東京工学院@第8回

こんにちは。インターン生の相崎です。

「東京工学院のこと」第8回はゲームクリエーターコース(以下ゲーム科)で行われている「就職関連」の勉強について紹介します。
・・・プログラマーは?こちらの方が気になるかと思いまして。

東京工学院では1年生から「業界研究」と「就職作品制作講座」があり、業界研究は1年と2年の合同で行われます。
名前こそ堅苦しいですが、堅苦しい講義ではないので特に構える必要はありません、ご安心を。

「業界研究」はその名の通りゲーム業界に関する研究をみっちりと・・・するかと言うとそれほどでもない。
どちらかというと経済や経営の基礎知識を学んだり、ニュース記事を読んで意見を書くといった事などをしています。
1、2年合同なので、2年生にとってはほぼ同じ事を復習する事になります。
あとは年に1回、1年生はテーマを決めて小論文を、2年生は希望の職種や業界を研究して一つの文章にまとめる課題があります。
これは講義内ではやらないため、それ以外の時間で自主的にやっておく必要があります。

もうひとつの「就職作品制作講座」は就職活動時に企業に見せるためのゲームを作るのかな?
・・・と思ってましたが、ゲームを作る時間は他の講義でたっぷりあるのでここでは違う作業をしています。
具体的には、作る(作った)ゲームのポスターや宣伝ビラ等、ゲームを紹介する為の作品を制作したり、
企業に見せるための「ポートフォリオ」を制作したりしています。

「ポートフォリオ」とは、今までに作った製作物の紹介を紙面で説明できる状態にし、それらをファイルにまとめたものです。
プランナーなら企画書や仕様書などを、プログラマーならゲームのプログラム・・・は普通書きませんが
ゲームの仕様や担当した箇所などを、グラフィッカーなら自分で描いたグラフィックなどをいれます。
手書きのものをいれても構いませんが、大抵の場合はパソコンでまとめた方が楽にきれいに仕上がります。
これが上手に出来ると就職で有利になります。何事も第一印象から。
また、急に必要となった時困らないように日頃から少しずつ書き溜めておくとよいでしょう。
特にプログラマーは新しく書く必要がある為、他より面倒なので注意。
プランナーは今まで書いた企画書や仕様書をまとめれば、
グラフィッカーは今まで描いたグラフィックをまとめればよいと思います。多分。

講義の他にも「キャリアセンター」という施設では就職に関する相談や支援、求人情報の紹介などをしています。
お金を取られたりはしないのでどうぞお気軽に。ただし外部の方は利用できないので注意。
1年生の時点ではあまり利用しないかもしれませんが、2年生になったらたびたびお世話になると思います。

今回はここまで。それではまた。

興味をもたれたら、お気軽にご連絡ください。

東京工学院@第7回

こんにちは。インターン生の相崎です。

「東京工学院のこと」第7回はゲームクリエーターコース(以下ゲーム科)で行われている「グラフィッカー」の勉強について紹介

します。
・・・プログラマーは?
前回と同じく、私はグラフィッカーの専門ではないので、もしかしたら変な事を書いてしまうかもしれませんが、
グラフィッカー専門の方が見てもどうか怒らず、笑って流していただければと思います。
また、ツールの細かい説明は全て割愛させていただきます。

グラフィッカーは他人に依頼されて画像や背景などを制作する事が主な仕事になります。
なので、依頼者の注文を無視した好き勝手なものばかり描いていると評判が悪くなり仕事を請けにくくなってしまいます。
ただし「なんでも描けるよ!」とどんなジャンルでもポンポン請けていると、全体的に無難で無個性な絵柄になりやすく、
良く言えば「便利屋」、悪く言えば「替えがきく」絵師になってしまいがちです。
とはいえ最初のうちは何でも屋で名前を売るのは有効な手段ですし、どうせ何でもやらされると思います。
でもずっとそのままではいつか若手のグラフィッカーに自分の仕事を取られてしまうので、
少しずつ得意ジャンルを絞っていき、その中で自分だけの絵柄を確立させていくのがよいでしょう。
なんでもこなせるよりは「替えがきかない人」になる事が大事。
・・・とはいえ、全体の1割にしかウケないような絵柄だと仕事にするのは厳しいかもしれませんが。

続いて、とてもざっくりとした作業の説明をします。まずは2Dから。
まず、いきなり本番を描きはじめるのではなく、紙かPCのペイントツールで下絵(ラフ画)を描きます。
描けたらスキャナーで取り込み(最初からデジタルの場合は不要)、ペイントツールで下絵をなぞります。まだ色は塗らない。
線画が描けたら色を塗って完成です。以上!
ただし、水彩画や油絵のような画風はゲームに使いづらいので控えたほうがよいでしょう。背景や一枚絵ならあり。

3Dの場合はまずラフ画を描き、それを見本に専用のツールでモデリング(3Dモデルを作る)をしていきます。
パーツから自分でつくるプラモデルみたいな・・・?絵を描くというよりは絵を作るイメージです。
・・・ちなみにプラモデルはちゃんと作った事ないのでよく分かりません。

最近は3DCGモデルの制作を求められる事も多いので、3DCGを扱うツールを使いこなせると就職が有利になります。
東京工学院では2Dと3Dに分けて講義が行われています。
2Dの講義で扱うツールはAdobe社の「PhotoShop」と「Illustrator」、
3Dの講義では「Maya」というツールを扱っております。

今回はここまで。それではまた。

興味をもたれたら、お気軽にご連絡ください。

東京工学院@第6回

こんにちは。インターン生の相崎です。

「東京工学院のこと」第6回はゲームクリエーターコース(以下ゲーム科)で行われている「プランナー」の勉強について紹介します。
私はプランナーの専門ではないので、もしかしたら変な事を書いてしまうかもしれませんが、
プランナー専門の方が見てもどうか怒らず、笑って流していただければと思います。

まず、プランナーが最初にやる事は「企画」を考える事です。
「企画」とは、単純に言えば「あれがやりたい」「これが作りたい」と思った事を他人に説明できるよう考えをまとめる作業の事を指します。
いくら面白いと思った事が頭に浮かんでも、他人に正しく伝わらなければ思った通りのものは作れません。
・・・一人で全部作るのなら別ですが。
しかし「企画」の段階では「設計図を作る為の案を出す」程度なのでそこまでしっかり練り込む必要はありません。
むしろ質より数を重視した方がよいでしょう。完璧ではなくとも「パッと見これ面白そう」と思わせれば勝ちです。
だからといって思った事をそのままごちゃごちゃと書いたら他人が読んでも分かりにくいため、
文章を簡潔にまとめたり、イメージに近い挿絵をいれたり(自分で描けるならなおよし)して分かりやすく表現する事が大事です。

企画が通ったら、次は設計図を作ります。これを「仕様書」といいます。
ここはできるだけしっかり練りこんだ方が、成果物がより自分の思い通りに仕上がりやすくなります。
仕様書は後に変更を加えてもよいため(全く違うものにしたら問題かもしれませんが)まずは自分が思った通りの事を書いてみましょう。
それからプログラマーやグラフィッカーと相談し、少しずつ実現可能な仕様に合わせていくとよいでしょう。

プログラマーやグラフィッカーとの関係は、簡単に言えば設計者と現場の大工です。
大工は設計図がないと仕事ができませんが、だからといってあまり無茶な注文をすれば断られてしまいます。
しかし設計者にとっては大工の仕事などよく分からない、逆もまた然り。
なのでお互いに相談をして少しずつ折り合いをつけていけばよいと思います。

仕様書が完成したら、新たに別の企画を考えたり、ゲームが思った通りにできているかをチェックしたりします。
後者はどちらかと言えばディレクターの仕事になりますが、学校のグループ制作ではプランナーが兼ねる場合が多いです。
(「ディレクター」の説明に関してはややこしくなるので割愛させていただきます!)

これらの作業を有利に進めるための勉強は主に「プランニング」の講義にて行われています。
興味があればぜひ体験入学にお越しください。・・・プログラミングしかやらせてくれませんけどね。

今回はここまで。それではまた。

興味をもたれたら、お気軽にご連絡ください。

東京工学院@第5回

こんにちは。インターン生の相崎です。

「東京工学院のこと」第5回はついに!私が所属しているゲームクリエーター科の紹介をします。

東京工学院のゲームクリエーター科には「ゲームクリエーターコース(以下ゲーム科)」と
「おもちゃクリエーターコース(以下おもちゃ科)」の2つのコースがあり、
それぞれ内容が全く違うため間違って逆のコースに入ってしまわないよう注意。
私はゲーム科のためおもちゃ科の説明はできませんのであしからず。

まず、どんな勉強をするのか。
ゲーム科では、ゲームソフトを制作する為の総合的な勉強をします。以上!
・・・という訳にもいかないのでもう少しちゃんと説明させていただきます。
前提として、ゲームを制作する為には大まかに3つの作業が必要になります。
一つはゲームの企画や内容を考え、構想を練り上げて他人に説明できる状態にする作業です。
まずこの作業をやらないと何も作れませんし誰も協力できません。この作業を専門にしている人を「プランナー」と言います。
二つ目はゲームの中身となるプログラムを書き、企画をゲームの形にする作業です。
この作業をやらないといくら面白い企画があっても世に出せません。この作業を専門にしている人を「プログラマー」と言います。
最後にゲームを着飾る絵や背景、エフェクト等・・・つまりグラフィックを用意する作業です。
この作業をやらないといくら面白いゲームを作れても見た目で判断されて見向きもされないかもしれません。
また、グラフィックがゲームの面白さや内容自体を左右する場合もあります。この作業を専門にしている人を「グラフィッカー」と言います。
ゲーム科ではこれらの作業を総合的に学ぶようになっています。ちなみに、サウンドに関してはゲーム科にも授業はあるものの、本格的に学びたいのであれば別の学科に入ることをオススメします。

多くの人は自分の「専門」を在学中にどれか一つに絞りますが、授業自体は最後まで三つ全てを総合的に学ぶ形になっています。
自分で企画して自分の思い通りに作り上げて自分の思い通りの絵を入れられたら素敵ですよね。
・・・これらを全て一人でやるとなると作業量が途方もない事になりますけれど。ミニゲームなら一人で気ままに作るのも楽しいですよ。
ちなみに私は「プログラマー」を専門に、他も多少こなせるようになるため日々勉強しています。・・・本当にできてるの?

次回からはこれらの内容をもっと詳しく説明できたらいいなと思っております。・・・やるとは言ってない。(できなかった時の保険・・・)
それではまた。

興味をもたれたら、お気軽にご連絡ください。

東京工学院@第4回

こんにちは。インターン生の相崎です。

「東京工学院のこと」第4回は主な年間行事の紹介をしていきます。

まず、4月は入学式とガイダンス、それと健康診断があります。・・・以上。

続きまして5月。月の終わり頃になると、1年生のみ長野県・佐久市にある「みどりの村」という場所に行き、2泊3日の宿泊合宿を行います。
病気やサボり等で行けなかった方は次の年に後輩たちと一緒に行くことになります。肩身狭そう・・・。
ちなみに2年連続でサボったら留年になるそうです。お気をつけて。
ゲームクリエーター科の場合は、パソコンがないのでゲーム作りの事は忘れて
デッサンやスポーツ・ビデオ鑑賞などを中心にやる事になります。
あとは自由時間です。自由時間は騒ぎすぎない程度に他の人と遊んで交流を深めるとよいでしょう。
親交があった方がゲームの共同制作をしたくなった時に有利です。
個人的には、大人数でできるカードや人狼、TRPGなどがオススメ。ただし熱中しすぎて夜更かしにならないよう注意。
・・・午前3時過ぎまで遊んでた不良生徒?そんな人知りません。

6月は国際交流イベント「テクノス・インターナショナルウィーク」があります。
オックスフォード大学・ペンブロークカレッジなどの提携校・姉妹校の生徒や教授が来て2週間滞在します。
ウェルカムセレモニーなどもあり、演出系の学科にとっては気合が入るイベントでもあります。
・・・ゲーム科にとっては遠くで眺めているだけかもしれません。

7月~9月はゲーム科にとってこれといった行事は特にありません。ただし、9月の夏休み明けに突然前期末試験が来るのでなまけすぎて感覚がボケたままテストを受ける事にならないように気をつけて。
10月の行事は特にありませんが、11月の「TECHNOS祭」にゲーム作品を展示するための作業が大詰めになるため忙しくなります。

11月は各学科が制作物や演奏等を披露する「TECHNOS祭」が開催されます。
食品屋台も各学科の有志たちがさまざまなお店を出店させています。定番商品は混み易いのでピーク時をずらすのがオススメ。
ゲーム科ではもちろん制作したゲームの展示を行っています。興味があれば、ぜひ!お越しください。

12月・1月は主に演出系やコンサート系の学科のイベントが中心になります。

2月には卒業作品展(卒展)があります。2年生の作品だけではなく1年生の作品もあります。
ゲーム科ではTECHNOS祭の時とは違うゲームが展示されるので、こちらにもぜひお越しくださいね。

3月は卒業式があります。・・・また、進級者と卒業者が決定します。日頃の行いと出席はしっかりと。

年間行事は大まかにこのような感じとなっております。次回はついにゲームクリエーター科について話す!・・・つもりです。
それではまた。

興味をもたれたら、お気軽にご連絡ください。

東京工学院@第3回

こんにちは。インターン生の相崎です。

「東京工学院のこと」第3回も引き続き校内の施設の紹介をしていきたいと思います。今回は食事以外の施設を紹介します。

先に、各学科共通で利用する施設から紹介していきます。
まずは体育館。主に部活動や式典等に利用されます。隣にはトレーニングルームもあります。
特にクリエーター系の学科は運動不足になりやすいので動かせる時にしっかり体を動かすようにしましょう。
今の季節(初夏~)に運動なんて暑くてやってられんわ!・・・という方にはプールがオススメ!
25mのコースが5つあるので、マイペースに泳ぐもガチで泳ぐも自由!おまけに室内プールなので年中泳げます!
軽めの負荷で全身運動ができるのでトレーニングやダイエットにもオススメ。
続きまして図書館。一般的な資料や外国語の本から、各学科向けのマニアックな本も各種取り揃えてあります。
館内にはAVコーナーもあるので、DVDやビデオの閲覧も可能となっています。
その他にも中庭や自習室、PCルームやMACルーム(本校のパソコンはWindowsがメイン)などがあります。

次は各学科が利用する施設を紹介していきます。他学科の施設はあまり詳しく説明できませんがあしからず。
それぞれの学科には実習室が1~3つほど用意されており、中には他の学科と共有する場合もあります。
実習室の他には、例えば放送系やアーティスト系の学科向けに4種類のスタジオが用意されています。
また、航空学科にはなんとフライトシミュレーターが!!・・・ゲームクリエーター科の私は実物を見たことすらありません。
ゲームクリエーター科はパソコンと紙さえあれば他にはあまりいらないので、
基本的にはゲームクリエーター科の実習室(パソコンがたくさんある教室)に居る事が多いです。
時々講義室でパソコンを使わない講義を受けたり、1年生はフォトスタジオでデッサンをしたりします。
ただし、ゲームクリエーター科にはゲーム制作だけではなくもう一つコースがあり、ゲーム科の実習室の奥には
「おもちゃクリエーターコース」の教室があります。おもちゃを作るための機材や素材、粘土用のオーブンや3Dプリンターなどがあります。
こっそりパンとか焼かないように。・・・や、やってないし!ちゃんと家から弁当持ってきてるし!

主な施設はこんな感じとなっております。もっと知りたい、気になる方はぜひ一度お越しを。
今回はここまで。それではまた。

興味をもたれたら、お気軽にご連絡ください。

東京工学院@第2回

こんにちは。インターン生の相崎です。

「東京工学院」第2回は校内の施設の紹介をしていきたいと思います。今回は食事に関してがメインとなります。

まずは購買の「TECHNOS PORT」から。
ここは各学科で必要になる文房具や道具と、軽食や飲み物・お菓子・雑誌やスマホの周辺機器などが揃っています。
この学校にはマンガ科や多くのクリエイター科があるため、文房具類の品揃えは豊富です。
軽食は主におにぎりやパン、カップ麺などがありますが、お昼になってから行くと大半の商品が売り切れてて買うものがなくなってしまう(特にパン類)ため、目当ての商品がある場合は10時~11時あたりにあらかじめ買っておくとよいでしょう。
また、お菓子はスナック菓子類とグミ類、駄菓子が多めです。ゲームクリエーター科ならグミがオススメ!
ゲームクリエーター科は教室が飲食禁止の為、教室の外ですぐに食べれる!&よく噛んで目が覚める!&適度な糖分が疲れに効く?のです。ハードグミならなおよし。
作業で疲れている時に○者めしの狩人味(エナジードリンク味)を2、3個いっぺんに頬張り、がじがじ噛んでいると不思議といつもよりおいしく感じるのです。
ガムは噛み終わるまで教室に入れないのでオススメしません。刺激派の人はミントタブレットがよいかも。
続いては「カフェテリア」。カフェテリアとは言うものの、喫茶店のようなものではなく食堂そのもので、各種麺類と丼物、定食などがあります。
パスタを除く麺類の具は各自で選べ、各種麺の値段+乗せた具の値段となっています。好きなだけ乗せるも、何も乗せないも・・・自由。
丼物や定食は定番メニューと日替わり定食があります。
目当ての品がない場合は、学校の近くにコンビニやテイクアウトの丼物屋があるため、外で買ってくる人もいます。

次は食べる場所について。各学科共通の食事スペースは「カフェテリア」と購買内に併設されている休憩スペース「TECHNOS PORT Caffe」、それと構内の各地に設置されているベンチでも自由に物を食べることができます。
ゲームクリエーター科の場合は、教室の前にいくつかイスとテーブルが並んでいるのでそこに持ってきて食べる人が多いです。昼食以外にもテーブルに集まってスマホゲームやカードゲームをする事もあります。
ちなみにゲーム科の昼食は購買で買う派、弁当を持ってくる派、カフェテリアに行く派、外で買ってくる派、日によってバラバラ派など見事に分かれています。

今回はここまで。それではまた。

興味をもたれたら方はお気軽にご連絡ください。

東京工学院@第1回

はじめまして。インターン生の相崎です。

今回記事にするテーマは「東京工学院専門学校」についてです。
第1回はこの学校についての簡単な説明と、各学科の紹介から入りたいと思います。

東京工学院専門学校は、東京都小金井市にある「総合学院テクノスカレッジ」内にある専門学校の一つで、
他に「東京エアトラベル専門学校」と「東京工学院日本語学校」が混在しています。
他の専門学校の生徒とはしばしば売店や通路等ですれ違ったり、文化祭や部活動では交流する事もありますが、
講義での接点はほぼない為、残念ながら他の学校についての説明をすることはできません・・・

東京工学院専門学校には様々な学科とコースがあり、各学科のテーマを大まかに分けると
「エンターテイメント」「クリエーター」「スポーツ・教育」「工学・情報」「研究」「4年制大学コース」の6種類となります。

エンターテイメント系にはコンサートやライブの舞台を作るスタッフの仕事を学べる「コンサートイベント科」のほか、
自らが役者になる為の「ミュージック科」「声優・演劇科」などがあります。
クリエイター系には「ゲームクリエーター科」「CGクリエーター科」「マンガ科」「アニメーション科」など
専門学校として想像し易いと思われる学科がそろっています。私はこの中のゲームクリエーター科に所属しています。
ゲームクリエーター科の内容に関しては、次回以降で紹介していきたいと思います。乞うご期待!

スポーツ・教育系には各スポーツの指導者やイベント企画者になる為の「スポーツビジネス科」があり、
中でもサッカービジネスコースはイタリアの有名サッカークラブ「FCインテルナツィオナーレ・ミラノ」と教育プログラム提携契約を締結!日本で唯一、インテルの経営ノウハウを学ぶことができます!
その他にも「幼児教育学科」「こども学科(3年制)」などがあります。

工学・情報系は「建築学科」「電気電子学科」などの他、パイロットになる為の勉強ができる「航空学科」が存在します。
この辺りでは少し珍しいと思うので、興味のある方はぜひ。

研究科は1年コースしかなく、自身の専門知識や技術を1年間みっちり研究して鍛え上げることを目標としています。

4年制大学コースは様々な大学との連携によって、専門教育と並行しながら大学の通信教育を併修できるよくばりコース「大学併修学科」が目玉となっております。
なんと、この学科を卒業するだけで専門学校の「専門士」と大学の「学士」を同時に取得できる!お得な気がする・・・いや、お得!!
資格の取得もサポートしているので、就職が有利になると思います。

今回はここまで。次回からはゲームクリエーター科に関しての事や、学校の行事やイベントなどの紹介をしたいと思います。
それではまた。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。