IT用語解説

XML 【エックスエムエル】

【言語】プログラム言語のことです

【WEB系フロントUI】

XMLとは:

 XMLとは、Extensible Markup Language(エクステンシブル マークアップ ランゲージ)の略であり、文書やデータの意味や構造を記述するためのマークアップ言語の一つ。マークアップ言語とは、「タグ」と呼ばれる特定の文字列で地の分に情報の意味や構造、装飾などを埋め込んでいく言語のことで、XMLはユーザが独自のタグを指定できることから、マークアップ言語を作成するためのメタ言語とも言われる。
 XMLはデータを記述するための文法であり、文法に沿って記述されたデータを「XML文書」と呼び。XML文書はテキストとして記述され、文字コードにはUnicode(ユニコード)などが使用される。テキストデータは、その解釈にCPU(シーピーユー)やハードウェア固有の機能などを必要としないため、基本的にどんなシステムでも読み込むことができる。

 

XML用途:

 XMLにより統一的な記法を用いながら独自の意味や構造をもったマークアップ言語を作成する事ができるため、ソフトウェア間の意味や構造を持ったマークアップ言語を作成することができるため、ソフトウェア間の通信・情報交換に用いるデータ形式や、様々な種類のデータ保存するためのファイルフォーマットなどの定義に使われている。XMLを様々な場面で利用しやすいよう、関連技術規格も多く存在し、文書を表示する際の書式や装飾などを指定するXSL,ハイパーリンク機能を実現するXLink/Xpointer(エックスリンク/エックスポインター),XMLベースの言語の使用を記述するためのスキーマ言語であるXML Schema(エックスエムエル スキーマ)やRELAX(リラックス),XMLをプログラムで利用するためAPIであるDOM(ドム)やSAX(サックス)などである。

XML使用における準備:

 XMLはテキスト文書であるため、XML自体を記述するのに特に準備は必要ない。

XML使用における注意点:

 XMLは多言語環境の対応を前提とした仕様であり、サポートすべき文字コードをUnicodeのみと定めています。また、この仕様は他の文字コードの仕様を禁止するものではなく、変換機能のないソフトウェアでの文字化けを避けるためでもあります。
 XMLは開始タグと終了タグがない場合エラーを返します、また要素名はアルファベットの大文字と小文字を区別するため注意が必要になります。

XML習得における仕事:

 Webサービスや情報管理で主に使われている言語であり、他にHTMLなどを覚えていると良い。

前のページに戻る