IT用語解説

VC++ 【ブイシープラスプラス】

【言語】プログラム言語のことです

【Windows系】Windowsにて使用されます

VC++とは:

 VC++とはマイクロソフトビジュアルシープラスの略であり、マイクロソフト製のC,C++/CLI用統合開発環境である。事実上のWindownの標準開発完了であり、その最適化性能は非常に高くさらに、VisualC++7.1からは標準C++規格への準拠度も高いことで知られている。同じバージョンdめおいくつかのエディションが存在し、以前は上位エディションしか最適化をサポートしていなかったが、VisualC++2005から基本的な最適化は全てのエディションにおいて行えるようになった。Visual2005以降はVisual BasicやVisualC#などのほかの開発言語と統合されたVisual Sutudioのパッケージとして販売されている。VisualC++.NET2003までは言語別製品として販売されていたが2005以降は行われていない。販売されているVisual Studioパッケージから機能を制限した無料の物が入手できる。

 

VC++用途:

 VC++は統合開発環境であるため基本的に出来ないことはなく、c++を開発するうえでのフレームワークがあらかじめ用意されているため、開発がしやすくなっているが、VC++特有のクセがあるためそこにだけ注意が必要である。
 VC++のコンパイラはC,C++、C++/CLI、C++/CXのソースコード入力も受け付けている。

VC++使用における準備:

 Visual Studio Community(ビジュアル スタジオ コミュニティ)というのがマイクロソフトから無償で提供されているため始めるだけならばそちらのみをインストールするだけで問題はない。

VC++使用における注意点:

 属性構文など一部C++の機能が使えない場合があるので注意が必要である。

VC++習得における仕事:

 VC++はフレームワークであるためC++を使う基本的にできないものはない。

前のページに戻る