IT用語解説

FORTRAN 【フォートラン】

【言語】プログラム言語のことです

【その他】

FORTRAN(フォートラン)とは:

 FORTRANとはIBM(アイビーエム)のジョン・バッカスによって考案された。コンピュータにおいて広く使われた最初の高水準言語である。FORTRANは科学技術計算に向いた手続き型プログラミング言語であり、長い歴史の間に開発された多くの数学関数やサブルーチンを数値解析ソフトウェアの形で持っている。
 また、並列計算の並列性を明示的に書く事ができ最適化が行いやすく、そのため他の言語より高速である等の理由から、数値予報および気候モデル、構造力学における有限要素法、計算流体力学、計算物理学、計算機科学、計量経済学、動物と植物の品種改良などの大規模な計算を置こうなう分野において、スーパーコンピュータで使われている。
 また、C言語にたいるすC++言語のようにFotran90,95の言語仕様は、FORTRAN77の頃と比べればかなり拡張され進歩したものになっている。

FORTRAN用途:

 Fortranは数値計算用のプログラミング言語として設計されており、各種組み込み関数や複素数、そして強力な配列操作など数値計算に便利な機能があらかじめ組み込まれており、他の高級言語と比較して、数値計算プログラムを簡潔に記述することができ、一般的にパフォーマンスに優れています。Fortranは言語仕様上コンパイラにとって最適化しやすく、優れた数値計算ライブラリが豊富です。移植性にも優れているため作成したプログラムを変更することなくPCからスーパーコンピュータまで様々な環境で利用ができます。

FORTRAN使用における準備:

 Fortranは無償のコンパイラであるGNUfortranのみを導入すれば基本的動作が可能になります。

FORTRAN使用における注意点:

・実行部に変数の宣言を組み込むことができません。
・同一ファイル内でmodule(モジュール)を利用する場合use()より先にmoduleを定義する必要があります。
・別ファイルとしてmoduleを利用する場合use()のあるファイルより先にmodule側をコンパイルする必要があります。

FORTRAN習得における仕事:

 構造解析や、精密機器シミュレーションなど計算系統の仕事がほとんどである。

前のページに戻る