IT用語解説

Unity 【ユニティ】

【開発ツール・その他技術】開発するためのツールなどです

【デザイン系】

Unityとは:

 Unity(ユニティ)とは、ユニティ・テクノロジーズが開発した複数のプラットフォームに対応できるゲームエンジンである。
ウェブプラグイン、デスクトッププラットフォーム、ゲーム機、携帯機器向けのコンピュータゲームを開発するために用いられ、100万人以上の開発者が利用している。
 2013年12月16日、ユニティ・テクノロジーズジャパンから『ユニティちゃん』というマスコットキャラクターが公開された。ゲーム開発者向けにユニティちゃんの3DモデルがUnityアセットストアで無償配信されている。
 Unity上でVOCALOIDの歌声を利用した音楽ゲーム等を作れるように、ヤマハと合同で「Unity With VOCALOID」というプロジェクトが立ち上げられ、ソフトウェア開発キット「VOCALOID SDK for Unity」の無償配信が開始した。このソフトのインポートを行うことで「ユニティちゃん」の歌声のライブラリである「Unityランタイム版VOCALOID Library unity-chan!」を利用することができる。
 利用条項とガイドラインさえ守れば2次創作も可能なため、オープンソース系ヒロインと呼ばれている。

Unity用途:

 Unityは主にモバイルやブラウザゲーム製作に使用されるが、コンソールゲーム機およびPCにゲームをインストールすることもできる。このゲームエンジン自体はC言語/C++で書かれているが、スクリプト言語としてC#、UnityScript (JavaScript)、Booの3種類のプログラミング言語に対応している。

Unity使用における事例:

 利用事例として『ドラゴンクエストⅧ 空と海と大地と呪われし姫君(iPhone版/Android版)』『Angel Beats! ゆりっぺのギルド大降下大作戦』『コエスタ – アイドル声優育成RPG』

Unity使用における注意点:

 Unity PersonalとUnity Proの2つのライセンスがある、Proバージョンは1500ドルだがPersonalは無償である。
 ProバージョンはUnity Cloud Build、Unity Analytics Pro、早期ベータアクセスといった機能が利用できる。

Unity習得における仕事:

 ゲームクリエイター、ソフトウェア開発、3Dモデルを使ったシュミレーション

前のページに戻る