IT用語解説

Actionscript 【アクションスクリプト】

【言語】プログラム言語のことです

【その他】

Actionscriptとは:

 ActionScript(アクションスクリプト)とは、アドビシステムズ社の製品であるFlash(フラッシュ)に使用されるプログラミング言語である。ECMAScript(イーシエムスクリプト)を拡張したもので、これを用いることにより、動画や音声のプレイヤーの作成など、コンテンツに複雑な処理や双方向性を持たせFlash作品を作ることが可能になっている。

Actionscript用途:

 ActionScriptでは、Flashを用いたシステム上でアニメーションや動画、音声などを使用したインタラクティブなマルチメディアシステムが簡単に作成できる。このためActionScriptは、Webにおいて視覚的に優れたページデザインやリッチクライアントなどを実現するための有力な選択肢となっている。
 また、ミニゲームや展示会用のプレゼンテーションなどを作成する用途にもしばしば用いられている。ActionScriptは、プログラミング言語として見ると、その文法はJavaScript(ジャバスクリプト)と互換性がある。
 ActionScriptは、当初からプロトタイプベースのオブジェクト指向をサポートしている。さらに、バージョン2.0、3.0以降は、クラスベースのオブジェクト指向もサポートするようになり、より本格的なプログラミングも可能となっている。

Actionscript使用における準備:

 FlashDevelop(フラッシュデベロップ)というエディタが無償で配布されており、これを起動するためにJavaと.net Framawork(ドットネットフレームワーク)が必要になる。
 Flashを作成する場合追加でFlex SDK(フレックス エスディーケー)というものがAdobe(アドビ)がオープンソースで提供しているのでこれを入れれば良い。

Actionscript使用における注意点:

 ActionScriptは文末に;が必要なく一行に複数の分を書くときに;で区切ります。
 また、変数宣言をするときにはvarを使い変数名の後に:を挟んで付けます。
 ActionScriptにはブロックスコープがないため、関数が最小のスコープになります、ブロック内では変数を記述しないようにするのが推奨となっています。

Actionscript習得における仕事:

 ソーシャルゲームやブラウザゲーム、Webデザインなどで利用されることが多いです。

前のページに戻る