インターンシップ感想【日本大学】

馬場 皓大

期間 8月17日〜8月28日(10日間)

Q1.今回参加したきっかけ

ゲーム業界に興味があったので、大学の公募から参加させていただきました。学校では主にプログラミングを行い、ゲーム業界とはどのようなものなのか知りたくて、大学の公募から参加させていただきました。

Q2.インターンを始める前の経験

大学の講義でC言語を少し学び、Java,HTMLなどを本当に少しいじくった程度で、そこまでの知識はありませんでした。

Q3.インターンシップ中の内容

・麻雀についての記事とその動画の作成
・Scratchを用いたシューティングゲームの作成

Q4.インターンシップを終えての感想

今回のインターンシップを通して、自分はまだまだプログラミングの知識も無くて、このままでは将来就職したときが不安になったので、空き時間などを利用して少しずつプログラミングの知識をつけていこうと思いました。また、今回はオンラインという形にはなってしまいましたが、働く上での1日の流れと、気をつけることはなんとなく知ることができたので、就職した際に生かしていこうと思いました。そして、1人ゲームを作る経験を初めてすることができたので、この経験をこれからに生かしていきたいと思います。

もし、インターンシップに興味を持ちましたらお気軽にお問い合わせください。

インターンシップ感想【日本大学】

西尾 龍世

期間 8月17日〜8月28日(10日間)

Q1.今回参加したきっかけ

ゲーム業界に興味があったので、大学の公募から参加させていただきました。

Q2.インターンを始める前の経験

大学の講義でC言語を少し知っている程度で、あまり知識はありませんでした。

Q3.インターンシップ中の内容

・自分の好きなゲームの記事とその動画の作成
・自分で考えたゲームをDXLibを導入してC言語で作成

Q4.インターンシップを終えての感想

 今回、ゲーム制作というのを初めて行いましたが、自分のスキルの少なさを痛感しました。自分の思ったようなシステムや処理をすることができず、とてもゲームとは言えないものになってしまいました。このまま社会人になるのはとても不安ですので、自分のスキルと知識を磨き、できることを増やしていこうと思います。その一歩目として、このゲームはインターンが終わってからも修正し、自分の思い描いていたゲームになるようにしたいと思います。

もし、インターンシップに興味を持ちましたらお気軽にお問い合わせください。

インターンシップ感想【日本大学】

藤田 裕也

期間 8月17日〜8月28日(10日間)

Q1.今回参加したきっかけ

大学の学内公募で見かけたから。元々アプリ制作に興味があり、実際の会社ではどのように開発されているか気になったから

Q2.インターンを始める前の経験

大学の授業でC、JAVA、Pythonを勉強した。アプリの制作は未経験でした。

Q3.インターンシップ中の内容

PS4のゲームについて記事・動画を10個作成し、Scratchでシューティングゲームを制作しました。

Q4.インターンシップを終えての感想

自分で企画から考えて何かをするのは初めてだったので、いい経験になりました。また、限られた時間の中で、自分が満足するものを作れず悔しかったです。実際にゲーム制作をしてみることで、改めて、ゲーム制作の大変さを学べました。10日間という短い期間でしたが、充実したインターンとなりました、ありがとうございました。

もし、インターンシップに興味を持ちましたらお気軽にお問い合わせください。

インターンシップ感想【日本大学】

高塩 晴貴

期間 8月17日〜8月28日(10日間)

Q1.今回参加したきっかけ

大学の公募で見つけて、ゲームIT業界に興味があったので参加させていただきました。

Q2.インターンを始める前の経験

大学の講義で、C言語、Java等少し触れていましたが、とても身に着けているとは言えない程度です。

Q3.インターンシップ中の内容

・自分が以前かなりプレイしていたゲームの紹介記事の作成、その記事を読んで紹介する動画の作成。
・html、JavaScriptで新型コロナウイルスの感染者数から、割合を算出するサイトの作成。

Q4.インターンシップを終えての感想

 今回、初めて0からプログラムを作成しましたが、とても大変でした。理由として、発想が必要なことと、発想があってもそれを作成する技量がなくてはできないと思ったからです。私は技量がなかったので、自分ができるだろうという範囲で考えたら、Q3のような簡単なプログラムになっていまいました。また、どのようにプログラムを作成するか等の手順を間違えると、かなり時間をロスするからです。普段、言われている箇所しかプログラムをしないため、何度も間違えました。
 開発以外でも、服装など社会人の常識等学べて、とても良い経験になりました。今回、あまりにもできなかったので、就職が不安ではありますが、この経験を活かして普段の生活から気を引き締めていきたいと思いました。

もし、インターンシップに興味を持ちましたらお気軽にお問い合わせください。

インターンシップ感想【日本大学】

小森 史将

期間 8月17日〜8月28日(10日間)

Q1.今回参加したきっかけ

大学の学内公募で見つけ、ゲーム製作ができるということで興味を持ったので参加しました。

Q2.インターンを始める前の経験

大学の講義でC言語やJavaの基礎的なことを学び、blenderやOpenGLで基本的なモデリングを学習していましたが、成果として残るものはありませんでした。

Q3.インターンシップ中の内容

自分が決めたテーマでの記事と動画の作成、JavaScript環境でRPGゲームの開発をしました。

Q4.インターンシップを終えての感想

初めてのインターンシップ及びゲーム製作で、ゲーム製作でどのようなことに気を付けなければいけないかを学ぶことができ大変さを知ることができました。まだまだ技術的に至らない部分が多かったので今後精進していきたいと思います。10日間ありがとうございました。

もし、インターンシップに興味を持ちましたらお気軽にお問い合わせください。

インターンシップ感想【日本大学】

花嶋 葵

期間 8月17日〜8月28日(10日間)

Q1.今回参加したきっかけ

大学のゼミ教授からの紹介で貴社のことを知り、インターンに参加したいと思いました。私自身ゲーム業界に興味がありましたため、ゲーム業界での実際の仕事はどのようなものであるか、また自分に合っているかを考えるために貴社のインターンへの参加を希望いたしました。また実際に社会で働いているゲームエンジニアの方と関わることで、今後必要なことを考えようと思い貴社へのインターンを希望いたしました。

Q2.インターンを始める前の経験

プログラミング言語においては、高校2、3年生の頃にはC言語を中心に学びました。またアセンブラ、basicもこの頃に少々学びました。大学生においてはC言語を中心に学び、他にもJavaScriptについても学びました。また3年生である現在、UnityによるC#についてゼミ活動を通して勉強しています。

Q3.インターンシップ中の内容

事前に選んだテーマに基づく記事を10日間毎日投稿し、その内容を読み上げて動画にしました。またUnityによるゲーム制作も行い、10日間以内での完成を目指して作業いたしました。

Q4.インターンシップを終えての感想

多くの業界関係者の方からお話を伺うという目的を持ってインターンに参加いたしましたが、テレワークという形になってしまったためこの目的はあまり達成できなかったと考えています。しかしゲーム制作において担当の方とやり取りを重ねるうちに、人が面白いと思えるものを開発することが技術者として必要なのではないかと考えました。私自身、今可能なことから今後のプランを立ててしまう性格であったため、これを学べたことは今後を考えるととても大きかったと考えています。そのため今回のインターンで学んだことを活かし、今後新しい物事に挑戦する際は客観的視点も意識しつつ作業をすることを心掛けていきたいと考えています。

もし、インターンシップに興味を持ちましたらお気軽にお問い合わせください。

インターンシップ感想【日本大学】

花ケ崎 聖哉

期間 8月17日〜8月28日(10日間)

Q1.今回参加したきっかけ

学校でインターンの公募を探しているとき、研究室の先生から「MBAというゲームの開発を行っている会社がある」という話を聞いたことがきっかけです。元々ゲーム制作に携わる仕事がしたいと考えていたので、今回参加を決意しました。

Q2.インターンを始める前の経験

大学で、C言語をはじめとしたプログラミング言語を学び、Unityを用いて実際に2Dゲーム開発をチームで行いました。また、ペイントソフトを用いたデザインも経験し、ゲームのUIなどを作成していました。

Q3.インターンシップ中の内容

デジタルペイントに関する記事と動画の作成、加えてコロナウイルスをテーマにした3Dゲームの開発をUnityで行いました。

Q4.インターンシップを終えての感想

3Dゲームの開発は初めてで、最初は納期までに、どのくらいのクオリティのものができるか不安でしたが、完成するころには、スキルと対応力が身に付き、挑戦する甲斐があったと思います。今回得た仕事の経験や、頂いた企業目線の就活アドバイスなどを活かして、今後もスキルを磨いていこうと思います。

もし、インターンシップに興味を持ちましたらお気軽にお問い合わせください。

インターンシップ感想【日本大学】

党 文博

期間 8月17日〜8月28日(10日間)

Q1.今回参加したきっかけ

研究室の教授がおすすめしたインターン先であり、ゲーム業界にも興味があったので、参加させていただきました。

Q2.インターンを始める前の経験

大学でC言語、JAVAなどの基礎知識を学んでいたが、自らプロジェクトを作ることがありませんでした。

Q3.インターンシップ中の内容

古いRTSゲームについて記事・動画を作成し、コロナをテーマとして、Unityで縦スクロールゲームを作りました

Q4.インターンシップを終えての感想

一日目の昼までにゼロから記事とゲームの企画を一個ずつ考えるのが初めてで、大変でしたが、真剣に考えたら意外と時間かからなかったです。毎日1000字以上の記事を作るのも最初は絶対こんなの書けないって思っていたが、ゲームの話に決まったあと、1000字で書ききれないこともありました。そして、一人でゲーム制作の大変さを知り、どんなゲームでも開発者が苦労したと感じながら、ほかのゲームをプレイする際に、ゲームのシステムを考えるのも今後ゲーム制作するときに役立つのではないかと思いました。

もし、インターンシップに興味を持ちましたらお気軽にお問い合わせください。

インターンシップ感想【日本大学】

塚原 大貴

期間 8月17日〜8月28日 10日間参加

Q1.今回参加したきっかけ

大学にて、研究室の教授からおすすめされたインターン先であり、一度プロジェクトの開発をしてみたいとおもい、参加しました。

Q2.インターンを始める前の経験

大学で、C言語、java、HTML等を習っていましたが、完全なプロジェクトの開発はしたことがありませんでした。

Q3.インターンシップ中の内容

高校物理の内容について重要なポイントをまとめた記事と動画をつくり、ゲーム開発では2Dの避けるゲームを作りました。

Q4.インターンシップを終えての感想

まず毎日、記事と動画の内容を考えるのは大変でした。1000文字以上で書く必要性や動画を撮るために聞きやすい文章構成を心がけるなど、久々に文章を書くという行為をしたと思います。この経験は自身の言語化能力を向上させるだけでなく、相手に伝わりやすくするというコミュニケーション力の向上にも役に立ちました。プログラム開発においては、初挑戦のC++で大変苦労しました。設定からすべて自分でやったので、C++についての理解は深まったと思います。また自分で新しいものに挑戦したときのある程度の限界も知れたと思います。なので、C++については自身でもっと深めたいと思いました。

もし、インターンシップに興味を持ちましたらお気軽にお問い合わせください。

インターンシップ感想【日本大学】

竹内 晴輝

期間 8月17日〜8月28日 10日間参加

Q1.今回参加したきっかけ

ゲーム制作の仕事内容と実際の作業について知り、自分の進路を考えるために希望しました。

Q2.インターンを始める前の経験

軽いゲームは、大学に入ってから作っていたが、何日もかけて作るゲームは、初めてだった。

Q3.インターンシップ中の内容

午前中に記事と動画の作成をして、その後に午後から与えられたテーマについてのゲーム作成でした。

Q4.インターンシップを終えての感想

記事と動画の作成では、最終日までに10本提出することができた。しかし、1日目では、記事を書くのが遅く、動画撮影をすることができませんでした。でも、だんだん日を跨ぐたびに時間の使い方がわかってきた気がします。また、開発テーマであるゲーム制作では、unityを使いました。unityは、触って1カ月でした。しかし、この開発によって、どのようなことができるのか知ることができました。

もし、インターンシップに興味を持ちましたらお気軽にお問い合わせください。