山梨のひみつ『健康寿命日本一』

こんにちは、インターン生の内山です。
最終回の今回は山梨県の健康寿命について紹介していきたいと思います。

山梨県は健康寿命が日本一です。
健康寿命というのはサリバン法といって、生命表の定常人口に、各年齢階級の要介護者率を掛けて算出される平均余命を平均自立期間として算出する方法です。
この値がよいので、日本一健康寿命が長いといわれています。

さて、ではなぜ健康寿命がいいのか。
いくつか考えられる要素をお伝えします。
山梨県の年間日照時間は2231時間です。
これは日本一長いのです。
そのため、日光を浴びることでビタミンDが多く合成されるため、骨や筋肉がよく作られ丈夫な体になるのではないかと考えられます。

次に、食について考えて見ましょう。
山梨県はアサリの支出額が日本一、マグロの消費量が2位、干しアジの支出額が2位となっています。
DHA、EPAを採ることによって血管が硬くなりにくいため、くも膜下出血などのなどの血管の病気になりにくいと考えられます。

次に食事の時間に注目してみましょう。
山梨県の平均の食事時間は1時間46分でこれも日本一。
ということは、家族と話したり友人と話したりしながら食事をしていると考えられます。
コミュニケーションをしっかりとっているので認知症になりにくくなっていると考えられます。

これをまとめると、日光を浴び、魚を食べ、コミュニケーションをとる。
これらが重要になってきます。
もし長生きしたいと思うのであれば、この機会に食事と運動と人付き合いに気をつけてみてください。

今回で記事は最後となります。見ていただきありがとうございました。

参考:https://www.pref.yamanashi.jp/chouju/documents/h20kenkoujumyou-gaiyou.pdf
http://kudarane.com/2016/05/16/megaten-yamanashi/

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

山梨のひみつ『富士山の伝説』

こんにちは、インターン生の内山です。
今回は富士山について紹介します。

富士山は標高3,776mの日本最高峰の山です。日本三名山、日本百名山、日本の地質百選にも選ばれています。
富士山は成層火山であり、マグマの粘性が硬くもなく柔らかくもなく、ちょうど良い粘性のため綺麗な稜線になっています。そのため、富士山は美しい山とされてきました。

そんな富士山は、季節によって様々な姿を見せます。
夏の朝に見える赤富士は葛飾北斎が残した絵画が有名です。
また、これとは異なる紅富士というものがあります。
これは雪化粧した富士山が朝日や夕日で染まる姿を指します。
また水面に映る逆さ富士や太陽と山頂が重なるダイヤモンド富士、朝日や夕日で富士山の影が映る影富士などがあります。

次に富士山信仰について紹介したいと思います。
富士山信仰は浅間信仰とも呼ばれ、浅間神社は富士山の神霊として考えられている浅間大神を祀る神社となっています。
富士山の8合目より上は山宮浅間神社となっており、社殿を持たない形式の神社です。富士山の噴火を沈静化するために浅間信仰は行われてきました。

さて、富士山はなぜ富士山というのか。
それにはいくつか説がありますが、私が一番いいと思っているのは、竹取物語の伝説です。
竹取物語は、皆さんご存知かぐや姫が天へと帰っていくお話です。
かぐや姫は、天に帰る際に帝に不死の薬、手紙と歌を書いて送ります。

いまはとて 天の羽衣 着る時ぞ 君をあはれと おもひいでぬる

これは「今はもうこれでお別れと、天の羽衣を着るときになってあなた様のことをしみじみと慕わしく思い出しますよ。」という意味です。
手紙を受け取った帝はひどく落ち込み、会うことも無く、涙に浮かべるような私に不死の薬に意味など無いと言い、一番天に近い山で手紙と薬を燃やすように命じます。
不死の薬を焼いた山をのちに、不死山と呼ぶようになり、それが富士山となった。
これが竹取物語の伝説です。

今回は富士山について紹介しました。
第1回に全10回と説明しましたが、第9回となることになりました。
次回で最後となります。

参考:http://www.pref.yamanashi.jp/miryoku/fujisan/index.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%B1%B1#.E5.AF.8C.E5.A3.AB.E5.B1.B1.E3.81.A8.E7.9C.BA.E6.9C.9B
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%8F%96%E7%89%A9%E8%AA%9E

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

山梨のひみつ『経済産業大臣指定伝統工芸品』

こんにちは、インターン生の内山です。
今回は山梨県の伝統工芸について、説明していきたいと思います。

今から1,000年ほど前に金峰山で水晶が発見されたことが山梨の水晶の起源とされています。
山梨県にある経済産業大臣指定伝統工芸品の甲州水晶貴石細工は江戸自体後期に始まりました。
鉄板の板に非常に硬い石の粉末をまいて宝石を磨いていました。
その後水晶加工の技術を中国から取り入れ、手摺による加工、足踏み回転式の加工、そして電力式へと変わっていきました。
帯留めやかんざしなどの装身具の需要が増えましたが、明治末期には山梨の水晶資源は枯渇しました。
現在では南米などから輸入しています。
原石を削ったり磨く作業は非常に難しく、失敗すると砕いたり傷ついたりします。
戦後は海外に輸出もしていたようですが、安価な中国製品に負け、現在は国内向けの製品が主です。

甲州印伝は鹿の革に漆で文様をつけたものが特徴で、これも経済産業大臣指定伝統工芸品です。鹿革は体になじみ、強度が高いことから武具に使われて、戦国時代では鎧や兜にも使われました。漆の特徴として時間が経つほど色が冴えて、光沢を放ちます。

甲州手彫印章もまた経済産業大臣指定伝統工芸品に指定されています。印章業というのは江戸時代ごろからあったとされ、山梨県では水晶の加工技術が高かったため、水晶印の製造が行われ、他にも水牛などの素材の印材も発達していきました。
江戸時代はほとんど役人が印章を使っていましたが、明治に入ると庶民の間でも印章の需要が高まりました。
特徴として山梨県以外での地域では手彫の水晶印章はほとんど作られていません。
また字を入れたり直したりする作業は難しく、熟練した職人でないと難しいようです。

今回は山梨県の伝統工芸について説明しました。

参考:https://www.pref.yamanashi.jp/shouko/kogyo/densan/index.html

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

山梨のひみつ『山梨のお土産』

こんにちは、インターン生の内山です。
今回は山梨のお土産について紹介していきたいと思います。

まず、山梨と言えば信玄餅です。信玄餅は武将・武田信玄が非常食のため、砂糖が入った餅を持って戦地に向かった逸話からその名が付いたと言われています。
そのため、山梨県ではお盆に信玄餅を食べる風習があります。
現在ではきな粉をまぶした餅菓子で、黒蜜をかけて食べます。

次に紹介するのは、ほうとうです。
山梨県の二本柳遺跡からは戦国時代の石臼が出土しており、中世期にはほうとうの起源にあたる食べ物があったと考えられています。
山梨県は養蚕が古くからあり、桑畑の裏作として麦の栽培が一般的になっていったことから、粉物の食べ物が発達したと考えられています。
おやきなどが例として挙げられます。
ほうとうは野菜や汁で量を多くして小麦の消費を抑える食べ物としても優秀でした。
また、山梨県は全般的に米の栽培が困難な地域が多かったため、小麦の栽培は主として行われていました。
さて、そんなほうとうの食べ方ですが、味噌仕立ての汁にかぼちゃが入っているのが特徴です。
山梨の味噌は信州味噌が有名ですが、昔は甲州味噌と呼ばれる米麹と麦麹の両方が入った味噌が主流でした。
現在では信州味噌を使う家庭が多いようです。
また、かぼちゃは地域によって食べ方が異なり、甲州盆地のほうではかぼちゃを溶かすまで煮込むのがいいとされ、南部地域ではさほど煮ないで食べるのが特徴です。
ほうとうの語源ですが、実際のところはよくわかっておらず、有名なのは信玄公が自らの宝刀で切って作ったという説がありますが、実際は観光のために作られた話なのではないかという見解が多いです。

さて、山梨のお土産について紹介しました。山梨県に行った際は、是非買ってみてください。

参考:https://retrip.jp/articles/4410/?page=3
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BB%E3%81%86%E3%81%A8%E3%81%86

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

山梨のひみつ『山梨の食べ物』

こんにちは、インターン生の内山です。今回は山梨県の食べ物について紹介したいと思います。

山梨県では、甲州ワインビーフを育てています。
甲州ワインビーフは山梨県甲府市の小林牧場においてワインを作るうえで出るブドウの絞り粕を飼料に混ぜたものを食べて育った牛です。
赤身に栄養が行くように生後6ヶ月から1年半の間のみブドウの絞り粕を与えられます。
それを過ぎると脂身に栄養が行ってしまうため、与えられる期間が限られています。
ワイン効果により、肉質の柔らかいポリフェノールを含む美容にもいい肉になります。
また、山梨県では同じようにワインを豚に与えるワイン豚というものがあり、絞り粕を与えるのではなく、直接ワインを与えているのが特徴です。
主に甲州市で作られ、肉が柔らかく食べやすいのが特徴です。

魚ではキングサーモンとニジマスを交配して品種が有名です。
父親がキングサーモンで母親がニジマスというもので、ニジマスの丈夫さとキングサーモンの大きさを兼ね備えています。
3年養殖したものは体長70㎝程になり、体重は3㎏にもなります。
身がきめ細かく、脂ののりが期待できるようです。
山梨県は2020年の東京オリンピックに間に合うように流通させようとしています。

また、山梨県では新たな試みとして、甲州トラフグ組合が2000万円の補助金を県から受け、現在試験的に養殖を行っています。
山梨県の地下水を使い、人口の海水を使い水温を18度から22度程度にすると、海上の養殖よりも水温が高いため、養殖期間が短くなり体長40㎝、体重1㎏の出荷できる大きさになるまで、約1年で成長するそうです。
未来の山梨の名産になるのではと、期待されています。

さていくつか紹介させていただきました。皆さんも山梨の名産を味わってみてはいかがでしょうか。

参考:https://mainichi.jp/articles/20170705/ddl/k19/040/143000c
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B2%E5%B7%9E%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%95
http://www.sankei.com/region/news/170127/rgn1701270069-n1.html

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

山梨のひみつ『富士急ハイランド』

こんにちは、インターン生の内山です。第4回の今回は皆さんご存知、富士急ハイランドについて紹介していきたいと思います。

富士急ハイランドは山梨県富士吉田市にある遊園地です。

施設は絶叫系、ファミリー系、ミッション系、ホラー系の4種が主なアトラクションとなっています。

絶叫系で有名なのは高飛車、ド・ドドンパなどが有ります。高飛車は垂直巻上げを行い、空を見ながら上昇し、しばらく停止します。
その後121°で落下し急降下を楽しめる施設となっています。
ド・ドドンパはドドンパの改良型のジェットコースターであり、全長1,124m、最高速度180km/h、そしてギネスにも登録された世界最大39.7mのループがあり、非常に迫力があります。

ファミリー系は富士飛行社が有名です。
巨大スクリーンに富士山上空の映像が映り、飛行中は風が吹いたり、芝桜の近くでは花のにおいがしたりと五感で体験できるアトラクションとなっています。
河口湖や山中湖や本栖湖の畔の芝桜、富士山頂の河口や夕焼けの赤富士、雪が積もった富士山など四季を感じることができるようになっています。

ミッション系で有名なのは絶望要塞です。参加者は囚人となり、監獄からの脱出を目指すというアトラクションです。
5つのステージで構成されており、時間制限があります。
ヒントを頼りに脱出を目指すのですが、非常に難易度が高く、10万分の1未満の脱出成功率となっています。

ホラー系で有名なのは 絶凶・戦慄迷宮~血塗られた人骨病棟~ です。
お化け屋敷ながら小学生は保護者同伴でなければ入れない念入りっぷりです。長さは全長900mで入場者の2割はリタイアするそうで、館内には幾つかリタイア口が用意されています。

さていくつか紹介させていただきました。富士急ハイランドの良いところは、苦手なアトラクションがあっても、違うジャンルに行けばよいという点です。山梨県にいらした際には、是非富士急ハイランドに行ってみてはいかがでしょうか。

参考
https://www.fujiq.jp/

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E6%80%A5%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89#.E3.83.95.E3.82.A1.E3.83.9F.E3.83.AA.E3.83.BC.E7.B3.BB.E3.82.A2.E3.83.88.E3.83.A9.E3.82.AF.E3.82.B7.E3.83.A7.E3.83.B3

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

山梨のひみつ『世界遺産 富士五湖』

こんにちは、インターン生の内山です。第3回の今回は、世界文化遺産にも登録されている富士五湖について紹介したいと思います。

富士五湖はその名のとおり、本栖湖、精進湖、西湖、河口湖、山中湖の5つの湖があります。この5つの湖はすべて富士山の噴火によってできました。

有名なのは本栖湖から見える富士山の光景ですね。千円札の図柄となっています。下のURLから本栖湖の画像が見れます。
http://www.mt-fuji.gr.jp/jyunrei/motosuko-2/

そんな富士五湖ですが、相模川の源流である山中湖は一級河川となっています。
また、河口湖も相模川水系の一級河川となっており、これは下流域に水利権があるためです。

河口湖、西湖、本栖湖は水位の調整の為、人工放水路が作られ、繋がっています。
また、西湖、精進湖、本栖湖は二流河川ですが、内陸県の二流河川はこの三つの湖だけです。
この三つの湖は以前は剗の海と呼ばれ、一つだったとされ、『日本三代実録』の甲斐国国司から京の朝廷に届けられた報告にも記載があります。
そのため、水面の標高が連動しており、地下で繋がっていると考えられています。

また雨が多く降った時は、精進湖の南東に「赤池」という小さな池があらわれることがあり、これを「富士六湖」「富士五湖の6番目」などと呼ばれ、直径は50mほどになります。

さて、富士五湖について紹介しました。
富士五湖観光連盟のホームページのURLを載せておきますので、観光の予定の参考にしてはいかがでしょうか。
http://www.mt-fuji.gr.jp/

記事を読んでいただき、ありがとうございました。

参考にしたサイト:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E4%BA%94%E6%B9%96

http://www.mt-fuji.gr.jp/

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

山梨のひみつ『甲斐の虎』

こんにちは、インターン生の内山です。第二回の今回は甲斐の武将、武田信玄を紹介したいと思います。

武田信玄は父である武田信虎が甲斐を統一した年に生まれます。信虎は有力武将と婚姻を結んだりして、合戦で勝利したりして甲斐を統一していきました。

そんな武田信虎は信玄が自分の存在を脅かすのではと考え、信玄の弟の信繁を可愛がります。

ですが、信玄が21歳の頃クーデタを起こし、信虎を駿河に追放します。

こうして、信玄は武田の長となりました。

武田の領地は財政が良くなかったため、信玄は戦いを仕掛け勢力を拡大させていきます。

信玄は信濃を侵攻する上で、村上義清に敗北しますが、真田幸隆を味方に義清を降伏させます。

敗北した村上義清は関東管領であった上杉に助けを請います。

こうして、有名な川中島の戦いになっていきます。

川中島の戦いは4回にわたって上杉と戦い結果的に勝利を収め、信濃を手に入れます。

その後、将軍の足利義昭からの書状を受けた武田信玄は、織田信長討伐の為出兵しますが、病のためこの世を去ります。

軽く信玄の人生を振り返って見ました。今度は信玄の特徴を見ていきましょう。

72戦49勝3敗20分。これは信玄の戦歴です(諸説あり)。非常に負けが少ないです。

信玄は非常に情報収集を重要視しており三ツ物という隠密組織をつくり、各地の情報を集めていました。

また、川中島の戦いでは弟を影武者として使ったりと非常に用心深いことが分かります。

そういったところが負けない戦が出来る事に繋がっていたのではないでしょうか。

また、信玄はにも人材登用に優れていました。大河ドラマにもなった風林火山の主人公、山本勘助は素性も不明でしたが、高い知略持っており軍師になります。

信虎に追放された内藤昌豊を呼び戻したり、農民の出身のの高坂昌信を登用したりしました。

こうした人を見る目を信玄は持っていました。

さて甲斐の虎、武田信玄を紹介しました。読んでいただきありがとうございます。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

山梨のひみつ『山梨フルーツ』

初めまして。インターン生の内山です。
今回から10回にわたって、私の出身地の山梨県の魅力について紹介していきたいと思います。

1回目の今回は山梨県の果物について紹介します。

まず、山梨県と言えば葡萄。栽培面積、生産量ともに山梨県が日本一で、収穫時期は品種にもよりますが7月頃から10月頃となっています。

葡萄は1300年ほど前から、山梨県で作られ、巨峰、ピオーネ、ロザイオ・ビアンコなどの多種類を現在では栽培しています。

また、甲州という品種はワインとして有名で、1300年の歴史を持ち生食では酸味が特徴となっています。

続いては、桃を紹介したいと思います。

山梨の桃は東京中央卸市場では90%程を占め、生産量日本一で、白鳳、浅間白桃などの品種が有名です。

白鳳はその名のとおり、白っぽい色で果汁が多く、酸味の少ない食べやすい品種になっています。

浅間白桃は山梨県で生まれ育った品種で、大玉、いい色合い、甘い果肉で非常においしい品種となっています。

最近では、夢しずくという県のオリジナル品種が生産量を伸ばしており、非常に大玉で、糖度も高いです。

次にすももを紹介します。

早口言葉でスモモも桃も桃のうちと、よく言われますが実は違っています。

「すもも」も「もも」もバラ目バラ科の植物なのですが、「すもも」はバラ科サクラ属の植物で「もも」はバラ科モモ属の植物で厳密には異なっています。

そんなすももですが、山梨県は栽培面積、生産量ともに全国1位です。収穫時期は6月から8月までで、大玉で甘い貴陽やすももながら糖度16~20を誇るサマーピュートが有名です。

さて、今回は山梨県のフルーツを紹介しました。読んでいただき、ありがとうございました。

参考元:山梨県/富士山フルーツ王国(ぶどう・もも・すもも)

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。