IT用語解説

Office 365 【オフィスサンロクゴ】

【サーバー基盤・パッケージ】サーバー基盤に関する用語やパッケージなどです

【サーバー基盤・パッケージ】

Microsoft Office 365とは:

 マイクロソフトから提供される商用のソフトウェア プラス サービス型クラウドサービスで、デスクトップ、アプリケーションであるMicrosoft Officeスイートの月額課金バージョンとマイクロソフトサーバー製品であるExchange Server、SharePoint Server、Skype for Business Serverをマイクロソフトがホスティングして提供されるクラウドサービスをセットにした製品。

 Office 365 は BPOSの次期バージョンという位置づけであり、ベータバージョンの提供を経て、2011年6月28日(29日)に正式版が提供された。

Exchange ServerExchange Server:

 2013をマイクロソフトがホスティングして提供するクラウドサービス。
Microsoft Exchange Online は50GBの電子メールボックス、および予定表共有・連絡先・仕事リストを管理するPIM機能を提供する。
 また、メールボックスに配信されるボイスメール、標準搭載されたスパム対策・ウイルス対策機能、アーカイブ機能、スレッドビュー、メールヒントなどの機能を提供する。

SharePoint Server:SharePoint Server 2013:

 マイクロソフトがホスティングして提供するクラウドサービス。
 組織内外の様々なサイト(個人用サイト、チームサイト、イントラネットサイト、エクストラネットサイトなど)を駆使して
ドキュメントの共有や共同作業が可能。公開用のWebサイトを作成することも可能。
 最近のサービスでは、個人用サイトの中にOneDrive for Business(旧SkyDrive Pro)と呼ばれる1TBの個人用スペースが提供され、PCとの同期ツール、Windows 8ストアアプリやiPhone/iPadからアクセスできるアプリも提供されている。

Skype for Business Server:Lync Server 2013:

 マイクロソフトがホスティングして提供するクラウドサービス。
 Microsoft Skype for Business Onlineはプレゼンス情報、インスタントメッセージ、PC同士の音声・ビデオ通話と、アプリケーション共有・デスクトップ共有・ホワイトボードなどを駆使したオンライン会議の機能を提供する。
Microsoft Skype for Business Onlineの機能には、Skype for Businessクライアントからアクセスする。Skype for Business Onlineを使うと、Officeアプリケーション内にプレゼンス情報を表示したり、プレゼンスアイコンからワンクリックでコミュニケーションを開始したりすることができる。

前のページに戻る