インターンシップ感想【同志社大学】

期間:2021年2月10日〜3月11日(8日間)

Q1.今回参加したきっかけ
私がインターンシップに参加したきっかけは、
マイナビで1週間程度のインターンシップを探しているときに
志望業界かつ内容をみて、体験したいと思ったことです。

Q2.インターンを始める前の経験
開発などは学校で出された課題以外に作ったことのない程度の経験でした。
インターンシップは数社経験してきましたが、1週間程度のものは初めてです。

Q3.インターンシップ中の内容
今回のインターンシップではUnityを触り、ゲームの開発と
カメラに関する記事の作成とその動画を作成していました。

Q4.インターンシップを終えての感想
記事を書くということが8日間を通して要領良くなりました。
他にも朝、最初に文書を読んでからの要約や新聞記事の紹介を行っているときに
なぜ、他の方はそのように言ったのか、
杉橋さんの反応を見て、社会人の感覚を一部知ることができたと思います。
またUnityを始めて触りましたが、失敗の中からの経験を得られました。
今後も何かしらの開発を行うためのきっかけにしていきたいです。

インターンシップ感想【慶應義塾大学】

期間:2021年2月22日〜3月11日(9日間)

Q1今回参加したきっかけ
説明会に参加した際、インターンのことを知って参加しようと思いました。

Q2.インターンを始める前の経験
インターンを始める前は、体育会の部に所属している文系だったのでプログラミングを少し独学で勉強している程度の知識しかありませんでした。

Q3.インターンシップ中の内容
JavaScriptとHTML,CSSを使ったタイピングゲームを作成しました。
また、記事動画ではおすすめの本を紹介しました。

Q4.インターンシップを終えての感想
スケジュールを組みながらやることの難しさを痛感しました。
良い経験になりました。

インターンシップ感想【日本大学】

期間:2021年3月1日〜3月10日(5日間)

Q1.今回参加したきっかけ
 実際にプログラミングで開発を行ってみたかった。
 友人が以前貴社のインターンに参加し、紹介してもらった。
Q2.インターンを始める前の経験
 学校の授業でプログラミングを習う程度であった。
 学業以外の活動をメインで行っていた。
Q3.インターンシップ中の内容
 ヒッチハイクの記事と動画の作成
 就活生向けの業界分析のホームページを作成
Q4.インターンシップを終えての感想
 学校でのプログラミングとは異なり難しさを感じ、勉強不足であることを実感した。
 しかし、工夫し調べながら制作する楽しさを感じた。

インターンシップ感想【帝塚山大学】

期間:2021年2月17日〜3月5日(7日間)

1.今回参加したきっかけ
就職活動の準備期間に企業研究や自己分析を進めていく中で、自分のやりたい事と、自分に向いている職種が全く違うと知り、そんな自分がやりたい事を追っていく事が可能かどうかを知る機会にしたいと思ったからです。

2.インターンを始める前の経験
大学生の期間は県のボランティアや大学の学生会で使う資料をワードやパワーポイントで作成してきた程度で、プログラミング言語の経験も知識も一切ありませんでした。しかし、私が取り組んできた活動でしか得られないような、TVCMの出演やラジオ出演などの経験は、かけがえのないものだと自負しています。

3.インターンシップ中の内容
初日にはオリエンテーションを実施し、正しい挨拶の仕方などを教わった。その後は自分の好きなように記事や動画を作成し、毎朝の運動と、他の人のその日気になったニュースを聞くなどした。また、社会人には必須のプレゼン能力の基礎訓練(PREP法の訓練)も毎朝行った。メインとなる開発作業は、人生で初めてという事もあり、小学生向けプログラミングツールのスクラッチで行った。終業時には日報の提出と「お疲れ様でした!」とあいさつを必ずした。営業時間外の開発作業は認められていなかったため、他の人よりも遅れている自覚はあったので、YouTubeにアップされているスクラッチの編集動画等を視聴した。

4.インターンシップを終えての感想
まず初めての開発作業が本当に大変だった。そもそもPCの扱いもそこまで長けていないこともあり、トラブルに何度も見舞われたが、やっていて楽しかった。強いて言うなら、他の人と一緒に開発したり、グループワークや意見交換などがなく、総じてインターンシップ生間の横の交流が少なかったのが残念だった。毎朝、他の人のその日気になったニュースを聞くのはとても新鮮で、昼休憩の時間に他のインターン生の紹介したニュースを見ては、自分の見識の狭さを再確認させられる毎日でした。そのニュースの記事について直接連絡を取って仲良くなってみたい、などとも思ったのですが、あと一歩踏み出す勇気が足りず、実行することは叶いませんでした。毎朝の体操や、PREP法の練習、本当に仕事をしているのと同じようなタイムスケジュールなど、ここまで社会人を実体験できるインターンシップに参加して、本当に良かったと思います。一番大事な作品の制作が思ったものにできず、本当に悔しいですが、これをバネに努力し、この業界に何としても入り、成果物を作り上げたいという原動力になりました。様々な経験を積めた素晴らしいインターンシップでした。

インターンシップ感想【拓殖大学】

期間:2021年3月1日〜3月4日(4日間)

Q1.今回参加したきっかけ
リクナビにてこの企業の説明会を見つけ、参加したのが主なきっかけです。ゲーム制作がインターンシップの内容だったのでさらにいいなと思って参加しました。

Q2.インターンを始める前の経験
大学のサークルや卒業研究などでC++やPythonを使いゲームを開発していた経験があります。

Q3.インターシップ中の内容
記事制作、動画撮影は自分が語れるテーマについて作成したので、内容を考えるのがとても楽しかったです。ゲーム制作では、C++を使い就活の面接をテーマにしたゲームを作成ました。シンプルかつ面白いゲームを作りたかったので、制作期間3日間はちょうどよかったかもしれません。ゲーム自体も面白く仕上げることができたと思います。

Q4.インターンシップを終えての感想
短く限られた時間の中でゲームを制作するという経験を初めてしたので、初日などはペースがつかめずにいました。しかし、ペースをつかんでから完成までの期間が短かったので、締め切りまでに間に合いました。個人的にも面白いゲームができたと思います。
インターン全体を通して、とても貴重で楽しい経験をさせていただけたと思います。

インターンシップ感想【東京工科大学】

期間:2月10日〜2月23日(8日間)

Q1.今回参加したきっかけ
何かインターンを探していたところゲームに最近興味を持ったゲーム未経験でも可能だと言うことで参加しました

Q2.インターンを始める前の経験
プログラミングなどの経験は0でした

Q3.インターンシップ中の内容
午前中は自分のはまっていることなどについての記事と動画の作成で午後はプログラミングをしていました

Q4.インターンシップを終えての感想
初めてプログラミングをして最初は挙動を想像しても違う動作をしていたりして大変だった
また記事などで文章をまとめたりする能力やもう少し落ち着いて話すことを心がけていかなければならないなと思いました。
また途中で風邪をひいてしまったため体調管理をしっかり使用と思いました
インターンを経験してみて自分の足りない物にまた一つ気がつけて気が引き締まったのでこれからも頑張りたいと思いました

インターンシップ感想【小樽商科大学】

期間:2月12日〜2月25日(9日間)

Q1.今回参加したきっかけ

A1.自身でネット上で何かを作成することに携わってみたかったから

Q2.インターンを始める前の経験

A2.インターン前にプログラミング関係の経験はないです

Q3.インターンシップ中の内容

A3.自身の好きなゲームの人狼ジャッジメントについての解説の記事、動画作成
及びソーシャルディスタンスをテーマとしたゲーム開発

Q4.インターンシップを終えての感想

A4.自分にゼロから何かを想像するアイディアが欠けていたため
ありふれた対象を避けるゲームを作成し、複雑性のないものとなりました。なので
自主的にプログラミングを学ぶときにはテーマの中でも更に練った案を浮かべられる
ようになりたいです。

インターンシップ感想【兵庫県立大学】

期間:2月16日〜2月19日(3日間)

Q1.今回参加したきっかけ
ゲーム開発に関わる会社を主に,マイナビ2022で会社やそのセミナー,インターンを調べている時に
このインターンを知り,自宅からでも参加でき日程についても自身の都合に合わせやすく,参加しやす
いインターンだと思い,申し込んだ
Q2.インターンを始める前の経験
 プログラミングについては大学でC言語を勉強,Pythonについても少しだけ触れたがこれらを用いて
開発はしたことが無かった.ゲーム製作についてはプログラミングを用いないRPGエディタソフトで3度
ほど友人と作品を作った.
Q3.インターンシップ中の内容
 scratchを用いて新型コロナウイルスをテーマにゲームを作った.scratchは初めてだったが,視覚的に
分かりやすく使い方をある程度学ぶとすぐに開発に取り掛かることができた.毎回動画と記事も作成,自
分の知っていることを自分なりにまとめたものになった.
Q4.インターンシップを終えての感想
 限られた時間の中でテーマに沿った内容を自分で考えての製作や自分の知っていることを記事,動画に
することを通して,自分は何をどれだけできる,知っている,考えているのかと自分自身を見つめなおす
ことができた.製作物に対して感想や意見,アドバイスを頂くことができ,それを踏まえて修正や追加
など作品に反映しようと考えりしたことも良い経験をさせて頂けたと思う.

もし、インターンシップに興味を持ちましたらお気軽にお問い合わせください。

インターンシップ感想【龍谷大学】

期間:2月8日~2月10日(3日間)

Q1.今回参加したきっかけ
前からインターンに一件は参加しようと思っていたので
友達に誘われたから一緒に参加してみました。

Q2.インターンを始める前の経験
学校の演習での範囲のunity,c,java

Q3.インターンシップ中の内容
記事作成、ゲーム制作

Q4.インターンシップを終えての感想
時間的に完成させることはできませんでしたが
今後これをベースに少し完成に近づけていこうと思います。
朝礼などのプログラムは特に社会のいい勉強になりました。

もし、インターンシップに興味を持ちましたらお気軽にお問い合わせください。

インターンシップ感想【大原情報デザインアート専門学校金沢校】

期間:1月27日〜2月10日(5日間)

Q1今回参加したきっかけ

マイナビでこの企業の説明会を見つけ参加してみた所、非常に興味深く参考になる説明会だったため、企業に応募したいと思い参加しました。

Q2インターンを始める前の経験

unityを学校で使って授業していたので、少し慣れていました。今回の開発を経て色々と調べながら開発に取り組んだので、さらに使い方が分かりました。

Q3インターンシップ中の内容

初めてのインターンの経験だったので、驚きの連続でした。朝の掃除や運動はとても驚き最初の頃は戸惑ってしまいました。しかし、慣れてくると楽しく感じたり、しっかりとした準備をしたうえでインターンに臨めたのでとても効果的な内容だなと思いました

Q4インターンシップを終えての感想

正直な所、もっとやりたいです。ゲーム開発はもちろん、他の参加者たちとの交流は楽しくどんなことに興味を持っているのかが知れたので良かったです。

もし、インターンシップに興味を持ちましたらお気軽にお問い合わせください。