IT用語解説

HTML5 【エイチティエムエルファイブ】

【言語】プログラム言語のことです

【WEB系フロントUI】

HTML5とは:

 HTML5とは、HTMLの5回目にあたる大幅な改定版である。現在、ウェブページを作成する際に一般的に利用されているのがHTML4.01ですが、次世代のウェブ環境に合わせて、新たに仕様検討されているのがHTML5になります。今のHTML4やXHTML1の目的は、HTMLタグで構造付けされたHTML文書を作成することです。これらのバージョンのHTMLでは、作成された情報をただ公開している分にはよいのですが、ユーザーの操作に反応してなんらかの情報処理をする、いわゆるウェぷアプリケーションを作成する機能不足名面があります。HTML5では、これまでのHTML4と同じようなHTML文書を作成する機能が改良されているのに加えて、ウェブアプリケーションを開発するため様々な仕様が新たに盛り込まれています。
 HTMLが普及した際には、今までプラグインなどのHTML以外の技術を併用しないと実現できないような機能のいくつかが、標準のHTMLやJavaScript(ジャバスクリプト)で比較的シンプルに実現できるようになります。

HTML5言語用途:

 HTML4で実現するのが困難だった機能などが用意に容易に実装でき、長かった記述を短くし、要素の定義や見直しや追加などが行われているため、HTML4のときより多くの物が作成できる。

HTML5言語使用における準備:

 テキストファイルを作成し、拡張子をHTMLに変更しテキストエディタなどを使用し編集するだけで作成が可能である。

HTML5言語使用における注意点:

 HTML5は未だ草案の状態であり、また仕様として固まっていないため、使用が変わる可能性があり、ブラウザごとの実装状況が異なる場合があるためブラウザのよってはHTML5が対応していない場合があり、バージョンごとでも対応の有無があるため注意が必要である。

HTML5言語習得における仕事:

 デザイナーが作成したホームページ用のWebデザインをブラウザで表示できるようにHTMLとCSSのコードを使用し再現していく作業が主になります。

前のページに戻る