成長する姉弟の13年間【おおかみこどもの雨と雪】

こんにちは。インターン生の河原です。
10回にわたって個人的にオススメな映画を紹介していきます。

4回目の今回は、「おおかみこどもの雨と雪」を紹介します。
2012年公開のアニメーション映画です。
アニメーション映画の、「時をかける少女」や「バケモノの子」を手がけた細田守監督作品です。
さらに、3回目で紹介した「サマーウォーズ」も細田守監督です。
スタジオ地図の制作です。

ストーリーは、おおかみおとこと人間の間にできたおおかみこどもの姉、「雪」と弟、「雨」のお話です。
13年間の姉弟の成長過程を描いています。
姉弟は、はしゃいだり興奮したりすると、おおかみの姿になってしまいます。
都会にいると、そんな姿になることは許されません。
そこで母である花は田舎に引っ越して1人で子育てする事にします。
おおかみにも人間にもなれる姉弟はどのように成長するのでしょうか。

この映画の魅力は、おおかみとして生きていくのかあるいは人間として生きていくのかの子ども達の葛藤にあります。
誰しも、悩み考え選択し、成長します。
変わった状況で育った姉と弟の成長に注目です!

私が好きなシーンは、弟と母である花が自然博物館のような場所に行くところです。
そこで、弟である雨はそこで老おおかみと出会います。
私は、雨の人生の選択がそこでなされたような気がして、その重要なシーンが好きになりました。
不思議で少し不安になるシーンですが、とても印象に残っています。
まだ見たことのない方は、是非このシーンに注目して見てみてください!

ホームページもあるので、是非見てみてください!
http://www.ookamikodomo.jp/index.html

今回は、「おおかみこどもの雨と雪」を紹介しました。
姉弟の成長を応援したくなる映画です。
次回はあるアニメ作品の劇場版映画を紹介します。
ここまで読んでくださりありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

夏の大戦争【サマーウォーズ】

こんにちは。インターン生の河原です。
10回にわたって個人的にオススメな映画を紹介していきます。

3回目の今回は、「サマーウォーズ」を紹介します。
2009年公開の夏のアニメーション映画です。
アニメーション映画の、「時をかける少女」や「バケモノの子」を手がけた細田守監督作品です。

この映画の魅力は、親戚という繋がりの強さで1つの目標に向かって世界を守るところにあります。
私の家族もそうですが、今の日本の家族は、親戚という繋がりを大切に出来ていないと思います。
その中で、この作品に出てくる親戚は、とても強い繋がりを持っています。
親戚1人の身に何かあれば、皆で解決しようという親切かつお節介な人々です。

私は親戚が近くに住んでいなくて、会う機会が2年に1度あるかないか位なため、
この映画を見て、そういう繋がりの強い親戚に憧れを持ちました。
自分の祖父、祖母を「おじいさん、おばあさん」でなく「じいちゃん、ばあちゃん」と呼んでみたかったなと思いました。
困ったときに助けてくれる家族以外の親戚がいたら良いなとも思いました。

映画のストーリーは、男子高校生の主人公健二が大家族のいる女子高校生の先輩の家へ招かれる?ところから始まります。
世界を巻き込む大問題が起きて、その大家族と主人公の健二で世界を守るといったストーリーです。
親戚のありがたさがわかるシーンがたくさん出てきます。

その中で私が好きなシーンは、大問題が起きて皆が混乱し狼狽しているときに、
「腹が減っては戦は出来ぬ」と女性陣がおにぎりを握って、皆で食べるところです。
困ったときに、皆で知恵を出し合って、良いほうへと向かっていこうとするところが好きです。

他にも良いシーンがやまほどあるので、確認してみてください。
ホームページもあるので、是非見てみてください!
http://s-wars.jp/

今回は、「サマーウォーズ」を紹介しました。
こんな親戚ほしいなと思える夏の映画です。
次回も細田守監督のアニメーション映画を紹介します。
ここまで読んでくださりありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

切ない感動物語【ムーム】

こんにちは。インターン生の河原です。
10回にわたって個人的にオススメな映画を紹介していきます。

2回目の今回は、1番オススメの短編映画の「ムーム」を紹介します。
2016年にトンコハウスというアニメーション会社が製作しました。
その会社に属するロバート・コンドウと堤大介、2人の共同監督作品の第2段です。
絵本「ムーム」(著者 川村元気、益子悠紀)を3DCGアニメーションにした作品です。

キャラクターは、3人しか出てきません。
オレンジの「ムーム」とピンクの「ルミン」と宇宙飛行士の「ケネディ」です。
YOUTUBE上の動画を見てもらうと、ムームに触れたくなると思います。
ムームの動きを見ただけで、ぷにぷにしてそうな感じが伝わってきます。

私は予告編を観てから、本編を観ました。
予告編では、とてもCGが綺麗でとにかくムームが可愛い印象を受けました。
その一方で、本編ではその可愛さだけでなく、ストーリーに注目させられました。

持ち主に捨てられたガラクタが流れてくる湖がありました。
それらのガラクタには思い出が詰まっています。
ムームはケネディの仕事を手伝い、ガラクタの中のぷにぷにとした思い出の塊を空へ返します。
ムームはいつもガラクタである赤い帽子を大切に被っています。
そこで、ベレエシューズというガラクタの思い出であるルミンが湖へやってきます。
ルミンと仲良くなったムーム。
ムームとルミンが空へ旅立つ日は来るのでしょうか。

キャラクターの1つ1つのアニメーションが感情を豊かに表しています。
観ていて楽しい反面、続編があったらいいのにと思わせる切ない作品です。
子どもが観たら、おもちゃや帽子など1つ1つのものを大切にしようと思えると思います。

今回紹介したのは、短編映画の「ムーム」でした。
1番オススメなので、予告編だけでも是非観て下さい!

次回もアニメーション作品を紹介したいと思います。
ここまで読んでくださりありがとうございました!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

孤独なブタくんと転校生のキツネくん【ダム・キーパー】

初めまして。インターン生の河原です。
趣味は映画鑑賞です。
ということで、10回にわたって、個人的にオススメの映画を紹介していきます。

1回目の今回は、短編映画の「ダム・キーパー」を紹介します。
2014年にアカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされた作品です。
トンコハウスというアニメーション会社が製作しました。
その会社に属するロバート・コンドウと堤大介、2人の共同監督作品です。

YOUTUBE上の動画を見てもらうと、光の使い方が美しく独特な作品であることがわかると思います。
個人的に、風車のねじを回すブタくんのタッタッタッとした快活な動きが好きです。
映像にも見とれてしまいますが、この映画をオススメする理由は、ストーリーにもあります。

ブタくんとキツネくんなど動物達が主人公のお話です。
大気汚染された世界から、街を守っているブタくんという名の孤独なヒーローが、転校生のキツネくんと友達になるまでのお話です。
ブタくんは、風車を毎日決まった時間に回して、汚染された空気を街から追い出しています。
しかし、孤独を心の中から追い出す方法を彼は知りません。
キツネくんと仲良くなることによってその方法を知っていくのです。

声は、ナレーションのみですが、それもまたこの作品に良い味を出しています。
伝えたいことがぎゅっとまとまっており、子どもから大人まで誰が見ても楽しめる作品です。

因みに、トンコハウスの名前の由来は、
ブタくんの「豚(トン)」と、キツネくんの「狐(コ)」を組み合わせてトンコという名前を作ったそうです。

今回紹介したのは、短編映画の「ダム・キーパー」でした。
以下のホームページも視覚的に観て楽しいので是非訪問してみてください!
http://thedamkeeper.com/

次回は可愛くもあり切なくもあるトンコハウスの別の作品を紹介したいと思います。
ここまで読んでくださりありがとうございました!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

是非見てほしい映画⑭ 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

こんにちは。
本日も皆様に私がおススメする映画を紹介していきたいと思います。

今回は1985年公開のアメリカ映画、公開当時全米に一大ブームを巻き起こし、いまだ多くの
ファンが存在するSF映画の名作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(BTTF)その第一作目を紹介します。

舞台は1985年のアメリカはカロライナ州のヒルバレー。 高校生であるマーティは親友であり科学者、
しかし近所からは変人とされる博士、ドクの元で手伝いなどをしていました。
そんなある日マーティはドクによる、とある発明品の実験に連れられ深夜の駐車場に駆り出されます。
そこで行われたのは時空を自在に行き来することのできる乗用車、所謂タイムマシンの実験だったのです。
実験に成功するものの突如トラブルに見舞われ、逃れるためにタイムマシン「デロリアン」に乗り込むマーティ。
アクセルをふかし走り抜けるとその先は30年前、1955年の世界でした。

過去に送られてしまったマーティは再びタイムマシンを動かすための手段を探しますがその最中、
未来を変えてしまうやもしれない事態に多く関わってしまいます。
自身の存在すら脅かされたマーティは若き日のドクと共に未来へ戻るため、多方面に亘り奮闘するのでした。

非常に有名で多くのファンを魅了するBTTFシリーズ、シリーズはpart3まで制作されていますが
続編を見るより前に絶対にpart1を見ておくことをお勧めします。
作品毎に話は完結しますがその何れもが独特な世界観を作り出し、最終的に一つの大きな物語として完結しています。
もう1は観たことがある方や続編しか見たことがない方、あるいは一度もBTTFシリーズを見たことがない方も
一度はシリーズを通して観てみることを強くお勧めします。

この記事を見て興味を持って頂けたら幸いです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

是非見てほしい映画⑬ 「アントマン」

こんにちは。今回もオススメの映画を紹介していきたいと思います。

今回はマーベル・コミックのヒーローシリーズより2015年公開作品の「アントマン」を紹介します。

舞台はマーベルヒーローシリーズおなじみの現代アメリカ。
主人公のスコットは窃盗罪による3年の服役を終えて出所、更生することを誓います。
しかしそんなスコットにかつての窃盗団仲間達が盗みの話を持ち掛けます。
それはある富豪が屋敷を留守にしているというものでした。
養育費の未払いを理由に元妻から最愛の娘と引き離されたスコットはその話に乗り、再び犯罪に手を染めてしまいます。

侵入した屋敷で厳重な金庫を破るスコット、しかしそこにあったのは珍妙な衣装のみでした。
何気無しにそれを着用するスコットでしたがその瞬間、彼の体はまるで小さなアリのように縮んでしまいます。
実はスコットが身に着けたコスチュームは、屋敷の主であり天才科学者であるピム博士の開発した特殊なスーツだったのです。
ピムはスコット泥棒としての腕を見込み、スーツを使用して戦うアントマンになることを命じます。
スコットはこのままの自分ではどの道娘に顔向けできないと話を承諾、世界の危機に立ち向かうのでした。

小さく縮んで戦うという一風変わったヒーローを描いたこの作品、パワフルな他のヒーローでは
なかなか見られないシーンが多くみられます。
スコットがアントマンとして小さくなるシーンは美麗なCGによって空間との相対的な大きさが
よく表現されており、映像に臨場感を生み出してくれます。

ヒーローが戦う理由というものはそれぞれ様々な理由がありますが、その中でも娘の為に戦う
お父さんのヒーローというのは分かりやすいながらも直接心に撃ち込まれるものを感じました。
普通のヒーロとはちょっと変わったスタイルが見たい!という方は是非一度観てみてはいかがでしょうか。

この記事を読んで興味を持って頂けたら幸いです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

是非観てほしい映画⑫ 「アイ・アム・レジェンド」

こんにちは。
本日も皆様にお勧めの映画を紹介していきたいと思います。

今回は2007年公開のアメリカSF映画「アイ・アム・レジェンド」を紹介します。

舞台は2009年のアメリカ、癌の特効薬が開発され多くの患者に投与されました。
その薬は全ての患者を完治させるもその後突然変異を起こし、蔓延します。
変異したウイルスは狂犬病と似た症状を引き起こし多くの人類は死亡、
生き残った者もその殆どが人を襲う怪物へと変化してしまうというものでした。

それから3年後の2012年、荒廃したニューヨークの街で愛犬と共にただの一人で生活しているのは元陸軍で科学者のネビル。
彼は野生化した動物や野菜などを収穫しながら生存者を求めるメッセージを3年間発信し続ける生活を送っていました。
既にニューヨークの街、そして世界は凄まじい拡散力を持つウイルスの
感染者達によって支配されていたのです。
たった一人愛犬と共に残されてしまったネビルは持ち前の体力と科学者としての技術を生かし
怪物たちと戦いながらその治療法を研究するのでした。

この作品は所謂ゾンビ物に分類される映画なのですが、それらの映画とは一味違った物を多く含んでいます。
たった一人、存在するのかもわからない生存者たちの可能性に望みを託しながら
必死に未来を生きようとするネビルの姿は心を打たれるものがあります。

余談ですがこの作品は原作となる小説が存在し、これ以前に2度映画化していますが、
その2作とも結末や設定が異なります。
第3作である本作は第2作に近い結末ですが、発売しているディスク版には特典として
原作や第1作に近い別エンディングが収録されているのです。
ただエンディング一つの違いですが、その違いだけで作品の印象だけでなく
この作品が持つメッセージも大きく変わると思います。
興味のある方は是非一度観てみてはいかがでしょうか。

この記事を読んで興味を持って頂けたら幸いです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

是非観てほしい映画⑪ 「A.I」

こんにちは。
本日もオススメの映画を紹介していきたいと思います。

今回はスティーヴン・スピルバーグ監督作品、近未来の世界で心を持って生まれたロボットの
哀歓を描いた2001年公開アメリカSF映画「A.I」を紹介します。

舞台は未来の地球、技術の進歩に伴い地球温暖化が進み土地が減少したため
人類の妊娠や出産には制限が設けられ、人間に代わる労働力として少ない資源で活動する
ロボット達が普及していました。
そんな中ロボットの製造会社は人間と同じ愛情を持つ、少年型ロボットのデイビットを開発、
社員であるヘンリーとその妻モニカの元へ試験として送り込みます。
息子が不治の病に掛かり目を覚まさず息子を失ったも同然であった夫妻はロボットである
デイビットを実の息子のように可愛がり、デイビットもその愛情に答えます。
しかしそんなある日、夫妻の息子であるマーティンが奇跡的に容態を回復、目を覚ますのでした。

実の息子たり得るようプログラムされ生まれたデイビットは自身を起動したモニカに愛されるため、ただひたすらに行動します。
それがただのプログラムなのか本物の愛情によるものなのか、人間とロボットは
どこから違うのか、など様々なことを考えさせられる作品でした。

作品の公開当時と比べても技術は急速度で成長し、当時では考えられないものも現代では実現しています。 
この映画のような世界はもうすぐそこまで近づいているのかもしれません。
普段当たり前のように使っている機械やデジタル製品に今一度向き合ってみてはいかがでしょう。
いくつもの感情が沸き立ってくるこの作品を是非一度観てみてください。

この記事を読んで興味を持って頂けたら幸いです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

是非観てほしい映画⑩ 「ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火」

こんにちは。本日も皆様にお勧めの映画を紹介していきたいと思います。

今回は第二次世界大戦のロシア戦線におけるドイツ、ロシア両軍の戦車による戦いを描いた
2012年公開のロシアアクション映画「ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火」を紹介します。
以前紹介したフューリーに続いて系統は違うもののこちらも戦車映画ですね。
こちらの作品も時代背景こそ史実通りなものの、作品内での出来事は基本的にフィクションとなっております。

ドイツ戦車部隊との交戦により撃破されたソ連戦車部隊、その内一輌の戦車には瀕死の重傷を負いながらも生き延びた生還者が乗っていました。
本作の主人公である彼は記憶を失っていたためナイジョノフと名付けられます。

一方その頃ソ連軍の間ではホワイトタイガーと呼ばれる、名の通り白く塗られたティーガー戦車の存在に苦戦を強いられていました。
ナイジョノフ含む3人の戦車兵達は特別製のT-34戦車と共にホワイトタイガー撃破の命令を受けるのでした。

ティーガー戦車、もといタイガー戦車は非常に有名なドイツ軍戦車であり、ファンからの人気も相当なものです。
本作ではそんなティーガー戦車をCGではなく実物で再現!とはいきませんでしたが、
ロシア製戦車の上からそっくりな外装を被せることで実物さながらの映像撮影を実現しています。

ナイジョノフ達を脅かす謎の存在ホワイトタイガー、圧倒的な力の差を前に苦戦を強いられる
彼らの戦いの結末を是非一度観てみてはいかがでしょうか。

この記事を読んで興味を持って頂けたら幸いです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

是非観てほしい映画⑨ 「AKIRA」

こんにちは。
本日も私がおススメする映画を紹介していきます。

今回は実写映画ではなく日本で制作されたアニメ映画、15万枚のセル画で描かれる総製作費10億円
1988年公開作品『AKIRA』を紹介します。アキラと読みます。
AKIRAは1982年から1990年にかけて大友克洋氏によって連載されたSF漫画作品で、今作はそのアニメ映画です。
尚、漫画版と映画版ではストーリーが多少違います。
非常に有名な作品ですので、本編を観ていなくても名前を聞いたり
他メディアで見たことがある方は多いのではないでしょうか。

舞台は第三次世界大戦によって荒廃したかつての東京、ネオ東京。 崩壊し廃墟になっていた東京は
復興が進められ、2019年にはある程度の形を取り戻していました。
主人公である職業訓練性の金田正太郎が、自ら率いる暴走族と共にバイクを疾走らせている最中
同じく職業訓練性である暴走族メンバーの島鉄雄は、突如現れた奇妙な子供に接触し事故を起こしてしまいます。
重傷を負う鉄雄ですがその際彼は超能力に目覚め、軍に攫われます。 
鉄雄が接触した子供は軍の機関が研究する超能力者の一人なのでした。
超能力によって力だけではなくその心まで変化しようとする鉄雄を救うべく、金田は軍の施設へと向かいます。

この作品を観ていると公開されたのが1980年代だと信じられなくなってきます。
その世界観やデザイン、映像技術などは現代のクリエイターに多大な影響を与えており、
今見ても全くの風化を感じず、不思議な感覚がこみあげてくるのを感じます。
時代設定である2019年も当時からすれば30年も未来の話ですが今やもう3年先の話、
作品内での未来描写が現代で現実のものになっているなど驚くことばかりです。

圧巻の映像技術と合わせてその世界観には強く人を引き付ける力があります。
見たことがないという方は是非一度、観てみてはいかがでしょうか。
漫画版と合わせてみても一味違った世界を楽しめますよ。

この記事を読んで興味を持って頂けたら幸いです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。