top_image_02
top_image_01

PCエンジンで遊んでみました!【Dungeon Explorer】

2017年9月26日  カテゴリ:インターンシップ, レトロゲーム

バカはひかない夏風邪を引いてしまいました、インターン生の笠木です。

冷房の効いた屋内と、猛暑の屋外の行ったり来たりは身体に良くないですね。

皆さんも体調には充分気をつけてください。

さて、週明けの月曜日。今日プレイしたゲームはこちら

「Dungeon Explorer」です。「Explorer」と聞くとInternet explorerが頭をよぎります。

ですがこの「Explorer」、そもそもの意味は「冒険者」だそうで、直訳すると「迷宮を冒険する者」?

ダンジョン探索ゲームということになるんでしょうか?「風来のシレン」などが有名ですかね。

笠木は「ポケモン不思議のダンジョン」しかプレイしたことがないので、今回はどうなることやら…。

何はともあれ、プレイ開始です。

まずはタイトル画面。

いつもならデモプレイなどが流れるこのタイミングで、このゲームは世界観の説明をしているようですね。

文章がスクロールしていきます。隣の吉崎くんが読み上げてくれているにも関わらず無慈悲なスキップ。

するとやはり、例のごとく突然ゲームが始まります。

ここではキャラクターの説明をしてくれているみたいなんですが、英語だし長そうなのでここもスキップ。

続くワールド選択のような画面では、コントローラーのボタンを適当に押してさっさと進みます。

すると酒場のようなシーンに移りますね。次はどうやらキャラクター選択画面のようです。

ざーっと見ただけでも選択可能なキャラクターは5人を超えてますね。

このキャラクター全員分の説明をしてくれていたとすると、キャラクター説明はスキップして正解だったかな?

とりあえず1番最初にカーソルが示していたので、ファイター?かな。これに決めました。

選択したとたんマップに笠木の分身が現れましたね。話しかけようにもそんなコマンドはないみたいで、

ここでも住人は笠木を無視します。厳しい世界です。

何をしたらいいのかわからないので、まずは王様に会いに行きましょう。

王様がいるのかはわかりませんが、酒場を出て上のお城のような場所に向かいます。

えー、中にはなんにもないです。誰もいないです。このゲームは何をしたらいいんだ。

考えてもわかるものではなく、ダンジョンのエクスプローラーなのでここは潔くダンジョン探索に向かいましょう。

街の下の出口から出るとそこはもうダンジョンです。ワールドマップというか、フィールドマップはないんですね。

ダンジョンに入った途端、突然話しかけられてびっくりしました。この人だれでしょうか。見るからに小物というか悪者というか…。

話を聞く限り、どうやらフロアのボスを倒せば次に進めるー、みたいな流れらしいです。

そうと決まれば早速階段を降りましょう。そして早速敵ですね。

緑色のスライムのような生き物が赤い水たまりのようなところからわらわらと湧いてきます。

とりあえず逃げます。とりあえず怖いです。どうしたものかと適当にボタンを押していると、突然キャラクターがビームを出します。

反撃の術があるとわかるや否や、態度を急変してこちらに向かってくるスライムと、それから水たまりを壊していきます。

さながらアリを踏み潰す像のような気持ちで階段を下りつつ敵を倒していきます。結構爽快ですね、これ。

そんな調子でフロアを下っていましたが、ここで急に今まで壊せていた岩が壊せなくなりました。

さっき拾ったアイテムをうまく使うのかな?とかいろいろ考えながら別の道がないか戻ろうとしたとき、気づいてしまいます。

やってきたはずの階段がないんですね。

「あ、これ詰んだ。」笠木も、隣の吉崎くんもそう思いましたが、しかしよく見てみると道をふさぐ岩。

これどっかでみたことあるなぁ…そう思って近づいてみると案の定。押せました。

ポケモンで嫌というほど越えてきた「かいりきを使う岩」ですね。仕組みがわかればチョロいもんです。

調子に乗ってフロアを下っていくと、突然大きな敵が現れます。どうみてもボスですかね。

正解でした。彼がこのダンジョンのボスのようです。

こいつの華麗に倒してゲームクリア…と思いきや、あっさりやられちゃいますね。

さてどうしたものかと適当にボタンを押していると、なぜか復活します。なぜでしょう。残機制なんですかね。

なんにせよ、力押しでボスを倒します。斜めに判定があるビームって、わかっていてもよけらんないもんですね。

ボスを倒して出現した階段を上り、地上へ向かいます。と、ここで異変が。なぜか攻撃できない。

これまで出せていたビームが出なくなりました。そうなるとゲームの難易度が一気に上がります。

華麗なステップでなんとか敵をかわしつつ上へ上へと向かいますが、いつの間にか別のマップに到着してしまいます。

おそらく次のダンジョンでしょうか。スライムの色も違いますが、依然として攻撃はできないので避けながら先へ進みます。

移動のみで善戦しますが、限界が訪れあっけなくやられてしまいます。そしてまたも謎の復活。次こそゲームオーバーだと思ったんだけどなぁ。

さらに復活したらなぜかまた攻撃できるようになったので、仕組みがわからないまま敵を倒しつつずんずん先に進んでいきます。

しかしまあ長くは続かず、少し進んだところでまたもやられてしまいます。さすがに今度こそはゲームオーバーのようですね。

残機制だとして、その数は3かな?ともあれ、ここでゲーム終了です。

今回の「Dungeon Explorer」、最初のキャラ選択の時点でちらっと見えていましたが、マルチプレイが可能のようです。

いろいろと仕組みがわからないまま闇雲に先に進んでしまいましたが、吉崎くんと一緒にやればもう少し進めたかな?

いずれ機会があればマルチプレイにも挑戦してみたいと思います。

それでは今回はこのへんで。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文