IT用語解説

Windows Server 【ウィンドウズサーバ】

【OS】オペレーティングシステムのことです。基本ソフトと呼ばれます

【Windows系】

Windows Serverとは:

 Microsoft Windows Server(マイクロソフト ウィンドウズ サーバ)は、マイクロソフトのサーバコンピュータ向けOSの製品名で、同社の「Windows」のサブブランドでサーバ向けに導入する事を開発された一連の製品群で構成されている。用途や規模に応じて複数のエディションが用意されていて、特定の機能に特化した専用製品もある。
 「Windows」の操作に慣れていれば容易に操作でき、Windowsのソフトウェアの多くが、Windows Serverでも動かせるため、データの作成や保存が手軽に行えるようになる。

Windows Serverの用途:

 おもに企業内ネットワークで利用されていて、一般的なサーバ機能とマイクロソフトによって開発されたユーザーとコンピュータを管理する仕組みを構築できるようになる。

Windows Server使用における事例:

 株式会社サンリオ:ディザスタ リカバリへの取り組みをきっかけに、情報系システムを Windows Server 2012 R2 および、Windows Azure そして、Microsoft System Center 2012 R2 の組み合わせによるハイブリッド クラウドへ移行。災害時の連絡系統を担保すると共に、将来の本格的なクラウド利用に備えたノウハウの蓄積と活用。
(ディザスタ リカバリ:災害時のシステム障害を素早く復旧・修復を行うための仕組みや体制のこと)

 日本たばこ産業株式会社:次期標準デスクトップ環境の検証のために Windows Server 2012 R2 での VDI (仮想デスクトップ インフラストラクチャ) の活用に着手し始めました。検証環境の構築にあたっては、マイクロソフトの製品とテクノロジだけで実装することを重視し、シングル コンタクト ポイントによるサポートや問題解決を実現しています。

Windows Server使用における注意点:

Windows Server習得における仕事:

 Windows Server構築・テスト、インフラエンジニア、システムの運用・保守業務、システムの基盤構築・維持業務

前のページに戻る