IT用語解説

JavaScript 【ジャバスクリプト】

【言語】プログラム言語のことです

【WEB系フロントUI】

JavaScriptとは:

 JavaScriptとは、ネットスケープコミュニケーションズによって開発された言語であり、WEB(ウェブ)上でインタラクティブな表現をするために開発されたオブジェクト指向のスクリプト言語である。HTML(エイチティエムエル)内にプログラムを埋め込むことで、Webページに様々な機能を付加できるためHTMLやCSS(シーエスエス)では表現できないユーザーの動きに応じたものを作ることができる。従来Webページでは印刷物のような静的な表現しか作れなかったが、JavaScriptにより幅広い表現が可能になった。

JavaScript用途:

 JavaScriptはプロトタイプベースのオブジェクト指向のプログラミング言語であり、多くの場合はC言語に似た手続き型言語のようなスタイルで書かれるが、第一級関数をサポートしているなど、関数型言語の性質も持ち合わせている。そのような柔軟な設計からいくつかのアプリケーションではマクロ言語としても採用されている。いくつかの統合開発環境はJavaScriptをサポートしており、大規模開発が可能になっている。また書く処理の実装の違いによる互換性の問題は、Prototype JavaScript Framework(プロトタイプ ジャバスクリプト フレームワーク)などのライブラリが吸収することにより解決が図られている。さらにExt JSなどの本格的なGUIライブラリの登場によりデスクトップアプリケーションと遜色ないユーザインタフェースの構築が可能になった。また、DWRなどの技術の発達によりクライアント・サーバ間の通信が容易になったことや、JettyなどのアプリケーションサーバがComet(コメット)利用時のメモリ使用量の削減を実現したため、サーバからクライアントへの情報のプッシゅ型の配信が実用的となった。

JavaScript使用における準備:

 JavaScriptはテキストエディタでも十分に書く事ができるが、Eclipse(イクリプス)やVisualStudio(ビジュアルスタジオ)などのJavaScript開発のサポートを行っているもの物が複数あるため、効率的にやるならそちらを使ったほうがよい。

JavaScript使用における注意点:

 JavaScriptはスレッド制御の命令をサポートしていないため、マルチスレッドのコードを書く事が困難だが、WHATWG(ワットダブルジー)によりWeb WorkersAPI(ウェブ ワーカーズ エーピーアイ)の策定が進めてられており、バックグラウンド処理や非同期入出力の制御が容易に実現できるようになっている。

JavaScript習得における仕事:

 JavaScriptは主にWeb上で動くアプリケーション開発で主に使われている言語であるため、JavaScriptだけではなくCSSやHTMLの知識が必要になることがある。

前のページに戻る