弾幕をかいくぐれ!Enter the Gungeon

こんにちは。インターン生の冨永です。

Steamについての紹介記事、今回は第7弾です。今回は「Enter the Gungeon」というゲームについて紹介していきたいと思います。

「Enter the Gungeon」とは、Dodge Rollという開発スタジオによって開発され、Devolver Digitalという会社から2016年に発売されたゲームで、翌年2017年にはSteam以外のPS4、Xbox One、Windows10版も含めた販売数が100万本を突破しました。またこのゲームは日本語にも最初から対応しており、設定画面から言語を変えればすぐに日本語でプレイすることができます。

このゲームは前回までご紹介していた「The binding of isaac」と似ていて、毎プレイごとに内容が大きく変わるダンジョンをアイテムを駆使して敵と戦いながら奥深くまで潜っていくものになっています。しかし、ゲームのバランスを左右するプレイヤーの運と実力のバランスは大きく異なっており、isaacは運のほうが重視されるのに対して、こちらは実力のほうが重視されるようになっています。

またこのゲームはその名前にも入っている通りに「Gun」、つまり「銃」が一つの大きなテーマとなっており、操作キャラクターたちの主な武器も銃、攻略するダンジョンの名前も「”ガン”ジョン」、はたまたその「ガンジョン」で出会う敵でさえも弾丸など何かしら銃に関連したデザインになっています。

戦闘はいわゆる弾幕シューティング要素とアクション要素がとても強いものになっており、敵が放ってくる弾幕を当たらない位置に移動したり回避アクションのドッジロールを用いたりして避ける、柱などのオブジェクトやガンジョンに多く存在する机を立てたりと障害物に当てて消す、弾幕シューティングゲームでいう「ボム」に相当するブランクを消費してすべての弾を消す、などの方法を用いて回避し、また逆に自分の銃弾を当てて敵を倒すというものになっています。

isaacもそうですが、慣れなかったり実力が伴わないうちは何度も倒されてしまいますが、慣れて実力がついたりしてくると一気に面白くなること間違いなしです。こういったランダムに生成されるダンジョンに何度も潜っていくゲームを大雑把に「ローグライク」と呼びます。このGungeonやisaacはその一歩目としてふさわしいのではないかと私は思います。

次回はジャンルも大きく変わったゲームをご紹介します。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

快適なコロニーを建設「RimWorld」

第7回の今回は「RimWorld」というゲームを紹介していきます。
このゲームはある惑星上で生活を送れるコロニーを建設、運営するゲームです。
このゲームは開発中なので記事の内容と仕様が変更されている場合があります。ご了承ください。

販売元リンク
<https://store.steampowered.com/app/294100/RimWorld/>

上の図のような惑星の一地点にコロニーを建設します。コロニーをどんな形に建設するのかはすべて自分で決めることが出来ます。
自分の考えた最高のコロニーを建設してあげましょう!

住人たちの行動方針を設定することで建設をさせたり、狩りに行かせたりなど役割分けを行いコロニーがうまく運営できるようにします。
このゲームはただコロニーを建設していればいいわけではありません。建設や運営を妨げる様々なイベントがあります。
例えば雷によって火災が発生したり、野生動物が襲い掛かってきたり、他のコロニーが攻めて来たりと結構忙しいです。
逆に住民の気分をあげたり、住民が増えたりするような良いイベントもあります。
このイベントの発生頻度や内容の傾向は難易度によって変えられるので好みの難易度で遊ぶのがいいと思います。

さて、話を住民について移したいと思います。
住民には体力と気分というゲージ(?)があります。
体力はなくなってしまうと死んでしまいます。そして気分はコロニーの状態や普段の行動などで上下して、下がった状態が続いてしまうと操作不可能となり、暴れたり、何もしなかったりと様々な行動を起こしてしまいます。
最低でもこの2つは気にしてあげないと気が付いたら手遅れなんで状況になりかねません。
そしてこのゲージ以外にも各作業についての熟達度や病気、他の住人との仲良し度合いなど様々なステータスがあります。
これらの情報も見てどんな作業をさせるかを決めるとよりゲームがやりやすくなると思います。

このゲームにはMODも多く存在しているので普通のプレイに飽きてきたなと思ったら導入してみるのもいいと思います。
一味も二味も違ったゲームになる可能性がありますよ?
私も導入しているMODがあるのでいくつか紹介したいと思います。

まずは「MadSkills」というMODです。このMODは各作業に対する熟達度の時間による減少を止めることが出来るMODです。
通常プレイだとやらないと段々と下がってしまう熟達度を維持できるのでとても便利です。
次に「EdB Prepare Carefully」というMODです。このMODは通常最初の住人に対して熟達度や容姿などの変更が出来ませんがその変更を行うことができるようになるMODです。
最初からいる住人を自分好みにすることでよりコロニー制作もはかどります。
最後に「Stack XXL」というMODです。これは資材のスタック出来る数を変更してより多くスタックできるようにするMODです。
これによって倉庫に使う面積を減らすことでコロニー建築のスペース削減が出来ます。

紹介するMODは以上にしますがこの他にも面白いMODが沢山あるのでプレイしてみる際は導入してみるといつもとは違ったプレイが出来ると思います。
時間が経つのを忘れるくらい熱中できるゲームだと思うので興味を持ったらぜひ買ってプレイしてみてください。

参考画像元リンク
<https://store.steampowered.com/app/294100/RimWorld/>

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

連続児童殺害事件を調査せよ!「僕たちの夏休み」part3

なんともいえない最後だった

はいどうもー!インターン生の松永です!前々回から始めてきました「僕たちの夏休み」実況、無事にエンドを迎えましたー!!!パチパチパチ!
と、ホントは喜びたいところなのですが、個人的には微妙にモヤモヤしております…。
原因はエンドの内容なのですが…。

とりあえず、ストーリー解説、始めていきたいと思います。
今回の舞台はとある町にある古い廃屋です。昔、この町では連続児童殺害事件が起きておりました。主人公は雑誌の記者で、その事件を記事にするべく調査を始めるというお話です。
この事件には、いくつか謎がありました。
まず、被害にあったのが皆7歳の男子であったこと。被害者の近くにはかならず、「お前じゃない…」というメッセージが残されていたことです。
主人公は、この事件が、同じ町で起こった「順君」という男の子の失踪事件と関わっているのではないかと思い、調査を始めることにしたのです。
さて、気になる真相についてなのですが…。なんというか…。うん…。かくれんぼというものの怖さを思い知らされましたね…。
実はこの主人公、失踪した「順君」とお友達でして。(本人忘れていましたが)
順君は友達が少ない子で、主人公が唯一のお友達だったんですよね…。
しかし、ある日、主人公は違う場所に引っ越さなきゃいけなくなったんですけど、それを言ったら順君を悲しませてしまうと思った主人公は、彼と一緒に遊んでる最中にそっといなくなるという手段をとってしまったんですね…。その時順君が隠れてしまった場所というのが、外からは開けられるが、中からは開けられないという構造の箱の中でして…。
後は、解りますよね…?
とまぁ、何とも悲しいというか、不運が重なったというか…。いやまぁ、主人公がしっかりと言っていればこうはならなかったんでしょうけど、悪気は無かったし、まさか、そんなところに隠れてしまうなんて、主人公も思わなかったんでしょう…。
連続児童殺害事件は、この哀れな順君が主人公を探して起こしたものだったんです。当時の主人公は七歳だった。だから、被害者もみんな七歳だったんです。
そして、このゲーム、最後は主人公の息子が順君に連れて行かれて終わってしまうんです。息子は七歳で、しかも、当時の主人公に瓜二つだったのです…。
きっともう、連続児童殺害事件が起こることはないでしょう。だって、順君はもう、見つけたのですから…。

とまぁ、なんとも後味の悪い最後でして。おかげでモヤモヤがすごいですよ、もう。

今回は、攻略見ないと厳しい戦いでしたね…。とても難しかったです。私には。なのにエンドはモヤモヤするという。
皆さんも、かくれんぼをするときは注意してくださいね。くれぐれも、友達を置いて帰ってしまうなどということはしないように。じゃないと、大変なことになるかもしれませんよ…。
それでは、また機会があったら実況でお会いしましょう。さようなら!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

自由な生活を楽しむ「Minecraft」

こんにちは、インターン生の菊田です。

今回もPCゲームの紹介をしていきます。第3回目に紹介するゲームは「Minecraft」です。
引用始め
『Minecraft』(マインクラフト)は、Notch(マルクス・ペルソン)と彼が設立した会社・Mojang ABの社員が開発したサンドボックスゲームである。サバイバル生活を楽しんだり、自由にブロックを配置し建築等を楽しむことができるコンピュータゲームである。日本では一般的に「マイクラ」と略される。
引用終わり
引用元URL
<https://ja.wikipedia.org/wiki/Minecraft>
公式サイト
<https://minecraft.net/ja-jp/>
日本ではYoutubeなど動画サイトを中心に大きな話題となったMinecraft。しかし「名前だけは知っている」「動画の視聴だけしている」などまだプレイしていないという方も多いのではないでしょうか。今回はそんなMinecraftの遊び方のほんの一部を紹介し興味をもっていただければと思っております。

まずこのゲームには大きく分けて2つのモードがあります。体力と空腹の概念が存在し、気を付けてプレイしないとすぐにゲームオーバーになってしまう「サバイバルモード」。体力の概念がなく自由に空を飛び、欲しいアイテムをすぐに取り出し思いのままに建築などを楽しむ「クリエイティブモード」。今回はサバイバルモードでプレイしてみましょう。

皆さんご存知の通りキューブで地形が構成される世界。そんな世界のランダムな地点から冒険が始まります。この時点で冒険をするための正解のルートは存在せず、プレイヤーはすでに自由に行動できます。
とはいえ食糧を確保しなければ飢えで死んでしまうでしょう。まずはパンを作ります。雑草を破壊すれば種が入手でき、水場の土に植えれば小麦が得られます。小麦からはパンが作れ、さらに追加の種を入手できます。これで食料が生産体制が整いました。もう飢えに苦しむことはないでしょう。
ここまで来たところでそろそろ日が暮れてきましたね?Minecraftでは暗い場所にプレイヤーを襲うモンスターが出現します。モンスターから身を守るために家が欲しくなります。
どんな家を作るのか?それはプレイヤーの自由です。かっこいい家、おしゃれな家、または巨大なお城のようなものや自分一人入れるだけの箱でも立派な拠点になります。最後にたいまつで室内を明るくすればもうモンスターに怯える必要はないでしょう。

ここまで1日の流れを紹介しましたが、これでサバイバルで生きていくために最低限の要素はクリアしました。たったこれだけです。
明日からはさらに自由な世界が待っています。新しい家をつくる、自分の農園を開く、金属を発掘して生活を便利にしていくなど。
既にプレイされてる方も、まだプレイしたことがないという方もぜひこの機会に人目を気にしない自分だけの世界を楽しんでみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

PSO2の種族について

皆さん、こんにちは。インターンの中村です。

今回はですね、前回説明不足だった惑星間航行船団「オラクル」に属する4つの種族について語りたいと思います。

1つ目はヒューマン。基礎能力値は全体的にバランスがいいとされています。いわゆる普通の人間タイプです。

https://www.google.com/imgres?imgurl=https%3A%2F%2Fwikiwiki.jp%2Fpso2puki%2F%3Fplugin%3Dref%26page%3D%25E3%2583%2592%25E3%2583%25A5%25E3%2583%25BC%25E3%2583%259E%25E3%2583%25B3%26src%3Dhu.png%26rev%3D47acb4af9f33e2c3305e47b00f7c6982&imgrefurl=https%3A%2F%2Fwikiwiki.jp%2Fpso2puki%2F%25E3%2583%2592%25E3%2583%25A5%25E3%2583%25BC%25E3%2583%259E%25E3%2583%25B3&docid=BJArXCD0s5i9oM&tbnid=_W6S4wc3KelAUM%3A&vet=10ahUKEwiUlf7RiqvgAhWMebwKHWm6CS0QMwg8KAIwAg..i&w=200&h=200&bih=576&biw=1366&q=pso2%20%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3&ved=0ahUKEwiUlf7RiqvgAhWMebwKHWm6CS0QMwg8KAIwAg&iact=mrc&uact=8

2つ目はニューマン。耳が長いのが特徴です。ヒューマンでも耳を長くすることは出来ますがものすごく違和感があり、あまりオススメはしません。ニューマンはエルフに近いですかね。エルフは魔法のイメージが強いのですしね、だからでしょうか。ニューマンは法撃が高いです。

https://www.google.com/imgres?imgurl=http%3A%2F%2Fpso2.jp%2Fplayers%2Fhangame%2Fabout%2Fworld%2Frace%2Fimg%2Fnav_race02.png&imgrefurl=http%3A%2F%2Fpso2.jp%2Fplayers%2Fhangame%2Fabout%2Fworld%2Frace%2F&docid=Ers103ULFPtHmM&tbnid=E3RfrNgtk2oGnM%3A&vet=10ahUKEwjsv4XgiqvgAhWCbrwKHfOHARwQMwhjKBkwGQ..i&w=340&h=150&bih=576&biw=1366&q=pso2%20%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3&ved=0ahUKEwjsv4XgiqvgAhWCbrwKHfOHARwQMwhjKBkwGQ&iact=mrc&uact=8

続いてキャスト。これは簡単に言うとロボです。っていうと、キャストの人たちに怒られそうなので、訂正…。某ロボアニメみたいなものを作りたい方はオススメです!

「え?変形は男のロマンだって?」

まぁわかりますけど…。実際ゲーム内で使えるロビーアクションで変形できるようにした方はいますし。女性キャストの方もいます。前はものすごくアンドロイドっぽい見た目でしたが..今は、ヒューマンのボディを使えるらしく..見た目はほぼわかりません。長年やっている僕でもわからない時があります。基礎能力値は男性だと打撃が、女性だと射撃が高いようです。男はこぶし!女は援護!ものすごくありきたりなシチュエーションというかなんというか…今は女でも最前線出る方いますけど…。

最後にデューマンです。オッドアイと角が特徴の種族です。憧れますよね~オッドアイ!もちろん両目とも同じ色であることは当たり前なのですが..でも憧れるオッドアイ!カラコン入れるのとは少し違うと僕自身思います。まぁ、コンタクトが嫌いなだけですけどね。オッドアイの定番といえば赤と青ですかね。赤と緑も良く聞きます。クリスマスカラーとか思ってる人がおおいかもしれませんね。某カードゲームのドラゴンの瞳は赤と緑でしたからそこから連想する人も多いのではないでしょうか。基礎能力値は、ヒューマンとHPはほぼ変わらず、その分打撃と射撃が高いようです。

https://www.google.com/imgres?imgurl=https%3A%2F%2Fiwiz-chie.c.yimg.jp%2Fim_siggT2amUnzgtheZ37_MvNcT0g—x320-y320-exp5m-n1%2Fd%2Fiwiz-chie%2Fque-14161643729&imgrefurl=https%3A%2F%2Fgames.yahoo.co.jp%2Fqa%2Fdetail%3Fqid%3D14161643729&docid=W0OVxbJG5LqZeM&tbnid=t2D5UQdUTswGqM%3A&vet=10ahUKEwjqvNv8iqvgAhUEwbwKHasJBR0QMwhEKAMwAw..i&w=311&h=215&bih=576&biw=1366&q=pso2%20%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3&ved=0ahUKEwjqvNv8iqvgAhUEwbwKHasJBR0QMwhEKAMwAw&iact=mrc&uact=8
とまぁ、こんな感じでダラダラと語りましたが、実際初期値は気にする必要ありません。多少の誤差なので、装備する武器や防具によって変化します。ヒューマンでもキャスト並みに火力は出せますし、ニューマンでもデューマン並みに射撃や打撃の火力を稼ぐことは簡単です。なので、選ぶ基準は自分が好きな種族でいいと僕自身思います。これ自体次回説明しますキャラクリに関しても深く関わってきます。種族によってキャラクリのしやすさや、似合うコス等も変わってくるので慎重に選ぶべきだと思います。キャラクリのしやすさからいえば一番のオススメはヒューマンです。だいぶ人間に近いのでキャラクリしやすいかと思います。逆に難しいのはキャストですかね。なんといってもロボなので某ロボアニメとか某車が変形するやつ等が好きな方向けですね。

次回はクラスとキャラクター解説前編です!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

工業mod初心者必見!序盤の進め方解説

 

前回は工業modの陥りやすい注意点についてお伝えしましたが、今回は工業modの序盤の進め方の一例を挙げたいと思います。
※あくまで一例です。

1.BildCraft(BC)… このmodでまず最初にやるべきことはこのmodのパイプになれるために木のエンジンやパイプ類を作って実際にどの様な挙動を取るのかを確認することです。その際レンチが必要になるのでこちらも併せて作っておきましょう。
 出来る限り早めに作りたいものは、露天掘り機を完成させることです。と言ってもコストは高いので自ずとブランチマイニングを強いられるかと思います。IC2導入環境でしたら、足場ブロックの使用をオススメします。
 こちらは梯子をブロックにしたようなアイテムです。ブランチマイニング場から地上までをつなぐのに重宝します一番下のブロックに対して右クリックをするとブロックが積みあがっていきます。余った足場ブロックは燃料として使えますし、一番下の足場ブロックを破壊するとすべて破壊されるので撤去もお手軽です。
ブランチマイニングで今回集めておきたいものはダイヤ11個、金16個、鉄28個は最低限用意しなければなりません。そこに+αエネルギー導管用に赤石、エンジン作成のためにもガラスや木材などが必要ですが、どれもバニラで手に入るアイテムの為集めるのはそこまで苦労しないかと思います。他のmodを多数導入されている場合は少々厳しいかと思いますが作れるものは実用性の非常に高いものなので頑張りましょう。露天掘り機の動力は石エンジンをオススメします。こちらは石炭や木炭などを燃料にエネルギーを生産してくれるので初心者に優しくなってます。
 木エンジンはこのバージョンですと機械への動力として使えなくなっています。

2.IndustrialCraft2ex(IC2) … このmodでまず初めに行うべきことはゴムの木を見つけえて苗木の確保をしておくことです。
今後かなりの頻度で使用しますので量産しておきましょう。また、工業modの宿命ブランチマイニングをして、追加される鉱石(ウラン以外)を2スタックほど用意しておきましょう。まず最初に作るべき装置は火力発電機です。こちらは木炭や石炭などを消費して、このmod独自の「EU」というエネルギーを生産できる装置で、追加される装置は基本的にこの「EU」がないと動きません。
作る装置の装置の勧めの順番は粉砕機、抽出機、電気炉、圧縮機の順番でつくるとスムーズだと思います。
それぞれの装置の補足説明をしていきたいとおもいます。
 粉砕機は鉱石を入れると粉末を2個作れ、これをかまどなどで精錬するとインゴットが得られます。要するに得られるインゴットが2倍になるわけです。
 抽出機はゴムの木から樹脂を3個手に入れることが出来る装置です。使用頻度が高い装置なので作って損はないはずです。
 電気炉は「EU」で稼働するかまどです。さらに、通常のかまどよりも精錬が早いというおまけつきです。序盤から終盤まで使われると思います。精錬時の経験値を内部にためておける機能が備わっているのでとても便利です。経験値トラップタワーいらずの生活も?
 圧縮機こちらは余った石炭をダイヤにするのが主な役割です。他にも便利な機能がありますが大体はダイヤ製造機として使われます。
これら一式の装置を揃えたら発電量を増やしていくという流れで進めていけば問題ないかと思います。

今回はこの辺で終わりたいと思います。少しでも工業modの良さが伝われば幸いです。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

艦隊これくしょん

こんにちは、インターン生の木村です。本日でこの記事も最終回となります。最終回にふさわしいと思う内容にしていきたいです。
最後に紹介するの物の内容としては「艦隊これくしょん」となります。

‐引用始め‐
『艦隊これくしょん -艦これ-』(かんたいこれくしょん かんこれ)は角川ゲームス(2015年頃まで)、「艦これ」運営鎮守府こと株式会社「C2プレパラート」が開発しDMM.comがブラウザゲームとして配信している育成シミュレーションゲームおよび、そのメディアミックス作品群。
2013年4月23日にブラウザ版のサービスを開始した。動作環境としてサービス開始以降長らくAdobe Flashが用いられていたが、2020年をもってAdobe Flashの開発及びサポートが終了するため、2018年8月15日にFlash版としての「艦隊これくしょん(1期)」が終了し、約2日間のメンテナンス・アップデートでHTML5版に移行され、同年8月17日から「艦隊これくしょん(2期)」がサービスを開始した。2016年6月10日からは、ブラウザ版とデータが同期するAndroid版を提供している。iOSではアプリでの配信を行わず、HTML5化を以って対応した。
公式略称は「艦これ」。2016年2月下旬現在、ブラウザ版における登録や課金サーバーなどのプラットフォーム系以外は全て「「艦これ」運営鎮守府」(運営、株式会社C2プレパラート)が担当している。
‐引用終わり‐
引用元URL<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%89%A6%E9%9A%8A%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8F%E3%81%97%E3%82%87%E3%82%93_-%E8%89%A6%E3%81%93%E3%82%8C->

このゲームの名前を耳に挟んだ、広告などで見かけた方も多いのではないでしょうか?
このゲームでプレイヤーは「提督」という立場になり、擬人化された軍艦(艦艇)通称「艦娘(かんむす)」と命名されているキャラクターを収集、指揮を行い最高6隻のキャラクターで編成された艦隊(例外や制限あり)で出撃し、敵である「深海棲艦(しんかいせいかん)」との戦闘を行い暁の水平線に勝利を刻む内容のゲームです。

「深海棲艦」は、軍艦や輸送艦などで構成される正体不明の怪物です。その多くは現実に存在しているどの生物からもかけ離れた外見ですが、戦艦や航空母艦など上位の艦種になるにつれて女性の形を取っていくようになります。期間限定イベントや一部の高難易度ステージに登場する深海棲艦には、一般的な艦種とは別に「鬼」「姫」「要塞」など特殊な名称が与えられ、セリフでは片言の言葉を発します。『艦これ』の世界観についての多くはほとんど明かされておらず、いわゆる「ストーリーモード」というものも存在していません。

各艦娘のグラフィックには、元になった艦の艤装など外見的特徴が存在していて、戦闘に用いられるパラメータにも史実上の海戦で起こった出来事などが簡易的に反映されるものとなっています。艦娘が備える主砲などの兵装も実在の兵装がある程度パラメータ化されています。このゲーム中で出撃する海域の名称は、実在の地名や史実の海戦を連想できる架空の地名・海戦名になっています。プレイヤーが着任するサーバの名称は、太平洋戦争期の大日本帝国海軍に実在した鎮守府などから取られているため、泊地などの名前も登場します。

着任時に5人の艦娘の中から1人選択し、ゲーム内の「建造」出撃した海域でのドロップで入手して戦力の増強を図る形となります。(チュートリアルは一応存在しますが、ほんの少し説明されただけで終わるため参考にはなりませんのでサイトを漁って情報収取を行いましょう。←)海域での敵との戦闘や「演習」で経験値を貯める、艦と艦を「強化合成」し、パラメータを強化する、装備を載せ替えて火力や航空戦力などを強化するといった手段で自分の艦隊を育成していきます。一定の練度(レベル)に達すると、「弾薬」「鋼材」を消費することによってさらなる強化が期待できる「改造」を行う事が出来ます。改造によってグラフィックが変更されたり、艦種が変わって運用方法が変化する子も存在しています。ただし、改造を行う子によっては特別なアイテムが必要になるので、レベルを上げれば直ぐに改造出来るわけではない点に要注意です。ちなみに、この改造レベルというものは艦娘によって異なるため、wikiなどを参照して育成を行いましょう。
一部の艦娘には「大型建造」という特別な建造でしか入手不可能な子も存在します。通常建造でも出てくる艦娘も混在しており、さらに通常建造とは比にならない莫大な資源を投入して行うため資源のやりくりにはくれぐれもご注意ください。(課金で建造を行う帝国プレイもありますが、これは金に物をいわせてするゲームではありませんので悪しからず<笑>)

艦娘の建造や修理、運用に必要となる物資として、「燃料」「弾薬」「鋼材」「ボーキサイト」の4種類のパラメータが存在します。時間経過により一定までは自動的に増加する他、出撃した海域で手に入ったり、「遠征」や課金でも確保が可能です。装備開発と建造にはこれら資源の他に、釘の形をした「開発資材」というものが必要になります。開発資材は資源のように時間経過で回復することはありません。工作艦(こうさくかん)「明石」を入手することで、「改修資材」を使用して装備自体を強化する「改修工廠」が使用可能になります。

プレイヤーには、日替わり(デイリー)、週替わり(ウィークリー)、月替り(マンスリー)といった「任務(クエスト)」が与えられ、クリア条件を満たすと燃料・弾薬などのほか、艦娘やアイテムなどのボーナス支給が行われます。

艦娘達はそれぞれ固有の耐久力(HP)が設定されており、小破以上でアイコンから黒煙が吹き出し、中破以上の状態になると服が破ける、艤装が壊れるなどグラフィックに変化が現れます。耐久力が0になると「轟沈」してしまい、最期の言葉を残して艦隊から消滅(ロスト)してしまいます。予め防ぐ手段はあるものの、轟沈してしまった艦娘を復活させる手段は存在せず、新しく同じ艦を育てるなどの代替手段しかありませんのでくれぐれも注意してください(現状判明しているのは、大破未満ならば轟沈はあり得ないということなので、大破したまま進撃をさせないように警戒しましょう)。また、轟沈してしまった艦娘が装備していた装備も一緒に消滅します。耐久力は自然回復せず、燃料と鋼材を消費して修理ドックに入渠(にゅうきょ)させることによって回復出来ます。艦娘の損傷具合に応じて修理時間が変動しますが、高速修復材というアイテムを試用することによって回復までの時間を一気に短縮できます。

おおよその概要に触れてみましたが、興味が湧いたでしょうか?とはいってもこのゲームは「盆栽ゲー」と提督たちから称されているように、日々の小さな積み重ねが大事なゲームであり、たとえ装備やレベルなどを整えてもイベントでのクリア率を少しでも上げる手段に過ぎず、最終的には運も絡んでくるゲームでもあります。辛抱強く、しっかりやり込める人でないと嫌気が差してしまうかもしれないので、プレイするならばその辺りも考慮しなければ楽しむことが出来ません。

キモい!怖い!難しい!でもそこがいい!The binding of isaac④

こんにちは。インターン生の冨永です。

Steamについての紹介記事、今回は第6弾です。前回に引き続き、「the binding of isaac」について紹介していきたいと思います。前回はゲームの大まかな流れについてご紹介いたしました。今回はアイテムについて書いていきます。

前回ご説明した通り、アイザックは深い地下ダンジョンを潜っていくのですが、ダンジョンは小さな部屋に分かれており多くの敵がいます。その敵と戦う主な武器として、アイザックは目から涙の弾を撃つことができます。この涙も最初はさほど強くはありません。しかし、道中に存在する様々なアイテムを入手することで威力の強化、撃つ間隔が短くなるなどのシンプルな強化から、撃った弾がたまに敵にくっつくようになりくっついた数秒後に爆発する、弾が発射されたら高い放物線を描き、何かに当たった瞬間に爆発した上で弾に当たったか爆発に巻き込まれたら毒状態にする、または少し溜めた後にビームを発射する、といった強化ができることがあります。

また涙の弾の強化だけではなく、体力の増加などのステータス強化、一緒に戦ってくれる仲間、残機の追加やダンジョンのマップの表示等様々な役割を担う常に効果が適用されるアイテムをパッシブアイテムと呼びます。

また、現在いる部屋に存在するアイテムをランダムな別のものに入れ替えたり、体力の回復、敵を追いかけて現在のアイザックのダメージの倍のダメージを敵に与えるハエを何匹か出現させる、等の効果があり、一度使うとアイテムごとに決められた数の部屋の敵を全て倒して充電しないと使えないアクティブアイテムも存在します。

アイザックの冒険を支えてくれる消費アイテムはペニー、爆弾、鍵、ハート、バッテリー、ピル、カードの7種類あります。ペニーは1セント(1/100ドル)のことで、ショップでアイテムを買ったり、ショップにある募金箱に入れてショップを拡張するのに使います。爆弾は敵を攻撃するだけでなく、ダンジョン内にある隠された部屋への扉を開いたり、道をふさぐ邪魔な岩を壊すのに使います。鍵は名前の通り鍵のかかった部屋や宝箱を開けるのに使います。バッテリーは前述のアクティブアイテムをすぐに使える状態にします。ピルはステータスの向上などのメリットがありますが、逆にステータスを下げる等のデメリットもあり、初回はどの効果か全く分からないランダム性を含んだ困ったアイテムです。カードは、特定のアイテムの効果を現在いる部屋でだけ再現したり、特定の部屋にワープしたりと便利な効果を持っており、いつ、どこでも使いやすいアイテムになっています。

このように、アイザックの冒険には多くのアイテムの助けが必要で、どれだけ多く消費、アクティブ、パッシブを問わずアイテムを集められるか、またはどれだけ効果的に使えるかが勝利の鍵の一つになっています。

4本に渡って書いていきましたが、「The binding of isaac」についての記事はここまでになります。興味を持っていただけましたでしょうか。気づけば私の担当分の半分近くをこのゲームで書いてしまいましたが、これでは足りないほどの要素がこのゲームにはありますし、それはこれからもどんどん広がっていくと思われます。最初の入り口は問いませんので、皆様にも楽しんでいただければと思います。

次回からは別のゲームについてご紹介していきます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

ゾンビがたくさん押し寄せる「Left 4 Dead 2」

第6回の今回おススメしていくゲームは「Left 4 Dead 2」通称L4D2です。

販売元リンク
<https://store.steampowered.com/app/550/Left_4_Dead_2/>

このゲームは4人チームでゾンビたちを倒し、かき分けて安全な場所へ脱出するのが目的です。
なんといってもこのゲーム、ゾンビたちの攻撃が苛烈なので4人で協力をしないと脱出が結構難しいです。

協力が必須となってくる原因として特殊なゾンビたちが挙げられます。それらの一部を紹介したいと思います。
まずは、「ブーマー」というゾンビです。このゾンビの攻撃を食らうと視界が悪くなり、周りのゾンビたちを引き寄せてしまいます。また、倒した際にも爆発して同様の効果を受けてしまいます。そのため遠くから倒すといいお思います。
次に「ジョッキー」というゾンビです。このゾンビはプレイヤーに飛び掛かりそのプレイヤーをゾンビたちのいる方向へと強制的に移動させてきます。操られている側にはどうしようもないので味方に倒してもらうしかありません。そのため結構厄介だと思います。
次に「スモーカー」です。このゾンビの特徴は動かず、その場から舌を伸ばしてプレイヤーを拘束し、自分のもとへと引きずることです。この攻撃はどこに引きずられるかによってとても危険な状態へと陥ることもあります。(ゾンビの集団の中や、高所へと引き上げられた等)この攻撃も食らった本人には対処が不可能なためほかの人に助けてもらう必要があります。何よりスモーカーは動かないので発見するのが他のゾンビに比べると難しいかもしれません。
最後に「タンク」です。個人的にもこのゾンビが一番厄介だと感じます。このゾンビは大きくそして速い何よりも体力、攻撃力共に高いため非常に危険な存在です。近距離は言わずもがな遠距離に関しても岩を投げてくることでカバーしてきます。遮蔽物すらも投げてくるので本当に厄介です。1人で交戦しているとどうしても押し切られてしまうので複数人で一気に倒すのをお勧めします。
その他にも特殊なゾンビたちはいますが気になる方は実際に見てみるといいと思います。

先ほど挙げた特殊ゾンビたちの攻撃などは強力で自力では脱出が出来ないものもありました。だからこそプレイヤー同士の協力が必要となってきます。
脱出するためのギミックも結構大変なものもあるため大変ですがたくさんの敵を薙ぎ払い、突き進んでいく感じは面白いと思います。
このゲームを私はSteamで購入しましたが、セールをやっていると300円(?)くらいで買えたので暇つぶしにといった感じに買って遊んでみてください!

参考画像元リンク
<https://store.steampowered.com/app/550/Left_4_Dead_2/>

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

連続児童殺害事件を調査せよ!「僕たちの夏休み」part2

詰 ん だ

はいどうもー!インターン生の松永です!前回から「僕たちの夏休み」実況、始めてまいりましたがー…。うん、早くも詰んだよね。
いかがいたしましょうねー、これねー…。進められる気がしないぞー…?
いやマジ暗号とけねぇ…。助けてドラえもん…。

いや、最初はね?サクサクいってたんですよサクサク。でも、めちゃくちゃ手強い暗号が出てきちゃったんですよ。
てか、ヒントなさすぎなんだが…。わっかんねぇよあれじゃ…。あれからどうやって数字を導き出せと…。
私がヒントに気づいてないだけなのだろうか…。調べるとこ全部調べたんだが…。これは早くも攻略ページ行き…?マジで…?えー…。
そもそも攻略ページあるだろうか…?あるよな…?
…とまぁ、全力で困っているわけなのですが…。最悪、攻略探して進めたいと思います…。あんまりやりたくないけど…。

とりあえず、そんな感じなので、物語、まったく進んでないです。次回は進められたらいいなと思っています…。
いやぁ…中々に難しいゲームだなぁ…。

果たして、連続児童殺害事件の謎は解けるのか!そして、主人公は無事この廃屋から脱出することができるのか!乞うご期待!!(無理やり)

ところで、皆さんは脱出ゲームをやる上で、こだわっていることってあります?
私は、「なるべく攻略は見ずに進めていくこと。」
だって、攻略見てやっちゃうと、クリアできても少し物足りない感が出ちゃうというか…。仕掛けが解けなくてヒィヒィ言う(正に今の私の状況ですね!)のも、脱出ゲームの醍醐味というか…。苦労するからこそ、いざ仕掛けが解けたときや、無事に脱出してエンディングを迎えられたときに、達成感が得られると思うのですよ。
それに、攻略ページって、程度は違えど、どうしても物語のネタバレが含まれちゃうことも多いと思うので…。
まぁ、それでも、やっぱり解けないものは解けないってこともありますし、エンディングが複数あるタイプのゲームだと、全エンド見たいなと思うんで、エンド分岐の条件なんかは見ちゃったりするんですけどね。
そりゃ、見ないでエンド回収できたらいいですけど、中々難しいので…。
それでも、出来うる限り、攻略ページには頼らずに進めていきたいですね!
それでは、また次回の実況でお会いしましょう!さよなら!

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。