テニスを扱ったゲームについて

こんにちは、インターンシップ生の薮崎です。今日は、第9回目の紹介となります。よろしくお願いいたします。前回は、テニスを扱ったアニメ、映画について、紹介しました。今回は、テニスを扱ったゲームについて、詳しく紹介していきたいと思います。

皆さんは、テニスを扱ったゲームとして、頭に思い浮かぶものは、何ですか?だいたい今の時代ですと、スマホが普及していることから、アプリとして遊ぶことが出来る、「白猫テニス」が、パッと頭に思い浮かぶことかと思われます。今回は、有名どころの「白猫テニス」に加えて、自分のおすすめである、マリオシリーズの中から、「マリオテニス」、後は、少し昔になってしまうのですが、PS2のソフトである、「みんなのテニス」、を加えた、今回は、合計3つのおススメゲームについて紹介していきたいと思います。

まず、「白猫テニス」についてで、このゲームは、大体スマホを利用していらっしゃる人たちは、知らない人がほとんどいないことかと思われます。配信が開始されたのは、今から3年前の、2016年7月で、ここ最近に配信されたゲームであるということが分かります。また、このアプリは、当たり前ですが、androidの方とiphoneの方の両方の端末に対応していることから、より多くの人たちに楽しんでもらえるアプリになっています。また、ダウンロード人気も著しく高く、1300万人以上と、大変人気のあるゲームとなっっています。この「白猫テニス」の概要については、スマホをスライドやタップをすることにより、キャラクターを操作して、テニスをプレイするといった、スポーツアクション型ゲームとなっています。ゲームの基本プレイは無料であるため、気軽に、お金をかけることなく十分に楽しむことが出来るゲームとなっています。また、このゲームの中では、スマホの中でも、ストレート以外のボールを打つことが出来て、タップとフリックなどをうまく使い分けることで、変化球である、スピンショットやドロップショットなどを使うことが出来るとされています。また、「白猫テニス」は、モードも充実しており、その中でも自分のおすすめは、「フレンドマッチ」というものです。これは、相手の特定の番号入力をすることにより、近くにいる友達と一緒ににプレーをすることが出来るといった、システムのことであります。この「白猫テニス」について、自分は、このアプリは、当然のことながら、スマホを利用しているため、存じてはいたが、インストールしたことがなく、あまり知識はありませんでした。ですが、今回調べていく中で、「フレンドマッチ」というモードを改めて知り、近くにいる知り合いなどと、一緒に、プレーすることが出来ることが出来るシステムであるため、人とのコミュニケーションも広がっていくのではないかと考えられました。

次に、「マリオテニス」についてで、このゲームは、マリオシリーズがお好きの方は、知らない人がほとんどいないことかと思われます。この「マリオテニス」の第一作目は、今から約20年前の、2000年の7月にニンテンドー64のソフトとして、発売されました。また、最新作は、今から約1年前の、2018年6月に、ニンテンドーSwitchのソフトとして、発売されました。また、このゲームの売り上げとしては、第一作目が、110万本も売れていって、一時期は売り上げが下降気味であったが、最新作のSwitchのソフトにより、大きく巻き返して、人気を取り戻せたようです。この「マリオテニス」の概要については、主に、マリオシリーズに登場するメインキャラクターを用いて、テニスで対決をしていくと言ってゲームになっています。また、この「マリオテニス」では、テニスの試合を行うだけでなく、ミニゲームも収録されていて、試合ばかりやっていて、疲れてしまった場合にも、ミニゲームなどで気分転換が出来るなどと言ったシステムが取り入れられています。また、必殺技のシステムも取り入れられているため、非常に現実離れした、臨場感あふれるプレーが出来るのではないかと思われます。この「マリオテニス」について、自分は、このゲームは、幼いころに何度もプレーしていてことから、だいたいの知識は、理解をしておりました。また、必殺技もシリーズを重ねていくごとに進化していっているために、非常に楽しい気持ちにさせられていました。また、ミニゲームシステムも充実しており、通常のテニスの試合に飽きて待った場合でも、気分転換で、気軽にプレーをすることが出来るため、非常に良いシステムであると感じました。

最後に、「みんなのテニス」についてで、このゲームは、「みんなのゴルフ」をプレーしたことがある人はご存知かと思われますが、簡単に言うと、「みんなのゴルフ」のテニスバージョンと考えてもらって結構です。この「みんなのテニス」が、発売されたのは、今から、十数年前の、2006年9月に、PS2のソフトとして発売されました。また、このソフトは、人気があったために、発売の翌年の2007年11月に、Best Price版が発売されて、さらに多くの人たちに、安くて手軽に、楽しむことが出来るようになりました。また、このゲームの売り上げとして、50万本と、非常に多くの人たちに対して、楽しまれていると言うことが分かります。この「みんなのテニス」の概要についてで、主に、通称「ミンテニ」と、呼ばれていて、ゲームとしては、多くの方にプレーされている「みんなのゴルフ」と同じで、テニスゲームの初心者でも、遊びやすい操作方法のゲームとなっております。また、ゲームのレベルにも多様性があり、ビギナー~上級者まで、非常に幅広いレベルで、ゲームを楽しむことが出来ます。また、使用できるキャラクターも、初級、中級、上級と、だんだんと増えていくのも特徴的で、非常に楽しい内容となっております。また、プレーできる、テニスコートの種類も、10種類以上もあるとされているため、プレーしている側も、その時の気分で、コートを変えて、飽きずにゲームを楽しむことが出来るようにもなっております。この「みんなのテニス」について、自分は、幼いころから、「みんなのゴルフ」が好きで、よくプレーをしていたことから、そこから関連づいて、「みんなのテニス」も、実際にプレーをしていて、楽しんでいた記憶があります。また、その当時、テニスゲームをやったことのなかった自分でも、分かりやすい操作方法となっているため、割と早くゲームを楽しむことが出来ました。また、自分のレベルが上がってしまっても、それに合ったレベルで、コンピュータがプレーをしてくれるため、初心者から上級者まで、幅広い人たちに、楽しんでもらえるゲームであると、改めて実感させられました。

今回は以上になります。

次回は、我が国のテニスについて、詳しく紹介していきたいと思います。

URL元 ウィキペディア http://ja.m.wikipedia.org

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

戦型

皆さんこんにちは。インターンシップ生の池田です。

前回は基本打法について紹介しました。

今回は卓球の戦型についていくつか紹介します。卓球の戦型にはいくつかありそれぞれ役割が異なります。握り方で名称は異なりますが中身はほぼ同じです。

引用始め

1.シェークハンド

・ドライブ主戦型

現在は多くの戦型のなかで主流となっている戦型。卓球台から少し距離をとり、前後左右のフットワークを駆使し、ボールに強いドライブをかけてつねに積極的・攻撃的に試合をします。ドライブ主戦型どうしのラリー戦は、力強く迫力があります。

・カット主戦型

卓球台から離れた位置で、相手の強打に対して強い下回転をかけたボールで対応しながら、チャンスと見ると一気に前に出て反撃するなど、とてもダイナミックな戦型。動作範囲の広いフットワークとねばり強いカットの技術、そして攻めに転じたときのパワーとスピードが要求されるプレースタイルです。

・異質攻守型

台から離れずショートに対しての相手のミスで点を取る戦型。一般的にラケットのバック側に粒高ラバーを貼り、それによる変化ボールやコースの緩急で相手のミスを誘います。

2.ペンホルダー

・ドライブ主戦型

主にフォアハンドドライブによって攻め、回り込みや飛びつきなど、フットワークを活かしたダイナミックなプレーをする選手が多いです。

・異質ショート型

主に反転式や中国式のペンホルダーラケットを用いて、両面にラバーを貼り、このうち片面には粒高ラバーを貼るタイプを指し、通称ペン粒と言います。試合中は台の近くでプレーし、粒高ラバーによるブロックの変化で相手のタイミングを崩し、相手に隙が出来たら攻撃するのに加え、ラケットを反転し異なった球質の打球を出して相手のミスを誘うなど、守備的な戦型であります。

引用終わり

引用元https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%93%E7%90%83

一番多い戦型はシェークハンドのドライブ主戦型だと思います。ペンホルダーと違いメリットが多いからだと思います。この戦型の力強く迫力のあるプレーを見て卓球を始める人は多いと思います。

カット主戦型は精神的にも肉体的にも辛い戦型で練習量がほかの戦型よりも多くないとうまくなれません。それぐらい難しいので諦めずに練習し続けるべきだと思います。

異質系の戦型は、技術量はとても少なくすぐに上手くなる戦型です。しかし、ドライブの威力が強いほど止められないことが多いので、勝ち上がるのはとても難しいです。それを変えるための新しい技術を身につけたり、戦い方を変えることをしていけば勝てるようになると思います。

他にも戦型はあります。戦型も合う合わないあるのでいろいろ試してみるといいと思います。

今回は以上となります。

次回で最後になりますが最後はうまくなるために必要なことを述べたいと思います。

テニスを扱ったアニメ、映画について

こんにちは、インターンシップ生の薮崎です。今日は、第8回目の紹介となります。よろしくお願いいたします。前回は、テニスの加盟、連合について、紹介しました。今回は、テニスを扱ったあアニメ、映画について、詳しく紹介していきたいと思います。

皆さんは、テニスを扱ったアニメ、映画として、頭に思い浮かぶものは、何ですか?大人の方だと、「エースをねらえ!」、最近の世代であると、「テニスの王子様」などが、パッと頭に思い浮かぶことかと思われます。今回は、この有名どころ2つに加えて、自分のおすすめの映画である「ウィンブルドン」と「リトル・モー」の合計4つを紹介していきたいと思います。

まず、「エースをねらえ!」についてで、このアニメは、大人の方で、40代の方たちは、知らない人がほとんどいないことかと思われます。放送期間については、1973年10月~1974年3月までの約半年間であるとされています。また、「エースをねらえ!」が高視聴率を獲得したことにより、続編である、「新・エースをねらえ!」が1978年10月~1979年3月までの半年間、放送されていたとされています。「エースをねらえ!」の概要についてで、主人公である、岡ひろみという人物が、テニス界の名門校とされている県立西高校のテニス部に入部し、そこでいじめをされてしまい、それでもめげずに、いくつもの苦難を乗り越えて、一流テニスプレーヤーに成長していくという物語となっています。このアニメについて、自分は、「エースをねらえ!」は、両親などが、「子供のころに見て、おもしろかったよ。」などといった感想を聞くことはあったが、実際に自分で見たことは、1度もありませんでした。両親世代の特に女性などは、この「エースをねらえ!」を見たことにより、一気にテニスブームが訪れていったようで、自分の母親もこの「エースをねらえ!」を見て、てニスを始めたともされています。自分は、まだ見たことがないが、両親世代の方が、ほとんど見ていて、このアニメにより、一気に日本中にテニスブームを引き起こしたということから、どれほど感動するのだろうと、興味深く感じられました。また、このアニメは、主人公がいじめにあってしまっていて、それに対しても、ブレることなくテニスで結果を見せつけると言った、逆転劇で、自分もこういった、見返すタイプの作品が非常に好みであるため、是非、今度、機会があれば、見ていきたいと考えています。

次に、「テニスの王子様」についてで、このアニメは、大人の方でも、だいたい20代くらいの方に多く知られていることかと思われます。自分もこの「テニスの王子様」については、メディアなどで、何度か見た事がありました。放送期間については、2001年10月~2005年3月までの約4年間であるとされています。また、この「テニスの王子様」についても、高視聴率を獲得したことにより、続編である、「新テニスの王子様」が7年後の2012年1月~3月までの2か月間、放送されていたとされています。「テニスの王子様」の概要についてで、主人公である、越前リョーマという人物が、テニスの名門中学に入学し、テニス部に入部して、全国大会優勝という大きな目標に向かって、団体戦で試合を勝ち上がっていくというストーリーと、なっています。また、この「テニスの王子様」が、人気が出た理由として、テニスを全く知らない初心者の方でも、アニメの中で、一から理解できるように、ルールの説明や解説などが、取り入れられるためであるとされています。また、アニメの中で、人間離れした技も飛び出し、見ている側も、非常にワクワクすることができるアニメとなっております。このアニメについて、自分は、「テニスの王子様」は、幼いときで、ちょうど、テニスに興味を持ち始めたころに、このアニメに出会い、その時初心者であった自分でに合った内容になっていました。なぜかというと、テニスのルールや解説などが、積極的に取り入れられていて、全くテニスを知らない方でも、このアニメを見ることにより、一から、ていねいに理解することができるためです。なので、これから、もし「テニスをはじめてみようかな?」という人がいたら、まず、興味を深めるためのステップとしては、この「テニスの王子様」が、一番おすすめであると考えられました。また、放送期間も4年と非常に長くやっていたため、物語をじっくり、存分に楽しめるのではないかと考えられました。

次に、「ウィンブルドン」についてで、この映画は、イギリスで製作されたものであり、何度かメディアなどでも紹介されたことがあり、だいたいのテニス好きの方なら、知っていることかと思われます。自分もこの映画は、メディアを通して、1度だけ拝見したことがあります。公開については、2005年4月と、それほど昔ではないとされています。また、この映画が作られた当初、我が国の邦題として、候補に上がっていたものが、「恋とテニスとエースをねらえ」とされていたが、日本には、先ほど紹介した「エースをねらえ!」というアニメがすでに放送されていたため、この邦題は、パクリになってしまうという意見が上がり採用されなかったようです。「ウィンブルドン」の概要についてで、主人公である、イギリス人テニス選手のピーター・コルトが、ウィンブルドン選手権を最後に引退するということを自分では、決めていたのですが、たまたま、ひょんなことから、コーチの目にとまり、優勝候補として、注目を集めていくという物語で、さらにそこから、アメリカ人のリジー・ブラッドベリーという女性と出会い、恋に落ちていくといった、テニスとラブストーリーの融合であるとされています。このことについて、自分は、「ウィンブルドン」は、高校生のころ、拝見して、自分もこの時期は、ちょうど思春期であったため、こういったラブストーリーを見ることは、非常にワクワクさせられ、自分にとって良い刺激となりました。また、テニスとラブストーリーの融合といった種類の映画は、この映画を見るまでは、1度も見たことがなくて、その理由としては、テニスかラブストーリーのどちらかに内容が偏ってしまい、あまり融合させる意味がないのでは、と自分勝手ながら想像をしてしまっていたためです。ところが、この「ウィンブルドン」を見たことにより、テニスとラブストーリーの両方を存分に楽しむことが出来て、融合させるのも、悪くはないと、この映画を通して、改めて感じることが出来ました。

最後に、「リトル・モー」についてで、この映画は、アメリカで製作されたものであり、メディアでは、1980年の1度のみしか放送されておらず、テニス好きの自分でも存じていなかったために、おそらく、ほとんどの方が、知らないであろう映画であるとされています。日本での公開については、1979年4月であるとされていて、40年前の映画で、結構、昔の作品であるということが分かります。また、上映時間についても、139分と、スポーツ映画としては、珍しく、長い時間を楽しむことが出来る作品となっています。「リトル・モー」の概要についてで、主人公のテニスプレーヤである、モーリーン・コノリーのテニス人生についてをモデルにした物語であるとされています。モーリーン・コノリーは、幼いころから、天才少女テニスプレーヤーとして、名をはせていて、この「リトル・モー」の作品では、モーリーンの日々の成長や葛藤と言ったものを描いています。この映画について、自分は、「リトル・モー」という作品は、メディアでも1度しか放送されていなく、また、放送した時期も1980年であるため、まだ生まれていなく、当然ながら、拝見していませんでした。また、スポーツ映画として珍しく、放映時間が139分もある言うことに対しても、テニス好きには、たっぷりと楽しむことができるため、非常に良いことであると感じられました。また、主人公のこれまでのテニス人生について、嘘、偽りなく映画にしているという点についても、あまり、テニスに関してのノンフィクションの作品を今まであまり見たことがないため、非常に興味深く感じました。なので、自分も今後の人生の参考にしていくために、この「リトル・モー」をぜひ、見てみたいと考えています。

今回は以上になります。

次回は、テニスの作品について、詳しく紹介していきたいと思います。

URL元 ウィキペディア http://ja.m.wikipedia.org

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

基本打法

皆さんこんにちは。インターンシップ生の池田です。

前回は卓球のルールについて紹介しました。

今回は基本打法に加えてサービスや応用技術についてもいくつか紹介したいと思います。

1.基本打法

基本打法は3つあります。

引用始め

フォアハンドはスイングが大きいので威力のある打球が可能であるが、速い打球点でボールを捉えにくく、カウンターを受けた際のリスクが大きいです。

バックハンドはスイングが小さいのでフォアハンドと比べて打球の威力が出しにくいが、フォアハンドと比べて速い打球点で打球出来るので速いラリー展開に持ち込む場合に有効である。

ツッツキとは、台上の短いボールに対して、カットよりもコンパクトなスイングで突くようにして打球する打法です。台上から出ないやや長いボールに対して下回転を掛けて返すことが多い。ミスするリスクが少ないが、相手の3球目攻撃を受ける確率が高いです。

引用終わり

引用元https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%93%E7%90%83#%E6%89%93%E6%B3%95

私が始めたときはこの3つを100球返せるようになるまで練習してました。これをすることでそれぞれの打法を身につけるとともに打球の感覚がわかるようになります。初心者の方はやったほうがいいと思います。

2.サービス

ラリーを始めるときに欠かせないものがサービスです。

引用始め

サービスでは、フォアサービスとバックサービスに大きく分類され、それぞれショートサービスとロングサービスがある。広義でのショートサービスは相手コート上で2バウンド以上する軌道となるサービスのことを指し、ロングサービスは相手コート上で1バウンドして卓球台の外へ出る軌道のサービスのことを指します。

引用始め

また、回転の種類もあるので1人1人オリジナルのサービスを考えてみてはどうですか?強力なサービスを出すことができればサービスで点を取ることも可能です。トッププレイヤーの方たちはラリー中の技術だけでなくサービスの技術も強力です。

引用始め

引用元https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%93%E7%90%83

3.応用技術

基本打法を応用した技術を紹介したいと思います。

引用始め

・ドライブとはボールに強い前進回転(トップスピン)を与える打法です。

引用終わり

引用元https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%93%E7%90%83

ドライブの種類にもいくつかあり、速いドライブ、山なりのドライブ、曲がるドライブ、回転数の多いドライブなど身に着けることが難しいですが強力な技術です。

引用始め

・スマッシュとはボールを弾くように、フラットに叩き付ける打法です。決定打として打つ選手が多く、ドライブより小さいスイングで速いボールを打つことができるが、弾道が直線的になるため、角度がずれると入らない可能性が高い。

引用終わり

引用元https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%93%E7%90%83

これは意外と難しく練習しないといけません。スマッシュが決まればとても爽快です。

代表的な技術を上げましたが他にも難しい技術ばかりですが習得できれば点を取りやすくなるので挑戦してみてください

次は、戦型について紹介します。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

バスケットボールのファンクラブについて

こんにちは、インターンシップ生の安部です。
今回も引き続きバスケットボール観戦について、私の応援しているチーム秋田ノーザンハピネッツを例に紹介したいと思います。
今回のテーマは「バスケットボールチームのファンクラブ」についてです。
前回の記事でもっとバケットボールや地元を楽しみたいと思った方へ、ファンクラブの特典と入会について紹介します。

〇ファンクラブの特典
それぞれのバスケチームにはファンクラブが存在します。
ここでは私の応援しているチーム、秋田ノーザンハピネッツのファンクラブ(クラブハピネッツ)について紹介したいと思います。

秋田ノーザンハピネッツのファンクラブ会員のプランは以下の通りです。
階級があり、それによって年会費も異なります。上から順に
・ブラック会員(年会費:50,000円)
・ふるさと会員(年会費:20,000円)
・ゴールド会員(年会費:11,000円)
・レギュラー会員(年会費:3,500円)
・ジュニア会員(年会費:1,000円)

(参照:https://northern-happinets.com/fanclub/)

ゴールド会員からは10,000円以上になりますので、様子見をしたいという方はレギュラー会員がおすすめです。
ファンクラブの特典はこのプランによって内容が変わってきます。
詳しくは公式ホームページのこちらの表をご覧ください。

(引用元URL:https://northern-happinets.com/fanclub/#fanclub02)

ファンクラブに入会すると一般よりも早くチケットが買えたり、会場に入ったりすることができます。
ゴールド会員から上はさらに早いチケット先行・試合会場への入場が可能です。
購入できる順番はブラック、ふるさと・ゴールド、レギュラー・ジュニアとなります。
できるだけコートの近くで観戦したい、自由席でいい席を取りたいという方はぜひファンクラブに入ってみましょう!

地元チームを応援したいけどなかなか秋田には帰れない…、という方はふるさと会員がおすすめです。
チケットの割引券はありませんが、秋田の特産品を自宅に発送してもらうことができます。
また、ブラック会員にもある特典ですが、選手と記念写真を撮影することができます。

自分に合ったプランを選んで、さらに楽しくバスケットボールを観戦しましょう!

〇入会方法
クラブハピネッツへの入会方法は以下の3つです。
①ホームゲーム会場での申込(現金)
②インターネットで申込
 (クレジットカード決済、Yahoo!IDを持っている場合はクレジットカード決済/コンビニ決済/Yahoo!ウォレットを選択できます。)
③FAXで申込(代金引換のみ)

入会期間は毎年3月末日まで、有効期限は6月末日までになっています。
Bリーグのシーズンは秋から春までとなっていますので、早めに入会しておきましょう!

ここでは秋田について紹介しましたが、チームによってファンクラブのプランや入会方法は異なります。
詳しい入会方法は公式サイトを確認してみてください。

(参照:https://northern-happinets.com/fanclub/#fanclub02)

この記事は以上になります。
4回にわたってバスケットボール観戦について紹介してきましたが、いかがでしたか?
Bリーグが気になっている方だけでなく、新しい趣味を見つけたい方のきっかけになれたらと思います。

バスケットボールは野球やサッカーに比べるとまだまだ埋もれているスポーツです。
しかし、テレビでも試合の様子が放送されるようになり、ここ何年かで大きく発展し続けてきました。
注目しておいて損はないエンターテイメントです。
バスケットボールの感動を共有できる仲間になってもらたら嬉しいです。

以上、バスケットボール観戦についてでした。

【参考】
・秋田ノーザンハピネッツ 公式ホームページ ファンクラブ「クラブハピネッ ツ」
(URL:https://northern-happinets.com/fanclub/#fanclub02)
・秋田ノーザンハピネッツ 公式ホームページ ニュース
(URL:https://northern-happinets.com/news/detail/id=14224)

興味を持った方はお気軽にお問い合わせください。

テニスの加盟、連合について

こんにちは、インターンシップ生の薮崎です。今日は、第7回目の紹介となります。よろしくお願いいたします。前回は、テニスの称号について、紹介しました。今回は、テニスの加盟、連合について、詳しく紹介していきたいと思います。

皆さんは、加盟、連合と聞かれても、メディアや新聞などで、紹介されることは少なく、ほとんど耳にしたことがないかと思われます。なので、今回は、大きく4つに分けられる、「国際テニス連盟(ITF)」、「男子プロテニス協会(ATP)」、「女子テニス協会(WTA)」、「日本テニス協会(JTA)」について、皆さんに分かりやすく述べていきたいと思います。

まず、「国際テニス連盟(ITF)」についてで、この名称は、メディアや新聞などを通じて紹介されることが多いため、数回は耳にした事があるかもしれないです。総称は、(International Tennis Federation)とされていて、本部は、イギリスのロンドン郊外のローハンプトンであるとされています。意味として、テニスの国際総括団体のことであるといわれています。また、経営者は、現在アメリカのデービット・ハガディであるとされています。起源として、1913年からであり、最初は、12か国のみの参加でありました。後に、2018年になっていくと、203か国も加盟しており、著しく増加していると言うことが分かります。また、参加できる、大会については、「4大大会」、「デビスカップ」、「フェドカップ」であるとされています。

次に、「男子プロテニス協会(ATP)」についてで、これも、あまりメディアや新聞などで、紹介されることはないため、ほとんどの方が耳にしたことがないかと思われます。総称は、(Association of Tennis Professionals)とされていて、本部は、イギリスのロンドンであるとされています。意味として、読んで字のごとくで、男子プロテニスツアーを運営する団体のことであるとされています。また、経営者は、ジャック・クレーマーとクリフ・ドリスデールであるとされています。起源として、1972年からであり、男子プロテニス選手の権利・利益を保護するために発足されました。後に、2013年になっていくと、経営者が変わっていき、イギリスのクリス・カーモードが就任しております。

次に、「女子テニス協会(WTA)」についてで、これは、生涯の選手生活の間のなかで、4大大会を制覇するということです。この称号は、先ほど紹介した、「年間グランドスラム」、「4大会連続優勝」よりは、だいぶ難易度は低くなり、決して達成できない目標ではないと、されています。男子シングルスでは、8名、女子シングルスでは、10名、男子ダブルスでは、8組、女子ダブルスでは、6組、なお、混合ダブルスでも、4組、であるとされていて、先ほどの2つと比較すると、与えられている人が、著しく多いことが、分かります。このことについて、自分は、「キャリア.グランドスラム」については、やはり、達成期間が、選手生涯を通してということもあり、先ほどの2つと比べると、達成している人が多く、無理をせずに目標を立てるのであれは、この称号は、ふさわしい目標であると、感じることができました。しかし、また、我々の国での達成がないので、この称号だけでもよいので、男女問わず、頑張ってもらいたいと、期待を込めて、応援し続けていきたいと思っています。

次に、「ボックス.セット」についてで、これも難関であるとされていて、4大大会のシングルス、ダブルス、混合ダブルスで、すべての「グランド.スラム」を達成するということです。この称号に関しては、今までを通して、世界で3名しか存在しておらず、男性の達成者は、1人もいないとされています。また、そのなかでも、金メダルを取った方も1人もいないようです。このことについて、自分は、この称号は、本当に実力もありつつ、メンタルも強い人でないと、なかなかそう簡単には、とれる称号でないと感じました。また、先ほど3つのものと比べても、達成者の人数が大幅に減少していて、ここを目標にしてしまうと、逆に生き生きとしたテニスが出来なくなってしまうのではないか、と考えられました。

次に、「ゴールデン.スラム」についてで、これは、紹介している7つの称号の中でも、最も難関な称号であると、されています。まず、称号の説明をしていくと、オリンピックの期間内で、4大大会を制覇するといったもので、達成するチャンスが、オリンピックの時しかないため、なかなか、オリンピック内では、期間が短く、4大大会を制覇するのが、厳しいため、「ゴールデン.スラム」は、1番難しい称号であるということが知られています。また、「ゴールデン.スラム」は、達成した人は、今までで、男女を通して、1名しかおらず、今後、達成するのは、厳しい状態であると、されています。このことについて、自分は、この称号は、4大大会で制覇し、なおかつ、それをオリンピックの中で、達成しなくては、ならないため、目標として定めるとした場合は、高すぎで、自分のペースで目指せる状況になった場合のみに、考えるのが、良いと考えられました。また、我々の国は、まずは、「キャリア .グランドスラム」を目指していくのが、大切だと感じたため、取り敢えず、段階を経て挑戦していくべきだと考えられました。

次に、「スーパー.スラム」についてで、この称号は、4大大称号であるということが知られています。また、「ゴールデン.スラム」は、達成した人は、今までで、男女を通して、1名しかおらず、今後、達成するのは、厳しい状態であると、されています。このことについて、自分は、この称号は、4大大会で制覇し、なおかつ、それをオリンピックの中で、達成しなくては、ならないため、目標として定めるとした場合は、高すぎで、自分のペースで目指せる状況になった場合のみに、考えるのが、良いと考えられました。また、我々の国は、まずは、「キャリア .グランドスラム」を目指していくのが、大切だと感じたため、取り敢えず、段階を経て挑戦していくべきだと考えられました。

達成できる可能性は、ゼロではないが、やはり、しっかりと段階を経て頑張っていくことが、重要であると改めて実感させられました。

今回は以上になります。

次回は、テニスの作品について、詳しく紹介していきたいと思います。

URL元 ウィキペディア http://ja.m.wikipedia.org

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

卓球のルール

皆さんこんにちは。インターンシップ生の池田です。

前回は卓球の用具と握り方の種類について紹介しました。

今回は卓球のルールについて紹介します。基本ルールに加えて、ルールの変遷をいくつか紹介します。

1.試合進行

引用始め

1試合は2001年9月1日[2] より、各ゲーム11点先取の7ゲーム制(4ゲーム先取)、5ゲーム制(3ゲーム先取)、または3ゲーム制(2ゲーム先取)で行われ、10対10になったときは先に2点差を付けた方が1ゲーム先取となります。

引用終わり

引用元 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%93%E7%90%83

私はよく1ゲームのことを1セットと言ってました。なぜセットと言っていたかは覚えていませんが1セットでも通じますね。

2.サービス

引用始め

サービスは2本交代。ただし10-10以降は1本交代になる。サーバーはラケットを持っていない手(フリーハンド)の手のひらからほぼ垂直に16cm以上上に投げ、落ちて来るところをラケットによって台の後方から打球し、まず自分のコートにバウンドさせ、次にネットの上を越して、相手のコートにバウンドさせなくてはならない。サービスがネットに当って相手のコートに落ちた場合は、「レット」となり、サービスのやり直しになる。それ以外の場合はサービスミスになり、相手の得点になる。

引用終わり

サービス時のレットの判断がとても難しいです。上手い人はネットの上ギリギリを通過するので判断できないことがあります。

16cm以上がどれくらいかわかりずらいかもしれませんがネットの高さが15.25cmであるからネットの高さを超えるくらい上げればいいですね。

3.レシーブ

引用始め

サービスないし返球されて自分のコートにバウンドしてから2バウンドする直前までのボールを返球する。返球したボールは、直接、またはネットに接触した後に、相手のコートに落ちるように返球しなければならない。これが出来なかった場合、相手の得点になる。

引用終わり

引用元 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%93%E7%90%83

例外はいくつかありますが、特にフリーハンド利き手でない手が台上に触れたら失点になるので注意してください。

4.ルールの変遷

私はほとんど知りませんが現在定着しているルールを紹介したいと思います。

引用始め

2000年から、ボールの直径は38mmから40mmになった。これによってボールの空気抵抗が増し、2002年にはサービス時にボールを隠す行為が完全に禁止された。従来よりもラリーが続くようになった。

2001年には、従来の21点制から11点制に変更され、サービスも5本ずつの交代から2本ずつの交代に変更された。

引用終わり

引用元 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%93%E7%90%83

ルールが変わる前のこと知ると、今よりも難しいことがわかりますね。

まだまだルールはありますが比較的わかりやすいと思うのでルールはやりながら覚えればいいと思います。

次は基本打法について紹介したいと思います。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

バスケットボール観戦の楽しみ方

こんにちは、インターンシップ生の安部です。
今回も引き続きバスケットボール観戦について私の応援しているチーム、秋田ノーザンハピネッツを例に出しながら紹介していきたいと思います。
今回のテーマは「バスケットボール観戦の楽しみ方」についてです。
前回の記事でチケットを取って後は試合に行くだけ!となった方へ、試合観戦の楽しみ方とバスケットボール以外の会場内でのイベントについて紹介します。

〇試合観戦の楽しみ方

〈試合観戦って何を着ていけばいいの?〉
試合観戦の服装に決まりはありません!私服でもお仕事帰りのスーツでもなんでも大丈夫です。
チームカラーが各チームにあるのでそれに合わせた色の服を着たり、会場内で販売されているチームTシャツを買って着ても楽しいと思います。
靴は土足OKな会場が多いです。体育館によっては内履きを持参しなければならないところもあるので公式サイトを確認してみてください。
そして、ぜひ持って行ってほしいのがペンライトです!チームによっては会場内で販売されています。
試合のオープニングセレモニーで使う場面があるので、チームカラーに光らせて会場を盛り上げましょう!

〈チアと一緒に試合を盛り上げる〉
チームによって試合中の盛り上げ方は様々です。
DJの方やチアの皆さんからの指示を聞き、チームTシャツを着ている人や近くの人のマネをしながら楽しんでチームを応援しましょう。
もちろん静かに観戦する人もいます。会場にいる人たちは試合しか気にしていないので観戦スタイルを気にする必要は全くありません!

〈試合以外にも楽しいことがたくさん〉
飲食物は持ち込み可能ですが、会場内でその土地でしか食べられないものを購入するのがおすすめです。
秋田ではきりたんぽや秋田のブランド豚である桃豚さんの商品、そのほかにもたくさんのお店が出店しています。
(参照:https://plaza.rakuten.co.jp/porkland/diary/201904130000/)

お酒も購入することができます。
食べ物やお酒は試合前や2クォーター後のハーフタイム(20分休憩)の間に買って、その土地を楽しみましょう。
また、チアダンスやハーフタイムでイベントもあります。スポーツ観戦に行くというより、エンターテイメントを観に行くという方が近いかもしれません。
まずは、会場に行ってみて雰囲気を味わってほしいです!

今回は以上となります。ルールをよく知らなくても楽しめるのがバスケットボールの魅力です。
試合展開がはやいスポーツですので、飽きっぽいという方にもおすすめです。
ぜひ、試合会場に足を運んでみてください!

※おまけ
〈ルールについて〉
バスケットボールのルールはシンプルで、わからないという方でも得点とファウルについて覚えていれば十分楽しめると思います。
ファウルは押したり叩いたり、ディフェンスの域を超えた場合にとられるもので、ボールは相手のものになってしまいます。
個人でこのファウルが5つになると、試合に出ることができなくなります。
また、ファウルは個人だけでなく、各クォーターごとにチームでもカウントされます。
このファウルが5つ以上になると相手にフリースローの権利が与えられ、得点のチャンスを許してしまうことになります。

バスケの得点は3種類あります。
3Pラインの外側が3点、内側が2点、フリースローが1点となります。
シュートを打つ位置によって盛り上がり方も違いますので、ぜひ会場に行って雰囲気を味わってみてほしいです!

次回はチームをより応援したい方に向けてファンクラブについて紹介したいと思います。

【参考】
・spopedia
(URL:https://spopedia.com/I0000135/)
・十和田湖高原桃豚ブログ
(URL:https://plaza.rakuten.co.jp/porkland/diary/201904130000/)

興味を持った方はお気軽にお問い合わせください。

テニスの称号について

こんにちは、インターンシップ生の薮崎です。今日は、第6回目の紹介となります。よろしくお願いいたします。前回は、テニスの大会について、紹介しました。今回は、勝利したときに与えられる称号の名前について、詳しく紹介していきたいと思います。

称号の名称といっても、あまり詳しくメディアなどで、紹介されることは少なく、ほとんどの方が、認識していないと思われます。なので、勝ち方によって、異なっていく称号の名称などについて、詳しく説明していきたいと思います。まず、称号の名称は、大きく7つも存在しており、「年間グランドスラム」、「4大会連続優勝」、「キャリア.グランドスラム」、「ボックスセット」、「ゴールデン.スラム」、「スーパー.スラム」、「プロ.スラム」のように分けられており、それぞれ、意味が異なります。

まず、「年間グランドスラム」についてで、この名称は、「グランドスラム」という言葉だけは、皆さんもメディアを通じて、お聞きしたことがあるかと思われます。「グランドスラム」という意味は、4大大会をすべて勝ち取るという意味であり、要は、それを年内で、やり遂げてしまうといった意味です。なので、この称号は、紹介している7つの称号の中でも、一番取るのが難しい称号であるとされていて、今現在に至るまでに、男子シングルスでは、5人しかいなく、男女ダブルスでは、たったの3組しか存在していないく、今後は、四大大会を取り巻く状況が以前とは大幅に異なっていってしまうために、さらに達成することが、難しい状況となっているのが、現状です。このことについて、自分は、ただでさえ「グランドスラム」を達成するのだけでも、非常に困難であるという状態の中で、それを1年間で成し遂げるのは、またさらに難しいことであるということを改めて実感させられました。それに、近年は、色々な変化もあるため、それに、対応するのも、技術を高めながら同時進行でやっていかなくてはならないため、非常に厳しいことであると、感じられました。しかし、最近、我々の国では、男女問わず、世界ランキングが1桁の人が、出てきており、自分の想像以上に活躍して、結果も残しているため、「年間.グランドスラム」も決して、達成できないわけではないので、可能性は、充分にあると考えられました。今後の我々の国の選手たちに、期待を込めていきたいと思っています。

次に、「4大会連続優勝」についてで、これは、「年間グランドスラム」よりは、達成するのが簡単であるとされていて、二年間のなかで、4大大会を四連勝すればよいということが条件であるとされています。 しかし、やはり「年間グランドスラム」よりは、簡単になったとはいえ、実際のところ達成するのが難しいとされていて、男子は、シングルスが1人、ダブルスは、1組のみであるとされています。また、女子の場合は、シングルスが3人で、ダブルスが3組であるとされていて、この称号は、女性の方が、多く与えられているということが知られています。このことについて、自分は、「4大大会連続優勝」については、女性の方が、男性よりも称号が、多く与えられているということについて、意外に感じられました。どうしても、イメージが男性の方が、強いと勝手に感じていたため、女性の底力は、改めて強いなと感じられました。しかしながら、我が国の選手はまだ、獲得できていないため、まだまだこれから獲得できるチャンスは、充分にあるので、選手を応援し続けていきたいと思っております。

次に、「キャリア.グランドスラム」についてで、これは、生涯の選手生活の間のなかで、4大大会を制覇するということです。この称号は、先ほど紹介した、「年間グランドスラム」、「4大会連続優勝」よりは、だいぶ難易度は低くなり、決して達成できない目標ではないと、されています。男子シングルスでは、8名、女子シングルスでは、10名、男子ダブルスでは、8組、女子ダブルスでは、6組、なお、混合ダブルスでも、4組、であるとされていて、先ほどの2つと比較すると、与えられている人が、著しく多いことが、分かります。このことについて、自分は、「キャリア.グランドスラム」については、やはり、達成期間が、選手生涯を通してということもあり、先ほどの2つと比べると、達成している人が多く、無理をせずに目標を立てるのであれは、この称号は、ふさわしい目標であると、感じることができました。しかし、また、我々の国での達成がないので、この称号だけでもよいので、男女問わず、頑張ってもらいたいと、期待を込めて、応援し続けていきたいと思っています。

次に、「ボックス.セット」についてで、これも難関であるとされていて、4大大会のシングルス、ダブルス、混合ダブルスで、すべての「グランド.スラム」を達成するということです。この称号に関しては、今までを通して、世界で3名しか存在しておらず、男性の達成者は、1人もいないとされています。また、そのなかでも、金メダルを取った方も1人もいないようです。このことについて、自分は、この称号は、本当に実力もありつつ、メンタルも強い人でないと、なかなかそう簡単には、とれる称号でないと感じました。また、先ほど3つのものと比べても、達成者の人数が大幅に減少していて、ここを目標にしてしまうと、逆に生き生きとしたテニスが出来なくなってしまうのではないか、と考えられました。

次に、「ゴールデン.スラム」についてで、これは、紹介している7つの称号の中でも、最も難関な称号であると、されています。まず、称号の説明をしていくと、オリンピックの期間内で、4大大会を制覇するといったもので、達成するチャンスが、オリンピックの時しかないため、なかなか、オリンピック内では、期間が短く、4大大会を制覇するのが、厳しいため、「ゴールデン.スラム」は、1番難しい称号であるということが知られています。また、「ゴールデン.スラム」は、達成した人は、今までで、男女を通して、1名しかおらず、今後、達成するのは、厳しい状態であると、されています。このことについて、自分は、この称号は、4大大会で制覇し、なおかつ、それをオリンピックの中で、達成しなくては、ならないため、目標として定めるとした場合は、高すぎで、自分のペースで目指せる状況になった場合のみに、考えるのが、良いと考えられました。また、我々の国は、まずは、「キャリア .グランドスラム」を目指していくのが、大切だと感じたため、取り敢えず、段階を経て挑戦していくべきだと考えられました。

次に、「スーパー.スラム」についてで、この称号は、4大大称号であるということが知られています。また、「ゴールデン.スラム」は、達成した人は、今までで、男女を通して、1名しかおらず、今後、達成するのは、厳しい状態であると、されています。このことについて、自分は、この称号は、4大大会で制覇し、なおかつ、それをオリンピックの中で、達成しなくては、ならないため、目標として定めるとした場合は、高すぎで、自分のペースで目指せる状況になった場合のみに、考えるのが、良いと考えられました。また、我々の国は、まずは、「キャリア .グランドスラム」を目指していくのが、大切だと感じたため、取り敢えず、段階を経て挑戦していくべきだと考えられました。

達成できる可能性は、ゼロではないが、やはり、しっかりと段階を経て頑張っていくことが、重要であると改めて実感させられました。

今回は以上になります。

次回は、テニスの加盟や協会について、詳しく紹介していきたいと思います。

URL元 ウィキペディア http://ja.m.wikipedia.org

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

卓球の用具と握り方の種類

皆様こんにちは。インターンシップ生の池田です。

私は中学、高校、大学の9年間部活動として卓球をしてきました。この9年間私は卓球をしてみて思ったことがあります。それはとても難しいと思ったことです。私は9年間いろんな練習を行ってきましたが、大会などの成績はあまり良くありませんでした。その原因はいくつかあると思います。それでもこの9年間はいろんな人と出会うことができ、とても楽しかったです。

これから私の知識や言葉で卓球の紹介を記事にしていきたいと思います。

引用元 https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/fb/Ballsizes.JPG

1.卓球とは

引用始め                                球技の一種。ピンポン (ping pong) とも言う。競技者は卓球台を挟んで向かい合い、セルロイド製かプラスチック製のボールをラケットで打ち合って得点を競う。 

引用終わり

引用元https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%93%E7%90%83

今現在はプラスチック製のボールを使って卓球をすることになっています。私の9年の間に変更になり当時はプラスチック製のボールを入手することが困難であったり、短い時間でボールが割れることがよくあったのでとても貴重なものでした。

2.用具について

卓球をする上で必要な道具の1つとしてラケットがあります。このラケットはブレードとラバーの2つで構成されています。

引用始め

卓球が他のラケット球技と異なるのは、握り方の異なるシェークハンド・ペンホルダーと大きく分けて2種類のタイプが存在することである。伝統的には、ヨーロッパ出身の選手はほとんどがシェークハンドを使用し、一方アジアではペンホルダーが主流であったが、1980年代頃からはアジア各国においてもシェークを使用する選手の割合が増加し、ペンホルダーと同等かそれ以上になってきている。ペンホルダーのほうが軽いため女子選手やフットワークに自信のある選手が選択するケースが多かったが、現在ではフォアハンドとバックハンドの両面で攻防することが必要とされるため、シェークハンドを選択する選手が多くなっている。

引用終わり

引用元https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%93%E7%90%83

個人的な意見としてはシェークハンドが使いやすいほうだと思います。しかし握り方が人に合う合わない人がいるので握り方も実際に握ってみるべきだとおもいます。

ブレードとラバーそれぞれにたくさんの種類があり、ラケットの種類もたくさんあります。自分好みのラケットにすることができます。たくさんありすぎて迷ってしまいますがラケットやラバーも人によって合う合わないがあるので実際に使ってみてから自分のラケットを決めるといいと思います。

ラケットは消耗品であるから買い替える必要があります。特にラバーは3か月ごとに買い替えるべきです。

次回はルールについて紹介します。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。