top_image_02
top_image_01

実際のハロウィン

2019年1月15日  カテゴリ:インターン, インドネシア

こんにちは、インターン生のパギです。

皆さんは日本とインドネシアのハロウィンの違いが分かったと思います。どちらでも、元の文化ではないということですが、どうやってハロウィンの文化をそれぞれ受け入れることがもうわかっています。

しかし、実際のハロウィンはなんでしょうか。

今回実際のハロウィンを話したいと思います。

ハロウィンはケルト諸語圏のサウィン際から生まれました。サウィンの名称はゲール語で「夏の終わり」の意味に由来するとの説が有力です。夏から冬に入って、昼は短くなったり、世界が暗くなるので、もう食料品を取り入れないし、家畜もいっぴきいっぴき死んでいます。それは精霊たちのせいで死亡な時期が来ただとケルト国民が考えていました。この時期を表情するため、骸骨や暗い雰囲気で現在のハロウィンの象徴になっています。この時期も「精霊の夜」だと呼ばれています。

1世紀にローマ帝国はケルト国民の現地を征服して、サウィン際を採用しています。その同時にキリスト教も広げていきます。しかし、現地の人たちは簡単にサウィン際を排除するわけはいかないです。現地の人たちをキリスト教を包むために、サウィン際はキリスト教に採用して、諸聖人の日になっております。諸聖人の日は死んだ人や世界に残ってる精霊たちの為にお祈りするための日です。しかし、この諸聖人の日はサウィン際の代わりだけなのであまり元のサウィン際の瞬間を変わらないです。

大勢の人はハロウィンのことをキリスト教の持っている祝い日だと思いましたが、実際この祝い日は本当のキリスト教のものではないです。

それでは次回もよろしくお願いします。

興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

インターンシップへの申し込み・お問い合わせ先

toiawase-(1) (1)

メールでのお問い合わせは、下記フォームに入力して送信してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

題名

メッセージ本文