燃料などのほとんどは船に置いてきてしまったため、自分たちで確保しなければならない状況になってしまいました。こうして、救助隊が来るまでの間、この場所でサバイバル生活が始まる……。

と、いうのがあらすじなのですが!いろいろおかしいのはテニプリゲームではよくあることなので……。

このゲーム、何がいいかってキャラクターとの恋愛模様がとっても尊いのです…….。漫画本編ではクールでかっこいいキャラなのに、このゲーム内だと主人公にデレデレしている風景だったり、窮地に陥った時に助けてくれるイベントが起きたりなど普段とは違うキャラの様子がすっごく尊いのです……。それぞれの推しのストーリーを見るのが一番なのですが、なんせ全キャラストーリーが良い。推しの話が良すぎて3周はしました。最高です。ちなみに私の推しは立海大付属中3年柳蓮二くんなのですが、彼はスーパークールなデータマン。テニスもデータテニスをしています。彼のストーリーはとってもイケメン柳くんが見れます。素晴らしいくらいイケメンです。私には彼氏がいますが、本当に柳くんイケメン過ぎて好きです。ストーリーを読んでいるだけでニコニコしてくるくらいです。親フラには注意しなければならないくらいドキドキの展開が多くあります!是非、これはプレイしてドキドキして頂きたいです!!!

次回はテニスの王子様~学園祭の王子様~を紹介します。乞うご期待!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

メビウスと現実

皆さんこんにちは
インターンシップ生の財津です。
今回で最後の記事となります。

さて、今回紹介するのは「μ」と「アリア」です。
それでは初めに「アリア」の方から紹介していきます。

画像引用元URL:http://www.cs.furyu.jp/caligula/od/character/aria.html
引用はじめ
μと同時期に作られたバーチャルアイドル。
メビウス内ではμの力が強すぎるため、
元の姿を保てず小人のような姿になってしまっているらしい。
メビウスを創りだし、おかしくなってしまったμを止めるため
に現実に帰りたがっている主人公たちを見出し、
戦うための力を与える。
純粋無垢で可憐なμに対して、
陽気で明るく親しみやすい性格をしている。
引用終わり
引用元URL:http://www.cs.furyu.jp/caligula/od/character/aria.html
もともと、メビウスという仮想世界は「μ」と「アリア」の2人によって創られていました。
そのため、2人の力は「均等」になっていたのですが、μが人間の悲痛な叫びや現実への嫌悪感を多く受け取ってしまったため
「μ」はこのままメビウスの中に居させるべきだと考え始めます。しかし、「アリア」の考えは現実と向き合って力強く生き抜いてほしいと思っていたのです。
この2人の考えの違いから仲たがいをするようになります。
「μ」はメビウス内にいる人たちに歌を歌い、「アリア」の人気を奪っていきました。そのため、「アリア」の姿は小さくなってしまい
メビウス内での力もほとんど失ってしまったのです。
今の力では「μ」を説得することができないと思った「アリア」は主人公たち「帰宅部」に「μ」の説得を頼むことにしたのです。
とりあえず、紹介はここまでにして、2人目の紹介をしていきます。

画像引用元URL:http://www.cs.furyu.jp/caligula/od/character/mu.html
まずは説明から
引用はじめ
元々は、ユーザーが組み込んだ音声を
歌い上げるだけのボーカルソフト。
人々が作る楽曲を歌う内に少しずつ自我を芽生えさせていき、
現実へ苦悩する人間を救うために、
常若(とこわか)の世界メビウスを創りだす。
みんなを幸せにするために、
笑顔を絶やさずメビウス中を飛び回っている。
引用終わり
引用元URL:http://www.cs.furyu.jp/caligula/od/character/mu.html
最初は、普通のボーカルソフトでしたが、人々が作る曲を歌い続けることで次第に自我が芽生えるようになります。
そして、人々の悲しい曲、ネガティブな曲を歌っていくことで「人間の人たちがずっと笑顔で暮らせるような世界」を作ろうと思い始めたのです。
そこで「アリア」と一緒にメビウスを作ることになりました。
しかし、メビウスを作ったとしても現実に戻ればまた笑顔がなくなってしまう生活になるだろうと考えたため「μ」はメビウスの中に閉じ込めておこうと考えたのです。
それによって「アリア」と対立するようになりました。一度現実に戻られると、メビウスが壊れてしまう可能性があるため、「μ」はこのメビウスを維持するために、
メビウスにいる人に「楽曲」を書いてもらうことにしました。
そうして集められた楽士たちを「オスティナートの楽士」と呼び始めるのです。

このようにして、「帰宅部」対「オスティナートの楽士」という展開になっています。
どちらも、「人々の為」を思って行っていることなので、あまり悪くは言えないですね。

さて、全9回のキャラクター紹介をしましたがいかがでしたでしょうか。
あまり説明が下手で申し訳ないです。「内容が理解できない」という方も多いと思います。この「カリギュラ」という作品は現代の人間が抱えてるものを分かりやすく表していると思っています。
また、ゲームやアニメでも「μ」の曲が流れていて、1人1人の楽士がどのような心情を持っているのかが分かりやすくなると思うので、ぜひ聞いてください。
ここまで見てくださり、ありがとうございました。

【#08,ゲームキャラ,20190829】現実に帰りたい理由~3人目&4人目~

皆さんこんにちは
インターンシップ生の財津です。
今回も「現実に帰りたい人」の中から、2名を紹介していきたいと思います。
今回は、「巴鼓太郎」と「柏葉琴乃」です。
まずは「巴小太郎」から紹介していきます。

画像引用元URL:http://www.cs.furyu.jp/caligula/od/character/kotaro.html
引用はじめ
大柄な体格に似合わずお節介で陽気な少年。
帰宅部のムードメーカー的な存在。
困っている人間を放っておけず、好きな言葉は友愛、
尊敬するのは父親、将来の夢はレスキュー隊員だと
公言してはばからない。一見明るく気さくなイイ奴だが、
問題を起こすこともしばしば。
引用終わり
引用元URL:http://www.cs.furyu.jp/caligula/od/character/kotaro.html
彼は、とても正義感が強いのですが感情的になってしまうことが多々あります。そのため、その場の空気を悪くしてしまう時もあります。
しかし、それを踏まえたうえでも彼は誰にでも優しい人でした。説明でもありましたが、帰宅部のムードメーカとして必要不可欠な人なので
彼の状態によって場の空気も変わってしまいます。そして、なぜか「レスキュー隊員」なることが夢であると公言しています。
さて、それでは彼の現実での話に移りたいと思います。
彼は本当に「少年」だったのです。しかし、身長が低くレスキュー隊員になるためには慎重も必要なことをしっていました。
それでも、彼はレスキュー隊員になることをあきらめていませんでした。そのため、周りから罵倒を受けていたこともありますし
兄からも被害を受けるほどでした。ある日、道を歩いているとμの歌が流れており、それによって彼はメビウスの中にとらわれることになります。
メビウスの中で帰宅部として活動していったり、「シャドウナイフ」との戦闘によって彼は「レスキュー隊員」でなくても人助けをすればよいという結論になります。
今まで罵倒を浴びせてきた人たちも、実の兄でも誰でも助けようという固い決意をもって現実に帰ろうとしていたのです。
ここまでが1人目の紹介になります。

さぁ、このまま、2人目の紹介をしていきます。

画像引用元URL:http://www.cs.furyu.jp/caligula/od/character/kotono.html
まずは説明から
引用はじめ
清楚で大人びた雰囲気の美少女。
清らかなお嬢様のようでいて
どことなく大人の色気も醸し出し、
誰にでも分け隔てなく優しいため男子から異様にモテる。
帰宅部のお姉さん的ポジション。
引用終わり
引用元URL:http://www.cs.furyu.jp/caligula/od/character/kotono.html
説明からもわかりますけど、いろんなゲームやアニメで必ず登場するような人物ですね。
容姿端麗、成績優秀とほぼ完ぺきな人物であるため、周りの男子からとても多いラブコールをもらっています。
そんな完ぺきであるような人物ですが、なぜこのメビウスに囚われることになったのでしょうか。
彼女は、子育てに悩んでいました。それはひと夏の過ちによって運命を狂わされてしまったせいでした。
メビウスの中では完ぺきな女性でしたが、現実では過ちを犯してしまっていたようです。
また、その過ちを犯した後おとぎ話のような存在がないと悟ってしまい、周りの人を頼ることをあきらめてしまったため、
だんだんとネグレクトのようになっていたのです。そんな時、子育ての抑圧からの解放を求めてメビウスの中に囚われてしまったのです。
しかし、メビウスでの生活や帰宅部の活動によってだんだんと周りの人を信頼しようとし始め、自分も現実に帰ったら祖母などに子育てを一緒にしてもらおうと思うようになりました。
そのため、彼女は愛する息子のために現実に帰ることを決意下のです。これが現実に帰りたい理由です。

人間、だれしも間違いをしてしまう時はあります。それで一回あきらめたとしても、もう一度やり直すことはできると帰宅部の人たちは信じています。
この「カリギュラ」というゲームを通して、私たちはさまざまなことを学ぶことができるのかなと思います。
さて、次回で最後です。
最後は「メビウスを作った理由」として2人の「バーチャルアイドル」を紹介していこうと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

現実に帰りたい理由~1人目&2人目~

皆さんこんにちは
インターンシップ生の財津 孝悠です。
今回は「現実に帰りたい人」の中から、2名を紹介していきたいと思います。
その2名は「カリギュラ オーバードーズ」になってから新登場の「天本彩声」と「琵琶坂永至」です。
まずは「天本彩声」です。

画像引用元URL:http://www.cs.furyu.jp/caligula/od/character/ayana.html
引用はじめ
いつも通り彼女の説明から
可憐なビジュアルが目を引く美少女であり頭の回転も早く、
芯の強い性格だが男性の前では目を合わせることも、
ろくに会話をすることもできなくなる。
男性相手へは暴力的になることもしばしばあり、
帰宅部の男性陣もその対象として例外ではない。
引用終わり
引用元URL:http://www.cs.furyu.jp/caligula/od/character/ayana.html
はい、この子は「極度の男嫌い」です。その極度の男嫌いは、顔を見ただけで気持ち悪くなるほどだそうです。
ただ、女子同士の場合はまるで人が変わったかのようにキャラが違います。
女子だからこそ打ち明けられる話などもありそうですね。
さて、そんな彼女の「極度の男嫌い」になってしまったのは現実での事件が引き金となっています。
まず、彼女は「元アイドル」でした。一般的に言う「地下アイドル」の方に分類されます。
そんな彼女たちのアイドルがメジャーデビューを果たせそうという時です。
いつも通りライブを行った後メンバーで帰ろうとしたときに、いきなりとある男性がバットをもって襲い掛かってきました。
襲われたメンバーの一人は病院で意識は取り戻したものの「失明」をしてしまい、それが原因でこの世を自ら去ってしまいました。
このことが原因で彼女は「極度の男嫌い」になったのです。しかし、男嫌いになってしまっても手紙を送り続けていた人がいました。
その人は「天本彩声」のお父さんでした。それをメビウス内で思い出した彼女は、現実と向き合ってお父さんに手紙を返さないとと決心をしました。
これが現実に帰りたい理由でした。

さぁ、この感動する話から一変して、2人目の紹介です。

画像引用元URL:http://www.cs.furyu.jp/caligula/od/character/eiji.html
まずは彼の説明から
引用はじめ
知的で紳士的な物言いや巧みな弁舌に加え、
端正な顔と人懐っこい笑顔をたたえる好青年。
学園トップの秀才でもある。
誰に言われるまでもなく、この世界が現実でないこと、
3年間がループしていることなどメビウスの秘密に
既に気づいている様子。
引用終わり
引用元URL:http://www.cs.furyu.jp/caligula/od/character/eiji.html
彼は、「何もかもが完ぺき」な人です。そのため、いち早くここが現実ではないことに気づいたようです。
しかし、その事実を知ったうえであえて彼は何も行動しませんでした。それはなぜなのでしょうか。
また、彼は巧みな言葉で帰宅部の信頼をもらっていました。まるで「嘘をついてる」かのように次々と言葉があふれているため説得力があったのです。
ここから、現実の話に移りましょう。
まず、彼の職業です。彼の職業は「弁護士」でした。また、「とある暴行事件の加害者」を裁判で「障害を持っている」と訴え、無実を勝ち取ったという実績があります。
・・・あれ、どこかで聞いたことのあるような話ですね。

そうです、先程話した「天本彩声」での暴行事件の加害者をかばったのも、第5回でお話しした「梔子」の遺産を横領していた犯人は「琵琶坂永至」だったのです。
彼はそのあと、警察に捕まっており檻に入れられていました。しかし、メビウスに移ってから自由の身になった彼は、「刑期が終わるまでここにいよう」と考えていたのです。
かなり策略家です。そして、その刑期が終わるころになったとき「帰宅部」という存在が出てきたのです。。。
現実に帰りたい人の中にも「悪意を持っている」人もいるんです。
現実が怖いですね。
次回も「現実に帰りたい人」のなかから2名をピックアップして紹介をしたいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。