IT用語解説

MVC

【開発ツール・その他技術】開発するためのツールなどです

【その他技術】

MVCとは:

 MVC(Model View Controller モデル・ビュー・コントローラ)とは、ユーザーインターフェースを持つアプリケーションソフトウェアを実装するためのデザインパターンのことである。
 MVCではプログラムを「Model」「View」「Controller」の三種類に分割して考える。

〇Model
 アプリケーションが扱う領域のデータと手続き(ビジネスロジック)を表現する要素で、データの変更とViewを通知するのもModelがすることになる。

〇View
 Modelのデータを取り出してユーザが見るのに適した形で表現する要素で、UIへの出力を担当する。
 webアプリケーションではHTMLを生成して動的にデータを表示するためのコードにあたる。

〇Controller
 ユーザからの入力(通常イベントとして通知される)をModelへのメッセージとして変換してModelに伝える要素でUIからの入力を担当する。

 別名として、UIにおける入力と出力は本質的には不可分であるため、viewとコントローラはいつでも分離するとは限らない。
 このような構造をDocument-Viewと呼ぶ。
 また、対象となるModelにView・Controllerを持たせるだけでなくユーザとモデルの構成要素との対話のために各々の構成要素にもView・Controllerを持たせる構造を拡張MVCと呼ぶ。

MVCの用途:

 デザインパターンの1種類としてMVCを扱う場合もあるが、MVC自体が他の小さなデザインパターンとセットで運用されている。
 また各モジュールが比較的はっきりと分かれ、プログラムの見通しが良くなり、ユーザーインターフェースの部分を別のモジュールにとりかえることが容易であるため、自動プログラミングなどにも利用される。

MVC使用における注意点:

 単一のクラスに多くのコードを詰めて、Modelが肥大化する可能性がある。
 また、目的の違うコードを含んでいる場合も、モデルの保守が困難になる

MVC習得における仕事:

 ブラウザソーシャルゲームエンジニア・フロントエンドエンジニア・サーバエンジニア・バックエンドエンジニア(サーバサイド)・Webアプリ開発・LAMPエンジニア

前のページに戻る