IT用語解説

C# 【シーシャープ】

【言語】プログラム言語のことです

【Windows系】Windowsにて使用されます

.NET(C#)とは:

 Visual C#.NETとは、Microsoftが提供している、オブジェクト指向のプログラミング言語であるC#を用いて.Net Framework向けのプログラムを開発するの開発環境のことである。VisualC#は、C#に基づくMicrosoftの実装であり、C言語やC++流れを汲みながらも、メモリ管理が容易になるなどの改良が加えられており、とりわけ.NET Frameworkによる開発者が行いやすい仕様になっているとされている。VisualC#は、コンパイルされた際に共通中間言語と呼ばれる中間言語の一種へ変換される。これによって、プラットフォームに依存することなくNET Frameworprkが提供されている様々なプラットフォームに向けてVisualC#.NETを用いることができるようになっている。

 

.NET(C#)用途:

 開発者が行いたいことを可能な限りそのまま書けるように言語仕様を進化させている。アプリケーション開発に置いて需要が高い割りに面倒の多いGUI開発とデータアクセス機能が得意に多く、GUI開発向けの機能としては、デリゲートやイベントなどがあげられる。
 データアクセス向けの機能としては、LINQと呼ばれる機能があり、並列処理を見越したデータ操作を意図通りに書く事ができる。
 一方パフォーマンスへの配慮から、ポインターなどの低級な機能もサポートしている。ただし、パフォーマンス上の理由でポインターが必要とされる場面がほとんどない。

.NET(C#)使用における準備:

 Visual Studio Communityというマイクロソフトが提供する、無料の.NET Framework開発環境があり、機能はVisual Studio Professionalと同等のものになっている。
 サポートされているOSはWin7、Sp1、8、8.1などであり。また、IE10以上がインストールされていないと一部機能が利用できないので注意が必要である。

.NET(C#)使用における注意点:

 短期的にみると簡単であるが、長期的には負債にしかならないというのが多くあり注意が必要となる。
1つのメソッド内に処理を詰め込むのは書いている最中は楽だが、後々保守ができなくなる。この点C#は小分けにするための構文、LINQなどが存在しており。また、Visual Studioはリファクタリング機能を持っており、例えば、詰め込みすぎた処理をメソッドとして切り出して処理をする機能などがある。

.NET(C#)習得における仕事:

 C#はCやC++、Javaを使いやすくした言語といわれておりWebやクラウドを通じた分野が得意な言語であるため、今はWebやクラウドを利用したサービスに多くしようされている。

前のページに戻る