IT用語解説

フィーチャーフォン 【フィーチャーフォン】

【OS】オペレーティングシステムのことです。基本ソフトと呼ばれます

【スマートフォン・モバイル系】

フィーチャーフォンとは:

 フィーチャー(特徴のある)携帯電話端末のことで、携帯電話の「音声通話以外の機能がある」携帯電話端末を指す。日本においてはスマートフォンでない「従来型の携帯電話」をガラパゴスケータイと呼んでいる。現在はスマートフォンの需要が高くなり、フィーチャーフォンからスマートフォンへ機種変更をするユーザーが増えた。
フィーチャーフォンは月額が安く、ネットの検索を使わない場合は通信費を抑えられるとして、スマートフォンからフィーチャーフォンに戻す人もいるため、今でもフィーチャーフォンは市場で一定の支持を受けている。

フィーチャーフォンの特徴:

 通話以外の機能がある多機能の携帯電話で、販売の主流としてインターネットの接続やワンセグ視聴/録画やおサイフケータイなどの機能が搭載されている。多機能携帯電話は日本の事業者専用仕様で設計されているので、輸出をしていないため、ガラパゴスケータイ(ガラケー)と呼称されている。
 また、通話するだけであればフィーチャーフォンを利用している方が安く済むため、電話はフィーチャーフォンでしてメールやWebはスマートフォンで利用する「2台持ち」をするユーザーも居る。

フィーチャーフォンの注意点:

・現在のWebサービスはスマートフォンに対応したものが多く、フィーチャーフォンでは閲覧が出来ない場合がある
・メール送信がキャリアのメールでしか送信できない
・ガラホはGooglePlay未対応でスマートフォンでインストールできるアプリがインストールできない

ガラパゴスケータイとは:

 フィーチャーフォンの別の名前で、ガラパゴス化と呼称されるビジネス用語に沿った名前のことを言う。
ガラパゴス化のガラパゴスはエクアドル領にあるガラパゴス諸島、正式名称はコロン諸島。ガラパゴス化は、孤立した環境で「最適化」が著しく進むと他の環境での互換性を失い取り残され、外部からの適応性と生存能力の高い種類が導入されると最終的に淘汰される現象のことで、日本の国内市場の進化が海外市場のデファクトスタンダードの仕様に合っていないなどが該当する。

ガラホについて:

 ガラパゴスケータイとスマートフォンを足した造語のことで、技術ではスマートフォンと同じでも、大部分の機能が従来のフィーチャーフォンに準じた機能が最低限盛り込まれているのが特徴。
 通信は3Gのみの対応のため、通信速度が遅く通信回線が繋がりにくい可能性がある。

前のページに戻る