IT用語解説

アジャイル開発 【アジャイルカイハツ】

【開発ツール・その他技術】開発するためのツールなどです

【その他技術】

アジャイル開発とは:

 アジャイル(agile)は「俊敏な」と言う意味で、迅速かつ適応しつつソフトウェア開発を行う開発手法の総称の事で、アジャイル開発手法は1つではない。
 現在のソフトウェア開発で実際に採用されている手法である。
 アジャイル開発では開発対象を多数の小さな機能で分割して、1つの反復(イテレーション)で1つの機能を開発し、イテレーションのサイクルを継続して行っていくのが特徴。

アジャイル開発での開発:

 前述したとおりアジャイル開発ではイテレーションを数週間単位の短期間で繰り返しながら開発する。
 各イテレーションが終了したときに、プロジェクトチームはプロジェクトの優先度を評価しなおす。
 アジャイル開発では、プロジェクトの関係者間でひつよな時に即座に直接顔を合わせて意思疎通を行う必要があり、出来る限り、必要ない関係者全員が1箇所の作業場で作業する事が推奨されている。
 また、アジャイル開発では実際に動くソフトウェアが成果物であり、最重要なプロジェクト進行尺度である。

アジャイル開発のメリット・デメリット:

〇メリット
・業務プロセスで優先度の高い機能の実装から着手できるようになる
・顧客が実際に動く画面や機能を試す事ができるので仕様の間違いや要求漏れに気付きやすい
・要求と実際のプロジェクトの誤りがあった場合でも、発生原因が分析できる
・開発の途中で仕様変更や仕様の追加をする時に柔軟に対応できる

〇デメリット
・開発のイテレーションの期間が短いので、マネジメントのコントロールが難しい
・小規模開発を繰り返していくので、大規模での開発には向かない
・仕様変更への対応力やコミュニケーション能力が求められる
・作成する資料が少なく、無統制で雑な作業になる可能性がある

アジャイル開発と他の開発手法の比較:

〇アジャイル開発
 短い期間で開発する。また適応的な開発で、変更が生じた場合にすばやく対応する事を優先する。

〇反復型開発
 短い期間での開発をする。こちらは月単位で目標を設定する。

〇ウォーターフォール
 計画重視で、最初から最後までの工程が全て設定されているので計画に沿って開発をする。

スクラム:

 スクラムとはアジャイル開発手法の1つで、スクラム開発の語源はラグビー等のスクラムから来ている。
 「共通のゴールに到達するため、開発チームが一丸となって働く」事が必要であるため、通常の開発手法と異なり、チームが自主的に行動する事が可能になる。
 スクラムは日々の共同作業と全員が日々直接合ってコミュニケーションをとり、計画プロジェクトの規律を守る事が重要になる。

前のページに戻る