人の発展と進歩は、トライ&エラーの繰り返し

 こんにちは、インターン生の平澤義隆です。

 今回でインターン最後なので、この漫画ネタも最後になります。今回は夢や目的を持った人達に贈るネタであり、これから紹介するのは今後の人生でためになると思う漫画です。

 さて今回は、『人の発展と進歩は、トライ&エラーの繰り返し』です。長い人類の歴史の中で今の文明があるのは、先代の人々が目的をもって成し遂げてきた功績の集合体です。その中には、何度も失敗してやっとできるようになったり、後に間違っていたと気付きそれに向き合い改善できたことが多々あります。失敗しては作り直し、時代に合わなくなったら改善する、常にこの繰り返しだと思います。

 今回の漫画ネタのテーマで使える漫画を紹介します。タイトルは『宇宙兄弟』、『マギ』です。

 『宇宙兄弟』はアニメ化も映画化もされている作品です。

 この漫画の内容は、「一緒に宇宙飛行士になろう」と誓い合う兄弟がいました。それから19年後、夢を叶え宇宙飛行士となっ弟は、第1次月面長期滞在クルーの一員として、間もなく日本人初となる月面歩行者として歴史に名を残そうとしていた。その一方兄の兄は、勤めていた自動車メーカーを解雇されてしまい、鬱屈した日々を送っていました。そんな兄の下にJAXAから宇宙飛行士選抜の書類審査通過の通知が送られてくるのです。それは、共に宇宙を目指すという夢を諦めない弟が応募したものでした。いつの頃からか、宇宙飛行士になることを諦めていた兄は、そんな弟に触発されて再び宇宙を目指すことを決意します。挑戦する人間は誰もが大体壁にぶつかりますが、その壁をどう超えていき、いかに成長していくのか。また、兄弟の絆を軸に展開する人間ドラマや、ギャグ要素も入った漫画になっています。

 宇宙飛行士になるための知識や、宇宙探査に関する知識を学ぶことができます。また、宇宙に関する新しい知識を学ぶことができますので、宇宙や化学に興味のある人たちにお勧めの作品です。この漫画で自分が共感したことは、「目標を達成するためには挑戦しなければはじまらない」、「何度失敗しても諦めないで目標に向かうこと」、「年齢や今自分が置かれた現状を言い訳にせず取り組むことが大切であること」、「人より遅れてスタートしても生きていれば最後までチャンスはある」、「今までのやり方が駄目なら別の方法を模索する」、「遠回りでも地道に積み重ねて確実に前に進むこと」、を学ばせてくれた漫画です。

 次に紹介するのは『マギ』。この漫画もアニメ化がされています。

 この漫画のとある一部がとても感動しました。それはレーム帝国とマグノシュタットの戦争の際のレーム帝国の国のあり方についてです。魔法の利便性とそれを使える人たちに依存する国政のマグノシュタットに対し、レーム帝国あえて魔法や魔術師に依存せずマンパワーと、化学力で考案や改良を積み重ねて一人一人が自立して歩んで行ける国を作っていた。レーム帝国は初めて火薬を開発しこの戦争で運用し人の力だけでは破れなかったマグノシュタットの魔法防御を打ち破るという成果を出したのです。火薬兵器が使われた時のレーム帝国の代表であるシェヘラザードはこう言っていました「みんな自分達だけで生きていける。魔導士なんか、いなくたって…より良い道を模索しながら、進化していける。」「それで時に間違うこともある。悲しい道を選び迷ってしまう時代もある…でもそれのどこがいけないの?」「人が野蛮な気持ちになってはいけないの!?間違えて、傷ついて、それでも前へ進めばいい。自分の力で…自分の足で…」。レーム帝国は「己を信じる「個」の集積。絶え間なく紡ぎ上げた「人」の力の集合体。それがレーム帝国。」と主張しています。このセリフに大変感動しました。

 どんなに逆境に立たされても、いかに楽な道が近くにあってもあえて目先のことにとらわれず、苦行を耐え、困難を乗り越えて力を身につけた人のほうがかっこいいと思えますし、遠くない未来にその実績や功績は何らかの形で残ると思います。

 自分がこういった漫画に感動し、共感した理由は厳しい現状に立たされた経験が年度かあるからです。自分は「プログラマーとしてゲームを作る仕事に携わりたい」という気持ちがありましたが、高校卒業後、家庭の事情で医療系の国家資格を取得するために医療系の短期大学に入学しなければいけなくなりました。その学校での勉強はとても難しくなかなか勉強に付いていくことができなかったのです。毎日学校へ通い、勉強をしていたのですが、赤点を取ってしまい結局1年生で留年してしまいました。ですが、家庭の事情で「勉強に付いていけないから」、「留年したから」、「そもそも医療に興味がないから」、「行きたい分野が異なるから」、「医療系の国家資格よりも別の資格に興味があるから」、という理由では学校をやめさせてくれなかったのです。すでに逃げ場はなかったので家庭の事情に乗っ取り、学習する速度が遅くても、何度失敗しても諦めず、トライ&エラーを繰り返して学校を卒業するしかなかったのです。2回目の1年生を頑張り、2年かけて2年生に進級したのですが、またそこでも1年の時と同様の理由で留年が決定してしまいました。自分は少し落ち込み、どうせ学校に行っても行かなくても進級はできないので、ここで一度立ち止まって今後のことを考えるために休学することにしました。「どうすれば学校を卒業できるのか?」考えた結果、ある答えにたどり着きました。家庭の事情では「家が決めた学校を卒業すること」でしたので、別に今属している学科を卒業する必要性はなかったのです。そこで自分が注目したのは、今いる学科よりも科目数が半分くらいしか無い学科があるので、「転科すれば全科目を習得し卒業できる」といった答えです。幸いこの学科も卒業すれば国家資格の試験を受ける権利が与えられるので納得してくれました。そうしてまたその学科の1年生からスタートし3年かけてストレートで卒業することができました。

 卒業後は資格試験に落ちてしまいましたが、悔しくて1年間1人で猛勉強をし試験にリトライしてギリギリでしたが合格を勝ち取ることができました。合格後、プログラマーになるための学費を稼ぐために一度就職しました。途中で奨学金や、教育ローンの存在を知り申し込もうとしたら家庭の事情で猛反対され、説得を試みるも失敗に終わりました。一時期道を断たれどうしようか途方に暮れていましたが、自分の力で誰の援助も受けずに、何とかしようと決心しました。働くことはもちろん、贅沢をする以前に「贅沢を敵視」するようになり、生活費を切り詰め貯金額を増やしていきました。その結果、時間はかかりましたが自力で軍資金を稼ぎ、やっと自分の行きたかった学校と学科を選択して、生活費を稼ぎながらでも学ぶことができました。

 現座は就職活動中でなかなかうまくいかないこともありますが、これまでの経験を生かして頑張っていきたいと思います。

 このように、いかに困難な状況でも「何度失敗しても諦めないで目標に向かうこと」を忘れなければ目標にたどり着けます。無理や無謀も、考案や改良を重ね別の方向性を見出せば目標を達成できるのです。何か大きな目標をもっていり方、諦めないでください。

合気道の技について,合気道のひみつ

皆さんこんにちは、インターンシップ生の鈴木宣之です。

今回は、合気道の技について少しご紹介します。

とは言っても、全ての技を私自身が習った訳ではないので、
知っている範囲でご紹介致します。

技は武田流の技に沿ってお話ししますが、忘れている部分が多いので、その点はご容赦ください。

合気道は、相手の攻撃が技の起点となります。

手刀と捕り(相手から掴まれる)という所から掛ける技が多く、
突きや蹴り、また、相手から抱き着かれる場合やナイフに対するの技もあります。

それでは具体的にどのような技があるのかについてですが、
武田流の場合は、試合の際に使う技を主に習います。
道場によっては古流を呼ばれる昔ながらの技を習えるところもあります。

技は大きく分類して、「投げ技」、「抑え技」に分かれます。
その中で、「小手技」、「腰技」、「足技」、「関節技」、「つぼ決め技」などがあります。

基本的には、相手を投げてから抑え込めるという技の流れになっています。

武田流には、「外腕捻り」と「腕搦め(からめ)」という技があります。
これは合気会における四方投げと基本的には同じ技です。
こちらは「関節技」に分類します。
四方投げは、
相手の腕や肩の関節を固めることにより、相手を投げたり、抑え込んだりします。

次は、腰車というものがあります。
これは「腰技」に分類します。
柔道でいう所の「大腰」という技と基本は同じになります。
相手の腰と自分の腰を合わせてお辞儀するようにして相手を投げます。

「足技」では、後ろ払いという技をご紹介します。
「足技」は、武田流にはありましたが、他の流派ではないかもしれません。
間違っていたらすいません。
こちらは、相手の腕を使って体のバランスを崩してから、
自分の足を相手の足に引っかけて相手を倒すという技です。

また、「つぼ決め技」は腕や足などにある痛いつぼを用いて相手を動けなくするという技や、
「小手技」は手首などから技をかけていく技もあります。

ここまでご紹介致しましたが、
実際に「関節技」や「腰技」、「足技」となりますと、
柔道と変わらないのではと思う方もいらっしゃると思いますが、
これは個人の技量や考えで変わってくる所です。
柔道や合気道も元は柔術でしたので、似通った部分も多々あると思います。

また、筋肉をつけて力で技を掛けるのは可能ですが、
合気道は体の使い方を学び、自分自身は無駄な力を使わずに、
相手の動きを固めて技を掛けるという部分が大きいかと思います。
ただし、合気道に力が必要ない訳ではありません。
体の使い方によって、あまり力まずに力を伝えられるようにしていきますが、
体を鍛えて、相手の技を受けたり、技が通じない人への対処方法が少しでも増えるようにした方が良いと思っています。

最後に、私個人の考えを述べさせていただきますが、
技は型通り掛けなければならないというものではないと思います。
むしろ、相手の体格や反応、状況によって変えていくものだと思います。
ただし、基礎的な技の掛け方を習得してからでないと応用技はできないと思っています。

他にも様々な技がありますが、ほとんどが概要のみとなってしまいました。
興味があれば、体験してもらうことが一番良いと思われます。
動画や記事だけでは実際のものと情報量が違います。

今回はここで失礼します。
次回は「トレーニング」についてお話します。

参考元
1.立教大学合気道部
https://www.rikkyo-aikido.com/aikido

興味を持たれた方はお気軽にお問合せください。

自分を魔法少女だと思っている人、必見!?パチスロ紹介

こんにちは。インターン生の冨田祥平です。

今回は、魔法少女でお馴染みの『魔法少女まどか☆マギカ』シリーズの最新作『劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』ではなく、一つ前の『SLOT魔法少女まどか☆マギカ2』の紹介をして参ります。

なぜ、最新作でななく、一つ前のパチスロ機だというと、『単純にこちらの方が面白い』からです。では、早速この台の魅力についてですが、この台の面白い所は2点。『マギカ☆クエスト』と『ワルプルギスの夜』です。順に紹介致します。

マギカ☆クエスト

これがまず何なのかと言うと、ART中における上乗せ特化ゾーンのことです。画面には双六のようなマスが表示されており、そのマスと引いた役によって演出が決まります。基本的に「使い魔マス」でリプレイを引くと終了のピンチとなっており、その他のマスだと上乗せのチャンスになります。

具体的に、宝箱やソウルジェム、キュウベイのマスでベル以上の役を引くと小さい上乗せをして、魔法少女のマスでベル以上の役を引ければ、その魔法少女にあった、特別な恩恵を受けることができます。恩恵には、次に登場する「使い魔マス」を他のマスに変換や使い魔に負けても終了を1回だけ回避、次回の上乗せゲーム数2倍、クエスト終了時に保証5Gの状態で復活ができ尚且つマギカ☆クエストレベルとう物が最大値を受けることができたりします。

又、裏マギカ☆クエストという、上位互換があります。これは、リプレイとハズレ役で行われる終了抽選に当選しない限り、毎ゲームどんな役でも上乗せするウハウハなモードがあり、これに当選できれば周りからの視線を釘付けにできること間違いないでしょう。

ワルプルギスの夜

これはこの台における最強の上乗せ特化ゾーンのことです。『ほむら』という魔法少女が、作中におけるラスボスの『ワルプルギスの夜』に攻撃を仕掛けていき、その時に引けた役によって、ゲーム数を上乗せしていきます。ほむらが『ワルプルギスの夜』から攻撃を受けて、立ち上がることが出来なければ、終了してしまいますが、継続率が低くても75%以上の期待値があるので、沢山のゲーム数を上乗せできる期待が持てます。又、毎4セットごとに普通の攻撃とは別に追撃チャンスがあり、攻撃の強さ(引いた役の抽選結果)により、沢山のゲーム数を上乗せすることができます。

セットが始まる前には1枚絵が出るのですが、それによって、継続示唆があり、弱い絵だとハラハラしたり、強い絵だと安心してそのセットを楽しむことのできる要素もあります。

以上が『SLOT魔法少女まどか☆マギカ2』の紹介になります。パチスロは初心者の方にとってハードルが高い遊びだと思われます。実際、私も触ったことがなかった時には足を踏み入れることに勇気が必要でした。

しかし、パチスロは誰でもできる遊びです。最初の一歩さえ踏み込んでしまえば、後は沼につかるだけです。この記事を読んで頂いた方には、興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

「ひどい人」「いい人」は紙一重

書籍『まんが「ブラック・ジャック」に学ぶ自分を貫く働き方』

書籍『まんが「ブラック・ジャック」に学ぶ自分を貫く働き方』

「ひどい人」「いい人」は紙一重

P:「ひどい人」「いい人」は紙一重

R:同じ厳しい態度をとっても「ひどい人」と批判されることもあれば「厳しいけどいい人」と評価される場合がある。その多くは仕事が失敗したか、成功したかの違いであるから。

E:ブラック・ジャックは、声帯に炎症を起こした女子学生に「声を出さずに1年間過ごさないと、のどは一生治らない」とわざと非常な嘘をついた。その嘘を信じた女子学生は、必死で治療に取り組み、ついに声を取り戻しブラック・ジャックに感謝することになった。

P:「人は結果で評価される」と自覚しておくこと。

TGS出展インディーズゲーム紹介その8:GIGA BASH

こんにちは、インターン生の池田祐樹です。

今回も前回に引き続き東京ゲームショウで私が体験したインディーズゲームについて紹介していきたいと思います。
今回紹介するゲームは『GIGA BASH』というタイトルのゲームです。

以前、近未来な世界観で怪獣達から街を防衛する「Mechs V Kaijus」というゲームを紹介しましたが、このゲームはそれよりもデザインが日本寄りのアニメ調なビジュアルであり、特撮でよくありそうなヒーローロボットや怪獣達が様々な場所で戦う3D対戦型のアクションゲームです。見下ろす視点で行われ、最大4人で対戦することができます。

プレイヤーは初めに複数いるキャラクターの中から1体を選択します。基本的に選択できるのキャラは怪獣が殆どで、前述した通りデザインが日本のアニメや特撮作品を意識したものになっており、例えるなら「ウルトラマン」に出てくる怪獣のようで愛着を持てそうな見た目になっています。あくまでヒーローと怪獣それぞれの陣営に分かれて戦うなんていうものでもないため、怪獣同士で殴り合ったりヒーローロボットと怪獣で王道的なヒーロー物のシチュエーションで戦ったり、プレイヤー4人全員がヒーローロボットを選択して殴り合うことも自由に可能です。

キャラクターを選択したら戦闘を行うフィールドへ移され始まります(私が体験したデモ版では対戦前に操作確認のためのトレーニングルームに移されました)。ルールとしてはシンプルで、相手の体力を減らしてノックアウトさせて最後まで生き残ったプレイヤーが勝利となります。操作は通常のアクションゲームによくある上下左右移動ジャンプと、通常の近接技や突進技にガードや回避と基本的なものが揃っているほか、怪獣に関しては建物を引っこ抜いって投げつけることができたり、フィールド中に出現するアイテムを取ることでそのキャラ特有のド派手な「必殺技」を放てるようになるなど、特撮ヒーロー物らしいアクションを行うことができます。さらには攻撃をうまく当てると相手を吹っ飛ばせたり、ノックアウトして先に退場してもレーザーで残ったプレイヤーを邪魔することができたりと最初から最後まで派手で賑やかにハチャメチャした戦いを楽しむことができます。

そしてこのゲーム最大の特徴にして勝利への鍵となる要素は「巨大化によるパワーアップ」です。戦闘中プレイヤーは敵への攻撃や建物の破壊によってゲージが溜まっていき、ゲージがMAXになると一定時間巨大化することができるのです。巨大化は大きくなる分狙われやすくもなりますが、それを補い余りあるほど火力や攻撃範囲が飛躍的に上昇するため、立ち回りを考えいち早く巨大化することが勝利への近道となるのです。もちろん巨大化したことで視覚的により派手にもなって賑やかさも増していくので、総じて複数人でワイワイ楽しむのにとてもピッタリな作りとなっているゲームです。

さて、これで今回のゲーム紹介は以上となります。いかがでしたでしょうか。
子供心をくすぐられる日本の特撮的なビジュアルであり、気軽にみんなで派手にワイワイ楽しめる作品なので、この記事を読んだ方も機会があればぜひプレイしてみてください。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インドネシアの観光地

インドネシアに旅行したい人はどこに行けばいい分からない人が沢山ありますので人気とおすすめできる観光地を紹介したいと思います。

1。バリ 

バリは有目な観光地ですけどバリ島はインドネシアの一つの島の情報が分からない人が少なくない。バリで人気なウオーターパークがあります、その名は WaterBom Bali (ウオーターブームバリ)。このウオータパークは3年連続でアジアに一番ベストウオータパークの功績があります。場所はクタビーチので周りにも沢山面白いものがあります。

2.コモド島

バリから飛行機で1時間半ぐらいで、コモド島も見逃さない人気な観光地です。ここは人気なコモドドラゴンが近いから見えます。そしてここに山登りとダイビングもできます。人気なダイビングスポットが沢山ありますのでチェックしてください。

3.トバ湖

インドネシアで一番大き湖です。湖の周りにはたくさん山がありますのでハイキングが好きな人におすすめです。そして景色がとても美しいので写真が趣味の人も素晴らしい観光地。湖の周りにもキャンプできます。

4.ボラブドゥール

一番大きな仏教の遺跡と歴史を持つ所。ボラブドゥールの壁には2メートル絵を刻まれてその絵の一つ一つにストーリーがあります。そしてその絵の数は1460個。この遺跡に504仏の像があります、そして遺跡の面積はおよそ1.5万平方メートル。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

仮面ライダーは大人にこそ見てほしい #ビルド編

こんにちは、インターン生の菊田です。

今回は「仮面ライダービルド」について紹介しようと思います。

1. 概要

仮面ライダービルド(以下、ビルド)は2017年9月から放送された作品です。

記憶喪失で物理学者の主人公が人体実験により生み出された怪物と戦っていく、という物語となっています。

この作品の特徴は、「科学」への接し方を丁寧に描いているところです。

テーマとして「科学の発展」があり、その発展に人々がどう接していき世の中がどう動くのかということをまざまざと見せつけられます。科学の発展により兵器として応用できる技術や製品が生まれてきたときに、力に目がくらんだ影響力のある人間が行動に出ると「戦争」が起きてしまう。科学の発展に寄与した人たちは世の中が少しでも豊かになるようにと思っていたのに、逆の目的で使用されてしまう。そんな良くない方向に向かってしまった世界が広がっているのです。

2. 超重要人物紹介(この項目はネタバレを含みます)

・桐生戦兎/仮面ライダービルド

この作品の主人公で、演じたのは俳優の犬飼貴丈さん。記憶喪失だが天っ才物理学者であることを活かして自身の強化をしたり新たな変身ベルトを作ったりした。「愛と平和」のために科学を発展させてきたため、戦争で相手側の人間を殺してしまったときは全く立ち上がれなくなるほど心を病んでしまったことも。その正体は仮面ライダーシステムを開発した悪魔の科学者本人だったが、もはや別人格として存在していたため「桐生戦兎」として生きていくことを決意する。

3. おすすめポイント

この作品のおすすめポイントは、「仮面ライダー」という存在の社会的立ち位置の悲惨さと決着の付け方です。

初めは「ヒーロー」として戦っていた主人公たちですが、戦争が始まると「戦争の道具」として政府の指示で戦わされ、戦争を引き起こした黒幕が判明すると「指名手配犯」として世間から非難の目を向けられるという過酷な環境に置かれるのです。そんな中でも主人公は「愛と平和」のために戦っていく姿には心を打たれます。

また、圧倒的な力をもつ黒幕を倒すことは不可能と判断した主人公が、物理法則を超える未知の力を使って黒幕の存在しない世界を創り出すという手段で戦いに終止符を打つという、いかにも科学による勝利という印象を与えてくれます。

これを機に仮面ライダーを見てはいかがでしょうか。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

ただの「状況」を意味のある「情報」に

書籍『まんが「ブラック・ジャック」に学ぶ自分を貫く働き方』

書籍『まんが「ブラック・ジャック」に学ぶ自分を貫く働き方』

ただの「状況」を意味のある「情報」に

P:ただの「状況」を意味のある「情報」に。

R:察しのいい人は、目にしたものから意味を見出しそれらを繋ぎ合わせて答えを予測することができるから。

E:ブラック・ジャックは、初めてあった相手の様子や仕草をみて、どんな状況かすぐに見抜く。ただの「状況」を頭の中で意味のある「情報」に変換するからである。

P:状況に解釈を加え、情報に変換すること。

個人的 オススメ・期待のサッカー選手10選

エム・ビー・エーインターナショナル株式会社インターン生の海老原圭です。よろしくお願いします。

この記事は、幼稚園から高校卒業までの15年間サッカーをしていた私の個人的な視点での意見です。

今回私がオススメする選手は、世界ナンバー1、ポルトガル史上最高の選手と呼び声高い、クリスティアーノ・ロナウド選手です。本名はクリスティアーノ・ロナウド・ドス・サントス・アヴェイロというそうです。

そんなクリスティアーノ・ロナウド選手について解説していきたいと思います。

クリスティアーノ・ロナウド選手は言わずと知れたサッカー界、スポーツ界の大スターです。そんな大スターの彼は何が凄いのかというと、とにかく結果をだしまっくっているのです。

CL男(チャンピョンズリーグ)と言われている彼は、CL通算得点数が、160試合出場し124ゴールである。これは大会最多記録であり、アトレティコマドリードというスペイン3強の一角といわれているチームの通算記録118得点よりも多い記録である。クリロナ選手一人にチームが負けてしまうほどの驚異的な得点力である。CL通算8度のハットトリック、6度の得点王に輝いており、7シーズン連続2桁得点というまさにCL男は驚異的にCLに強い男なのです。レアルマドリードに在籍していた9年で4回のCL制覇を成し遂げている。

そしてスペインリーグでも、クリロナ選手は驚異的な記録を残しています。   2009年にレアルマドリードに加入してから285試合で300得点を達成しました。これは、歴代最速での記録であり、1試合あたり1.05ゴールをしている計算でありえないほどの得点力である。レアルマドリードとして438試合に出場し、クラブ最多となる451ゴールをあげた。3度得点王に輝いている。

クリロナ選手は、キャリア通算得点数、650得点を2018年4月に達成している。

クリスティアーノ・ロナウド選手はバロンドールという世界一の選手の賞をメッシと最多タイの5回受賞している。

こんなにも、偉大な結果を残しまくっているクリロナ選手とても勝負強いですね。

クリロナ選手のこの並外れた得点力は、過酷すぎるトレーニングによるものです。中でも、クリロナ筋肉トレーニングは有名で、

スクワット150kg(尻・脚)

ベンチプレス100kg(胸・肩・腕)

クリーン75kg(尻・脚)

レッグプレス200kg(脚)

デッドリフト200kg(脚・尻・背中)

ショルダープレス70kg(肩)

アームカール30kg(腕)

トライセプスエクステンション30kg(腕)

ラットプルダウン75kg(背中)

ベンチディップ75kg(腕・肩)

ブリッジ75kg(体幹)

以上、すべて6回4セットを週2,3回のペースで行っているそうです。     腹筋は一日3000回やっていると言われていたこともありました。

またサッカーの全体練習の後には、だれよりも最後まで居残りし練習を行っていると言われていて練習の鬼、努力家と言われています。

あの記録は、日々の厳しいトレーニングの賜物なのです。

選手としてはもちろん人として、尊敬され愛されるクリスティアーノ・ロナウド選手は世界一の選手にふさわしい選手だと私は思います。

まだまだクリスティアーノ・ロナウド選手にはキャリア得点数を伸ばしていって欲しいです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください!

「二人の白皇」の世界へ

こんにちは!インターン生の青田です。

今回からはうたわれるものシリーズの最終章であり、第3作目である「うたわれるもの 二人の白皇」の紹介をして行きたいと思います。今作は前作の「偽りの仮面」のエンディング後の物語となっており、前作では明かされきれなかった、いくつかの謎も解明されていきます。そのため、今作の紹介は物語の重要なネタバレが含まれていますが、ご了承ください。

まずは、今作のあらすじから紹介して行きます。

引用始め

「…………姫殿下を……頼む……ネコネ、幸せにな……」
皇女と妹の未来をハクに託し、オシュトルの肉体と魂は、大気に溶け、
この世界の一部と化した。
そして、ハクも姿を消すこととなる。
皆を助けるため、託された仮面(アクルカ)と共に、オシュトルとして生きることを選んだのだ。

新たなる戦乱の世を、己の知略とオシュトルの名声をもって乗り越えんとするハク。
兄の意志を継ぎ、感情を抑えハクに尽くすネコネ。
ハクとクオンを失った悲しみに沈む仲間達。
避けられぬ戦の炎が、今まさにエンナカムイを飲み込もうとしていた。

それは、ヤマト全土に広がる戦乱の幕開けでもあった。

引用終わり
引用元URL https://aquaplus.jp/uta/oro/

前作の終盤で何者かの手によって引き起こされた帝の崩御・姫殿下暗殺事件、そしてオシュトルがハクとネコネを守るために消滅して数日後から物語は始まります。オシュトルの意思を引継ぎ、オシュトルとして生きていくことを決めたハク。姫殿下を無事に故国へ避難させるも、帝都では偽の皇女が現れ、ハク達を討伐しようとします。ハク達は、少ない人員・物資で帝都の奪還を目指し、険しい道を進んで行くことになります。このように、今作ではシリアスなストーリーが多く含まれており、前作に比べて日常的なシーンが少くなっているのが魅力の1つです。そのために、前作をプレイしている人は、前作とのストーリーのギャップを感じながらも、物語の世界に深く入り込めることができると感じます。また、今作のキャラたちの心情も前作に比べ、重いものになっており、特に、目の前でオシュトルが消滅する姿を見たハクとネコネの二人に注目して物語を進めることをお勧めします。

今作は前作よりもシナリオ数・ステージ数が増加しており、主要なキャラたちが敵として立ちはだかるのもあって、前作よりもステージの難易度が格段に上がっています。そのため、プレイヤーは前作のキャラの特性をより深く理解し、状況にあった戦法をその都度考える能力が求められるようになってきます。私も今作を攻略するのに、前作の3倍以上の時間を要しました。

今回は「二人の白皇」のあらすじを紹介しました。最終回となる次回は今作から新たに加わった新要素について紹介し、全作品のまとめをしていきたいと思います

では!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。