IT用語解説

CentOS 【セントオーエス】

【OS】オペレーティングシステムのことです。基本ソフトと呼ばれます

【Linux/UNIX系】

CentOSとは:

 CentOS(セントオーエス)とは、Red Hat Enterprise Linuxとの完全互換を目指したフリーのLinuxディストリビューションである。
 CentOSは、レッドハット社の商標や商用パッケージ等を除去したものを、リビルドしている。White Box Enterprise Linux、Scientific Linux等を含めて、一般に「RHELクローン」と呼ばれることもある。

CentOSの用途:

 企業のサーバや業務用デスクトップ環境の構築としており、レッドハットのサポートが不要な企業向けとしている。
 業務用デスクトップ用途も想定されていることから、高機能なGUI環境も標準で提供されている。 各プロジェクトの公式サイトにて公開されているLibreOfficeやOracle VM VirtualBoxなどのRPMパッケージや後述するサードパーティのリポジトリを用いてビジネスソフトやデスクトップ仮想化ソフト、GPUや周辺機器のデバイスドライバ、セキュリティソフト、デジタルコンテンツ制作ツール、メディアプレーヤー、ビデオコーデックなどをインストールすれば、本格的なデスクトップOSとして使用することが可能である。

CentOS使用における事例:

 CentOSをベースにしたLinux ディストリビューションの利用事例として
NuOnce Networks CentOS / BlueQuartz CD
BlueOnyx
Openfiler
Rocks Cluster Distribution, for computer clusters, is now based on CentOS
SME Server
Trixbox, a PBX solution
XenEnterprise
PBX in a Flash

CentOS使用における注意点:

  OSをx86サーバーにインストールする場合、目的の業務に応じたハードウェアの設定を整えておく必要がある。近年、x86サーバーに搭載できるメモリやディスクの容量が急激に増加しており、これに伴い、ハードウェア側の事前準備を適切に行わないと、購入したハードウェアの機能や性能を十分に発揮できないといった事態に陥る可能性がある。特に、データベースサーバー等で、巨大なメモリ空間を利用する場合には、注意が必要。

CentOS習得における仕事:

 インフラエンジニア

前のページに戻る