一発爽快!

ゲームをすると感情が豊かになりますよ。インターン生の大隈と申します。

前回は女性向けのゲームでしたね、ですので今回は女性にも男性に受け入れられるようなゲームを紹介したいと思います。

今回4回目となるスマホアクションゲームは・・・・・

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

[Slashy Hero]です!

概要です。2015年9月14日配信開始されました。海外のゲームで Kongregateという所が運営を行っています。
ストーリーですが、ハロウィンで配るキャンディをお化けの館に奪われてしまった、そのキャンディを取り返すために立ち上がったヒーローが主人公で、お化けの館に挑む!というものです。
お化けと言っても子供が見ても怖くないような可愛らしい見た目のお化けばかりが登場します。
ゲーム画面は地面が一枚一枚タイルのようなもので敷き詰められていて、その中を主人公が探索し、敵となるお化けを全て倒したら次の階に移動していく。ダンジョンのようになっています。

unnamed

敵は勿論、回復アイテムやコスチュームアイテムもダンジョン中に散りばめられているので探索好きな男の子も、着せ替え好きな女の子も満足できるでしょう。

さて操作の説明になりますが、操作方法はタップとスワイプだけ。
行きたい方向にタップすれば主人公がその方向に移動し、スワイプをすれば攻撃になります。

そして、今回のイチオシポイント!

このゲームには攻撃方法に斬新さがあります。
ゲーム画面を初め見た時私はタップして攻撃するよくあるゲーム。だと思っていました。
・・・・甘かったです。

まず主人公を起点として画面上を好きなように軌道を描きながらスワイプしてみます。
するとその軌道通りに剣を構えた主人公が高速で移動し攻撃をするのです。
これがよくあるアニメのような動きになっていて楽しさが膨れ上がります!
スワイプする長さは青いゲージを消費して攻撃を行います。ですので限界が決まっています。
が、攻撃をした後に硬直時間などなく青いゲージもすぐに回復するので、高速連続切り!みたいな事もできちゃったりします。
このスワイプ攻撃は中々便利で、タップして移動する方法より断然に早いのでスワイプ攻撃で高速移動、さらに敵の遠距離攻撃を避けることもできます。

1435904337283805

ではゲームを始めてみましょう。
ダンジョンに入って軽く操作説明がされると後はプレイヤーの自由。
敵をバッタバッタを倒してどんどん深く階層を渡れます。次第に地面にトゲの生えたタイルが出現したりし操作に慎重さを要求されます。
また進んだ階層では、HPが高すぎて倒しきれない敵が登場します。こういった時に敵をトゲの生えたタイルまで誘導し倒すこともできます。
敵を倒すとキャンディが出現し主人公のアイテムとなります。これは主人公の能力を上昇させる素材にもなり、ダンジョン後半で体力が尽きてしまったり攻撃力が足らないと感じた時に強化をすることができる代物になります。こういうシステムがあると自分自身のテクニックだけでは自信がない人に嬉しいものだと思います。
そしてもっと深い階層まで行くとボスの登場です。己の全ての力を出すときですね!

このように、深く深く階層を渡りゆくゲームです。死んでしまってもセーブポイントとなる階層から初められるので安心です。

いかがでしたでしょうか?見た目も可愛らしいし十分やり込めるゲームでしたと思います。
気になった方は、DLして頂けたら嬉しいです。
とりあえず敵に攻撃だけでもしてみてください、楽しい気分になれると思います(笑)。

iOS→https://itunes.apple.com/jp/app/slashy-hero/id1023492278?mt=8

Android→https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kongregate.mobile.slashyhero.google&hl=ja

インターンシップに興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

超絶癒されゲーム

ゲームは安上がりでいい趣味ですよ。インターン生の大隈と申します。

今回もスマホアクションゲームの紹介をしていきますが、前回のゲームは完璧に男性好みのゲームでしたので今回は女性向けの可愛らしいゲームを選んでみました。

では今回3回目となるスマホアクションゲームは・・・・
0x0ss-8552

[ラビとび]です!!

概要です。2015年9月4日に配信開始されまして、Cygamesが運営をしています。
主人公はウサギで、ウサギを操作します。
ストーリーはウサギが月を見た時その月に別のウサギが見えたので会いにいこうと様々なステージを駆け巡ります。

ゲーム中の画面は3Dになっており、
このゲームの世界観は絵本の世界を目標としているらしく、穏やかな自然の中のステージでウサギを操作する事が出来ます。

これがそのゲーム画面になります。

9185_howto_2

操作方法はウサギのしっぽを引っ張ってジャンプさせるだけ。辺りが一面水で、ぽつぽつと浮島があるステージをウサギのジャンプで浮島を渡り繋いで最後の島まで到達できたらステージクリアになります。
シンプルすぎてつまらないかと思いますけれどこれが結構難しいんです。

まず1ステージにつき残機は3つ、非常に短いステージばかりですが簡単にクリア失敗にもなる残機数設定です。次にステージの様々なギミックについてです。最初のステージは浮島が大きく簡単なのですが次第に、回転する浮島、跳ねる浮島、極端に小さい浮島、滑る浮島、動く浮島、壊れる浮島、ジャンプを妨害をする木々、これらを組み合わせたもの。本当に様々です。

このゲームをやっている時に体験した面白い点は一度進むと戻れない点です。
斜めや横の移動は容易なのですが、後ろに振りかえることは絶対にできません。これは慎重に浮島を渡らなければいけない事を意味します。
そして「初クリア・目標タイム・ノーミス」の3つの記録を残す事で報酬がもらえます。報酬を一定数手に入れると新たなステージが開放され達成感が得られるので、その点も良いと思えます。

ですが圧倒的にどの点よりも最高に良い点は主人公のウサギが可愛いすぎる所です!ちょっとした仕草も凝っており、ワールド選択画面で主人公のウサギをタッチしたりスワイプすると飛び跳ねたり、ターンをしたりします。ステージも大変凝った造りになっていて、水面に映る太陽の表現や水面のきらめき、移動する浮島によってできる水面の渦など、穏やかで自然な世界感を凄く大切にしています。

女性はこのような細かい設定が施されたものは好きな方多いんじゃないでしょうか。僕も嫌いじゃありません(笑)女性向けと書きましたが操作も単純な為お子様にもいいでしょう。
単純操作で適切な難易度設定、文句の付け所がないと思います。一度家族でプレイしても良いかもしれません。
気になったならDLしてはいかがでしょか。

iOS➡https://itunes.apple.com/jp/app/rabitobi/id987351872

Android➡https://play.google.com/store/apps/details?id=air.jp.co.cygames.rabitobi

インターンシップに興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

終わりのない鬼畜設定ゲーム

日々ゲームをする事しか能がないインターン生の大隈と申します。
前回に続けて今回もスマホアクションゲームの紹介をさせて頂きます。

では今回2回目となるスマホアクションゲームは
images (1)

[ダークソード(Dark Sword)]です!

まず概要ですね。2016年3月7日より配信を開始しました。運営会社はNANOO COMPANYという海外の会社でありながらも日本語・英語・韓国語をサポート、全世界155ヵ国向けに同時配信されました。ゲーム画面は横スクロールゲームになっています。

プレイ画像がこちらになります。

ダークソード ボス

まず見た目からわかる様に、雰囲気がダークたっぷりな世界から物語は始まります。主人公も敵も真っ黒なシルエットで表されておりカッコイイですね。
ストーリーは、闇に覆われた世界の元凶となるドラゴンを倒すために冒険をしていくというものです。
流石、海外製のゲームであって主なチュートリアルが特になくゲームを起動したらすぐにストーリーが始められます。

そして、操作方法の説明がさらっとされます。左の操作パッドを左右に動かしその方向に移動。攻撃ボタン。ジャンプボタン。回避ボタン。回復アイテム使用ボタンなど一目で操作がわかる様になっています。攻撃をすると剣を振り下ろしたり、突いたりもできますが、ジャンプと攻撃ボタンの組合せによってコンボを生み出し、空中から剣を地面に向かって突き立てる攻撃も出来ます。そして特殊な武器を装備することで開放されるスキルボタンは強力で、一定時間攻撃力をあげたり、無敵状態で主人公の周りに強攻撃を繰り出したりもします。

序盤のバトルは敵も弱く、サクサク進み爽快アクションが楽しめます。ですが流石にある程度進めると敵も黙ってはいません。
主人公に投擲武器を投げつけ攻撃する敵も登場し、主人公の与えるダメージを一時的に減らす攻撃をしてくる敵もいれば、主人公が受けるダメージを一時的に増やすなどの状態異常攻撃をしてくる敵もいます。
その場合単体での処理だと特に難しくもありませんが、このゲームは一気に敵が前から後ろから押し寄せてくるので、うまく回避しつつ攻撃、時には回復もしつつ敵の攻撃を避ける必要があり、高度なアクション性をプレイヤーに要求してきます。

さらにこのゲームのおもしろい所は,難易度がいくつも設定されていることです。ゲームには五段階の難易度設定がありストーリーをクリアしていくごとに新しい難易度が開放されます。
そしてユーザーをさらに苦しめる設定がハードコアモードというもので、死んでしまうとアイテムがロストされるという恐ろしいもの。まさに鬼畜ゲームですね。

そして最近のアップデートでPVPが実装されたそうです。(対人)
まだまだゲームの幅が広がりそうです!

こういったゲームは男性に人気がありそうですよね。
雰囲気最高。爽快アクション。高度な難易度。
この3点が揃ったスマホゲームそうそうないと思います。気になったならDLしてみてはいかがでしょうか?

iOS➡https://itunes.apple.com/jp/app/dakusodo-dark-sword/id1070709625?mt=8

Android➡https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nanoo.darksword&hl=ja

インターンシップに興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

童話の世界を貴方は救えますか?

日々ゲームをする事を生きがいとして生活しています。インターン生の大隈と申します。

私はこれから、私の好きなゲームのジャンルである、「アクションゲーム」の紹介をスマートフォンのアプリでしていきたいと思います。

私がアクションゲームを好きになった一番の理由は、操作が単純で且つ面白いことです。
例えば、キャラクターを操作する際にRPGなどではコマンドで選択して敵に攻撃を与えますよね、それが強い敵や自分と同じ位の強さの敵なら色々複雑な操作を必要とされるのでやりがいがあると思いますが、ザコ敵だった場合私の感性だとただの作業に感じてしまうのです(RPG好きの方には申し訳ないです)。
それがアクションゲームであると、強い敵には敵の攻撃を回避しつつ少しずつダメージを与えていくスリルが味わえますし、ザコ敵だった場合、倒す速度を上げたり、トリッキーな倒し方などが身についたりしてプレイヤー自身の成長を実感できるのです。

では今回1回目となるスマホアクションゲームは
images

[グリムノーツ]です!

ゲームの概要は2016/1/21にリリースされたソーシャルゲームであり、SQUARE ENIXがその運営をしています。ストーリーもしっかり作り込まれており、大まかなストーリーは
色々な童話の世界が存在する所に主人公達はその様々な童話を乱そうとする敵を倒し、旅をしていく。
というものになっています。ここでは簡単な説明になってしまいましたが、本当は童話ごとのストーリーが濃くストーリー好きな方も十分楽しめるようになっています。かわいいキャラが急に敵になったりもしますのでストーリーは文句なしですね(笑)。

続いてバトルになりますが、主人公達は色々な童話のキャラクターに変身できる能力を持っているため様々なバトルスタイルで物語を進めていけます。
例えば、大剣を使っての強攻撃、盾を構えた槍の守りながらの攻撃、矢を使って遠くから一直線の攻撃、杖を使って味方を回復・・・などまだまだあります、そして今後もバトルスタイルは増えていくでしょう。
戦闘時は4人のパーティを組みそのうち1人を自分で操作します(他3人はCPUが勝手に操作してくれます)。
操作は単純でタップで攻撃。連続タップでコンボ攻撃。移動させたい方向にスライドでキャラの移動。上下左右にフリックするとその方向にキャラがステップ移動。そしてある程度敵を倒すとキャラごとの必殺技が使えるようになります。
そしてこのゲームの面白い点は、敵の背後から攻撃を行うと敵に大ダメージが入るというものです。
これは自分のパーティキャラも同じように、敵から背後の攻撃を受けるとダメージを受けてしまいます。私はこのシステムがあった為、適正レベル以上の敵を倒すことができたりもしてアクション性の高いゲームであると感じられました。

バトル画面はこのようなものになります。

2016-01-21-17.40.33

でもこのゲームの一番ウケが良い所はキャラの絵にあると思います。どのキャラも可愛らしく描かれています。
まだまだ語り足りない点が多いですが、気になって試しにダウンロードして頂けたら嬉しいです。

iOS➡https://itunes.apple.com/jp/app/gurimunotsu/id1035230279?mt=8

Android➡https://play.google.com/store/apps/details?id=com.square_enix.grimmsnotesjpn

インターンシップに興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。