IT用語解説

Swing 【スウィング】

【フレームワーク】骨組み、構造の意味で、開発基盤を指します

【Java系】

Swingとは:

 Swing(スウィング)は、プログラミング言語 Java のGUIツールキット。同じく Java の GUI ツールキットである AWT を拡張したもの。
 (AWTとは、Abstract Window Toolkitの略でJavaの独自のプラットフォーム非依存 ウィンドウシステム、グラフィックス、ユーザインタフェース(UI)、ウィジェット・ツールキットのことである)

Swing用途:

 AWT はオペレーティングシステムのウィンドウシステムに準じたデザインになるのに対し、Swing で作成した GUI は Java プログラム上で描画されるので、より柔軟な設計が可能となる。AWT に対し Swing のようなコンポーネントを軽量コンポーネントと呼ぶ。
 プラグイン可能なルック・アンド・フィールを持っているので、簡単にルック・アンド・フィールを切り替えることができる。また AWT には無かった、表、スライダー、スピナ、ツリー表示をするコンポーネントなど高度なコンポーネントが用意されている。

Swing使用における事例:

Swing使用における注意点:

・子コンポーネントを直接コンポーネントに追加できなくなっている
・paint() のオーバーライドが推奨されなくなっている
・スーパークラスの機能が保障されない(推奨されない)

Swing習得における仕事:

 Javaエンジニア

前のページに戻る