IT用語解説

Perl 【パール】

【言語】プログラム言語のことです

【WEB系サーバー】WEBサーバーにて使用されます

Perlとは:

 Perl(パール)とはラリー・ウォールによって開発された言語であり、実用性と多様性を重視し、C言語やsed(セド),awk(オーク),シェルスクリプトなど他のプログラミング言語の優れた機能を取り入れている。ウェブ・アプリケーション、システム管理、システム処理などのプログラムを書くために広く用意られている。
 Perlはコンパイル作業を必要とせず実行の速度を非常に速くしており、後方互換性にすぐれております。
 旧バージョンで作成したプログラムが壊れることなく使用できるのが特徴です。
 数値計算は他言語より遅めになっていますが、テキスト処理に最適化されており、利用頻度の高いテキスト処理を適切に処理することが出来るようになっており、パフォーマンス的な困難が発生したときは、C/C++のバインディングを書く事によって、解決できるように設計されています。

Perl用途:

 Perlはテキスト処理が早いという特徴をもっているのでWebプログラミングやテキスト分析などで使用されることがあります。また、サーバ管理の開発にも使われることがあります。

Perl使用における準備:

 基本的にPerlの実行環境以外の外部的な準備は必要はない。

Perl使用における注意点:

 エラー回避として初期にuse strict use warningsと書く場合があるが、別に書かなくても問題はない、だが書かない場合だとエラーも正常として扱われ通ることがあるので注意が必要である。
 Perlにはboolean(ブーリアン)が存在せずconstant(コンスタント)と記載する必要があり、特殊変数がいくつか存在するため使用時に注意が必要である。

Perl習得における仕事:

 テキスト処理の速さとコンパイルが不要という特徴をもっているため、開発期間があまり長めではないWebプログラミングやサーバ処理などが主になっています。

前のページに戻る