IT用語解説

Java 【ジャバ】

【言語】プログラム言語のことです

【WEB系サーバー】WEBサーバーにて使用されます

Javaとは:

 Java(ジャバ)とは、オラクル(サン・マイクロシステムズ)が開発した言語であり、狭義ではオブジェクト指向プログラミング言語であり広義ではプログラミング言語であり、プログラム実行環境および開発環境の事をいう。
 Javaは、それ以前のさまざまな言語の良い部分を引き継ぎ、欠点を克服するように設計してある。
構文などはCおよび、C++(シープラス)から多くを引き継ぎ、ポインタなどの低レベルな操作は排除してある、そしてオブジェクト指向プログラミングをサポートしており、オブジェクトモデルはSmalltalk(スモールトーク)やObjective-C(オブジェクティブシー)と同様の簡潔なものを採用している。
 機会言語に直接コンパイルされるのではなく、中間言語にコンパイルされ、仮想マシンの上で動作する。これにより、プラットフォームに依存しないアプリケーションソフトの開発が容易になっている。
 JavaとJavaScriptは別物であるので注意が必要であり、Javaはサーバーを主に使用されており、JavaScript(ジャバスクリプト)はクライアントでの使用が主になっているので注意が必要である。

Java用途:

 携帯用のアプリケーションやUnix系のアプリケーションで使われることが多く、またJavaサーブレットとしてWebアプリケーションを構築する場合などに使われる事が多いです。
 クライアントとしてJavaアプレットというものがありますが、最近ではFlash(フラッシュ)やJavaScriptが主流になっているので使用する機械は少ない状態です。

Java使用における準備:

 Javaは特定の開発環境、実行環境によって実行されるSun Microsystemsや、ソフトウェア開発キット(JDK)総合開発環境(IDE)がある。

Java使用における注意点:

 比較時に==の使用をしてしまいますと期待通りの動作がしない場合があります、比較する場合は用意されている比較メソッドを利用する必要があります。
 Java標準API(エーピーアイ)には、正規表現をPattern(パターン)ではなくString(ストリング)として受け取るメソッドがいくつか存在します。String#split(String)がその一例です。ですからバックスラッシュで分割する場合は、”⁄⁄”ではなく”⁄⁄⁄⁄”を渡さなければなりません。Stringを引数に取るメソッドを使う場合はJavadoc(ジャバドック)に注意しましょう。
 Stringに含まれる文字数を数えるためにLength(レングス)を使用しても期待通りの動作をしません、Javaではこのメソッドは文字列内のUnicode(ユニコード)単位の数を返すメソッドになっています。

Java習得における仕事:

 Web(ウェブ)系統の仕事が多くなりますのでJavaのみではなくServlet(サーブレット)やSQL(エスキューエル)の知識も必要となっていきます。

前のページに戻る