IT用語解説

CSS 【シーエスエス】

【言語】プログラム言語のことです

【WEB系フロントUI】

CSS(シーエスエス)とは:

 CSSとは、Cascading Styke Sheets(カスケーディング・スタイルシート)の略であり、ホーコン・ウィウム・リー氏によって提唱された、ウェブページのスタイルを指定するための言語である。
 ワープロソフトなどで作成される文書も含めて文書のスタイル指定する技術全般をスタイルシートといい、HTML(エイチティエムエル)やXHTML(エックスエイチティエムエル)などで作成されるウェブページにスタイルを適用する場合には、スタイルシート言語であるCSSが一般的に利用されています。
 CSSは、HTMLと組み合わせて使用する言語であり、HTMLがウェブページ内の各要素の意味や情報構造を定義するのに対し、CSSではどのように装飾するかを指定します。たとえば、ウェブページがスクリーンに表示される際の出力スタイル、音声で読み上げられる際の再生スタイルなど、ウェブページをどのようなスタイルで表示・出力・再生するかについて指定ができます。

CSS言語用途:

 現在、ウェブページを制作する言語として広く利用されているHTMLやXHTMLには装飾目的の要素や属性が存在しています。また、タグでレイアウトをまとめるなどの方法を駆使すれば、HTMLだけでウェブページの見栄えを制御することもできなくはありません。
 しかし、ウェブページのスタイリングにHTMLを用いるべきではありません。HTMLは情報構造定義するための言語であり、見栄えの制御のために本来の役割とは違った使い方をすると文書の情報構造がでたらめになってしまうからです。コンピューターや検索エンジンに理解されないでたらめな文書構造になってしまえば、せっかくの情報もうまく活用されません。
 また、HTMLの要素をどのように表示するかは、ブラウザによって異なることがあります。HTMLタグを駆使してある観覧環境では見栄え良くレイアウトできたとしても、他の観覧環境ではまったく意図しないレイアウトになってしまうこともありえます。

CSS言語使用における準備:

 特にデバック環境がありません、テキストファイルを作成し拡張子を.cssに変更するだけでCSSファイルになります。
 CSSファイルの作成後テキストエディタ等を利用し、ファイルを開き一行目に文字コードの指定をするだけになります。

CSS言語使用における注意点:

 CSSでレイアウトするときにはブラウザによる表示の違いについて注意が必要になります。
IE(アイイー)やFireFox(ファイアフォックス)などではCSSの認識のされ方が異なり表示が変わる場合があります。

CSS言語習得における仕事:

 デザイナーが作成したホームページ用のWebデザインをブラウザで表示できるようにHTMLとCSSのコードを使用し再現していく作業が主になります。

前のページに戻る